NomiLOG

NomiLOG

美味しいお酒や料理に目が無いアラサー。「お酒は自由に楽しむもの」という考えのもとで、色々なお酒の楽しみ方を発信していきたいと思います。

スプモーニのアレンジレシピ17種【ベースを変えるだけ】

スポンサードリンク

f:id:makersmark3565:20190909233952j:plain

 

こんにちは、scarlet@alaska_nomilog)です。

 

今回は、スプモーニのアレンジレシピを紹介していこうかと思います。

 

アレンジの方法は、

「ベースのお酒を好きなものに変えるだけ」

 

お手軽、そしてどれもちょっとびっくりしちゃうほど美味しい。

 

お手持ちのお酒を有効活用したい方は、ぜひご覧になってください。

 

 

アレンジの基本となるスプモーニのレシピ

f:id:makersmark3565:20190829214925j:image

 

まずは基本となるスプモーニのレシピを見てみましょう。

 

【材料】

カンパリ 30ml

グレープフルーツジュース 45ml

トニックウォーター 適量

 

【作り方】

氷を入れたグラスにカンパリ、グレープフルーツジュースを注ぎ、ステアする。

トニックウォーターで満たして、軽く再ステアする。

 

材料3つ。

グラスで混ぜるだけのシンプルなカクテルです。

 

スプモーニの解説記事はこちら↓

www.green-alaska.com

 

作るときのコツについては、ジントニックの記事を参考にどうぞ↓

www.green-alaska.com

 

ベースのお酒+グレープフルーツ+トニックウォーター。

この組み合わせは、カクテルの黄金比とも呼ばれています。

 

多少分量が変わっても美味しくできちゃうので、気軽に作っちゃいましょう。

 

POINT

強いアルコールが苦手ならベースのお酒を減らし、

フルーティな味わいが好きならグレープフルーツを増やしてみましょう。

 

私はグレープフルーツとトニックを同じ分量にするくらいのバランスが好きです。

 

 

スプモーニのアレンジレシピ17種。ベースのお酒を変えるだけ!

f:id:makersmark3565:20190909225358j:plain

 

アレンジする際の基本となるレシピはこちら。

 

ベースのお酒 30〜45ml

グレープフルーツジュース 45〜60ml

トニックウォーター 45ml〜90ml

 

冒頭でも触れましたが、アレンジの仕方は、

「ベースのお酒を好きなものに変えるだけ」。

 

リキュールからスピリッツまで色々なお酒でアレンジできちゃいます。

 

トニックウォーターは、苦味の少ないウィルキンソンがおすすめ↓

 

グレープフルーツは生を絞るのが一番ですが…

手間をかけたくない場合は、Doleのジュースがおすすめです。

 

色々試してみましたが、これが一番フレッシュ感があって美味しいと思います。

 

 

それではアレンジレシピ一覧をどうぞ。

 

 

スプモーニをミドリでアレンジすると「ミドリスプモーニ」

f:id:makersmark3565:20190903005735j:image

 

ベースをメロンリキュールに変えたレシピです。

 

レトロチックな味わいとフルーティな風味。

ノスタルジーですね〜。

バニラアイスとか乗っけたくなっちゃいます。

 

メロンリキュールはやや甘めなのですが、このレシピならスッキリと飲めますね。

もちろん、甘いのが好きな方はリキュール多めで (笑)

 

「ミドリ」についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニを桜リキュールでアレンジすると「桜モーニ」

f:id:makersmark3565:20190829214756j:image

 

桜のリキュールでのアレンジ。

 

華やかな桜の風味と、可憐な色合い。

春を感じるカクテルですね。

 

とにかく香りがいいのでムードが出ます。

お花見気分で楽しんでみてください。

 

「桜リキュール」についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをライチリキュールでアレンジすると「ライチスプモーニ」

f:id:makersmark3565:20190910201924j:image

 

お次はライチリキュールでのアレンジ。

 

この組み合わせですから、やはりトロピカルな風味!

アクティブな印象を受ける味わいですね。

 

ライチリキュールはグレープフルーツとの相性がかなり良いので、きっちりまとまってくれます。

 

POINT

f:id:makersmark3565:20190829215531j:image

 

ライチスプモーニを作って、最後にブルーキュラソー1tspを沈めると、「チャイナブルー」というカクテルになります。

 

青色のグラデーションがキレイな、ライチリキュールの人気レシピです。

 

「ライチリキュール」についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをピーチリキュールでアレンジすると「ピーチモーニ」

f:id:makersmark3565:20190910201941j:image

 

桃のリキュールとの組み合わせ。

今回は、まるで生の桃のような風味の「ピーチツリー」を使います。

 

フレッシュでクリアーな風味。

カジュアルに飲めちゃうカクテルですが、風味の良さは一級品ですよ!

 

「ピーチツリー」についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをコアントローでアレンジすると「コアントローモーニ」

f:id:makersmark3565:20190909212716j:image

 

コアントローをベースにすると、「コアントローモーニ」というカクテルになります。

 

際立つオレンジ香、一体感。

柑橘同士の組み合わせですから、やはり馴染みがいいですね。

 

もちろん、他のホワイトキュラソーを使って作ってもOKですよ。

私も今回は、手元にあったジファールのホワイトキュラソーを使いました。

 

「コアントロー」についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをスーズでアレンジすると「スーズスプモーニ」

f:id:makersmark3565:20190829215600j:image

 

ゲンチアナの根を使ったリキュール、「スーズ」との組み合わせ。

 

ほろ苦く、どこか温もりを感じるような風味。

元気が出そうな味わいですね (笑)

 

スーズの定番カクテルなので、やっぱり美味しいですね。

私も、かなりお気に入りです。

 

