NomiLOG

NomiLOG

美味しいお酒や料理に目が無いアラサー。「お酒は自由に楽しむもの」という考えのもとで、色々なお酒の楽しみ方を発信していきたいと思います。

旨味ビターズの味わいをレビュー!使い方、カクテルレシピを模索してみました

スポンサードリンク

異色のビターズ「旨味」使い方は?

こんにちは、scarlet@alaska_nomilog)です。

 

先日、銀座のBARTIMES STOREにいってきました。

バーツールの販売がメインのお店なんですが、「ビターズの試飲もできる」とのことで遠慮なく色々と味見してきました。

 

その中でビビッときたものがひとつ。こちらです。

 

f:id:makersmark3565:20191106155503j:image

 

じゃーん。なんと「旨味」のビターズです。

※カクテル用として販売されているお酒です

初めて見た人からしたらなんじゃこりゃ、って感じですよね。

 

今回は、この使い方に迷うビターズの可能性をいろいろと探ってみました。

 

・「これならおすすめできる!」という使い方

・「これはイマイチかな…?」と思った使い方

をすべて紹介したいと思います。

 

感想を先にネタバレしちゃうと、「今までにない味わいを求める人には最高の素材」という感じでした。

特に、ウイスキー党の人にはぜひ試してもらいたいですね。

では、まずはどんなビターズなのか?解説からどうぞ。

 

 

 

旨味ビターズってどんなビターズ?

 

まずは、旨味ビターズはどのようなビターズなのかの解説から。

 

「ビターズ」というお酒のことはよく分からない…という方は、解説記事の方から見てみてください。

www.green-alaska.com

 

旨味ビターズの原料は?

カツオ節、昆布、しいたけ、柚子が原材料となっています。

 

かなり狂ってる独特な素材たちですよね。

これをカクテル用に、とは…なんとも斬新。挑戦的な試みだと言えます。

 

ちなみに材料にはかなりこだわっているようで…

・北海道産の利尻昆布

・神石高原のシイタケ

・枕崎産のカツオ節

と、各地の名産品をとりそろえています。

 

POINT

カツオ節にはイノシン酸、昆布にはグルタミン酸、しいたけにはグアニル酸という旨味成分が含まれています。

これらは組み合わせて使うことで、お互いの味わいを高めあう相乗効果が働きます。

 

分かりやすい例としてはみそ汁。

カツオ節と昆布のダシを両方入れると美味しくなりますよね。

 

旨味ビターズは、その特性を最大限に生かして作られたビターズというわけです。

 

旨味ビターズの味わいは?

味わいは原材料がストレートに現れています。

ズバリ、濃いダシの味です。

 

カツオ節、昆布、しいたけ…。

3種類の材料の相乗効果は伊達じゃなく、強烈な旨味を感じます。

塩気もかなりありますね。濃いめのみそ汁みたい…(笑)

 

よくよく味わうと、余韻にはビターズらしいほのかな苦味が。

このあたりは柚子(の皮?)由来の味なのかな?といったところです。

 

POINT

ちなみに「旨味」は日本で発見された第5の味覚として、近年では海外での認知度も高まっていますね。

 

海外でもそのまま「UMAMI」と呼ばれ、これをウリにしたハンバーガーショップもあるくらいの人気。

国際的なトレンドとも言える味わいです。

 

旨味ビターズの使い方

f:id:makersmark3565:20191114222305j:plain

 

このようにキャップ部分がスポイトになっています。

それでビターズを吸いとり、1滴ずつ落として材料に加えます。

 

通常のビターズは、振って中身を出すのですが、これなら分量の調整もしやすいですね。

レシピの再現性も高いです。

 

POINT

ビターズの分量の単位で、一般的なのは「dash」ですよね。

これって何滴ぶん?ということで説明しておくと、

1dash=約5滴 になります。

 

表記が異なるレシピを見つけたときに参考にしてみてください。

ちなみに「drop」という表記もありますが、こちらは 1drop=1滴 です。

 

旨味ビターズの飲み方は?実際に試して美味しかったレシピを紹介

旨味ビターズを手にしたとして、一番悩むのはその飲み方ですよね…。

 

カクテルは基本的に甘みと酸味が主体の飲みもの。

そこにダシの味…?となると、どうしてもミスマッチな印象を受けてしまいます。

 

公式サイトの方では使い方の例として、いくつかレシピが紹介されています。

が、ちょっと作るのが大変な感じですね。

 

→ジャパニーズビターズ公式サイト(外部リンク)

 

となると、残る手段は「自分で試す」。

 

ということで実際にいろいろなお酒、カクテルに使ってみました。

ここからはそちらについて紹介します。

 

 

ブラッディメアリーに使ってみた

まずは、シンプルに塩気のあるカクテルに加えてみましょう。

 

「ブラッディメアリー」は塩やコショウ、ウスターソースなどを加えることがあります。

これなら、直感的にいけそうな感じですよね…!

 

ちなみにブラッディメアリーのレシピは、こちらの記事にあります↓ 

www.green-alaska.com

 

トマトには昆布に含まれる旨味成分、「グルタミン酸」も含まれています。

ので、うまいこと調和してくれるはず…完全にイケるわこれ…!

ということで、いざトライ!

 

f:id:makersmark3565:20191107144222j:image

 

美味しい!

