NomiLOG

NomiLOG

美味しいお酒や料理に目が無いアラサー。「お酒は自由に楽しむもの」という考えのもとで、色々なお酒の楽しみ方を発信していきたいと思います。

リレブランを色々な飲み方で楽しんでみてのレビュー【カクテルレシピ10種】

リレブランの味わい、楽しみ方のご紹介

f:id:makersmark3565:20190929185621j:plain

 

こんにちは、scarlet@scarlet3565)です。

今回は、「リレブラン」というお酒について書いていきたいと思います。

 

ややマイナーなお酒なので、あまりご存知ではない方が多いかもしれません。

とあるカクテルでリレブランが指定されているので、それで知ったという方がほとんどでしょう。

 

ですが実際に味わってみると、これがなかなかに楽しいお酒でした。

 

ということで味わい、楽しみ方、カクテルレシピなどを紹介していきたいと思います。

 

 

 

リレブランはどんなお酒なのか?

 

まずはリレブランはどんなお酒なのか?というお話から。

 

すでによくご存知の方は、テイスティングレビューまでジャンプしちゃいましょう。

 

 

 

リレブランは「フレーバードワイン」

まずはリレブランの基本情報から。

原料、度数などはこのようになっています。

 

POINT

・リレブランってどんなお酒?

 

【お酒の種別】フレーバードワイン

【製造国】フランス

【製造元】リレ社

【原料】ワイン、果実、果皮

【アルコール度数】17%

 

リレブランは風味付けがされたワイン。

つまり、ベルモットのような「フレーバードワイン」ですね。

 

原料の割合はワインが85%、その他が15%。

選び抜かれた高品質のワインに、オレンジやキナ皮などを浸漬したアルコールをブレンドして作られています。

 

本国フランスでは、アペリティフ(食前酒)ワインとして親しまれていますね。

「リレ」のブランドは歴史も深く、100年以上にわたり世界で愛され続けています。

 

リレブランは映画「007」で知名度が高まった

リレブランは、2006年のとあるできごとがキッカケで一躍有名になります。

それは、映画「007 カジノロワイヤル」の公開です。

 

007といえば、ジェームスボンドが主人公の人気スパイ小説。

彼はバーテンダーにカクテルをオーダーする際に、レシピを細かく指定することでもよく知られていますね。

 

そんなジェームスボンドが作中でオーダーしたのが、「ヴェスパー」というカクテル。

シェークで作るマティーニの変形レシピです。

 

f:id:makersmark3565:20190929171632j:plain

 

そのヴェスパーの材料としてリレブランが注目され、知名度が高まっていきました。

 

後ほど、味わいのレビューとともにレシピをご紹介します。

007のファンならずとも味わっていただきたい、秀逸なカクテルですよ。

 

POINT

ちなみに作中でヴェスパーの材料に指定されていたのは、リレブランではなく「キナ・リレ」。

1985年までリレ社が製造していたお酒です。

 

現在ではキナ・リレは製造中止になっているので、マイナーチェンジ版であるリレブランが一般的に使われています。

 

リレブランは小規模な生産体制で作られるお酒

リレブランは小規模、少数生産のお酒です。

 

製造する「リレ社」の従業員の数は、なんと7名。

かなり小規模なメーカーになりますね。

 

そんなお酒のため、日本への輸入代理店もしばらくの間なく入手困難だったのですが…

2018年2月からペルノ・リカール・ジャパンが販売を担い、日本でも手軽に手に入れることができるようになりました。

 

これで、「ヴェスパー」がいつでも飲めますね。

ただ、バーでの取り扱いはまだまだ少ないので、見つけるのは少し大変かもしれません。

 

 

リレブランの味は?テイスティングレビュー

では、リレブランはどんな味わいなのか?

実際に飲んでみたいと思います。

 

f:id:makersmark3565:20190908194900j:image

 

フルーティで甘口、芳醇!

親しみのある味わいですね。

 

苦味があるのかな?と思っていたら想像とはかなり違いました。

デザートワインのような甘さがあります。

 

ワイン独特の熟成香はあまり感じませんね。

フルーティさがあるので、そちらと上手く調和してるみたいです。

 

私はドライベルモットをそのまま飲むのはあまり好きではないのですが…

これならスイスイいけちゃいますね〜。

 

POINT

【ドライベルモットとの差は?】

・甘みがしっかりある

・ハーブやスパイスよりもフルーツの風味がメイン

 

同じフレーバードワインですが、飲んだときの印象はかなり差があります。

ドライベルモットの代用として使う場合は、味わいの違いを考慮するとよいでしょう。

 

 

リレブランの飲み方

基本的には冷やしてそのまま飲みます。

 

ワインは主に食中酒として飲まれますが、リレブランは食前酒(アペリティフ)として楽しむのがおすすめ。

本国フランスでも一般的な楽しみ方です。

 

はっきりとした甘さがあるので、貴腐ワインやアイスワインのような極甘口の白ワインが好きな方にいいかもしれないですね。

 

※アイスワインについては、ワインの解説記事で少し解説してあります。↓

 

www.green-alaska.com

 

カジュアルに色々な飲み方ができるのも、リレブランの魅力のひとつ。

このようにロックスタイルで飲むのもアリです。

 

f:id:makersmark3565:20190913000156j:image

 

オレンジなどのフルーツを加えるとフレッシュになっていいですね。

 

そのほか、炭酸水やトニックウォーターなどで割っても美味しいです。

 

f:id:makersmark3565:20190918091507j:image

 

「リレヴィヴ」という飲み方だそうです。

こちらもお好みのフルーツやハーブを浮かべると、より美味しくいただくことができます。

 

割るときの割合は、

リレブラン 1 : 2 お好みの炭酸飲料

がおすすめですよ。

 

POINT

【リレブランをシンプルに飲みたいときは…】

・冷やしてそのまま

・氷を入れたロックスタイル

・ソーダ、お好みの炭酸飲料で割る

・フルーツをトッピングするとフレッシュに

 

 

リレブランを使ったカクテルのレシピ

リレブランを深く楽しみたい方にはカクテルもおすすめです。

 

自宅で簡単に作れるものもあるので、トライしてみてはいかがでしょうか?

 

ヴェスパー

f:id:makersmark3565:20190908203141j:image

 

【材料】

ジン 90ml

ウォッカ 30ml

リレブラン 15ml

レモンピール

 

【作り方】

氷を入れたシェーカーに材料を注ぎ、シェークしてカクテルグラスに注ぐ。

レモンピールをして、そのままグラスに落とす。

 

先ほどご紹介した、「007 カジノロワイヤル」に登場するカクテルです。

 

作中では、このカクテルを美味しく作るコツとして次のような作り方が勧められています。

 

POINT

【ヴェスパーの美味しい作り方】

・ジンはイギリス産のゴードンズを使用

・ウォッカは穀物原料のロシア産、またはポーランド産のもの

・よく冷えるまで十分にシェークする

 

私も、今回はなるべく条件に近いもので作ってみました。

(ウォッカはポーランド産の「ヴェルベデール」に近い、フィンランディアを使いました)

 

フィンランディアについてはウォッカのおすすめ記事ゴードンズについてはジンのおすすめ記事で紹介しています↓

 

www.green-alaska.com

www.green-alaska.com

 

通常のマティーニと同じく度数は高め。

ですが、シェークで作るため比較的飲みやすく仕上がっています。

 

キンキンに冷えてシャープさもあり、爽やか。これは美味いです。

スタンダードのマティーニよりも親しみがある味わいなのがいいですね。

 

このカクテルを飲むためだけにリレブランを手にするというのも大いにアリですね。

それくらいオススメしたい、秀逸なレシピ。

 

リバースヴェスパー

f:id:makersmark3565:20190916213813j:image

 

【材料】

リレブラン 50ml

ウォッカ 20ml

ジン 10ml

 

【作り方】

氷を入れたシェーカーに材料を注ぎ、シェークしてカクテルグラスに注ぐ。

レモンピールをして、そのままグラスに落とす。

 

「ヴェスパー」のアレンジレシピです。

 

こちらはその名の通り、材料の比率が逆さま。

リレブラン多めのレシピとなっています。

 

甘みはしっかり、リレブランのフルーティな風味も存分に味わうことができます。

ヴェスパーは少しアルコールが強すぎる…という方はこちらを試してみてはいかがでしょうか?

 

ホワイトネグローニ

f:id:makersmark3565:20190908194438j:image

 

【材料】

ジン 30ml

リレブラン 30ml

スーズ 30ml

 

【作り方】

氷を入れたミキシンググラスに材料を注ぎ、ステアする。

氷を入れたグラスに注ぎ、レモンピールを飾る。

 

世界規模で流行中のカクテル、「ネグローニ」。

そのアレンジレシピのひとつとして有名なのが、このホワイトネグローニです。

 

カンパリ→スーズ、スイートベルモット→リレブランと材料が変わっていますね。

元レシピと同じく、どっしりとした味わいで飲みごたえのあるカクテルです。

 

このカクテルに使う「スーズ」についてはこちら↓

シンプルにトニック割りなんかも美味しいお酒です。

 

www.green-alaska.com

 

エディスズフィズ

f:id:makersmark3565:20190916213904j:image

 

【材料】

リレブラン 45ml

マラスキーノ 15ml

オレンジジュース 120ml

炭酸水 60ml

 

【作り方】

氷を入れたグラスに炭酸水以外の材料を注ぎ、ステアする。

炭酸水を注ぎ、軽く再ステアする。

 

リレブランを使ったフィズスタイルのレシピ。

マラスキーノのコク深い味わいと、オレンジのフルーティさが主体のカクテルです。

 

リレブランは風味の補強といった感じ。

ですが、それがこの一杯に奥深い風味を与えてくれています。

 

カクテルらしい複雑な風味と、それに共存する爽やかさ。

こういう使い方ができるのもいいですね。

 

フーブラ

f:id:makersmark3565:20190916213826j:image

 

【材料】

ブランデー 15ml

コアントロー 15ml

リレブラン 15ml

レモンジュース15ml

 

【作り方】

氷を入れたシェーカーに材料を注ぎ、シェークしてカクテルグラスに注ぐ。

 

ブランデーとの組み合わせです。

 

より上品になったサイドカーといった感じで美味しいです。

サイドカーよりやや甘口に仕上がるので、親しみが持てる味わいとなっています。

 

シェークの仕方などもサイドカーに倣うと美味しくできると思います。

美味しいサイドカーの作り方については、考察記事があります↓

 

www.green-alaska.com

 

リレノワヨー

f:id:makersmark3565:20190916213838j:image

 

【材料】

リレブラン 45ml

ジン 15ml

クレームドノワヨー 1tsp

(入手困難なためヘーゼルナッツリキュールで代用)

 

【作り方】

氷を入れたシェーカーに材料を注ぎ、シェークしてカクテルグラスに注ぐ。

オレンジピールをする。

 

ひさびさにレシピを見て味が想像できないやつが来たな…

と思ったこのレシピ。

 

味わいは香ばしさ、甘さ、フレッシュさが入り混じる、なんとも不思議な感じ。

ですが、上品にうまくまとまっています。香りもグッドです。

 

デザートカクテルを飲みたいけど、甘すぎるのはちょっと…というときにいいですね。

 

リレチェルシー

f:id:makersmark3565:20190918235037j:image

 

【材料】

リレブラン 30ml

シャンパン 60ml

ジンジャーエール  60ml

 

【作り方】

フルート型シャンパングラスに材料を注ぎ、レモンピールをする。

 

リレブランを2種の炭酸で割ったレシピ。

 

材料を見て気付いた方もいると思いますが、これは食前酒にピッタリですね。

甘すぎず、炭酸の刺激で食欲が刺激されます。

 

リレブラン単品で飲むより、優雅に嗜めるのがいいですね。

ウェルカムドリンクなどにぜひ。素敵なパーティーになりそうですね。

 

バロニアル

f:id:makersmark3565:20190929181843j:image

 

【材料】

リレブラン 70ml

ジン 30ml

アロマチックビターズ 2dashes

コアントロー 2dashes

 

【作り方】

氷を入れたミキシンググラスに材料を注ぎ、ステアする。

カクテルグラスに注ぎ、レモンピールをする。

 

ビターズを加えたショートのレシピ。

 

ステアのカクテルなので味わいがクリアー。 

リレブランのフルーティさと芳醇さが、副材料によって際立っていますね。

 

ハーバルさが心地よい、優雅なカクテル。

ちなみにジンの銘柄は迷いましたが、ボンベイサファイアを合わせてみました。

この他、色々な組み合わせを試してみるのも楽しいと思います。

 

コープスリバイバー No.2

f:id:makersmark3565:20191003221806j:image

 

【材料】

ジン 15ml

コアントロー 15ml

リレブラン 15ml

レモンジュース 15ml

アブサン 1dash

 

【作り方】

氷を入れたシェーカーに材料を入れ、シェークしてカクテルグラスに注ぐ。

 

「死者を蘇らせるもの」という、なんだか恐ろしい名前が付いたカクテル。

 

名前のイメージとは違い、豊かな柑橘の風味で口当たりのいい一杯。

アブサンのアクセントもほんのり効いて香りが素晴らしいです。

 

度数は強めなので、飲みすぎには注意!

 

 

リレブランは気軽にスイスイ飲めるお酒。自宅で楽しんでみては? 

