NomiLOG

NomiLOG

美味しいお酒や料理に目が無いアラサー。「お酒は自由に楽しむもの」という考えのもとで、色々なお酒の楽しみ方を発信していきたいと思います。

パッソアってどんなリキュール?味わいをレビュー!【気軽な家飲みに!】

スポンサードリンク

南国風味のリキュール、「パッソア」の味わいレビュー

f:id:makersmark3565:20191021212910j:plain

 

こんにちは、scarlet@alaska_nomilog)です。

 

みなさんは、

「お酒が弱い人でもすんなり飲めて、とびっきり美味しくて、見た目もキレイなお酒ってなんかないかな?」

なんて思ったことはありますか?

 

今回紹介する「パッソア」は、そんなニーズにもしっかりと答えてくれるリキュールです。

 

このお酒の魅力はなんといっても、カジュアルに楽しめるところ。

口にすれば、そこはもう南国。よろしければ僕と一緒に旅立ちましょう。

なんか怪しいクスリの売り文句みたいだなこれ

 

 

 

パッソアってどんなお酒?

 

パッソアはひとめ見ただけだと何のお酒なのか、なかなか分かりづらいですよね。

 

ということで、まずは原料から度数まで。

パッソアはどんなお酒なのか?ということについて解説していきます。

 

パッソアの原料は?

パッソアの原料はパッションフルーツ。

サマーフルーツのひとつとして、ブラジルやハワイなど食べられている果物ですね。

見た目はこんな感じ↓です。

 

f:id:makersmark3565:20191021215005j:plain

 

中に詰まった黄色いゼリー状の果肉と種が可食部ですね。

私は一回だけ食べたことがありますが、甘さはほとんどなく、かなり酸っぱいです。

香りはけっこう強くて、半分に切った瞬間にふわっと香りが広がったのが印象的でした。

 

そのため、お菓子やジュースに加工されることが多いですね。

今回紹介する「パッソア」もパッションフルーツの加工品のひとつとなります。

 

パッソアはどこの国のリキュール?

パッソアを作る国は、パッションフルーツの産地であるブラジル…と思いきやフランスです。

 

製造メーカーは「レミーコアントロー」

オレンジリキュールのコアントロー、ブランデーのレミーマルタンの製造で有名ですね。

 

コアントローについてはNomiLOGでも詳しく紹介しています↓

www.green-alaska.com

 

ブラジル産の高品質なイエローパッションフルーツをふんだんに使い、フランスの技術で上品な味わいに仕上げています。

 

フランス産のリキュールってどれも美味しいんですよね〜。

雑味のない、クリアーな味わいのものが多いなという印象です。

お酒の歴史が長い国なので、洗練された技術をもっているのでしょう。

 

パッソアの度数は?

パッソアの度数は20%です。

リキュールとしては、一般的な度数になりますね。

 

これくらいだとそのまま飲んでもいいですし、ジュースや炭酸飲料で割ればお酒に弱い方でも楽しむことができます。

ロングカクテルなら1:3ほどで割るので、度数は5%になりますね。

 

パッソアは美しいピンクカラーのお酒

パッソアの最大の特徴といえば、その鮮やかなピンクカラーでしょう。

 

ビンの中身が見えないので、注いでみるまで分からないところがまたニクい。

この色を活かせば、見た目にも鮮やかなカクテルを簡単に作ることができますね。

 

f:id:makersmark3565:20191017180859j:image

 

ちなみに、「ビンが真っ黒だから中身がどれだけ残ってるか分からないじゃん!」という方もご安心ください。

ビンの横にこんな感じで残量メーターが付いてます。

 

POINT

なぜビンが黒いかというと、光を遮ることにより品質の低下を抑えるという狙いがあるそうです。

これは、「アウトドアシーンでも気兼ねなく楽しめるように」というメーカーの想いなんじゃないかな?と私は思います。

 

このような細やかな気配りは、個人的にはかなり好印象ですね。

 

 

パッソアはどんな味わいなのか?テイスティングレビュー

それでは、パッソアはどんな味わいなのか?

まずはそのままで飲んでみたいと思います。

 

f:id:makersmark3565:20191018084311j:image

 

エキゾチック!フレッシュ!フルーティ!

甘酸っぱい南国の味ですね!

