NomiLOG

NomiLOG

美味しいお酒や料理に目が無いアラサー。「お酒は自由に楽しむもの」という考えのもとで、色々なお酒の楽しみ方を発信していきたいと思います。

メロンリキュール「ミドリ(MIDORI)」の味と特徴、カクテルのレシピ

スポンサードリンク

f:id:makersmark3565:20200309010407j:plain



こんにちは、scarlet@alaska_nomilog)です。

ミドリ(MIDORI)というメロンリキュールの楽しみ方を、紹介していきます。

 

 

スーパーなんかでも買えちゃう、定番銘柄ですね。

でも実はこれバーテンダー御用達の、世界的に人気の高いリキュールだったりします。

 

ということで、ミドリの魅力→カクテルのレシピといった順番で書いていきたいと思います。

 

 

 

ミドリはどんな味わいなのか?

f:id:makersmark3565:20200308233148j:image

 

生のメロンというよりは、メロンソーダのような味わいですね。

 

香りはおだやかでスッキリ、みずみずしい印象。

リキュールなので甘めの味わいですが、そこまでくどくない感じです。

 

ひとことで言うならば、ノスタルジー。

懐かしい気持ちになる方も多いのではないか、と思います。

 

 

ミドリの魅力は「使い勝手の良さ」

f:id:makersmark3565:20200308232259j:image

 

個人的に思う、ミドリの良さは次の通り。

 

POINT
  • しっかりと主張するメロンの香り
  • ノスタルジーな味わい
  • 色が鮮やかで美しい
  • カクテルへの使い勝手のよさ

 

カクテルにした時に味のバランスが取りやすいのが、ポイントです。

 

メロンリキュールを使う際は、とりあえずベンチマークとしてミドリを選んでみるのがおすすめですね。

 

 

ミドリのお手軽な飲み方

まずは、ミドリを気軽に楽しむ方法から。

こちらです。

 

  • パイナップルジュース割り
  • オレンジジュース割り
  • 牛乳割り
  • ソーダ割り
  • トニックウォーター割り

 

【作り方】

ミドリ 30〜45ml

割り材 30〜90ml

 

グラスに氷を入れてミドリと割り材を注ぎ、軽く混ぜる。

 

f:id:makersmark3565:20200308234248j:imagef:id:makersmark3565:20200308234302j:image

 

ミドリをお好みの割り材で割った、簡単カクテルです。

シンプルですが、これでも充分に楽しむことができます。

 

まずはこんな感じに、気軽にミドリの良さに触れてみましょう。

 

 

ミドリを使ったカクテルのレシピ

本格的なレシピも見てみましょう。

おすすめを紹介したいと思います。

 

メロンボール

f:id:makersmark3565:20180407033857j:image

 

【材料】

ミドリ 60ml

ウォッカ 30ml

オレンジジュース 60ml

 

【作り方】

グラスに氷を詰め、材料を入れステアする。

 

メロンリキュールを使った、カクテルの定番。

メロンのリッチな風味と、オレンジの甘酸っぱさが絶妙な味となっています。

 

人気のレシピなだけあって、すごく美味しいですね。

カクテルらしいふくよかさと、飲みやすさが同居している一杯です。

 

メロンフィズ

f:id:makersmark3565:20180405202903j:image

 

【材料】

ミドリ 45ml

レモンジュース 20ml

炭酸水 Full up

 

【作り方】

シェイカーにミドリとレモンジュースを入れシェイク。

氷を詰めたグラスに注ぎ、炭酸水で満たす。

 

メロンリキュールを使ったフィズスタイルのカクテル。

 

レモンが入るので、さっぱり味です。

甘いカクテルは苦手という方や、爽快感を求める方にオススメですね。

 

炭酸水は、90mlほどがいいと思います。

お好みで調整をどうぞ。

 

セックスオンザビーチ

f:id:makersmark3565:20180405091213j:image

 

【材料】

ウォッカ 15ml

ミドリ 20ml

フランボワーズリキュール 10ml

パイナップルジュース 80ml

 

【作り方】

グラスに氷を詰め、材料を注ぎステアする。

または材料をシェイカーでシェイクし、氷を詰めたグラスに注ぐ。

 

アメリカで特に人気が高いレシピ。

 

フルーツの風味が豊かな、トロピカルな味わいです。

米国のムードを体現したかのような陽気さがありますね。

 