リレブランの特徴と楽しみ方を紹介しました。

 

このようなお酒を個人で買うとなると、

「風味が落ちる前に飲みきれるかな…?」

と心配になったりしますよね。

 

でも、リレブランは親しみやすい味わいでついつい手が伸びてしまうお酒。

飲み方、楽しみ方も多彩です。

 

楽しく気軽に飲めるお酒なので、ぜひ手にとってみてください。

シェーカーをお持ちの方は、「ヴェスパー」にもトライしてみてくださいね!

 

 

この他にもワイン系のお酒の楽しみ方を記事にしています。

スイートベルモットについてはこちら↓

 

www.green-alaska.com

 

ワインを使ったカクテルについては、ワインの楽しみ方の記事でご紹介しています↓

 

www.green-alaska.com

 

こんなにあるの?スプモーニのアレンジレシピ17種【ベースを変えるだけ】

「スプモーニ」のアレンジレシピ。バリエーションは無限大です

f:id:makersmark3565:20190909233952j:plain

 

カンパリベースのカクテル、「スプモーニ」

 

バーやカクテルに詳しい方にとっては定番のレシピですが、

そのアレンジレシピとなると、それほど知らないという方が多いのではないでしょうか?

 

今回は、そんなスプモーニのアレンジレシピを紹介していこうかと思います。

 

アレンジの方法は、

 

「ベースのお酒を好きなものに変えるだけ」

 

これだけで、無限のバリエーションを楽しむことができます。

 

お手軽、しかも好みの味が作れる。

そしてどれもちょっとびっくりしちゃうほど美味しい。

 

お手持ちのお酒を有効活用したい方は、ぜひご覧になってください。

 

 

アレンジの基本となるスプモーニのレシピ

f:id:makersmark3565:20190829214925j:image

 

まずは基本となるスプモーニのレシピを見てみましょう。

 

【材料】

カンパリ 30ml

グレープフルーツジュース 45ml

トニックウォーター 適量

 

【作り方】

氷を入れたグラスにカンパリ、グレープフルーツジュースを注ぎ、ステアする。

トニックウォーターで満たして、軽く再ステアする。

 

材料3つ。

グラスで混ぜるだけのシンプルなカクテルです。

 

どんな味わいなのか?

という話については、スプモーニの解説記事を見てみてください。

心地よい苦味がたまらないやつですね。

 

www.green-alaska.com

 

美味しく作るコツについては、ジントニックの作り方記事が参考になるかと思います。

こちらからどうぞ。 

 

www.green-alaska.com

 

ベースのお酒+グレープフルーツ+トニックウォーター。

この組み合わせはとても相性がよく、カクテルの黄金比とも呼ばれています。

 

多少、分量が変わっても美味しくできちゃうので自分好みに、気軽に作っちゃいましょう。

 

POINT

強いアルコールが苦手ならベースのお酒を減らし、

フルーティな味わいが好きならグレープフルーツを増やしてみましょう。

 

参考までに。

私はグレープフルーツとトニックを同じ分量にするくらいのバランスが好きです。

 

 

スプモーニのアレンジレシピ17種。ベースのお酒を変えるだけ!

f:id:makersmark3565:20190909225358j:plain

 

アレンジする際の基本となるレシピはこちら。

 

ベースのお酒 30〜45ml

グレープフルーツジュース 45〜60ml

トニックウォーター 45ml〜90ml

 

冒頭でも触れましたが、アレンジの仕方は、

「ベースのお酒を好きなものに変えるだけ」。

 

リキュールからスピリッツまで色々なお酒でアレンジできちゃいます。

 

ちなみにトニックウォーターは、苦味の少ないウィルキンソンを使うとどんなレシピでも美味しくなりますよ。

 

 

グレープフルーツは生を絞るのが一番ですが、手間をかけたくない場合はDoleのパックジュースがおすすめです。

市販のジュースは色々試してみましたが、これが一番フレッシュ感があって美味しいです。

 

 

それではアレンジレシピ一覧をどうぞ〜。

お手持ちのお酒で作れるものがあるか、探してみてくださいね。

 

 

スプモーニをミドリでアレンジすると「ミドリスプモーニ」

f:id:makersmark3565:20190903005735j:image

 

ベースをメロンリキュールに変えたレシピです。

 

レトロチックな味わいとフルーティな風味。

ノスタルジーですね〜。

バニラアイスとか乗っけたくなっちゃいます。

 

メロンリキュールはやや甘めなのですが、このレシピならスッキリと飲めますね。

もちろん、甘いのが好きな方はリキュール多めで (笑)

 

「ミドリ」についての解説と、美味しい飲み方についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニを桜リキュールでアレンジすると「桜モーニ」

f:id:makersmark3565:20190829214756j:image

 

桜のリキュールでのアレンジ。

 

華やかな桜の風味と、可憐な色合い。

春を感じるカクテルですね。

 

とにかく香りがいいのでムードが出ます。

お花見気分で楽しんでみてください。

 

「桜リキュール」についての解説と、美味しい飲み方についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをライチリキュールでアレンジすると「ライチスプモーニ」

f:id:makersmark3565:20190910201924j:image

 

お次はライチリキュールでのアレンジ。

 

この組み合わせですから、やはりトロピカルな風味!

アクティブな印象を受ける味わいですね。

 

ライチリキュールはグレープフルーツとの相性がかなり良いので、きっちりまとまってくれます。

 

POINT

f:id:makersmark3565:20190829215531j:image

 

ライチスプモーニを作って、最後にブルーキュラソー1tspを沈めると、「チャイナブルー」というカクテルになります。

 

青色のグラデーションがキレイな、ライチリキュールの人気レシピです。

 

「ライチリキュール」についての解説と、美味しい飲み方についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをピーチリキュールでアレンジすると「ピーチモーニ」

f:id:makersmark3565:20190910201941j:image

 

桃のリキュールとの組み合わせ。

今回は、まるで生の桃のような風味の「ピーチツリー」を使います。

 

フレッシュでクリアーな風味。

カジュアルに飲めちゃうカクテルですが、風味の良さは一級品ですよ!

 

「ピーチツリー」についての解説と、美味しい飲み方についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをコアントローでアレンジすると「コアントローモーニ」

f:id:makersmark3565:20190909212716j:image

 

コアントローをベースにすると、「コアントローモーニ」というカクテルになります。

 

コアントローはオレンジの皮を使ったリキュール。

そのフレッシュな風味は、このカクテルでも生きてきます。

 

際立つオレンジ香、一体感。

柑橘同士の組み合わせですから、やはり馴染みがいいですね。

 

もちろん、他のホワイトキュラソーを使って作ってもOKですよ。

私も今回は、手元にあったジファールのホワイトキュラソーを使いました。

 

「コアントロー」についての解説と、美味しい飲み方についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをスーズでアレンジすると「スーズスプモーニ」

f:id:makersmark3565:20190829215600j:image

 

ゲンチアナの根を使ったリキュール、「スーズ」との組み合わせ。

 

ほろ苦く、どこか温もりを感じるような風味。

元気が出そうな味わいですね (笑)

 

スーズの定番カクテルなので、やっぱり美味しいですね。

私も、スプモーニ系のレシピの中ではかなりお気に入りです。

 

「スーズ」についての解説と、美味しい飲み方についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをホワイトラムでアレンジすると「ソルクバーノ」

f:id:makersmark3565:20190829214822j:image

 

ホワイトラムと組み合わせてみましょう。

このレシピだと、「ソルクバーノ」という日本生まれのカクテルになります。

 

ふくよかでフルーティな仕上がり。

特別なことは何もしていないのに、ちょっとびっくりするくらい美味しいですね。

 

ちなみに画像のソルクバーノは、簡単な作り方バージョンのもの。

本来のレシピには、グレープフルーツのスライスとミントの飾りが付きます。

 

詳しいレシピはこちらから。

キッチリ作ると、さらに美味しくなりますよ!

 

www.green-alaska.com

 

「ホワイトラム」のオススメ銘柄と、美味しい飲み方についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをウォッカでアレンジすると「ソルトリック」

f:id:makersmark3565:20190907031451j:image

 

ウォッカで作ると「ソルトリック」になります。

 

聞き慣れないカクテルですよね。

私も初めて作りました。

 

ウォッカはほとんど味がしませんから、グレープフルーツの味がハッキリ感じられます。

なので、やはりここは生のグレープフルーツを使って作りたいところですね。

 

ふくよかさと飲みごたえがあるいいレシピ。

シンプルな味なだけに、ウォッカ選びも楽しくなりそうですね。

 

「ウォッカ」についての解説と、美味しい飲み方についてはこちら↓

www.green-alaska.com 

 

オススメのウォッカ銘柄についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをジンでアレンジすると「ロンドンクーラー」

f:id:makersmark3565:20190829214843j:image

 

渋谷のバー、「アドニス」のオリジナルレシピです。

(Twitterでフォロワーの方から教えていただきました。ありがとうございます!)

 

分量などは非公開なのですが、スプモーニと同じ感じで作ったら、キッチリ美味しくなってくれました。

 

ラムやウォッカベースとは違った、ほどよいシャープさがありますね。

もちろん、トニックとの相性も抜群です。

 

「ジン」についての解説と、美味しい飲み方についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

オススメのジン銘柄についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをテキーラでアレンジすると「パローマ」 

f:id:makersmark3565:20190829214902j:image

 

テキーラで作ると、メキシコで人気のカクテル「パローマ」になります。

 

正確に言うと現地のレシピとは少し違うのですが、これはこれでかなりの美味しさです。

 

POINT

メキシコでは、「スクワート」というグレープフルーツ味の炭酸飲料で割るレシピが人気なのだそうです。

日本では入手が難しいので、現地に行く機会があったらぜひ飲んでみたいものですね!

 

テキーラの少しクセのある風味も、いい感じに作用していますね。

陽気な味わいの一杯。

 

スプモーニをズブロッカでアレンジすると「ズブモーニ」

f:id:makersmark3565:20190903005803j:image

 

ポーランド製のウォッカのズブロッカを使って作ると、「ズブモーニ」。

 

ズブロッカは、桜餅のような香りが特徴のフレーバードウォッカです。

海外製なのに、和を感じるのがおもしろいですね。

 

柔らかな香り、淡い味わい。

ズブロッカのフレーバーを活かすレシピとしては秀逸ですね!

 

「ズブロッカ」についての解説と、美味しい飲み方についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをアプリコットブランデーでアレンジすると「アプリコットモーニ」

f:id:makersmark3565:20190909212749j:image

 

アプリコットブランデーを使ったアレンジ。

 

甘くてフルーティな味わい。

カジュアルで親しみやすいですね〜。

 

他のフルーツリキュールとは違い、コクがありますね。

フルーツ系の甘さが好きな人には、かなりオススメです。

 

アプリコットブランデーはこんな感じで幅広く使えます。

持っていない方には、ぜひ薦めたいところですね。

 

「アプリコットブランデー」についての解説と、美味しい飲み方についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをシャルトリューズでアレンジすると「ヴェール(ジョーヌ)モーニ」

f:id:makersmark3565:20190829215045j:image

 

修道院が発祥のハーブリキュール、「シャルトリューズ」。

こちらもスプモーニレシピで美味しく飲めちゃいます。

 

ヴェールを使えば、香草が効いたスパイシーな味わい。

ジョーヌを使えば、甘口で自然な仕上がりになります。

 

どちらかというと、私はジョーヌの方が好みでした。

風味が強めなので、食後に飲むといい感じです。

 

「シャルトリューズ」についての解説と、美味しい飲み方についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをパルフェタムールでアレンジすると「バイオレットスプモーニ」

f:id:makersmark3565:20190904100558j:image

 

すいませんレシピが見つからなかったけど、ノリでやっちゃいました。

ニオイスミレのリキュール、「パルフェタムール」との組み合わせです。

 

思ったよりいけます。

というか華やかで普通に美味しいです…。

 

サッパリに仕上げたい方は、パルフェタムールの分量を控えめにしてもいいかもしれないですね。

20mlくらい。

 

「パルフェタムール」についての解説と、美味しい飲み方についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをアマレットでアレンジすると「アマレットモーニ」

f:id:makersmark3565:20190909212820j:image

 

デザート系リキュールの「アマレット」との組み合わせ。

レシピを見たときは、「合わないだろコレ…。」と思ったのですが、試しに作ってみました。

 

意外や意外。

合います。

 

なんというか、普通に杏味のカクテルって感じです。

グレープフルーツの力で、アマレットに秘められたフルーティさが解き放たれたんでしょうか? (笑)

 

驚きもあり、美味しいレシピなのでアマレットをお持ちの方はぜひ作ってみてください!

 

「アマレット」についての解説と、美味しい飲み方についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをヒプノティックでアレンジすると「ヒプノティックモーニ」

f:id:makersmark3565:20190907031422j:image

 

さまざまなフルーツを原料に作られるリキュール、「ヒプノティック」。

こちらもスプモーニレシピで美味しく飲めます。

 

もともとグレープフルーツに近い味わいのお酒なので、相性がいいですね!

色も綺麗でテンションも上がります。

 

こちらもスッキリした味が好みの方にオススメです。

ド安定の味わい!