 

そのまま飲んでも美味しいですね〜。

甘さはしっかりとあってフルーティなので、アルコール感もあまり気になりません。

 

f:id:makersmark3565:20191016163926j:image

 

代表的なカクテル「パッソアオレンジ」を作って飲んでみました。

パッソアとオレンジジュースを混ぜるだけのお手軽レシピです。

 

う〜ん、甘くてフルーティ。いいですね。南国です(2回目)

いい意味でお酒じゃないみたい…。違和感なく、すんなりと飲めちゃいます。

もちろん、酔いはアルコールの分だけしっかり来ますのでご注意を!

 

POINT

【パッソアの味わいは?】

・南国をイメージさせるフルーティな味わい

・甘さと酸味が適度にある

・アルコール感はかなり控えめ

・若い方には特にウケが良さそう

 

 

パッソアを飲んだ人に感想を聞いてみました

f:id:makersmark3565:20191016095148j:image

 

ちょうど友人たちの集まりでパッソアのカクテルをふるまう機会があったので、感想を聞いてみました。

 

作ったのは、パッソアをオレンジやソーダで割ったシンプルなカクテル。

いただいた感想はこんな感じです。

 

・フルーティで飲みやすい!

・お酒じゃないみたい

・うまい、シンプルにうまい

・(お酒が弱い方が)これなら普通に飲めます!

 

集まった方々は、普段あまりカクテルを飲まない方ばかりだったので、

「軽めでフルーティなお酒の方が喜んでくれるかな…?」

と思い、パッソアを持って行った感じです。

 

結果は、ポジティブな感想をいただけたのでおおむね成功…ですかね?(笑)

色もキレイなので、見た目でも喜んでもらえた感じがありますね。

 

POINT

何が言いたいかというとパッソアは、

・お酒に弱い方でもすんなり飲める

・見た目がキレイで映える

ので、宅飲みやパーティシーンでも活躍してくれるということです。

 

逆に言うと、口当たりが軽くて飲みやすいので、飲み過ぎ&飲ませすぎには注意ですね(笑)

 

 

パッソアのおすすめの飲み方は?

じゃあ、パッソアってどうやって飲めばいいの?

ということで、私も美味しい飲み方を探るべく色々と試してみました。

 

その中でまずみなさんにおすすめしたくなったのは、パッソアをシンプルにジュースで割ったレシピです。

  

f:id:makersmark3565:20191002200615j:plain

※パイナップルジュースで割った「パッソアパイナップル」

 

f:id:makersmark3565:20191015002509j:plain

※コーラで割った「パッソアンコーク」

 

f:id:makersmark3565:20191020052525j:plain

※7UPで割った「サマードリーム」 

 

パッソアとお好みの割り材を混ぜるだけ…。

たったそれだけなんですが、どれも驚くほど美味しいカクテルになります。

飲んでみて美味しかった割り材は、こちらの記事にまとめました↓

 

www.green-alaska.com

 

もちろん、本格的なレシピもたくさん紹介してますよ。

カクテルにフレッシュな風味を与えるにはうってつけの材料でしたね!

 

お酒に強い方はストレートやロックで飲んでもOK。

ちょっと甘めですが、自分としてはバランスが取れた味わいだと思います。

気軽に楽しみましょう。

 

 

パッソアの値段は?

パッソアの魅力が分かったところで…気になるのはやはりお値段ですよね。

 

パッソアの値段の相場は、ズバリ700mlで2000円〜2500円ほどです。

特に高いわけでもなく、一般的なリキュールのお値段ですね。

供給が安定しているリキュールなので、時期によって値段の上下とかもないみたいです。

 

ただ、ショップによってお値段が数百円変わってくるので、送料も見ながら安いところを探してみてください!

 

 

ちなみに私はだいたいAmazonで購入しています。

なんやかんやいっても送料無料で早く着く、そして品揃えの良さは魅力的ですね〜。

 

 

美しく陽気なお酒、パッソアを楽しもう

はい。ということでパッソアの特徴と楽しみ方をご紹介しました!

 

このリキュールは、やっぱり肩肘をはらずに楽しめるのがなによりの魅力ですね。

お酒を飲みはじめた若い方、そして女性の方なんかには特におすすめの一本です。

 

ラムやフルーツリキュールを持っていればカクテルにしてさらにハッピーに。

本格的なレシピもおいしいので、ぜひトライしてみてくださいね〜。

 

 

ラムのおすすめ銘柄はこちら↓

www.green-alaska.com

 

フルーツリキュールの銘柄と楽しみ方のまとめはこちら↓

www.green-alaska.com