「スーズ」についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをホワイトラムでアレンジすると「ソルクバーノ」

f:id:makersmark3565:20190829214822j:image

 

このレシピだと、「ソルクバーノ」という日本生まれのカクテルになります。

 

ふくよかでフルーティな仕上がり。

特別なことは何もしていないのに、ちょっとびっくりするくらい美味しいですね。

 

ちなみに画像のソルクバーノは、簡単な作り方バージョンのもの。

本来のレシピには、グレープフルーツのスライスとミントの飾りが付きます。

 

詳しいレシピはこちらから↓

www.green-alaska.com

 

「ホワイトラム」のオススメ銘柄はこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをウォッカでアレンジすると「ソルトリック」

f:id:makersmark3565:20190907031451j:image

 

ウォッカで作ると「ソルトリック」になります。

 

ウォッカはほとんど味がしませんから、グレープフルーツの味がハッキリ感じられます。

なので、やはりここは生のグレープフルーツを使って作りたいところですね。

 

ウォッカのカクテルについてはこちら↓

www.green-alaska.com 

 

オススメのウォッカ銘柄についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをジンでアレンジすると「ロンドンクーラー」

f:id:makersmark3565:20190829214843j:image

 

渋谷のバー、「アドニス」のオリジナルレシピです。

 

分量などは非公開なのですが、スプモーニと同じ感じで作ったら、キッチリ美味しくなってくれました。

 

ラムやウォッカベースとは違った、ほどよいシャープさがありますね。

もちろん、トニックとの相性も抜群です。

 

ジンのカクテルについてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

オススメのジン銘柄についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをテキーラでアレンジすると「パローマ」 

f:id:makersmark3565:20190829214902j:image

 

テキーラで作ると、メキシコで人気のカクテル「パローマ」になります。

 

正確に言うと、現地のレシピとは少し違うのですが、これはこれでかなりの美味しさです。

 

POINT

メキシコでは、「スクワート」というグレープフルーツ味の炭酸飲料で割るレシピが人気なのだそうです。

日本では入手が難しいので、現地に行く機会があったらぜひ飲んでみたいものですね!

 

テキーラの少しクセのある風味も、いい感じに作用していますね。

陽気な味わいの一杯。

 

スプモーニをズブロッカでアレンジすると「ズブモーニ」

f:id:makersmark3565:20190903005803j:image

 

ポーランド製のウォッカのズブロッカを使って作ると、「ズブモーニ」。

 

ズブロッカは、桜餅のような香りが特徴のフレーバードウォッカです。

海外製なのに、和を感じるのがおもしろいですね。

 

柔らかな香り、淡い味わい。

ズブロッカのフレーバーを活かすレシピとしては秀逸ですね!

 

「ズブロッカ」についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをアプリコットブランデーでアレンジすると「アプリコットモーニ」

f:id:makersmark3565:20190909212749j:image

 

アプリコットブランデーを使ったアレンジ。

 

甘くてフルーティな味わい。

カジュアルで親しみやすいですね。

 

他のフルーツリキュールとは違い、コクがありますね。

フルーツ系の甘さが好きな人には、かなりオススメです。

 

「アプリコットブランデー」についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをシャルトリューズでアレンジすると「ヴェール(ジョーヌ)モーニ」

f:id:makersmark3565:20190829215045j:image

 

修道院が発祥のハーブリキュール、「シャルトリューズ」。

こちらもスプモーニレシピで美味しく飲めちゃいます。

 

ヴェールを使えば、香草が効いたスパイシーな味わい。

ジョーヌを使えば、甘口で自然な仕上がりになります。

 

「シャルトリューズ」についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをパルフェタムールでアレンジすると「バイオレットスプモーニ」

f:id:makersmark3565:20190904100558j:image

 

すいませんレシピが見つからなかったけど、ノリでやっちゃいました。

ニオイスミレのリキュール、「パルフェタムール」との組み合わせです。

 

思ったよりいけます。

というか華やかで普通に美味しいです。

 

サッパリに仕上げたい方は、パルフェタムールの分量を控えめにしてもいいかもしれないですね。

 

「パルフェタムール」についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをアマレットでアレンジすると「アマレットモーニ」

f:id:makersmark3565:20190909212820j:image

 

デザート系リキュールの「アマレット」との組み合わせ。

レシピを見たときは、「合わないだろコレ…。」と思ったのですが、試しに作ってみました。

 

意外や意外。合います。

なんというか、普通に杏味のカクテルって感じです。

 

「アマレット」についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スプモーニをヒプノティックでアレンジすると「ヒプノティックモーニ」

f:id:makersmark3565:20190907031422j:image

 

さまざまなフルーツを原料に作られるリキュール、「ヒプノティック」。

こちらもスプモーニレシピで美味しく飲めます。

 

もともとグレープフルーツに近い味わいのお酒なので、相性がいいですね!

色も綺麗でテンションも上がります。

 

こちらもスッキリした味が好みの方にオススメです。

ド安定の味わい!

 

 

スプモーニタイプのレシピを覚えてアレンジを楽しもう

f:id:makersmark3565:20190906112337j:image

 

スプモーニのアレンジレシピについて紹介しました。

 

こんなに多彩なのに、どれもしっかり美味しいのが素晴らしい。

カクテルの黄金比は伊達じゃないですね。

 

作れそうなもの、美味しそうだと思ったものがあればぜひトライしてみてください。

  

 

ベースのお酒を探したいという方は、フルーツリキュール、ハーブリキュールの銘柄紹介記事も活用してみてください!

 

www.green-alaska.com

www.green-alaska.com

 

アレンジが楽しいカクテルといえばモヒート。

アレンジレシピの紹介記事はこちら!

 

www.green-alaska.com