 

 

スプモーニタイプのレシピを覚えてアレンジを楽しもう

f:id:makersmark3565:20190906112337j:image

 

スプモーニのアレンジレシピについて紹介しました。

 

こんなに多彩なのに、どれもしっかり美味しいのが素晴らしい。

カクテルの黄金比は伊達じゃないですね…。

 

「とりあえず作れそうなの作って記事にしようかな〜」

なんて軽い気持ちで始めたスプモーニアレンジですが、私自身がどっぷりハマっちゃいました…。

 

「次は◯◯をベースにしてみよう!」

「◯◯はさすがに無理かな…いや、ものは試し…」

とワクワクしながらカクテル作りをすることができましたね。

ワクワクしすぎて2本も新しいボトル衝動買いしちゃったわ

 

作れそうなもの、美味しそうだと思ったものがあればぜひトライしてみてください!

もちろん、今回紹介したもの以外のオリジナルレシピを作るのもいいでしょう。

 

美味しいレシピを見つけたら、Twitterでこそっと教えてくれると嬉しいです (笑)

  

 

ベースのお酒を探したいという方は、フルーツリキュール、ハーブリキュールの銘柄紹介記事も活用してみてください!

 

www.green-alaska.com

www.green-alaska.com

 

アレンジが楽しいカクテルといえばモヒート。

こちらも自由気ままに作ることができますよ。

アレンジレシピの紹介記事はこちら!

 

www.green-alaska.com

 

スプモーニってどんなカクテル?どんな人におすすめ?【女子力高め】

意外と知らないお酒「スプモーニ」。どんなカクテル?

f:id:makersmark3565:20190909220117j:plain

 

居酒屋さんなどのメニューでも見かける「スプモーニ」。

名前や写真を見ただけだと、どんなカクテルかイマイチ分からないですよね。

 

「でもなんか気になる!飲んでみたい!」

 

今回は、そんな好奇心とチャレンジ精神たっぷりのあなたのために

 

・スプモーニとはどんなカクテルなのか?

・どんな人におすすめなのか?

 

こちらについて書いていきたいと思います。

 

飲み会の真っ最中でも読めるように、1〜2分ほどでサラリと読める記事にしました。

ではどうぞ!

 

 

スプモーニは情熱的な赤色のカクテル!

まずはスプモーニってどんなカクテルなのか?

実際に見てみましょう。

 

f:id:makersmark3565:20190830154857j:image

 

いや〜綺麗ですね!

鮮やかな赤色がとっても映えています。

 

この赤色の正体は「カンパリ」です。

 

f:id:makersmark3565:20190910203416j:plain

 

カンパリソーダやカンパリウーロンに使うお酒ですね。

 

こんな見た目なので、飲み会の場では話題になることも多いですね。

思わず、「お〜キレイだね!このお酒なに?」なんて聞きたくなっちゃいますよね。

 

 

スプモーニのお味はどんな感じ?度数は?

f:id:makersmark3565:20190909221054j:plain

 

スプモーニはフレッシュでサッパリとした味わい。

ほのかな苦味の効いたカクテルです。

 

その飲み心地は

「搾りたてのフルーツジュースを飲んでいるようだ!」

なんて言われたりもしますね。

 

アルコール度数は5%ほど。

ゴクゴクいけちゃうやつですね〜。

 

でも軽めとはいえ、あまりペースを上げると酔いが回りやすいので気をつけましょう (笑)

 

POINT

ちなみに、スプモーニの材料はこの3つです。

 

・カンパリ

原料にハーブやスパイスを使ったリキュール。

バランスのいい甘味と苦味が特徴です。

バーでは、本格的なカクテルの材料としても使われます。

 

・グレープフルーツジュース

カンパリの苦味を和らげてくれるグレープフルーツ。

これのおかげでフレッシュな味わいに!

 

・トニックウォーター

ジントニックなどのカクテルにも使われる割り材。

ほのかな甘みと酸味がある炭酸飲料です。

カンパリ、グレープフルーツと相性抜群!

 

カンパリはそのまま飲むとそこそこ苦いのですが、カクテルなら安心。

トロピカルな風味になって飲みやすいですよ〜。

 

 

スプモーニはどんな人におすすめ?

f:id:makersmark3565:20190909220924j:plain

 

まずはやはり、女性の方にオススメしたいですね。

 

色味が女性的なのと、ハーブの風味は女性の方が好むことが多いので。

バーでもスプモーニをオーダーするのは、女性の方が多いです。

 

味わいはどちらかというとサッパリ系。

なので、甘いお酒が苦手だという方にもいいかもしれません。

 

ただ、香りはやや独特で苦味もあります。

「ハーブ、スパイス系の味わいが苦手!」という方は少し注意が必要かもしれませんね。

 

POINT

お酒好きの私から見ると、

このカクテルが好きな人は、苦味を楽しめるオトナな方なんだな…というイメージがあります。

 

ハーブやスパイスの風味を受け入れることができる、ということは今までに多様な食生活を楽しんできたという証。

成熟した大人の証明でもありますからね。

 

 

スプモーニは1杯目に飲むのがオススメ!

f:id:makersmark3565:20190909220634j:plain

 

カンパリの原料に使われるスパイスには食欲増進、消化促進などの作用があります。

 

なので、スプモーニはその日の1杯目に飲むのがオススメ!

サッパリ軽めなカクテルなので、食前酒にはうってつけですね。

 

体をスタンバイ状態に持っていけば、いつもの食事がさらに美味しく、楽しくなることでしょう。

 

POINT

その他にもカンパリには…

・頭痛

・冷え性

・精神不安や抑うつの解消

などに効果的だと言われるスパイスが使われています。

 

女性に嬉しい効果ばかりですよね。

ほどよいアルコールでリラックスもできますし、癒し効果が高いお酒であると言えます。

 

ハーブリキュールはもともとは薬酒として飲まれているものがほとんど。

健康効果を期待して飲むというのもアリかもしれませんね。

 

詳しく知りたくなった方は、カンパリの解説記事がありますのでこちらからどうぞ!

 

www.green-alaska.com

 

スプモーニ以外のおいしい飲み方も紹介していますよ。

 

 

スプモーニはアレンジレシピも豊富。どれも美味しい!

f:id:makersmark3565:20190906112308j:image

 

スプモーニのいいところがもう1つ。

それはベースのお酒を変えて、無限のアレンジを楽しめちゃうところです。

 

例を1つ出してみます。

スプモーニのベース、カンパリをメロンリキュールに変えると…

 

f:id:makersmark3565:20190906112221j:image

 

こちら、「ミドリスプモーニ」になります。

もしかしたら、居酒屋さんのメニューとかにもあるかもしれませんね。

 

POINT

ベースのお酒+グレープフルーツジュース+トニックウォーター。

 

この組み合わせは、カクテルの黄金比とも呼ばれています。

美味しさが保証された組み合わせというわけですね。

 

どんなカクテルがあるかは、こちらの記事を参考にどうぞ。

基本となるスプモーニのレシピも載せておいたので、家でも飲みたい!という方もぜひ。

 

www.green-alaska.com

 

ちなみに私のイチオシは、ラム酒ベースの「ソルクバーノ」。

南国の味わいですよ〜。 

 

www.green-alaska.com

 

 

カクテル「スプモーニ」についてのまとめ

f:id:makersmark3565:20190909220720j:plain

 

・スプモーニはカンパリをベースにしたカクテル。

・度数は5%前後。ゴクゴク飲める軽めな一杯。

・さっぱりフルーティで、ほのかな苦味があるオトナな味わい。

・食欲増進効果があるので1杯目にオススメ。

・女性に嬉しい健康効果も期待できる。

・ベースのお酒が変わると違うカクテルに。どれも美味しい!

 

今回は、スプモーニの魅力について書いていきました。

 

サッパリとして苦味が効いた味わいは、暑い日には特に美味しく感じることでしょう。

ぜひ、味わってみてください!

 

 

この他にも、おいしいカクテルが沢山ありますので色々飲んでみてくださいね。

 

私のオススメは、ジントニックとモスコミュール。

どんな味なのか?どんなところが魅力なの?

という話はこちらの記事をどうぞ〜。

 

www.green-alaska.com

www.green-alaska.com

 

ラムベースカクテル「ソルクバーノ」の魅力。考案者のレシピがめちゃくちゃ美味しいです!

ラムベースのカクテル、「ソルクバーノ」が美味しい!

f:id:makersmark3565:20190822194941j:plain

 

こんにちは、scarlet@scarlet3565)です。

ふとしたキッカケで1つのカクテルにハマっちゃうことってありますよね。

 

自分の場合は…少し前はジンフィズ、そのさらに前はミントジュレップにハマっていました。

 

そして最近はこれ。

ラムベースのロングカクテル、「ソルクバーノ」です。

 

f:id:makersmark3565:20190821112531j:image

 

フレッシュで軽やかな飲み心地がたまらないやつです。

暑い夏の日なんかに飲むと特に美味しいんですよね〜。

 

今回はこのカクテルの魅力、そして美味しく作るポイントについてお話ししたいと思います。

 

ちなみに私がこのカクテルにハマったキッカケは、

「考案者指定のレシピで作ったソルクバーノがとても美味しかったから」

ですね。

 

そちらの詳しいレシピも後ほど紹介します!

 

 

ソルクバーノってどんなカクテル?基本のレシピ

そもそもソルクバーノってどんなカクテルなの?

まずは、そちらについて解説します。

 

材料と基本となるレシピをみてみましょう。

 

【材料】

ホワイトラム 45ml

グレープフルーツジュース 45ml

トニックウォーター 適量

 

【作り方】

氷を入れたグラスにホワイトラム、グレープフルーツジュースを注ぎステアする。

トニックウォーターでグラスを満たす。

 

f:id:makersmark3565:20190822100438j:image

 

レシピ参考はWikipediaから。

ネット上の記事や一般的なカクテルブックでも、だいたいこんな感じですね。

 

POINT

ベースのお酒+グレープフルーツジュース+トニックウォーター。

 

この組み合わせはカクテルの黄金比とも呼ばれています。

誰が作っても、分量が少し変わっても美味しくなるレシピとして知られていますね。

 

つまり、ざっくりと作っても美味しいカクテル!

 

…なのですが、せっかくならキッチリ作ってみようというのがこの記事のテーマ。

そちらの方がより美味しく飲むことができますからね。

 

ということで、このカクテルの考案者である木村義久氏のレシピを見ていってみましょう。

 

 

考案者である木村義久氏が指定するソルクバーノのレシピ

f:id:makersmark3565:20190822195443j:plain

 

ソルクバーノは実は日本生まれのカクテル。

考案者は神戸マイスターとしても名高いバーテンダー、木村義久氏です。

 

カクテル名は「キューバの太陽」という意味。

彼はこのカクテルで、「1980年サントリートロピカルカクテルコンテスト」の優勝をおさめています。

 

そんな木村氏が指定する、ソルクバーノのレシピがこちらです。

 

【材料】

ホワイトラム 45〜80ml

フレッシュグレープフルーツジュース 60ml (1/2個分)

トニックウォーター 60ml

グレープフルーツスライス

ミント

 

【作り方】

大型のゴブレットグラスに氷を入れて、ラムとグレープフルーツジュースを注ぎ、ステアする。

トニックウォーターを注ぎ、軽く再ステアをする。

グレープフルーツスライス、ミントを飾り、ストローを挿す。

 

f:id:makersmark3565:20190821112429j:image

 

飾りがついて華やかに!

これは口にする前から期待感が増しますね!

 

材料の分量は、一般に知られているレシピよりラムとグレープフルーツが多め。

グレープフルーツもフレッシュを使うことで、みずみずしい味わいに仕上げています。

 

味わいはフルーティでふくよか。

グラマラスな南国の美女をイメージして作られたカクテルなんだそうですが、まさにそんな印象ですね。

 

ストローで飲むと飾りのグレープフルーツとミントが香り、清涼感を感じます。

う〜ん、計算しつくされてますね…!

 

POINT

【一般的なレシピとの違い】

・フレッシュのグレープフルーツを絞って使う→みずみずしい味わいに!

・グレープフルーツスライスとミントを飾る→飲むときにさわやかな香りを感じる!

・トニックウォーターは少なめ、ラムは多め→フルーティでふくよかな味わいに!

 

今まではトニックウォーター多め、そして市販のグレープフルーツジュースで作っていた…

という方には、ぜひこのレシピを試してみてもらいたいですね。

 

ちなみに私はこのレシピを知ってから、立て続けに何杯も作って飲んじゃいました。

 

なんかめっちゃ飲んでる気がするけど多分中毒じゃないわ

 

レシピを知ったキッカケはこちら。

木村義久氏、本人監修のカクテルブックです。

 

ソルクバーノの他にも秀逸なカクテルがたくさん載っています。

興味が湧いた方はぜひどうぞ!

 

 

 

ソルクバーノを美味しく作るコツ、銘柄選び

f:id:makersmark3565:20190822194904j:plain

 

とにかくレシピを守りましょう。

 

ラムの量はお好みで増やしてもいいと思いますが、グレープフルーツとトニックは1対1。

これがベストバランスでした。

 

ラムの量は45mlが私は好きです。

(お酒が弱い方なら、30mlにするのもオススメ。)

 

とびっきり美味しく作りたいのならば、生のグレープフルーツを使うのはマストです!

やはり、フレッシュフルーツ。

素材のパワーが違いますね…!

 

ラムの銘柄はクセのないスッキリしたものがオススメです。

私は今回は定番のバカルディで。

 

 

その他のラムをチョイスしたい方は、ラムの銘柄解説の記事も参考にしてみてください!

