NomiLOG

NomiLOG

カクテルやウイスキー、リキュールなどの洋酒の楽しみ方を紹介します

カクテルで飲むときの味の違いは?味わいのタイプ別、おすすめのウォッカ

スポンサードリンク

カクテルベースとして便利なウォッカ。おすすめはどれ?

f:id:makersmark3565:20190211014824j:image

 

カクテルベースとして便利なウォッカ。

フルーツジュースで割ったりして気軽に楽しむことができるので、家飲みにも最適なお酒です。

 

では、みなさんは普段どうやってウォッカの銘柄を選んでいますか?

何を選んでもあんまり変わらないから、適当に選んでいる?

いやいや、そんなことはないですよ。

 

というわけで、今回はウォッカの選び方とおすすめ銘柄、それぞれの味の違いについて書いていこうかと思います。

 

正統派のウォッカから、あっと驚くような味わいのものまで。

味わいのタイプごとに分けて紹介したいと思います。

 

とにかく、今すぐおすすめ銘柄を知りたい方は↓

 

 

 

まずはそもそもウォッカに味の差があるの?という話

f:id:makersmark3565:20190227195052j:plain

 

「ウォッカは無味無臭のお酒だから、なにを選んでもあんまり変わらないんじゃないの?」

という、冒頭でも触れたこの話。

 

たしかに、スタンダードな銘柄をいくつか飲んでみたものの

「どれもあんまり変わらないかも?」

なんて思った人もいるんじゃないかと思います。

 

ウォッカは、澄んだ味わいを目指して作られているお酒です。

言いかえれば、味がないお酒であるとも言えるので当然といえば当然かもしれません。

 

f:id:makersmark3565:20190227200825j:plain

 

ですが、色々な銘柄を飲みくらべてみると気づきます。

ウォッカにはしっかりと「味わい」がある、と。

 

シャープなのか、マイルドなのか。

ボディが控えめなのか、厚いのか。

原料のフレーバーが感じられるか、それともクリアな味わいなのか。

 

この差が分かるようになると、ウォッカ選びが楽しくなってきます。

好みのウォッカが見つかったら、美味しい飲み方を探すのもよし。

逆に、好きなカクテルに合うウォッカを探すのもいいですね。

 

好みのテイストのウォッカを見つけることができれば、普段の家飲みがもっと楽しくなりますよ。

 

 

ウォッカを味わいごとにタイプ分け。その中からおすすめを紹介します!

f:id:makersmark3565:20190211014835j:image

 

ということで、色々な味わいのウォッカがあるよ!という話をしましたので…

 

まずは、おすすめジンの記事でも好評だった味わいのタイプによる分類をやっていこうかと思います。

 

今回のタイプ分けはこんな感じです!

 

・正統派な味わいの、シャープ系ウォッカ

・口当たりがまろやか、やわらか系ウォッカ

・ウォッカなのにしっかり味がある、個性派ウォッカ

 

ここからは、それぞれのタイプごとの味の違いと筆者おすすめの銘柄を紹介していきます。

 

正統派ウォッカしか飲んだことがないという方は、この機会にぜひ他のタイプにも目を向けてみてください!

 

 

シャープ系のウォッカのおすすめ銘柄

f:id:makersmark3565:20190218103343j:image

 

まずはシャープ系のウォッカから。

このタイプには次のような特徴があります。

 

・アルコール感がしっかりとあり、キリッとした印象

・澄んだ風味

・ほぼ無味無臭の味わい

・甘みはほとんど感じない 

・カクテルの味を引き締める

 

いわゆる「ウォッカらしいウォッカ」です。

 

スタンダードな味わいですので、どんな材料ともよく合います。

なので、色々なカクテルに幅広く使いたいという方におすすめのタイプですね。

 

それでは、おすすめの銘柄を紹介したいと思います!