ネーミングが刺激的なので、バーではちょっと頼みづらいですが、自分で作れば安心(笑)

 

ミドリスプモーニ

f:id:makersmark3565:20200309013221j:image

 

【材料】

ミドリ 30ml

グレープフルーツジュース 60ml

トニックウォーター 60ml

 

【作り方】

グラスに氷を詰め、ミドリとグレープフルーツジュースを注ぎステアする。

トニックウォーターを注ぎ、軽く再ステアする。

 

カンパリで作る「スプモーニ」のベースを、ミドリに代えたカクテルです。

 

味の方は爽やかな甘さでスッキリと飲みやすく、後味もフレッシュ。

度数も低めなので、その日一杯目のカクテルにピッタリですね。

 

おすすめのトニックウォーターについてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

グリーンピース

f:id:makersmark3565:20200308235923j:image

 

【材料】

ミドリ 30ml

ブルーキュラソー 20ml

パイナップルジュース 15ml

レモンジュース 1tsp

生クリーム 15ml

 

【作り方】

シェーカーに氷を詰めて材料を注ぎ、シェークしてカクテルグラスに注ぐ。

 

クリームソーダ、メロン味のカルピス。

そんな感じの、ノスタルジーな味わいのカクテルです。


アルコールもほぼ感じず、スイーツ感覚でいけます。

甘口大好きな方に、ぜひどうぞ。

 

メロンツリー

f:id:makersmark3565:20200309000141j:image

 

【材料】

ミドリ 45ml

ホワイトラム 15ml

サザンカンフォート 30ml

ライムジュース 15ml

レモネード 30ml

 

【作り方】

グラスに氷を詰めて材料を注ぎ、ステアする。

 

ちょっと手の込んだ、ロングカクテルのレシピも。


駄菓子屋で売っている、メロン味のガムの味がします(笑)

これは個人的に、面白さNo.1です。

 

美味しいけど、アルコールはやや強めですね。

レモネード120mlくらいでもいいと思います。

 

アルカディア

f:id:makersmark3565:20200309001144j:image

 

【材料】

ウォッカ 20ml

ミドリ 10ml

コーヒーリキュール 10ml

生クリーム 20ml

卵黄 1個分

 

【作り方】

シェーカーに材料を入れて、ハンドブレンダーなどでよく混ぜる。

氷を詰めてシェークし、カクテルグラスに注ぐ。

削ったチョコレートとミントを飾る。

 

「サンルーカルバー」新橋清氏創作のレシピ。

ミドリ主体ではないのですが、こういう使い方もあるよ、という例として紹介します。

 

上品でコクのある一杯。

ミドリが入ることでほんのりとフルーティさが出て、奥深い風味となっています。

 

大人のメロンクリームソーダ

f:id:makersmark3565:20200309001510j:image

 

【材料】

ミドリ 45ml

バニラシロップ 15ml

炭酸水 120ml

生クリーム 適量

 

【作り方】

グラスに氷を詰めてミドリ、バニラシロップを注ぎステアする。

炭酸水で満たし、軽く再ステアする。

生クリームをフロートし、マラスキーノチェリーを飾る

 


ビターズ氏(@1_narr_vertrag)創作のレシピ。

ありがたいことに、ブログへの掲載許可をもらえたので、ご紹介します。

 

 

これはもう、ノスタルジックのひとことに尽きますね。

 

子供の頃に誰もが飲んだ、メロンクリームソーダ。

その記憶の中にある、理想の味わいを表現した一杯ですね。

 

POINT

f:id:makersmark3565:20200309003828j:image

こちらのカクテルは、銀座の「BAR 保志Iris」にレシピ提供がされており、お店でオーダーすることもできます。

 

ぜひ、お店の方にも足を運んでみてください!

  

 

ミドリを使ったカクテルを楽しもう

ミドリで作るカクテルは、フルーティで飲みやすいものばかり。

 

なので、最近お酒を飲み始めたという若い方なんかには、まさにうってつけ。

自信をもってオススメできますね。

 

手軽に買えちゃうリキュールなので、ぜひ楽しんでみてください。

 

 

【関連記事】

・生のメロンを使ったカクテルレシピ  

www.green-alaska.com

 

・カクテル作りに使う道具のおすすめ 

www.green-alaska.com

 

・おすすめのカクテルブックまとめ 

www.green-alaska.com