 

www.green-alaska.com

 

トニックウォーターはウィルキンソンがオススメですね。

 

 

シュウェップスやフィーバーツリーでも作ってみましたが、やや苦味が気になってしまいました。

ウィルキンソンで優しい風味に仕上げてみてください。

 

その他のトニックを使ってみたい方は、トニックウォーターの銘柄紹介記事も参考にしてみてください!

 

www.green-alaska.com

 

 

ソルクバーノはどのように飲むのがオススメ?

f:id:makersmark3565:20190821112608j:image

 

「ソルクバーノに付いているグレープフルーツスライス。あれはどうすればいいの?」

 

という疑問が出てくる方もいると思います。

 

そんな方のために、木村氏が提案する美味しいソルクバーノの飲み方について書いておきたいと思います。

 

POINT

【ソルクバーノの飲み方】

・しばらくストローで飲み、味わいを楽しんだあと、グレープフルーツスライスを食べる

・グラスに直接口を付けて飲み、ラムの香りを楽しむ

・とはいえ、飲み方は特に決めていないので自由に楽しんでOK

・基本は「お客様のお好きなように」

 

グレープフルーツを食べ、ラムの香りも楽しむ。

3度味わいを楽しめるカクテルというわけですね!

 

ちなみにグレープフルーツはそのままかぶりついてもいいのですが…

少し食べづらいな、と思ったら皮を外してカットするのがオススメです。

 

f:id:makersmark3565:20190822190520j:imagef:id:makersmark3565:20190822190528j:image

f:id:makersmark3565:20190822190538j:image

 

バーでオーダーした際も、

「この飾りのグレープフルーツを食べやすいように切ってもらえますか?」

とバーテンダーさんに頼めば、カットしてもらえると思います。

 

 

ソルクバーノはルビーグレープフルーツで作ってもおいしい

f:id:makersmark3565:20190821112453j:image

 

ソルクバーノは完成されたレシピ。

アレンジなどは特にいらない…と思うのですが、一つオススメの作り方があります。

 

それは「ルビーグレープフルーツを使って作る」こと。

 

こちらですと、味わいが少し柔らかな感じになります。

あと色味がキレイですよね。

フォトジェニックってやつです (笑)

 

こちらの方もぜひ楽しんでみてください!

飲み比べも面白いかもしれませんね。

 

 

トロピカルなカクテル、ソルクバーノを楽しもう

f:id:makersmark3565:20190821112513j:image

 

ソルクバーノの魅力、楽しみ方を紹介しました。

 

このようなシンプルなレシピでも、しっかりと作ればきらめきを感じる味わいに。

 

カクテルの醍醐味ですね〜。

こだわればこだわるほど美味しく飲めちゃうので、頑張るかいもあるってものです。

 

ぜひ、みなさんもこのカクテルを楽しんでみてください!

 

 

その他のカクテルの美味しい作り方も、別記事で紹介しています!

オススメはジントニック、サイドカー、カルーアミルクの記事です。

 

www.green-alaska.com

www.green-alaska.com

www.green-alaska.com

 

「シップスミス」の味わいレビュー。色々なカクテル作りに使ってみました!

クラフトジンの先駆けと呼ばれるジン、「シップスミス」

f:id:makersmark3565:20190711005426j:image

 

今、バーの世界ではクラフトジンが大ブーム。

その個性的で高品質な味わいは、瞬く間に世界に広がっていきました。

では、その「クラフトジンの先駆けとなったジン」と言われる銘柄をあなたはご存知でしょうか?

 

その名は「シップスミス」

ジンの本場ロンドンで2009年から製造されている、比較的新しいジンです。

 

・このジンはどのような特徴があるのか?

・おいしい飲み方は?

実際にカクテルを作って味わいを探ってみましたので、まとめていきたいと思います。

 

 

シップスミスの特徴

 

シップスミスの販売価格は、他のジンよりも少々お高め…。

となると、本当に高いお金を払う価値があるか?

という疑問が出てきますよね。

 

味の好みは千差万別ですから、絶対的な答えはありませんが…

私は実際に口にしてみて、「十分にその価値アリ」だと感じました。

 

まずは、シップスミスはどのようなこだわりを持って作られているのか?

そちらから見て、このジンの魅力に触れてみることにしましょう。

 

 

銅製単式蒸留器を使ったこだわりの製法

f:id:makersmark3565:20190711005432j:image

 

シップスミスのラベル。

蒸留器?から白鳥が生えてきて、ジュニパーベリーの枝に首を伸ばしている…

と、なんとも前衛的な感じですよね (笑)

 

これはただの奇抜な絵ではなく、キチンとした由来があります。

それがシップスミスの蒸留に使われる「銅製単式蒸留器」です。

 

f:id:makersmark3565:20190811223317p:plain

※シップスミスオフィシャルサイト(https://www.suntory.co.jp/wnb/sipsmith/#)より引用

 

ラベルの絵とどことなく似ていますよね。

そう、あの白鳥はこの蒸留器のスワンネック (白鳥の首)をモチーフにしたものだったんです。

 

単式蒸留器はスピリッツの生産効率があまり良くありません。

ですがその分、素材の風味や個性がよくスピリッツに現れてきます。

これは量より品質という信念。

そして、品質の良い材料を活かすという意匠の現れだと言えるでしょう。

 

POINT

単式蒸留器は人気のジン、「タンカレーNo.10」にも使用されています。

そのおかげか、「タンカレーNo.10とシップスミスは味が似ている」という話もありますね。

 

蒸留液の "いいところ" だけをボトリング

f:id:makersmark3565:20190811234339j:plain

※シップスミスオフィシャルサイト(https://sipsmith.com/)より引用 

 

シップスミスのこだわりは使っている蒸留器だけでなく、製法にも現れています。

それが「ワンショット製法」「ミドルカット」です。

 

POINT

【ワンショット製法】

同じ材料を使った蒸留は一回のみ、という蒸留方法。

 

使用済みの材料は再度蒸留に使用しません。

通常のジンは、同じ材料で数回の蒸留を行なっています。

 

【ミドルカット】

香味成分に優れた蒸留過程中盤の蒸留液。

シップスミスはこの部分だけをボトリングしています。

 

通常のジンは蒸留始めの「ヘッド」、蒸留後半の「テール」と呼ばれる蒸留液もすべて使用しています。

 

いわば、ジンの一番出汁の上澄みをすくっているようなものですね。

生産量より味わいを重視した、非常に贅沢なつくり。

クラフトジンの醍醐味とも言える部分です。

 

シップスミスに使われるボタニカル

f:id:makersmark3565:20190811233806j:plain

 

ジンといえば、香り付けに使われるボタニカル。

こちらが味わいを決める大きな要素となります。

 

それでは、シップスミスはどのようなボタニカルを使っているのか?

見てみることにしましょう。

 

POINT

【シップスミスに使われるボタニカル】

・ジュニパーベリー

・コリアンダーシード

・オレンジピール

・レモンピール

・シナモン

・桂皮

・アーモンドプードル

・オリスの根

・リコリスの根

・アンジェリカの根

計10種類

 

ドライジンらしい比較的スタンダードな構成です。

種類だけみると、ボンベイサファイアに近いかもしれません。

 

ですが、こちらは材料の配合がジュニパーベリー主体になっているとのこと。

ボンベイはジュニパーが控えめなので、そちらとはやや異なる仕上がりになりそうです。

 

 

シップスミスの味わいは?テイスティングレビュー

それでは、シップスミスが実際にどんな味わいなのか確かめてみます。

常温ストレートで味わってみましょう。

 

f:id:makersmark3565:20190710224722j:image

 

【香り】鮮烈なジュニパー、柑橘

【味わい】スッキリと軽やか、クリア、繊細

【余韻】ジュニパーのスパイシーさ、ほんのりフローラル

 

ひとことで言うならば、「淡麗」なジン。

 

まずグラスに注いだときに気付くのは、鮮烈なジュニパーの香り。

香りだけ嗅ぐと、キリッとした感じで「No.3 ロンドンドライジン」のような辛口な味わいなのかな?と想像しました。

 

ですが、口にするとそのイメージは一変します。

ドライだけど華やか、繊細。そして上品な風味です。

柑橘系の香りや苦味はやや控えめ。

フローラルな香りもほんのりと感じますね。

 

アルコール感や口当たりは比較的マイルド。

常温ストレートでも美味しく飲めちゃいますね。

これはまさに、質の良いジンだけの特権です。

 

POINT

シップスミスはタンカレーNo.10に味が似ているという話をしましたが…

味の傾向は似ていても、受ける印象はまったくの別物でした。

あちらは「動」。こちらは「静」のイメージです。

 

※比較に出てきたジン、「No.3」と「タンカレーNo.10」については、おすすめジンの記事で特徴を紹介しています↓

www.green-alaska.com

 

 

シップスミスを使ってスタンダードカクテルを作ってみました

では、実際にシップスミスを使ってカクテルを作ってみましょう。

まずはスタンダードカクテルから。

はたして、既存のジンとはどのような違いが現れるのでしょうか…?

 

ちなみに、出てくるカクテルのレシピを知りたい方は、ジンベースカクテルの紹介記事を参照してください!

 

www.green-alaska.com

 

 

ジントニック

f:id:makersmark3565:20190722160730j:image

オススメ度 ★★★★★

 

いきなりですが、優勝級の美味しさです。

 

SNSなどでジントニック好きの方がよく飲んでいるのを見て、「そんなに美味しいの…?」と思い、試してみたんですが納得の味わい。

 

解けるように味わいが広がるというか…優しく舌に馴染んでいくイメージですね。

上品で優雅さのある一杯です。

私としては、このジントニックを飲むためだけにシップスミスを手にする価値があると思います。

 

お供にはぜひ、フィーバーツリーのトニックウォーターを…!

ちなみにトニックウォーターの種類については、こちらの記事で解説しています。

 

www.green-alaska.com

 

ジンリッキー

f:id:makersmark3565:20190722160741j:image

オススメ度 ★★★☆☆

 

シップスミスの味わいを活かすならば、なるべくシンプルなカクテルがいいかな…?

と思い、ジンリッキーを作ってみました。

 

ジン45mlに対してソーダ100mlほどで作ったのですが、残念ながらちょっとぼやけた印象になってしまいました。

甘みを加えないロングカクテルの場合は、シップスミスを少し多めにした方がいいかもしれませんね。

 

ギムレット

f:id:makersmark3565:20190729192503j:image

オススメ度 ★★★★★

 

お次はギムレットを。

繊細さのあるジンだからどうなるか?と思ったんですが、これは美味しいですね!

 

とにかくクリアで上品。

いつも通り、少し長め強めにシェークしたのですが特に問題ないですね。

ギムレットは男性的なイメージですが、こちらは女性的な優雅なニュアンスもあります。

 

ホワイトレディ

f:id:makersmark3565:20190731103258j:image

オススメ度 ★★★★☆

 

白い貴婦人、ホワイトレディで飲んでみます。

これは、かなりのサッパリ風味ですね。

ドライで上品な味わいなので、イメージにふさわしい仕上がりとなったのではないでしょうか?

 

ただ10秒ほどのシェークだと、少しだけ水っぽさを感じてしまいました。

今回はジン4、キュラソー1、レモン1の分量で作りましたが、ジンをさらに強めにしてもいいかもしれません。

 

ブルームーン

f:id:makersmark3565:20190731235104j:image

オススメ度 ★★☆☆☆

 

パルフェタムールと合わせたカクテル、「ブルームーン」を作ってみます。

今回はシップスミス40ml、パルフェタムール10ml、レモンジュース10mlの分量にしてみました。

パルフェタムールは控えめにしないとシップスミスの風味がぼやけてしまうかな…?と思ったからです。

 

サッパリ風味で美味しい、ですが他のジンでもいいかな…というのが正直な感想です。

この分量でもシップスミスの個性がぼやけてしまったので、活かすのは難しいかもしれないです。

 

ジンフィズ

f:id:makersmark3565:20190809134823j:image

オススメ度 ★★★★★

 

ジンフィズを作ってみます。

こちらも繊細なシップスミスだとどうかな…

と思っていたのですが、かなり美味しいですね!

ビーフィーターやゴードンでは作れない、非常に上品な仕上がりです。

 

ジンを少し強めにしたのが良かったかもしれません。

物足りなさを感じたら、分量を調整して作ってみてください!

 

 

シップスミスを使った準スタンダード、創作カクテルのレシピ

シップスミスを使えば、多くのオリジナルカクテルを作ることことができます。

ということでお次は、スタンダード以外のレシピを紹介していきましょう。

 

準スタンダードから創作レシピまで。

実際に飲んでみて、「シップスミスの味わいが上手く活かされているな」と感じたものを載せてみました。

 

ジンバジルスマッシュ

f:id:makersmark3565:20190722160757j:image

 

【材料】

シップスミス 50ml

フレッシュレモンジュース 15ml

シュガーシロップ 10ml

バジルの葉 6〜12枚

 

【作り方】

ボストンシェーカーにバジルを入れて、ペストルでマドルする。

氷と残りの材料を入れてシェークし、氷を入れたグラスに注ぐ。

バジルの葉を飾る。

 

まずは海外で人気のレシピ、「ジンバジルスマッシュ」です。

いいですねこれ。

シップスミスのクリアーな味わいが、バジルの爽やかさと良くマッチしています。

 

普段はビーフィーターなどで作っているのですが、こちらの方が仕上がりのレベルは高いと思います。

この辺りはさすがクラフトジン、と言った感じですね。

 

バジルの風味が突き抜ける、清涼感のある味わい。

暑い日には特にオススメのレシピですよ!

