NomiLOG

NomiLOG

カクテルやウイスキー、リキュールなどの洋酒の楽しみ方を紹介します

フレッシュなスイカを使った本格カクテルのレシピ5種を紹介します

スポンサードリンク

実は洋酒と相性のいいスイカ。カクテルにして楽しんでみよう!

f:id:makersmark3565:20180614213730j:plain

 

夏と言えばやっぱりスイカですよね。

あのみずみずしく甘い味わいは、暑くなってくると恋しくなるものです。

 

スイカは、切ってそのまま食べるという方がほとんどですよね。

ですが、今年の夏はちょっと気分を変えて、カクテルにして楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

実はスイカは洋酒との相性が抜群。

海外ではスイカに穴を開けてウォッカを注いで食べる、なんて豪快な楽しみ方をしている人もいるそうです(笑)

さすがに私たちにはそれはちょっとキツいので、今回は美味しく飲めるカクテルのレシピを紹介したいと思います。

 

 

スイカの旬はいつ?スーパーなどの店頭に並ぶのは?

f:id:makersmark3565:20180614213748j:plain

 

ご存知の方も多いとは思いますが、スイカの旬は7〜8月です。

店頭に並ぶのは6〜9月頃ですね。

早い所だと、5月の中旬頃から、小玉のスイカがスーパーなどに並び始めます。

 

季節物ですから、夏の時期を逃さず手に入れたいところですね。

暑くなってきたら、スーパーなどを覗いてみてください。

 

 

スイカの加工方法。ジュースを絞る際には専用の道具があると便利です

f:id:makersmark3565:20180614213844j:plain

 

レシピの紹介に移る前に、スイカの加工方法について説明します。

 

スイカは基本的に、絞ってジュースにした状態のものを使います。

まず、スイカを手ごろな大きさに切って種を取り除くことになりますが、その際に注意がひとつ。

種の周りの果肉はなるべく残すようにして下さい。

何故かというと、スイカの種の周りには甘み成分が集まっているからです。

美味しいところですから、なるべく捨てちゃわないようにしたいですね。

 

今回はスイカの果汁を絞る際に、ハンドプレッサーという道具を使いました。

 

 

容器にスイカを入れ、上から圧力をかけることで果汁を絞りとります。

余すところなくジュースにすることができるので、材料の無駄が出ないというのがいいですね。

パイナップルやブドウなど、他のフルーツを絞る際にも使えますので、持っておくとなにかと便利です。

 

 

スイカを使ったカクテルのレシピ

それではレシピの紹介に移りたいと思います。

 

スイカを使ったカクテルは優しい甘さと青々しい香りが特徴となります。

香りは穏やかで繊細、かと思いきやカクテルにしても意外としっかり主張してくれますね。

特に、皮からは独特のさわやかな香りが出てくるので、飾りなどに積極的に使っていきたいです。

それでは順番に見ていきたいと思います!

 

 

サマーソルティドッグ

f:id:makersmark3565:20180613213324j:image

 

【材料】

ウォッカ 30ml

スイカジュース 70ml

塩 スノースタイル

 

【作り方】

グラスのリムをスイカの果肉でなぞり、塩を付けてスノースタイルにする。

シェイカーに材料を入れ、軽めにシェイクする。

氷を入れたグラスに注ぐ。

 

まずはスイカカクテルの定番となっている、ソルティドッグのアレンジレシピです。

材料を見てわかる通り、相性のいいもの同士の組み合わせです。

スイカと塩とウォッカですから、これは美味しくないはずがありませんね。

 

スイカの優しい味に、ふくよかさとエッジが加わったようなイメージの味となっています。

あまり強くシェイクすると、スイカのフレーバーが弱まってしまいますので、軽めのシェイクで作るのがオススメですね。

もちろんシンプルに、ステアで作っても美味しいです。

 

合わせるウォッカは、フルーティな味わいのグレイグースがオススメです。

こちらの記事で、このウォッカの特徴について解説していますので、よれしければ見てみてください。

  

www.green-alaska.com

 

 

スイカのモヒート

 f:id:makersmark3565:20180613213334j:image

 

【材料】

ホワイトラム 45ml

スイカ 2cm角にカットしたもの 6個ほど

シュガーシロップ 5ml

 

【作り方】

材料をグラスに入れマドルする。

氷を入れて軽くステアし、お好みでスイカの皮を飾る。

 

ラムと合わせたモヒート風のカクテルです。

こちらはスタアバー、オーナーバーテンダーの岸久氏のレシピとなります。

 

いきなりですがこのレシピ、かなりオススメです。

ラムを加えてステアしただけのシンプルなカクテルなんですが、その味わいは絶品。

ラムの甘い風味と、スイカの青々しい風味が絡み合い、なんとも華やかな仕上がりとなっています。

この調和感は素晴らしいですね。

 

アプルトンというフルーティで軽めのラムを使ったのですが、それが良かったのかもしれません。

みなさんも、作る際にはぜひこのラムを使ってみてください!