 

せっかくなので、私おすすめの飲み方も合わせて紹介しますよ。

出てくるカクテルのレシピについては、ウォッカベースカクテルの記事を見てみてください。 

 

www.green-alaska.com

 

ストリチナヤ ウォッカ

 

NomiLOG おすすめの飲み方

・モスコミュール

・スクリュードライバー

 

ウォッカといえば、やはりロシア製が定番ですね。

その中で私がおすすめするのは、この「ストリチナヤ」です。

 

スタンダードで癖が無く、ボディ感も適度。

まさにウォッカらしいウォッカといった感じです。

余計な雑味はほとんど感じないので、定番ウォッカの中でもひときわ美味しく感じますね。

 

どのようなカクテルにも幅広く使えるので、かなり便利な銘柄。

ウォッカのベンチマークとして手元に置いておくと重宝します。

 

フィンランディア ウォッカ

 

NomiLOG おすすめの飲み方

・カミカゼ

・ブラックルシアン

 

シャープ系のウォッカの中で私のイチオシなのが、この「フィンランディア」です。

 

この銘柄は、全体的に上品な仕上がりとなっているのが特徴。

味わいはとてもクリアで、雑味はまったく感じません。

 

その味わいは、さっぱりめのショートカクテルや、デザート系のカクテルと絶妙にマッチします。

ウォッカらしいクリアさと、上品さ、その2つを共存させたいときにぜひどうぞ。

 

高級感がありながらも、値段が安いというのも大きなポイントです。

 

ケテルワンウォッカ

 

NomiLOG おすすめの飲み方

・ブラディーメアリー

・バラライカ

 

スタンダードな味わいでプレミアムな味わいを求めている方には、オランダ製の「ケテルワン」がおすすめです。

 

この銘柄は、キレのある味わいとシルキーな口当たりが特徴的ですね。

余韻も独特で、ふわっと熟した果実のような香りが漂います。

これがカクテルに使ったときにいい効果を与えてくれます。

 

あと雑味がなく、シンプルに酒質が高いですね。

カクテルの仕上がりのレベルを上げたい方、幅広く色々なレシピに使いたい方におすすめですよ!

 

ケテルワンは個人的にかなりお気に入りなので、個別記事でも詳しく紹介していますよ!

他のウォッカとの飲み比べ、独自のカクテルレシピなど載せています。

 

www.green-alaska.com

 

 

やわらか系ウォッカのおすすめ銘柄

f:id:makersmark3565:20190211014927j:image

 

お次はやわらか系のウォッカ。

特徴は次の通りです。

 

・アルコールのアタック感が薄く、飲みやすい

・口当たりがまろやか

・味わいはこちらも無味無臭に近い

・原料由来のほんのりとした甘さを感じるものも

・カクテルの味を膨らませる

 

スタンダードのウォッカと同じく澄んだ味わいですが、こちらはマイルドなタイプです。

 

合わせる材料となじむように調和し、仕上がりはふくよかな印象に。

強いアルコールには、まだあまり慣れていないという方にもおすすめのタイプです。

 

それではこちらも、おすすめ銘柄を3つずつ紹介します!

 

ピナクル ウォッカ

 

NomiLOG おすすめの飲み方

・シーブリーズ

・セックスオンザビーチ

 

2018年1月から日本でも販売が開始された、私たちにとっては新顔のウォッカです。

 

このウォッカはフランス産の小麦を使用して作られています。

味わいは王道ながら、少し柔らかめ。

フランス製らしい上品さもありますね。

 

カクテルをスタンダードな風味に仕上げたい。

だけど、少し柔らかなニュアンスが欲しいかな?というときにはぴったりの一本です。

  

ソビエスキー ウォッカ

 

NomiLOG おすすめの飲み方

・フレッシュフルーツを使ったカクテル

 

プレミアムウォッカの「ベルベデール」「ショパン」を開発した、ベルベデール社が生み出したウォッカ。

 

この銘柄の特徴は、なんといってもスムースな味わいと口当たりです。

初めて飲むと、ちょっとビックリするくらいスムース。

私が今までに飲んだウォッカの中では、間違いなく一番まろやかです。

 

カクテルにすると、合わせる素材の味をとてもよく引き立ててくれます。

フレッシュフルーツのカクテル、特に繊細な風味のものにはよく合いますね。

値段が1000円弱とお手頃なのが、また驚きです。

 

フレッシュフルーツのカクテルレシピについては、当サイトでもたくさん紹介しています。

こちらの記事を参考にして作ってみてください。

 

www.green-alaska.com

 

グレイグース ウォッカ

 

NomiLOG おすすめの飲み方

・ウォッカマティーニ

・コスモポリタン

 