 

アビエーション

f:id:makersmark3565:20190723204629j:image

 

【材料】

シップスミス 60ml

マラスキーノリキュール 10ml

バイオレットリキュール 10ml

フレッシュレモンジュース 15ml

マラスキーノチェリー

 

【作り方】

氷を入れたシェーカーに材料を入れてシェークし、カクテルグラスに注ぐ。

マラスキーノチェリーを飾る。

 

パルフェタムールを使った「アビエーション」です。

甘口かな?と思ったんですが、想像したほどではないですね。

マラスキーノの香ばしさと、ジンのシャープな味わいが主体。

甘さは主に香りから感じるイメージです。

 

そして、やはり上品で優雅な仕上がり。

こちらも、シップスミスの個性が光る一杯です。

 

サウスサイドフィズ

f:id:makersmark3565:20190809110739j:image

 

【材料】

シップスミス 50ml

フレッシュライムジュース 25ml

シンプルシロップ 15ml (シュガーシロップの場合は7.5mlほど)

炭酸水 少量

ミントの葉 ひとつかみ

 

【作り方】

ボストンシェーカーにミントの葉と炭酸水を入れて、軽く潰す。

残りの材料、氷を加えてシェークする。

氷を入れたグラスにメッシュで漉しながら注ぎ、ミントの枝を飾る。

 

シェークで作る、シップスミス版モヒートといった感じのレシピです。

清涼感のある爽やかな風味。

スッキリした飲み心地。

いや〜、夏のカクテルですね。

 

モヒートと比べると、かなりサッパリした風味。

スイッと飲めちゃいますね。

アレンジレシピの1つとして楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

ちなみにモヒートのアレンジレシピは、別記事でも沢山紹介しています。

こちらもぜひどうぞ。

 

www.green-alaska.com

 

ペグークラブ

f:id:makersmark3565:20190722160829j:image

 

【材料】

シップスミス 40ml

オレンジキュラソー 15ml

フレッシュライムジュース 15ml

アンゴスチュラビターズ 1dash

オレンジビターズ 1dash

 

【作り方】

氷を入れたシェーカーに材料を入れてシェークし、カクテルグラスに注ぐ。

スライスしたライムを飾る。

 

20世紀初期に、現在のミャンマーで生まれたと言われるレシピ。

ペグーという街の、外国人専用社交クラブが名前の由来なのだそうです。

味に奥行きがあり、まろやかになったホワイトレディって感じの味ですね。

 

酸味が効いているので、なるべくキリッと冷やして作りたいレシピ。

ジンの状態、シェークの長さなど工夫してみてください。

 

チェルシーサイドカー

f:id:makersmark3565:20190723204614j:image

 

【材料】

シップスミス 35ml

トリプルセック 15ml

フレッシュレモンジュース 25ml

シュガーシロップ 10ml

 

【作り方】

氷を入れたシェーカーに材料を入れてシェークし、カクテルグラスに注ぐ。

 

第一次大戦時代に生まれた、クラシックなカクテルです。

レシピだけ見るとシロップを加えたホワイトレディ…?

レモンも多めでその分、ジンが控えめになっていますね。

 

実際に飲んだ印象も、当然ホワイトレディに近かったです。

ですが、こちらは柔らかで親しみのある味わいでしたね。

ジンは抑えめですが、シップスミスの個性もしっかり感じます。

 

私は、シップスミスを使うならスタンダードのホワイトレディよりこちらをオススメしますね。

あまり見ないタイプのレシピですが、しっかりバランスは取られていますよ!

 

モンキーグランド

f:id:makersmark3565:20190805141732j:image

 

【材料】

シップスミス 60ml

フレッシュオレンジジュース 45ml

アブサン 3drops

グレナデンシロップ 5ml

シュガーシロップ 5ml

 

【作り方】

氷を入れたシェーカーに材料を入れてシェークし、カクテルグラスに注ぐ。

お好みでオレンジピールの飾りをつける。

 

1920年代に生まれたと言われるレシピをシップスミスで。

クラシックなレシピですが、飲んでみると洗練されている印象を受けますね。

この辺りはシップスミスの力なのでしょうか?

 

アブサンも味の奥行きを演出するのに一役買ってくれていますね。

古くも新しい、可憐な飲み心地の一杯です。

 

ウォーターメロンマティーニ

f:id:makersmark3565:20190811215337j:image

 

【材料】

シップスミス 30ml

フレッシュスイカジュース 60〜90ml

レモンジュース 1tsp

シュガーシロップ 1tsp

 

【作り方】

カクテルグラスの縁をレモンの果肉でなぞり、塩を付けてスノースタイルにする。

材料を氷を入れたシェーカーでシェークして、グラスに注ぐ。

 

シップスミスをフレッシュフルーツカクテルにも使ってみましょう。

これは美味しいですね!

スイカのフレッシュな風味がジンとよく合っています。

塩のアクセントも心地よく、なんだか懐かしい気分にさせてくれますね。

 

ジンベースなのに柔らかな飲み心地なのもいいですね。

この他にもいろいろなフルーツとの組み合わせを試してみたくなります…!

 

ちなみにフレッシュフルーツカクテルについては、まとめ記事を書いています。

どんなものが作れるか知りたい方は、チェックしてみてください!

 

www.green-alaska.com

 

 

シップスミスの銘柄バリエーション

シップスミスには、さまざまなバリエーションの銘柄があります。

その中で2019年8月現在、日本国内で手に入るものは2種類。

それぞれの特徴について説明します。

 

シップスミス ロンドンドライジン

 

シップスミスの基本の銘柄です。

10種類のボタニカルを使用してジンの蒸留液の美味しいところだけをボトリング。

スタンダードながら、気品のある味わいが特徴のクラフトジンです。

 

アルコール度数も41%と使いやすい範囲内。

ちなみに今回テイスティング、カクテル作りに使用したのはすべてこの銘柄ですね。

 

色々作ってみての感想としては…

甘みと酸味、両方加えるレシピだと特に輝くジンだなと思いました。

(ギムレット、ジンフィズ、そしてジントニックなどですね。)

 

シップスミス VJOP

 

通称「シップスミス ブラック」。

通常のシップスミスと何が違うのかというと、製造に使われるジュニパーベリーの量が違います。

その差はなんと約3倍です。

 

つまりこれは、「ジュニパーベリーを強烈に効かせたシップスミス」というわけですね。

アルコール度数も、高めの57%に設定されています。

 

この銘柄は、「美味しいジントニックを作るためのジン」というコンセプトで生まれたジンなのだそうです。

なので、やはりおすすめの飲み方はジントニック!

と胸を張って言いたいのですが、筆者はまだこのジンを飲んでいません()

詳しいレビューは実際に飲んでみてからということで、ご容赦ください… (汗)

 

一応、参考までに。ジンラヴァーたちの感想はおおむね良好みたいです…!

(ストレートで飲みまくっている人もいて、強いなぁ…とただただ感心しています。)

 

 

ゆっくりと浸るように、シップスミスを楽しんでみては?

f:id:makersmark3565:20190710224921j:image

 

シップスミスの特徴と味、楽しみ方を紹介しました。

繊細な味わいのジンなので、カクテル作りには少しだけコツがいるかもしれません。

ですがその分、型にハマったときの味わいは素晴らしいですね。

 

ちなみに、シップスミスの「sip」には、「ひとくち」「ゆっくり楽しみながら味わう」という意味もあるそうです。

ひとくちずつ、味わいに浸りながら…

このプレミアムなジンを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

シップスミス以外のジンのオススメ銘柄についてはこちら。

味わいのタイプ別、予算別に紹介しています。

 

www.green-alaska.com

 

その他の蒸留酒、リキュールなどのオススメ銘柄のまとめはこちらになります。

 

www.green-alaska.com

www.green-alaska.com

www.green-alaska.com

www.green-alaska.com

www.green-alaska.com

 

【おすすめのカクテルブック15冊】初心者向け〜上級者まで!カクテル作りに役立った本のまとめ

カクテルの知識やレパートリーを増やしたい方に。カクテルブックのおすすめ

f:id:makersmark3565:20190729224637j:image

 

「カクテルを作ってみたいけど何からやったらいいのか分からない…」

「いくつかカクテルを作ってみたけど、同じものばかりなのは飽きてくるなぁ…」

「もっと美味しくカクテルを作れるようになりたい…!」

 

そんな方におすすめなのが、「カクテルブック」です。

 

書籍でプロの知識を取り入れれば…

・カクテルの基礎

・美味しく作るコツ

・そして多様なレシピ

が身につきます。

 

今回は、年間約300杯のカクテルを自分で作って飲んでいる私が、

「カクテル作りに役立った!」

と思った本を、すべて紹介したいと思います。

 

紹介するカクテルブックは計15冊。

活用している本を全部書いたのですが、少し多かったですね…すいません (汗)

 

ですが幅広く紹介した分、きっとあなたにピッタリの1冊が見つかるはず。

長めの記事となっていますが、頑張って読んでみてください。

 

 

カクテル完全ガイド

f:id:makersmark3565:20190729225809j:image

 

【著者】YYTproject

【内容】基本技術、スタンダードカクテル、銘柄紹介

【ターゲット】初心者向け

 

本屋などでもよく見かける定番本。

 

「カクテルはお店でしか飲んだことないけど…自分で作ってみようかな?」

なんて考えている人が初めに手にするには最適な一冊です。

 

主な内容は次の通り。

 

POINT

・カクテルの基本の作り方

・よく使われるお酒の銘柄紹介

・バーツールの使い方

・スタンダードのカクテルレシピのまとめ

 

これさえあれば一通りのカクテルは作れるようになる、充実の内容となっています。

 

写真もキレイに撮られていていいですね。

「このカクテル綺麗!作ってみたい!」

なんて、思わず考えちゃいます。

 

ちなみに私はこの本を読んで、「ガルフストリーム」というカクテルに一目惚れしました。

 

f:id:makersmark3565:20190719104326j:image

※筆者がこの本を読んで初めて作ったガルフストリーム

 

あ〜やっぱり綺麗だな…ガルフストリーム…

味も美味しいし!

 

…といった具合に、こんなカクテルが作れるようになる本です!(雑)

まずはこの一冊から、カクテル作りを始めてみてください!

 

カクテルを作りなれている方でも、スタンダードレシピの分量確認などに使えます。

私は今でも、スタンダードを作る時はこの本でレシピを確認していますよ~。

 

 

 

スタア・バーのカクテルブック

f:id:makersmark3565:20190730002512j:image

 

【著者】岸久

【内容】基本技術、スタンダードカクテル、オリジナルカクテル

【ターゲット】初心者〜中級者向け

 

カクテルを美味しく作る上で重要なのが、

「どのような意図でこの一杯を作ったのか?」

という考え方。

 

ですが、独学ですとカクテルのコンセプト、と言われてもなかなか出てこないもの。

そんな時に役立つのが、このような著名人監修のカクテルブックです。

 

この本の著者は岸久氏。

彼の主な実績は…

 

POINT

・国際バーテンダー協会主催の世界大会で優勝

・バーテンダーとしては初の「現代の名工」を受賞。

・日本バーテンダー協会の会長を務める

・NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」でその高い技術が科学的に証明される

 

などなど。

華々しい経歴の持ち主ですよね。

 

f:id:makersmark3565:20190723121929j:image

※岸久氏のレシピで作ったサイドカー。グランマニエとコアントローを使う珍しいレシピ。

 

もちろん、彼は今でも現役。

「スタア・バー」でオーナーバーテンダーを務めており、第一線で活躍している人物です。

 

そのような人物が、どのような考えでカクテルを作っているのか?

ということが分かるのが、このカクテルブック。

 

特に岸氏は、氷に対する造形が深いですね。

自宅などでカクテルを作る際にも、役立つ知識が盛りだくさんです。

 

こちらもカクテルの基礎から、美味しいスタンダードカクテルの作り方、オリジナルレシピの解説まで充実の内容。

 

彼の持ち技である「インフィニティシェーク」の解説は必見ですよ!

 

 

ちなみに、岸氏のサイドカーについてはNomiLOGで作ったときのレポートを載せてあります。

サイドカーを作る際、よろしければ参考にしてみてください!

 

www.green-alaska.com

 

 

カクテルテクニック

f:id:makersmark3565:20190730002531j:image

 

【著者】上田和男

【内容】基本技術、スタンダードカクテル、オリジナルカクテル

【ターゲット】初心者〜上級者向け

 

こちらもバーの世界の巨匠が監修したカクテルブック。

「ハードシェーク」と呼ばれる、激しいシェークで有名な上田和男氏の著書です。

 

彼の作るカクテルの中では、特にギムレットが有名ですね。

 

細氷が浮かぶ美しい見た目…

キリッと冷えたシャープな味わい。

海外からわざわざ銀座まで飲みにくる人もいるくらいです。

 

f:id:makersmark3565:20190723122031j:image

※上田和男氏のレシピで作ったギムレット。冷えを保つための氷を入れるのが特徴的。

 

こちらも岸氏のカクテルブックと同じく、

・カクテルの基礎

・スタンダードの独自レシピ

・オリジナルレシピ

と、ひととおりの情報は網羅されています。

 

ただこちらの方は、次のようなノウハウが充実しています。

 

POINT

・カクテルに独自の色味を出す方法、理論

・ハードシェークに適したカクテルレシピ

・ハードシェークに適したお酒の銘柄

 

特に、色の話は興味深かったですね!