アプルトンの特徴についてはラムの記事にまとめてあります。

 

www.green-alaska.com

 

 

スイカのスプリッツ

f:id:makersmark3565:20180613213434j:image 

 

【材料】

ジン 20ml

カンパリ 20ml

スイカジュース 40ml

炭酸水 約40ml

 

【作り方】

氷を入れたグラスに材料を注ぎ、軽くステアする。

 

スイカとカンパリを合わせたレシピです。

カクテル界には、同じ色を持つ材料同士は相性がいいという言い伝えがあります。

カンパリとスイカはどちらも赤色の素材。

これは確かにうまく調和してくれています。

 

カンパリの苦味をスイカが優しく包み込んでいるようなイメージの味ですね。

甘さも控えめで、スッキリ風味なので食前酒として飲みたいカクテルです。

 

カンパリを使った他のカクテルのレシピを知りたい方は、こちらの記事を。

スイカと同じく、暑い時期に口にしたくなるビターなハーブリキュールです。

 

www.green-alaska.com

 

 

ウォーターメロンジンフィズ

f:id:makersmark3565:20180613213444j:image

 

【材料】

ジン 60ml

スイカジュース 20ml

ライムジュース 15ml

シュガーシロップ 15ml

炭酸水 適量

 

【作り方】

炭酸水以外の材料を、シェイカーに入れシェイクする。

氷を入れたグラスに注ぎ、炭酸水で満たす。

軽くステアし、お好みで丸くくり抜いたスイカの果肉と皮を飾る。

 

スイカの果汁を加えたジンフィズのアレンジです。

スタンダードなジンフィズは、キリッとした酸味とスッキリとドライな味わいが特徴的。

一方こちらは、それよりも優しい風味となっています。

 

グラスに口を付けると、スイカの爽やかな香りがふわっと香るのですが、それがたまらないですね。

この辺りはガーニッシュにしたスイカの皮の効果が効いています。

 

ジンが60mlと少し多めですが、アルコール感はあまり強く感じませんね。

これはある意味、危険なカクテルなのかもしれません…。

もちろんあとから、キッチリ60ml分の酔いが効いてくるので飲み過ぎには注意しましょう(笑)

 

 

ウォーターメロンマルガリータ

f:id:makersmark3565:20180613213355j:image

 

【材料】

テキーラ 60ml

コアントロー 15ml

スイカジュース 30ml

ライムジュース 15ml

塩 スノースタイル

 

【作り方】

カクテルグラスのリムをスイカの果肉でなぞり、塩を付けてスノースタイルにする。

材料をシェイカーに入れシェイクする。

グラスにクラッシュドアイスを入れて、カクテルを注ぐ。

 

マルガリータにスイカを加えてアレンジしたレシピです。

 

テキーラは少し青っぽい香りがあるからか、スイカとは驚くほどよく合いますね。

独特のクセも和らぎ、かなり飲みやすい仕上がりとなっています。

ライムの酸味と塩の効果で、キリッと引き締まるような味わい。そこにスイカの爽やかさ。

まさに「夏!」って感じの味わいですね。

 

ラムと合わせたときと同じく、このカクテルも調和感が素晴らしいですね。

カクテルの世界では、スイカはクセの無いスピリッツと合わせるのが定番となっていますが、実はラムやテキーラと合わせるのが正解なのかもしれません…!

 

 

旬の味覚、スイカをカクテルで楽しもう!

f:id:makersmark3565:20180614213820j:plain

 

スイカを使ったカクテル、どれも素晴らしい味わいでした。

ウォッカに合うのは聞いていましたが、ラムやテキーラなどの癖の強いスピリッツとも合うのは意外でしたね。

 

最近の夏はうだるような暑さが続いて、いやーな気分になってしまいますよね。

そんなときには旬の味覚を楽しんで、リフレッシュしていきましょう。

みなさんもぜひ作ってみてください!

 

 

この他のフルーツを使ったカクテルのレシピのまとめと、作るのに必要な道具についてはこちらから。

旬の果物を使ったカクテルを楽しんでみてください!

 

www.green-alaska.com