プレミアムウォッカの定番として人気となっているのが、このフランス製の「グレイグース」

やはり、ウォッカを語る上ではコイツは外せません。

 

このウォッカは「味わいのあるウォッカ」というコンセプトのもとで作られています。

味わいは原料由来のほのかな甘みと、フルーティな風味があって、とても華やかな仕上がりです。

 

たまには少しいいウォッカを飲んでみようかな?という時には最適。

カクテルの仕上がりのレベルをググッと引き上げてくれます。

 

 

個性派ウォッカのおすすめ銘柄

f:id:makersmark3565:20190211014947j:image

 

最後に個性派ウォッカのおすすめです。

このタイプの特徴は次の通り。

 

・味のあるウォッカ

・風味に、はっきりとした特徴がある

・誰が飲んでも普通のウォッカとの違いが分かる

・ハーブや柑橘類などによって風味付けされたものもある

 

こちらは普通とは異なる原料を使っていたり、風味付けがされたウォッカです。

いわゆるフレーバードウォッカもこちらに分類しました。

 

スタンダードカクテルのアレンジから、創作カクテルのベースにまで。

その名の通り、個性的な味わいを楽しみたい方におすすめです。

  

ズブロッカ バイソングラス

 

NomiLOG おすすめの飲み方

・シャルロッカ

・ズブトニック

 

日本でも人気のポーランド製フレーバードウォッカです。

 

この銘柄は、桜餅のような香りとまろやかな口当たりが特徴的。

バイソングラスという植物で風味付けをすることで、その風味を生み出しています。

 

柔らかく優雅な風味、華やかさ。

これはウォッカの無骨なイメージをひっくり返すような味わいですね。

 

手にしたら、まずはシャルロッカというカクテルで飲んでみてください。

カクテルのレシピや、ズブロッカの詳しい話についてはこちらの記事でどうぞ!

 

www.green-alaska.com

 

ペルツォフカ

 

NomiLOG おすすめの飲み方

・塩、ウスターソースを加えたブラッディメアリー

・モスコミュール

 

ロシア製のホットでスパイシーなフレーバードウォッカです。

 

ラベルを見ると分かりますが、このウォッカは唐辛子によって風味付けがされています。

お酒に唐辛子?!

というとかなり個性的な感じがしますが、カクテルには意外にもマッチします。

 

トマトのカクテル「ブラッディメアリー」や、ジンジャーエールで割った「モスコミュール」での飲み方がおすすめです。

ピリッとした刺激があって、かなり面白い味になりますよ!

 

シロック ウォッカ

 

NomiLOG おすすめの飲み方

・モスコミュール

・冷やしてストレート

 

フランス製のスーパープレミアムウォッカ。

こちらのウォッカの原料は、なんとブドウです。

 

口当たりはソフト、そして香りはフレッシュでフルーティ。

ブドウ原料なだけあって、白ワインのようなニュアンスも感じます。

それでいて、自然な仕上がりになっているのがいいですね。

 

モスコミュールにするとフルーティな一杯に。

フレッシュマスカットと合わせてマティーニ仕立てにするのもおすすめです。

冷やしてストレートでもスイスイ飲めちゃうのは、プレミアムウォッカならでは。

 

www.green-alaska.com

 

 

おすすめのウォッカのまとめ

f:id:makersmark3565:20190227195205j:plain

 

ウォッカについて色々紹介しました!

最後にざっくりとまとめてみます。

 

・ウォッカにはしっかりと「味わい」がある

・シャープなもの、ソフトなもの、フレーバーが付いたものなどさまざま

・幅広く使いたい方には、シャープ系がおすすめ

・ソフトな仕上がりがいいなら、やわらか系がおすすめ

・個性派ウォッカを使えば、驚くような味わいに

 

自分の好みや飲み方に合わせて銘柄を選べば、いつもの家飲みがさらに楽しくなりますね。

 

まずはピンときた銘柄から!

色々な飲み方を試して、お気に入りを見つけましょう!

 

 

ウォッカベースのカクテルレシピについては、こちらの記事を参考にしてみてください!

 

www.green-alaska.com

 

その他の蒸留酒のおすすめ銘柄はこちらから。

ウォッカと同じく、あなたの好みに合わせて選んでみてください!

 

www.green-alaska.com

www.green-alaska.com

www.green-alaska.com