上田氏は「色の魔術師」とも呼ばれており、カクテルに絶妙な色合いを出すことを得意としています。

 

f:id:makersmark3565:20190724182032j:image

※上田氏のオリジナルカクテル、「キングスバレイ」。独特の深緑の色合いが美しい。

 

ただこちらの本は、職人気質とも言える上田氏のキャラクターが反映されているのもあるのでしょうか。

文章が少しお硬めな感じですね。

 

前に紹介した2冊よりは、少し読みづらさを感じる方も出てくるかもしれません。

(淡々と理論を語ってくれているので、個人的には好きです)

 

もちろん、内容の方はじっくり読み込む価値のあるものになってますよ。

 

 

 

木村義久カクテルブック 〜今宵、KOBEでソル・クバーノを〜

f:id:makersmark3565:20190730002549j:image

 

【著者】木村義久

【内容】スタンダードカクテル、オリジナルカクテル

【ターゲット】初心者〜中級者向け

 

カクテルを作るのに少し慣れてきて、

「もう少しレパートリーが欲しくなってきたな…」

と思った時にぜひ手にとってもらいたい一冊です。

 

著者は木村義久氏。

今やスタンダードと呼べるほど有名になったカクテル、「ソルクバーノ」の考案者です。

 

f:id:makersmark3565:20190728033046j:image

※ラムベースのカクテル「ソルクバーノ」。カクテル名は「キューバの太陽」という意味。

 

こちらの本は、木村氏が作るスタンダードカクテルの独自レシピ。

そしてオリジナルレシピの紹介が中心となっています。

 

木村氏のレシピはとにかく、「作りやすく親しみやすい」というのが特徴ですね!

特別な材料はほぼ使わず、個人でも再現しやすいものが多いです。

 

基礎を重んじるその姿勢は、まさに質実剛健といったところでしょうか。

 

その文面から、木村氏の柔和なものごしが伝わってくるのも魅力の一つ。

オリジナルカクテルが生まれた際のエピソードなんかは小粋でいいですね。

思わず表情が緩んでしまいます。

 

読んでいて心地よい、そばに置いておきたくなる一冊。

 

 

 

銀座スタア・バー岸久のモヒート50glasses

f:id:makersmark3565:20190730002658j:image

 

【著者】岸久

【内容】モヒートの基礎レシピ、アレンジレシピ

【ターゲット】初心者〜中級者向け

 

先ほど紹介した岸久氏の著書から、もう一冊。

こちらは、モヒートにフォーカスしたカクテルブックです。

 

内容はその名の通り、モヒートの基礎からアレンジレシピまで盛りだくさん。

ベースを変え、フルーツやハーブを変え、50種類ものレシピが紹介されています。

 

例えば、こんなレシピが載っています。

 

POINT

・ジュレップスタイルのモヒート

・スイカのモヒート

・大葉のモヒート

・ホットモヒート

 

岸氏の監修なだけあって、どのレシピも完成度が高いですね。

私も夏になったら全力で活用しています (笑)

 

私は、特にフレッシュフルーツを使うレシピがお気に入りですね。

 

f:id:makersmark3565:20190723122725j:image

※この本を参考に作った「イチゴのモヒート」。甘酸っぱく、清涼感あふれる風味。

 

「モヒートは自由な飲みものである」と実感させてくれる、素晴らしい一冊。

 

モヒートが好きな方から、写真映えするおもてなしレシピを知りたい方まで。

カクテル作り初心者の方にもおすすめですよ!

 

 

ちなみにモヒートのアレンジレシピについては、NomiLOGでも記事にしています。

こちらもぜひ!

 

www.green-alaska.com

 

 

フレッシュフルーツ カクテルブック

f:id:makersmark3565:20190730002825j:image

 

【著者】水澤泰彦

【内容】フレッシュフルーツカクテルのレシピ、技法

【ターゲット】初心者〜中級者向け

 

「カクテルの知識も身についてきたし、有名なレシピは一通り作ったかな…?」

 

という方に私がおすすめしたいのは、「フレッシュフルーツを使ったカクテル」

 

その、みずみずしい味わいはスタンダードカクテルではなかなか味わうことができません。

 

フルーツが主役なので、アルコール感も控えめ。

強いお酒が苦手な方でもすんなり飲めちゃう、というのも魅力の1つですね。

 

f:id:makersmark3565:20190724111251j:image

※本書を参考にして作った「巨峰のサイドカー」。フレッシュで一体感のある味わい。

 

ただフレッシュフルーツを使ったカクテルは、味の振れ幅も大きく、

「スタンダードに比べると、美味しく作るのは難しい」

と言われています。

 

そんな時に役立つのが、フルーツカクテルの専門書。

 

フルーツの加工の仕方、味見のコツ、失敗しにくいレシピなど。

これを読めば、フレッシュフルーツカクテルの基本がひととおり身につくでしょう。

 

この本はレシピの完成度もピカイチですが、扱うフルーツの種類が多いというのも特徴。

読めば、スーパーの果物コーナーが素材の宝庫に見えてきますよ (笑)

 

 

フレッシュフルーツカクテルについては、NomiLOGでも多数レシピを紹介しています!

まとめ記事からどうぞ!

 

www.green-alaska.com

 

 

カクテル パーフェクト・ガイド

f:id:makersmark3565:20190730002848j:image

 

【著者】デイル・デグロフ

【内容】スタンダードカクテル(海外)、オリジナルカクテル

【ターゲット】中級者向け

 

「現代カクテルの父」とも呼ばれる、デイル・デグロフ氏のカクテルブック。

 

アメリカで活躍するバーテンダーで、クラシックカクテルの復刻、現代的なレシピの発展を担った人物です。

 

こちらの本の主な内容としては…

 

POINT

・カクテルの基礎

・カクテルの歴史

・ガーニッシュ(カクテルの飾りつけ)

・多数のスタンダード、オリジナルのレシピ

 

など。幅広い情報が掲載されています。

 

では、これまで紹介したカクテルブックと何が違うのか?

それは「全てのノウハウが海外基準」という部分ですね。

 

f:id:makersmark3565:20190723145248j:image

※本書を参考にして作ったサイドカー。なんと、氷を入れたロックスタイル。分量も日本のスタンダードとは違う。

 

このように、スタンダードカクテルひとつ取ってみても日本とはレシピが違います。

 

どちらかというと、アクティブでハッキリした味わいになっているものが多いですね。

このあたりは、日本と海外の味覚の差ということなのでしょう。

 

海外のカクテル文化に触れてみたい方は、ぜひ手にとってみてください。

新たな発見、そして見聞を広めるのに役立つ一冊です。

 

 

ちなみに日本語版の監修は、「BAR HIGH FIVE」の上野秀嗣氏。

「世界のベストバー50」にも選ばれた、日本を代表するバーテンダーの1人です。

 

なので内容の補完も充分。

我々、日本人にも読みやすい内容になっているのでご心配なく!

 

 

クラフトスピリッツ

f:id:makersmark3565:20190730002904j:image

 

【著者】エリック・グロスマン

【内容】クラフトスピリッツの銘柄紹介、スタンダードカクテル(海外)、創作カクテル

【ターゲット】中級者向け

 

近年流行中のクラフトスピリッツ、クラフトカクテルをテーマとした本です。

 

「クラフト」という言葉はバーの世界では、

「こだわりを持って作られた特別なもの」

という意味で使われることが多いですね。

 

つまりこの本は、「自分だけのこだわりのカクテル」を作りたい方には最適の一冊である言えます。

 

主な内容は次の通り。

 

POINT

・プレミアムなジンやウォッカなどの銘柄紹介

・海外でよく作られるスタンダードレシピ

・スタンダードのアレンジレシピ集

・インフュージョンのノウハウ

 

特に、インフュージョン (漬け込み酒) についての情報は充実していますね。

 

どのお酒に何を漬け込んだら美味しいのか?

この素材を使う場合は何日漬け込むのがベストか?

という具体的なノウハウが書かれています。

 

f:id:makersmark3565:20190724111615j:image

※この本の掲載レシピ「ブラックベリーミントジュレップ」。フレッシュフルーツを大胆に使った一杯。

 

創作レシピも、フルーツをふんだんに使ったワクワクするものが多いですね。

個性的なカクテルに興味がある方が、初めに手にする一冊としても優秀です。

 

 

 

Mixology cocktail

f:id:makersmark3565:20190730002927j:image

 

【著者】永瀬正人

【内容】創作カクテル、ミクソロジー

【ターゲット】中級者〜上級者向け

 

その名の通り、ミクソロジーカクテルを取り上げた一冊。

 

そもそもミクソロジーカクテルとは何なのか?

 

ざっくりというと「既存の手法にとらわれずに作られるカクテル」ですね。

解説記事がありますので、見てみてください。

 

www.green-alaska.com

 

こちらの本には、有名バーのミクソロジーカクテルのレシピが惜しげもなく掲載されています。

 

自家製漬け込み酒を使ったカクテル、燻製で香り付けしたカクテルなどなど…

「普通のカクテルしか見たことない」という方には驚きの内容となっています。

 

f:id:makersmark3565:20190724205202j:image

※掲載レシピの1つ、「フレッシュモスコミュール」。ホールスパイスをウォッカで瞬間抽出して作る。

 

ミクソロジーカクテルは特殊な器具を使って作られるものも多いのですが…

こちらには個人で再現しやすいレシピが多く揃っています。

 

ミクソロジーに興味がある方はぜひ一読を!

作れそうなものからトライしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

The Art of Advanced Cocktail 最先端カクテルの技術

f:id:makersmark3565:20190730002947j:image

 

【著者】いしかわあさこ

【内容】創作カクテル、ミクソロジー

【ターゲット】上級者向け

 

この表紙のカクテル、なんだと思います?

実はこれ、「シンガポールスリング」なんですよ…。

 

こちらの本は、現代カクテルについて詳しく解説した一冊です。

こちらはレシピの紹介に加えて、具体的なノウハウの解説がされています。

 

ミクソロジーカクテルの技法の紹介から、器具の取り扱い方まで。

より実践的な内容になっていますね。

 

こちらのカクテルブックは業界でも有名なのでしょうか?

載っているレシピと同じものを提供するお店も私は見たことがありますね。

 

f:id:makersmark3565:20190724205423j:image

※この本を読んで作りたくなった「スモーキーアレキサンダー」。ハンディスモーカー買っちゃいました (笑)

 

エスプーマや真空調理器、液体窒素 (!) を使ったカクテルなど。

現代カクテルの技法には驚くばかりです…!

 

もちろん、私たちでも作れるレシピもたくさんありますよ。

自家製ハーブコーディアルの作り方なんかは、私もかなり参考にしています。

 

f:id:makersmark3565:20190729233958j:image

※自家製ラベンダーシロップを使ったブルームーン。穏やかで上品な風味。

 

使い方の実例も載っているので、作ったものはしっかりと活用できます。

こちらもミクソロジーに興味がある方におすすめです!

 

 

 

Standard cocktails with a twist スタンダードカクテルの再構築

f:id:makersmark3565:20190730003811j:image

 

【著者】いしかわあさこ

【内容】創作カクテル、ミクソロジー

【ターゲット】上級者向け

 

同じく、いしかわあさこ氏監修の一冊。

こちらも、有名店のミクソロジーカクテルを中心としたレシピ集です。

 

先ほどの本との違いは、どのカクテルも元となるレシピがあること…。

つまりツイスト (カクテルをアレンジすること) をテーマとした本となっているところですね。

 

f:id:makersmark3565:20190729234616j:image

※ミントジュレップのツイストレシピ、「ピーチハニーミントジュレップ」。生の桃と山崎12年のペアリング。

 

アレンジ、といってもその手法はさまざま。

 

材料をフレッシュに置きかえたり、スパイスを加えたり、はたまた「食べるカクテル」として再構築したりと…。

 

こちらの本もかなり驚くべき内容でしたね…。

難解ですが、ツイストをする際の着想点を学ぶには優秀な内容だと言えそうです。

 

こちらには「A advance of cocktail」に載っていない技法の紹介もされています。

合わせて読んでみてください。

 

 

 

進化するBAR by DRINK  PLANET

f:id:makersmark3565:20190730003823j:image

 

【著者】DRINK PLANET

【内容】現代バー文化、創作カクテル

【ターゲット】中級者〜上級者向け

 

「現代のバーカルチャーの進化」をテーマにした本です。

 

現代のバーが取り入れているコンセプト。

そして、世界的なバーテンダーの方々はどのような考えでカクテルを作っているのか?

その点を深く掘り下げた一冊です。

 

主な取材店舗は以下の通り。

マスターバーテンダーへのインタビューと、そのお店のオリジナルレシピが掲載されています。

 

POINT

・スタア・バー 銀座

・BAR HIGH FIVE

・BAR 石の華

・BAR ベンフィディック

・Peter BAR

・SPEAK LOW

…など計25店舗。

 

個人的には、「バー 石の華」石垣忍氏のレシピが載っていたのが嬉しかったですね!

 

オフィシャルページには、材料の分量までは書かれていませんので…!

 

f:id:makersmark3565:20190724210739j:image

※「バー 石の華」石垣忍氏のレシピ、「ライオンズテイル」。オールスパイスが香るトラディショナルな味わい。

 

現代のバー文化を牽引する、巨匠たちのノウハウを知ることのできる一冊。

バー通いも、カクテル作りも楽しくなること間違いなしです!