…んですけど、期待したほどの変化はなかったというのが正直なところかもしれません。

隠し味レベルって感じですね。

 

旨味ビターズをさらに活かすならば…

フレッシュトマトを使ったり、際立たせるための黒コショウを振ったりと、あと一歩の工夫が必要かもしれません。

 

こちらはまた要研究ですね。

 

評価:★★★☆☆

 

アイラモルトに加えてみた

続いてはアイラモルトに加えてみます。

アイラモルトとはなんぞや?という方は、まずこちらの記事をどうぞ↓ 

www.green-alaska.com

 

こちらはSNSなどで評判となっていた飲み方。

確かに、スモーキーなウイスキーならなんとなく合いそうな気がします。

 

銘柄は迷ったのですが、ラフロイグで。

30mlに対して、3滴ほど加えてストレートで飲んでみます。

 

f:id:makersmark3565:20191107144310j:image

 

うん、これは美味しい。アリです!

ピート香としっかり調和していますね。ダシの香りも不思議と感じません。

 

なんというか…、味わいの密度が1段階アップした感じ。

みそ汁にダシを加えたときに起こる変化に近い気がします。

ラフロイグのやや鋭いアタックも、心なしか穏やかになりますね。

 

ただ、旨味ビターズの分量には注意。

追加で2滴ほど加えたら、ラフロイグの香りがかき消されて、たちまちバランスが崩れてしまいました。

 

評価:★★★★☆

 

次はボウモアなどの他の銘柄、ハイボールやロックでの飲み方でも試してみたいですね。

 

スタウトビールに加えてみた

こちらは、旨味ビターズの公式ページでも推奨されていた飲み方です。

 

実は、私は黒ビールを飲むのは初めてで…(笑)

あまりビールには詳しくないのですが、率直な感想を伝えたいと思います。

 

f:id:makersmark3565:20191110041844j:image

 

ビールから旨味を感じる…!

面白い味わいですね!

 

ビールは喉ごしをたのしむ飲み物だ!って話も聞いたことありますが、これはじっくり味わいたくなる味ですね。

 

舌に旨味が広がる感覚がとても心地よいです。

コクもより深くなって、飲みごたえも出てきます。

 

こちらも、画像の分量でビターズ3滴くらいが許容範囲かな…?って感じですね。

5滴くらいになると、なぜか昆布の香りが際立ってしまいました(笑)

 

評価:★★★★☆

 

ビール党の方は日々の晩酌が楽しくなりそうですね。

 

ジントニックに使ってみた

色々調べていると、「ジントニックに数滴加えるのもオススメ」という情報もありました。

 

ライムはどう考えてもミスマッチなので無しで。

2滴〜4滴ほど加えて試してみます。 

 

f:id:makersmark3565:20191114222344j:plain

 

好きだという方がいたらスイマセン…個人的にこれはナシです…。

 

2滴ほどだとあまり変化を感じず。

それ以上入れると、ダシの香りが立ちすぎて違和感があります。

 

評価:★★☆☆☆

 

ジンの銘柄などを厳選すればうまくいく可能性がありそうですが…

見つけるまでがしんどそうなので、他の方に任せます(笑)

 

オールドファッションドに使ってみた

ウイスキーのカクテル、「オールドファッションド」に旨味ビターズを使ってみます。

オールドファッションドのレシピはこちらの記事にて↓ 

www.green-alaska.com

 

さすがにオレンジやレモンはミスマッチかな…?と思ったので、今回はフルーツ抜きのレシピにしてあります。

 

f:id:makersmark3565:20191107144320j:image

 

…!?

美味い!めちゃくちゃ美味しいよこれ!

 

香りや味わいに違和感はまったく感じません。

純粋に「おいしさ」というパラメータが2段階くらい上がったイメージ…。

これはビックリしました…!

 

ビターズが3滴ほどだと隠し味としてよく効き、5滴ほどだと塩キャラメルのような風味に。

塩気がそのまま強みになるのがいいですね、これ。

 

評価:★★★★★

 

オールドファッションド好きの方はぜひ試すべき!

新たな扉が開けますよ!

 

イエーガーマイスターに加えてみた

多分、味わいの強いものに合うな…?

と思ったので、薬草酒「イエーガーマイスター」と組み合わせてみました。

 

イエーガーマイスターってどんなお酒?という方はこちらをどうぞ↓ 

www.green-alaska.com

 

アカンでしょ…って感じですが、漢は度胸。なんでも試してみるものさ…!

ただ、ちょっと怖いのでイエーガーは15mlで…(笑)

旨味ビターズは3滴ほど加えてみます。

 

f:id:makersmark3565:20191107144332j:image

 

ちょっと自信がないのですが…かなり美味しくないですかこれ??

 

もともとは薬みたいな味わい。それがなぜか自然なニュアンスに。

あまりにも独特で、うまく味を表現することができないのですが、たしかに美味しい。

 

評価:★★★★☆

 

ちょっと他の人の感想も聞いてみたいですね。

わりと衝撃的な味だったので。

 

 

いろいろ使ってみての感想。「新しい味わいを求める人ならアリ!」

旨味ビターズは使い所が限られるビターズです。

正直言って、興味本意で手にしたとしても持て余すという方が大半だと思います…。

 

ですが、それを踏まえた上で

「少しでも興味が湧いたのなら、ぜひとも使ってほしい!」

という私なりの結論を出したいと思います。

 

カクテルに起こる変化が面白すぎるんですよ…

こんなのワクワクするに決まってるじゃないですか…!

 

今までにない味わいを楽しみたい方。

安定よりも冒険だ!という方(笑)

そんな方はきっと気にいるでしょうから、ぜひ手にとってもらいたいですね。

 

新たな味わいへの好奇心を満たす、恰好の素材になることでしょう…!

 

 

美味しい飲み方を見つけたら、Twitterやコメントで教えてくれるとうれしいです(笑)

 

 

【関連記事】

・ビターズの代表的な銘柄、ビターズを使ったカクテルレシピ

www.green-alaska.com

 

・自作ビターズのレシピ、作ってみてのレポート

www.green-alaska.com