NomiLOG

NomiLOG

美味しいお酒や料理に目が無いアラサー。「お酒は自由に楽しむもの」という考えのもとで、色々なお酒の楽しみ方を発信していきたいと思います。

「ブッシュミルズ」のレビューと美味しい飲み方【気軽さが魅力】

スポンサードリンク

f:id:makersmark3565:20200607045430j:plain



こんにちは、scarlet@alaska_nomilog)です。

「ブッシュミルズ」というウイスキーを買ってみました。

 

 

今回は、このブッシュミルズのレビューとおいしかった飲み方を書いていきます。

 

定番の飲み方から、人気のカクテルまで。

さまざまな楽しみ方ができるウイスキーでした。

 

軽やかな味わいが好きな方なんかは、ぜひどうぞ。

 

 

ブッシュミルズは気軽に楽しめるのがなによりの魅力

f:id:makersmark3565:20200607042748j:image

 

私が考える、ブッシュミルズの1番の魅力は「気軽さ」です。

 

軽やかで、メロウな味わい。

身がまえることなく、自然体で楽しめるのがいいところだと思いました。

 

ただ、これだとアイリッシュウイスキー全般にもいえる特徴ですよね。

 

というわけで、ここからはブッシュミルズだけがもつ特色について、掘り下げていきます。

 

 

ブッシュミルズの特徴

 

まずは、特徴をざっくりと。

 

【分類】ウイスキー

【原材料】大麦麦芽、グレーン

【製造国】アイルランド

【アルコール度数】40%

【価格】約1800円(amazon参考)

 

アイルランドのウイスキー。

いわゆる「アイリッシュウイスキー」です。

 

「ブッシュミルズ蒸留所」は、1608年創業ともいわれ、アイリッシュウイスキー最古の蒸留所のひとつとなります。

 

以下、公式のテイスティングノートです。

 

【香り】
軽やかで、フルーティーかつスパイシー。バニラの香りの後にクリームブリュレのような香りが続く。


【味わい】
穏やかな温かみがあり、口いっぱいに味わいが広がっていく。ほのかなハチミツの甘さも感じる。


【余韻】
すっきりとしたクリスプな後味。かすかなスパイスのニュアンスも。

ブッシュミルズブランドサイトより引用

 

アイリッシュウイスキーらしい、軽やかでスムーズな味わい。

 

まだウイスキーを飲み慣れていない方にも、うってつけの銘柄といえそうですね。

 

 

ブッシュミルズのテイスティングレビュー

 常温ストレートで飲んでみましょう。

 

f:id:makersmark3565:20200517215151j:image

 

非常にまろやかでスムース。

これは、肩肘はらずに楽しめる感じですね。

 

風味としては、はちみつ、ほんのりバニラ、そしてフルーティ。

淡く穏やかな味わいです。

 

余韻にはひかえめなスパイシーさと、ほろ苦さも。

まるで日常に溶け込むような、ナチュラルなテイストですね。

 

POINT

f:id:makersmark3565:20200605080211j:image

 

アイリッシュのもうひとつの定番といえば「ジェムソン」

ブッシュミルズは、こちらと比べると…

 

  • 焼き菓子のような、甘い香りがある
  • やや、フルーティ
  • ジェムソンのようなウッディさはない

 

どちらも軽めのウイスキーですが、細かいニュアンスには差がありますね。

 

 

ブッシュミルズを色々な飲み方で飲んでみました

ウイスキーの定番の飲み方を試してみました。

私の感想は、こちら。

 

ストレート ◯

ロック △

ハイボール ◎

水割り ◎

トワイスアップ △

※筆者の主観による評価です

 

ロックから、順番にレビューをします。

(ストレートの感想は、先ほど書いたので省略)

 

ロック

f:id:makersmark3565:20200522000610j:image

 

私としては、ちょっと軽すぎるかな?という印象。

 

このあたりは、正直好みです。

が、香りはやっぱり閉じた感じになってしまってますね。

 

ハイボール

f:id:makersmark3565:20200522000618j:image

 

モルティーさとフルーティさのバランスがよいです。

個人的には、かなりオススメ。

 

甘さも、不思議と増したような感じになります。

 

水割り

f:id:makersmark3565:20200604021548j:image

 

非常にスムースな口当たり。

すっきりした甘さで、楽しむことができます。

 

ちなみに今回の割合は1:2。

個人的には、ちょっと濃いめがいいと思います。

 

トワイスアップ

f:id:makersmark3565:20200604021558j:image

 

スパイシーな要素を強く感じます。

 

悪くはないと思いますが、ちょっと奥行きが足りない感じも…?

 

POINT

というわけで、個人的にはハイボールと水割りがイチオシです。

 

人によって好みが出ると思うので、みなさんもいろいろ試してみてください。

 

 

ブッシュミルズで作るアイリッシュコーヒー

アイリッシュウイスキーといえば、人気の飲み方は「アイリッシュコーヒー」ですね。

 

ということで、ブッシュミルズで作ってみました。

 

【材料】

アイリッシュウイスキー 30ml

ホットコーヒー 120ml

コーヒーシュガー 10g

生クリーム 15ml

 

【作り方】

グラスに生クリーム以外の材料を入れて混ぜ、コーヒーシュガーを溶かす。

軽くホイップした生クリームをフロートする。

 

f:id:makersmark3565:20200602114645j:image

 

モルトのコクと、リッチな甘さを感じる一杯となりました。

ブッシュミルズベース、かなり感触がよいですね。

 

ちなみに、氷で冷やして作っても美味でした。

 

 

こちらも、ぜひ試していただきたいレシピですね。

 

 

ブッシュミルズで作るウイスキーカクテル

アイリッシュコーヒー以外のカクテルも、色々作ってみました。 

 

ブッシュミルズを楽しむ際の、参考にしてみてください。

 

 

どれも、自然なテイストに仕上がりました。

 

副材料を引き立て、上手く調和してくれますね。

あっさりとしたウイスキーなので、カクテルベースとしても優秀みたいです。

 

 

ブッシュミルズのまとめ

f:id:makersmark3565:20200518005550j:image

 

最後に、ざっくりとまとめます。

 

【ブッシュミルズのまとめ】

  • 歴史ある蒸留所のウイスキー
  • 軽やかでメロウな味わい
  • 飲み方はハイボールがおすすめ
  • アイリッシュコーヒーにも◯
  • カクテルベースにも◯
  • 気軽に楽しめるのが、なによりの魅力

 

普段飲みのウイスキーとして、とても優秀な銘柄だと思いました。

 

特に、軽やかで飲みやすいウイスキーをお探しの方には、まさにうってつけの一本ですね。

 

ぜひ、多彩な飲み方で楽しんでみてください。

 

 

ちなみに今回紹介したのは、ブッシュミルズのスタンダードモデル。

この他に、長期熟成のモデルなんかもあるので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

【関連記事】

・バーボンベースのカクテル紹介 

www.green-alaska.com

 

・「ウッドフォードリザーブ」のレビュー 

www.green-alaska.com

 

・おすすめのカクテル道具 

www.green-alaska.com