 

 

 

BITTERS

f:id:makersmark3565:20190730003836j:image

 

【著者】ブラッド・トマス・パーソンズ

【内容】自作ビターズ、ビターズを使ったカクテルレシピ

【ターゲット】上級者向け

 

近年流行の「ビターズ (苦味酒) 」にフォーカスした一冊です。

 

ビターズはカクテルにアクセントを加えるのに役立つ素材。

 

定番のアンゴスチュラ、オレンジ。

最近ではラベンダーのビターズ、はたまたシイタケ原料の旨味ビターズなんてのも登場していますね。

 

そんなビターズの活用の仕方と、自作ビターズのレシピが載っているのが、このカクテルブック。

かなりニッチな内容ですが、「これが欲しかった!」なんて思う方もいるんじゃないでしょうか?

 

f:id:makersmark3565:20190726000122j:image

※掲載レシピ、「ジャージーカクテル」。リンゴとビターズの風味の調和が素晴らしい。

 

ただ注意点がひとつ。

日本語訳がされていないので、すべて英語表記となっています。

正直、読むのは少し大変ですね…。

 

ただ、カクテルの基礎知識があればレシピは案外読めちゃいますね。

それ以外の分からないところはググればOK。

便利な時代ですから意外となんとかなります (笑)

 

少し大変ですが、確かな知識を得ることができる一冊。

ぜひ、頑張ってトライしてみてください!

 

 

ちなみにこの本には、なんとビターズを使った料理、おつまみのレシピなんかも載っています。

これがまた秀逸で、中でも「ビターズ風味のバーナッツ」はかなりハマりました!

 

f:id:makersmark3565:20190726000447j:image

 

美味しすぎたので、勢いで記事にしちゃったくらいです (笑)

よろしければ見てみてください! 

 

www.green-alaska.com

 

 

ニュースタンダードドリンク 102

f:id:makersmark3565:20190730003854j:image

 

【著者】土肥大介

【内容】ノンアルコールドリンク

【ターゲット】初心者〜中級者向け

 

こちらは、アルコールの入っていないドリンクがメインのレシピ集です。

レシピ提供は都内を中心とした有名カフェ、フルーツパーラーなど13店舗。

 

「ノンアルコールじゃなくて、カクテルが作りたいんだけど…」

と思うかもしれませんがこの本、かなり役立ちます。

 

バーとは違った視点で作られるドリンクの数々は、新たな発想と刺激を与えてくれますよ。

上手くアレンジすればカクテルとしても楽しめます。

 

f:id:makersmark3565:20190724215758j:image

※「葡萄とミントのソーダ」をアレンジして作った葡萄のモヒート。ラムを加えただけですが、しっかり美味しいです。

 

ガチガチに基本を学んだ人ほど、新鮮な気持ちで読むことができると思いますよ。

セオリーに囚われない、柔軟な発想を養うのに役立つことでしょう。

 

もちろん、「日々の生活を彩るちょっと特別なドリンクレシピ集」としても優秀。

休肝日にぜひどうぞ (笑)

 

 

 

コミック「バーテンダー」シリーズ

f:id:makersmark3565:20190730003912j:image

 

【著者】城アラキ (原作)

【内容】カクテルとバーにまつわる物語

【ターゲット】初心者〜中級者向け

 

最後に、私のルーツともなった本を紹介します。

集英社が発行する漫画「バーテンダー」シリーズです。

 

「えっ?漫画…?」

「たしかにバーのことが書いてあるけど…漫画でしょ?」

なんて思うことなかれ。

 

プロのバーテンダーがしっかりと監修を務めている、本格的な作品です。

作品内に登場するオリジナルレシピには、世界的なトップバーテンダーも関わっていたりするんですよ。

 

f:id:makersmark3565:20190724211357j:image

※バーテンダー第1部の主人公、佐々倉溜の神のグラス「柚子庵」。フランスと日本の素材が見事に融合した一杯。

 

バーにまつわる物語も面白いですし、読んでいるだけでカクテルの知識がモリモリと入ってきます。

 

本当、漫画って侮れないんですよ。

解説も丁寧ですし、分かりやすい!

 

なにより、登場人物がおいしそうにカクテルを呑んでいると、ついつい自分でも作りたくなって来るんですよね〜。

 

一作品としての完成度も高く、レシピブックとしても、カクテル作りの原動力としても役立ちます。

私イチオシの「カクテルブック」です。

 

 

ちなみに、第1部「バーテンダー」と2部「バーテンダー a paris」では主人公が異なります。

話が (一応) 繋がってないので、2部から読み始めてもOKですよ。

 

 

「a paris」→「a Tokyo」→「6stp」は時系列順に話が繋がっています。

同じ登場人物がいたりするので、深く楽しみたい方は1部からどうぞ!

 

 

他にもカクテルブックをお探しの方は無料でも使える「kindle unlimited」がオススメ

「まずは、あまりコストをかけずにプロのレシピを見てみたいなぁ…」

 

そんな方はamazonの「kindle unlimited」をチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

 

POINT

・kindle unlimitedとは…

スマホ、タブレット、PCなどで電子書籍が月額で読み放題となるサービスです。

 

配信書籍には、数はそれほど多くはないですがカクテルブックもいくつかあります。

 

例えばこのような本があります。

 

・ゼロから始めるカクテル&バー入門

【著者】渡邉一也

【内容】スタンダードカクテルのレシピ紹介、バーの楽しみ方、バー文化の解説

 

・洋酒手帳

【著者】上田和男

【内容】ジン、ウイスキー、リキュールなどの銘柄の紹介

 

・アートカクテルブック ファースト“ドリーム”エディション

【著者】宍戸俊彦

【内容】ミクソロジーカクテルの紹介、レシピ

 

・カクテルデコレーションテクニック&フルーツカッティングテクニック

【著者】マルコ

【内容】カクテルのガーニッシュ (飾り) 、フルーツカッティングのノウハウ

 

私も、今回紹介した本と合わせてレシピやノウハウをよく参考にしています。

 

このサービスは、初回登録で1ヶ月間無料で使えるのが嬉しいところですね。

気になった本を一気見して、期間内に解約すればコストは0円ですからね。

 

まだ使ったことがない方は、のぞき見感覚で利用してみてはいかがですか?

 

→kindle unlimitedの登録はこちらから

 

もちろん、2ヶ月目からはキッチリ月額がかかるのでお気をつけて!

解約ページがよく分からないという方もいると思うので、念のためリンクを貼っておきますね〜。

 

→kindle unlimitedの解約ページはこちら

 

 

カクテルブックで多彩な知識を身につけよう

f:id:makersmark3565:20190729225751j:image

 

私が「カクテル作りに役立った!」と感じた本を紹介しました。

 

今やカクテルのレシピや知識は、ネットなどでも気軽に知ることができます。

 

ですが、残念ながら

「本当に実践して得た知識なのか?」

「この記事を書いた人は、このカクテルを実際に飲んだことがあるのだろうか…?」

と思ってしまう内容のものも多いですね…。

 

そのような時に指標として役立つのが、カクテルブックです。

 

もちろん、本に書いてある内容もすべて正しいとは言い切れませんが…

実績のある人物が監修していることがほとんどですので、数あるメディアの中では信頼性はピカイチです。

 

それに、カクテルに「ただひとつの正解」なんてありませんからね。

多くの知識を入れて、自分に合ったノウハウを身につけていくのがベターだと言えるでしょう。

 

あなたにぴったりの内容の本が見つかれば、より美味しくカクテルを楽しめるようになります。

ぜひ、色々な知識に触れてみてください!

 

 

もちろん、当サイト「NomiLOG」の記事もぜひご贔屓に…! (笑)

(ちゃんとした情報をお届けできるようにガンバリマス…!)

 

当サイトのおすすめの記事は、「カクテルの種類に適したお酒の銘柄の選び方」です。

 

ジン、ウォッカ、バーボンなど。

「このカクテルにはこの銘柄がおすすめだよ!」

という話を積極的に出すようにしています!

 

ぜひこちらも読んでみてください。

 

www.green-alaska.com

www.green-alaska.com

www.green-alaska.com

www.green-alaska.com

 

ケテルワンウォッカをカクテルに使ってみてのレビュー。使いやすさと酒質の高さが魅力!

バーで人気が高まりつつある「ケテルワン ウォッカ」その実力は?

f:id:makersmark3565:20190621134313j:image

 

たまには「少しいいウォッカ」を買ってみようかな…?

なんて考えてる方はご傾注。

 

今回紹介する銘柄は、オランダで製造されているプレミアムウォッカ「ケテルワン」。

近年、バーでじわりと人気が高まりつつあるウォッカです。

 

このウォッカはどのような特徴があるのか?

他のウォッカとの違いは?

 

実際にカクテルを作りながら、このウォッカの良さをお伝えしたいと思います。

 

 

ケテルワンとはどんなウォッカなのか?その特徴について解説

 

ケテルワンウォッカは日本のバーではあまり見かけない銘柄ですよね。

 

そこでまずは、

ケテルワンとはどのような特徴を持つウォッカなのか?

そちらについて解説したいと思います。

 

ケテルワンは生産効率よりも品質にこだわったウォッカ

まずお伝えしておきたいのは、

ケテルワンは品質重視というコンセプトで作られているウォッカ

だということです。

 

ケテルワンを製造する「ノレット蒸留所」が設立されたのは1691年。

当時はジュネヴァー(オランダジン)の製造がメインでした。

 

ケテルワンウォッカの製造を始めたのは、実は意外にも最近。

1980年代初頭のことです。

 

その頃のウォッカはどちらかというと、安価で大量消費されるお酒という感じでした。

ですが、10代目ファミリーディスティラーとなったカルロス・ノレットは「品数より品質」を追求します。

 

そうして生まれたケテルワンウォッカは、現在カクテルの味わいを追求するバーで重宝される存在となっています。

 

厳選した小麦とこだわりの蒸留器

f:id:makersmark3565:20190715233329j:plain

 

ウォッカの原料となるのは、穀物やジャガイモなど。

そんな中からケテルワンは、北ヨーロッパの厳選された小麦を使ってウォッカを作り出しています。

 

まず、最新鋭の6塔式連続蒸留機でスピリッツを精製。

その一部を単式蒸留器に移して再蒸留するという手法をとっています。

 

この単式蒸留器は、ケテルワンウォッカを初めて蒸留したその時からずっと現役。

「Distilleerketel No.1」と呼ばれる、ケテルワンの象徴とも言える存在です。

Ketel Oneというブランドネームもこの蒸留器の名前から付けられたそうですよ。

 

小麦を原料にしたウォッカはすっきりとしていながら、風味がよく残るのが特徴です。

ケテルワンの場合も、鮮やかなキレの中にふくよかなニュアンスが現れていますね。

 

POINT

ウォッカは原料による味の差がほとんどないと言われますが…

なんとなく「いいな」と感じたスピリッツ同士が実は同じ原料を使っていたということがよくあります。

なので、原料からウォッカを選んでみるというのも面白いかもしれませんね。

 

同じく小麦原料のウォッカである、ピナクル、アブソルート、グレイグースなどが好きな方は試す価値ありだと思います。

 

 

ケテルワンウォッカの味わい、テイスティングレビュー

それでは、ケテルワンウォッカはどのような味なのか?

実際に常温ストレートで飲んでみましょう。

 

f:id:makersmark3565:20190621134337j:image

 

キックが効いた味わい…!

かと思いきや、ふくよかなニュアンスもありますね。

 

なんというか、シンプルに美味いです。

あいまいな表現で申し訳ないですが、第一印象は美味いのひとことでした (笑)

 

口当たりは滑らか。

公式のレビューではシルキーな口当たりとのことですが、まさしくその通りですね。

 

特徴的なのが余韻。

熟した果実のような風味がふわっと漂います。

この感じは同じプレミアムウォッカである、グレイグースに少し似てるかもしれませんね。

 

POINT

要約すると、ケテルワンウォッカは…

・ウォッカらしいキレを持ちつつ

・程よいボリュームがあり

・芳醇で長い余韻がある

 

スタンダードな味わいながら高水準。

ジンで例えるならばタンカレー No.10みたいな存在だな、と私は感じました。

 

 

ケテルワン vs その他の定番ウォッカ!カクテルにして飲み比べてみました

ケテルワンはそのまま飲んでも十分に美味しいですが…

ウォッカの真髄はやはりカクテルにあります。

 

ということで、ケテルワンとその他のウォッカで同じカクテルを作って飲み比べてみましょう。

ケテルワンのお相手をするのは、この2本。

 

f:id:makersmark3565:20190621134810j:image

 

氷のようにシャープで澄んだ味わいをもつ、フィンランディアウォッカ。

 

f:id:makersmark3565:20190715234525j:plain

 

そして「フレッシュフルーツにもっとも合う」と言われる、ソビエスキーウォッカです。

 

どちらも、定番かつ人気の高い銘柄です。

これらでいくつかのスタンダードカクテルを作り、ケテルワンと飲み比べてみます。

  

比較に使うカクテルのレシピについては、ウォッカカクテルの記事を参考にどうぞ!

 

www.green-alaska.com

 

 

ケテルワンウォッカとフィンランディアでモスコミュールを飲み比べ

まずはウォッカカクテルの定番、モスコミュールから飲み比べてみます。

 

もちろん、割り材の分量はキッチリ合わせますよ。

容量200mlのジンジャービアを重さを測って、キッチリ100mlずつ注ぎます。

 

f:id:makersmark3565:20190621134426j:image

 

【フィンランディアのモスコミュール】

・スッキリ、シャープな飲み心地。

・ジンジャービア、ライムの風味がよく感じられる。

 

f:id:makersmark3565:20190621175003j:image

 

【ケテルワンのモスコミュール】

・スパイシーでふくよかな印象。

・一体感のある味わいで、余韻が長い。

・アルコールのアタックがしっかりとある。

 

ケテルワンの方はふくよかでキックの効いた、モスコミュール"らしい"仕上がりになっています。

余韻の風味がたまらないですねこれ…。

 

フィンランディアの方はスッキリ風味でさわやかな印象。

味わいのクリアさならこちらが上手です。

 

 

ケテルワンウォッカとフィンランディアでバラライカを飲み比べ

お次はショートカクテルの定番、バラライカで比べてみます。

材料の比率は教科書通りの2:1:1で!

 

f:id:makersmark3565:20190621134450j:image

 

【フィンランディアのバラライカ】

・ピュアで上品さのある仕上がり

・華やか、飲みやすい

 

f:id:makersmark3565:20190621175014j:image

 

【ケテルワンのバラライカ】

・ボリューム感があり、まろやか

・余韻が長い、芳醇

 

ケテルワンのバラライカ、実に美味しいですね!

 

ほどよいボリューム感と一体感。

今まで試したウォッカの中ではベストに近い仕上がりです。

 

スッキリとした仕上がりを目指すならフィンランディア。

ボリューミーに仕上げたいのならばケテルワンといったところでしょうか。

 

 

ケテルワンウォッカとソビエスキーでスクリュードライバーを飲み比べ

続いて、スクリュードライバーを作ってみます。

ケテルワンと比較するのはソビエスキーウォッカです。

 

このウォッカで作るスクリュードライバーは絶品!

はたしてケテルワンは太刀打ちできるのでしょうか?

 

f:id:makersmark3565:20190621134505j:image

 

【ソビエスキーのスクリュードライバー】

・口当たりが非常にソフト

・オレンジの風味がクッキリとした印象

 

f:id:makersmark3565:20190621175025j:image

 

【ケテルワンのスクリュードライバー】

・ほどよいアルコールのキックがある

・ウォッカとオレンジの風味に一体感がある

 

これは仕上がりにかなりの差が出ました。

 

ソビエスキーの方は全体的にソフトな仕上がりに。

フレッシュオレンジの繊細な風味もよく感じられます。

オレンジ主体、という考え方で作るならば明らかにこちらが優位です。

 

一方、ケテルワンの方は味わいの一体感を強く感じます。

ピシッと芯の通った味わい。

ウォッカカクテルらしいアルコールのキックも効いています。

 

 

ケテルワンウォッカとソビエスキーでブラッディメアリーを飲み比べ

最後はトマトジュースを使ったカクテル、ブラッディメアリーで飲み比べてみます。

 

ケテルワンウォッカはブラッディメアリーによく合うのだとか。

オフィシャルサイトでも、数多くのアレンジレシピが掲載されています。

 

はたして、どのような仕上がりになるのか…?

 

f:id:makersmark3565:20190628172931j:image

 

【ソビエスキーのブラッディメアリー】

・口当たりが非常にソフト

・トマトの風味が良く分かる

 

f:id:makersmark3565:20190628172938j:image

 

【ケテルワンのブラッディメアリー】

・滑らかな飲み心地

・トマトの風味が引き立っている

 

これはケテルワンのブラッディメアリー、確かに美味しいですね!

やや重くなりがちな飲み口が、シルキーで軽やかな印象になっています。

 

ソビエスキーの方もソフトな仕上がりでかなり美味しいです。

ですが、私はどちらかというとケテルワンの方が好みですね!

 

POINT

今回は市販のトマトジュースを使ったので、このような感想になりましたが、

フレッシュトマトを使って作る場合はソビエスキーがベターでしょう。

 

フレッシュトマトの風味は繊細…。

なので、それを邪魔しないウォッカを使うことが大切だと私は思います。

 

 

結論:ケテルワンウォッカは使い勝手がよく品質も高い

f:id:makersmark3565:20190621134531j:image

 

飲み比べてみて、私はケテルワンには次のような特徴があると感じました。

 

POINT

・どのようなカクテルにもマッチする

・ウォッカのカクテルらしい、ほどよいキックの効いた味わいを作り出すことができる

・シルクのような滑らかなテクスチャーを持つ

・副材料の味わいを膨らませてくれる

 

カクテルに使い勝手がいい銘柄が欲しい。

そして、ウォッカらしいキレのある味わいにしたい。

そんなときに重宝してくれるウォッカですね!

 

キレのあるウォッカは雑味が気になるものも多いのですが、ケテルワンは特に嫌な雑味は感じません。

 

カクテル作りのベンチマークに使う、「少しだけいいウォッカ」として活躍してくれそうですね!

 

 

ケテルワンウォッカ指定のカクテルレシピ

ケテルワン指定のカクテルレシピがいくつかあったので、実際に作ってみました。

 

ケテルワンの風味に合うように作られているだけあって、どれも完成度が高いですね。

飲んでみての感想とともにレシピを紹介したいと思います。

 

ダッチミュール

f:id:makersmark3565:20190623191328j:image

 

【材料】

ケテルワンウォッカ 50ml

フレッシュライムジュース 15ml

アンゴスチュラビターズ 3dash

ジンジャービア Full up

 

【作り方】

ジンジャービア以外の材料を氷を入れたグラスに注ぎ、ステアする。

ジンジャービアで満たして、軽く再ステアする。

 

ダッチ=オランダの。

という意味なので、これは「オランダ流モスコミュール」といったところでしょうか。

 

スタンダードなレシピとの違いはビターズの有無。

これが入ることによって、スパイシーで奥深い風味となっています。

 

キックが効いていて、刺激的な味わい。

いつもとはひと味違ったモスコミュールもまた魅力的ですね。

 

ちなみにビターズについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

アイディア次第で、さまざまなカクテルのアクセントに使えますよ!

 

www.green-alaska.com

 

ケテルワンフィズ

f:id:makersmark3565:20190708113012j:image

 

【材料】

ケテルワンウォッカ 45ml

フレッシュライムジュース 15ml

シュガーシロップ 7.5ml

炭酸水 1splash (約6ml)

 

【作り方】

氷を入れたシェーカーに炭酸水以外の材料を入れて、シェークする。

氷を入れたグラスに注ぎ、続けて炭酸水を注ぐ。

 

ウォッカをベースにしたフィズスタイルのカクテル。

 

味わいはまさに爽快。

炭酸よりもライムの香りで清涼感が出ている感じです。

 

ちょっとこれは他のウォッカでも試したくなるくらい美味しいですね…!

ライムを使うフィズスタイルのカクテル、掘り下げる価値がありそうです。

 

ケテルワンホワイトルシアン

f:id:makersmark3565:20190630224624j:image

 

【材料】

ケテルワンウォッカ 50ml

カルーア 25ml

牛乳 10ml

生クリーム 10ml

 

【作り方】

氷を入れたシェーカーに材料を入れて、シェークする。

カクテルグラスに注ぎ、削ったナツメグをふりかける。

 

このホワイトルシアンは、スタンダードと少し材料と分量が異なります。

 

カルーアが多め、生クリームに加えて牛乳を使う、アレキサンダーのように仕上げにナツメグをふりかける…。

 

なかなか珍しい処方ですが、飲んでみたら納得。

ケテルワンのシルキーさとよく合っています。

 

ケテルワンが持つ風味もコーヒーとよく合いますね。

余韻にふわっと香るのがいい感じです。

 

キングオブオレンジ

f:id:makersmark3565:20190628173028j:image

f:id:makersmark3565:20190716130144j:image

 

【材料】

ケテルワンウォッカ 50ml

グランマニエ 20ml

カンパリ 20ml

レモンジュース 20ml

 

【作り方】

氷を入れたシェーカーに材料を入れて、シェークする。

カクテルグラスに注ぎ、クラウン型のオレンジピールを飾る。

 

リキュールと合わせたレシピです。

 

甘めなのかと思いましたが、カンパリとレモンが効いているのでちょうどいい感じ。

オレンジの飾りは少し手間ですが、香りも雰囲気も良くなるので、ぜひトライを!

 

ちなみにカンパリについては、この他にも美味しい楽しみ方を多数紹介しています。

少し珍しいレシピもありますので、よろしければこちらもどうぞ! 

 

www.green-alaska.com

 

グレープフルーツジュレップ

f:id:makersmark3565:20190623191308j:image

 

【材料】

ケテルワンウォッカ 50ml

フレッシュライムジュース 12.5ml

ミントの葉 4枚

グレナデンシロップ 12.5ml

ピンクグレープフルーツジュース 25ml

蜂蜜 5ml

 

【作り方】

氷を入れたボストンシェーカーに材料を入れて、シェークする。

メッシュで漉しながらクラッシュドアイスを入れたグラスに注ぎ、ミントの葉とグレープフルーツピールを飾る。

 

フレッシュの材料をふんだんに使ったクラフトカクテルです。

 

みずみずしい味わいで香りも素晴らしい。

海外産のレシピなんですが、カジュアルに楽しめていいですね。

 

キリッと冷えて、暑い日には特にオススメのレシピ。

材料を揃えるのが少し大変かもしれませんが、ぜひ味わってもらいたいですね。

 

エスプレッソマティーニ

f:id:makersmark3565:20190628173002j:image

f:id:makersmark3565:20190716130222j:image

 

【材料】

ケテルワンウォッカ 50ml

エスプレッソ 45ml

シュガーシロップ 15ml

カルーア 5ml

 

【作り方】

氷を入れたシェーカーに材料を入れて、シェークする。

カクテルグラスに注ぎ、コーヒービーンズを飾る。

 

エスプレッソと合わせた近年人気のレシピです。

 

ケテルワンがほどよい上品さを保ちながら、芯のある味わいに仕上げてくれています。

カクテルもコーヒーも好きだという方には、かなりオススメのレシピですね。

 

エスプレッソがなかなか用意できないというときは、少しテイストが変わりますが濃いめに淹れたコーヒーでも代用できます。

 

近年人気の水出しコーヒーを使うというのも、個人的にはアリですね。

淹れ方などは以下の記事で紹介しています。 

 

www.green-alaska.com

 

ジムティーニ

f:id:makersmark3565:20190712172028j:image

 

【材料】

ケテルワンウォッカ 30ml

ホワイトカカオリキュール 20ml

フランジェリコリキュール 10ml

 

【作り方】

氷を入れたシェーカーに材料を入れて、シェークする。

カクテルグラスに注ぐ。

 

お次は食後に楽しみたい、デザートカクテルのレシピをひとつ。

 

ヘーゼルナッツとカカオのスイートな味わい。

上等なチョコレートのような、ウットリする風味…。

これは甘党にはたまりませんね !

 

上品、かつピシッとまとまってくれたのはケテルワンのおかげですね。

チープなウォッカだと、この雰囲気は出せないと思います。

 

スプリングガーデン

f:id:makersmark3565:20190630224633j:image

f:id:makersmark3565:20190716130242j:image

 

【材料】

ケテルワンウォッカ 45ml

シュガーシロップ 10ml

フレッシュレモンジュース 20ml

フレッシュアップルジュース 65ml

ラズベリー 3個

ミントの葉 8枚

 

【作り方】

ボストンシェーカーにラズベリーとミントの葉を入れて、軽くマドルする。

残りの材料と氷を入れて、シェークする。

メッシュで漉しながら氷を入れたグラスに注ぎ、ラズベリーとミントの葉を飾る。

 

最後にコストも手間もかかりますが、とても美味しかったレシピを。

フレッシュのラズベリー、ミント、アップル、レモンを贅沢に使った一杯です。

 

ラズベリーとリンゴってこんなに合うんですね!

とても華やかでフルーティな風味。

多くの材料を使っているにもかかわらず、見事に味わいがまとまっていますね。

 

ラズベリーなんかは売っているお店を探すのが少し大変ですが…これは材料を揃えて作る価値ありです。

ぜひお試しを!

 

 

ケテルワンウォッカで一歩先の仕上がりを目指してみては?

f:id:makersmark3565:20190621134544j:image

 

ケテルワンウォッカの特徴と楽しみ方を紹介しました。

 

筆者としてはこのウォッカ、かなり感触がよく、

「予算2500円くらいで、スタンダードな味のウォッカを買うならこれになるかな…」

というのがストレートな感想です。

 

最近は、フィンランディアを愛用していたのですが、

 「モスコミュールやスクリュードライバーを作るときには少しだけボリューム不足かな?」

 と感じていたので、これからは自分の好みに応じて使い分けしていくことができそうです。

 

ウォッカらしいストレートな味わいが好みの方。

そして、カクテルの仕上がりのレベルを上げたい方は手にとってみてはいかがでしょうか?

 

 

この他のウォッカのオススメ銘柄についてはこちら!

味わいのタイプ別に詳しく紹介しています。

 

www.green-alaska.com

 

先ほども紹介しましたがウォッカで作るカクテルのレシピについては、こちらの記事にまとめてあります。

色々なレシピをぜひ試してみてください!

 

www.green-alaska.com

 

ウォッカ以外の蒸留酒、割り材のオススメ紹介はこちらの記事をどうぞ〜。

 

www.green-alaska.com

www.green-alaska.com

www.green-alaska.com

www.green-alaska.com