NomiLOG

NomiLOG

自宅でカクテルを作るときに役立つ情報ブログです。カクテルの作り方、おすすめのお酒を紹介していきます。

「サイレントプール ジン」の魅力とおいしい飲み方【まるで香水】

スポンサードリンク

f:id:makersmark3565:20210129014900j:plain

 

こんにちは、scarlet@alaska_nomilog)です。

 

自宅で、カクテルを作っています。

ジンは定番からクラフトジンまで、色々使います。

 

今回は、「サイレントプールジン」の魅力と楽しみ方を紹介します。

 

 

この記事を読むと、

  • サイレントプールの特徴と味わい
  • どんな人におすすめなのか?
  • おいしい飲み方、カクテルレシピ

を、学ぶことができます。

 

比較的新しめのジンなのですが、早くもバーでは大人気。

 

その秘密を、探っていきます。

 

  

サイレントプールは「華やかで優雅な高品質ジン」

f:id:makersmark3565:20210119203555j:image

 

サイレントプールの特色は、こちら。

 

  • 細やかな製法で作られる、品質重視のジン
  • フローラルで優雅な香り
  • クリアーで、柔らかな甘味

 

花系のフレーバーを活かしたジンというのが、最大の特徴ですね。

 

その豊かな香りは、「香水のようだ」と評されることもあります。

 

f:id:makersmark3565:20210119203541j:plain

※グラスに注いだ瞬間、ここちよい香りが拡がります。

 

個人的には、このジンにまつわる物語にも惹かれますね。
ボトルデザインも、味わいも、バックストーリーも、エモい。

 

「映えるジン」としても人気ですが、しっかり実力派です。

 

 

サイレントプールジンの基本情報

 

まずは、サイレントプールについて、ざっくり見てみましょう。

 

【分類】ドライジン

【製造国】イギリス

【製造元】サイレントプール蒸留所

【日本輸入代理店】ウィスク・イー

【アルコール度数】43%

【容量】700ml

【価格】約4700円(Amazon参考)

 

蒸留所の創業は、2014年。

日本に輸入されはじめたのは、2017年。

 

つまり、比較的新しいジンだといえますね。

 

以下、公式のテイスティングコメントです。

 

香りは豊かでジュニパーを基調に

ラベンダー、カモミールが層をなして広がり、

口に含むとライムやオレンジ、

こぶみかんの葉のフレッシュさに

蜂蜜がほんのりと寄り添います。

ウィスク・イー サイレントプール商品紹介ページより

 

 

サイレントプールジンの製法、特色

サイレントプールは細やかな製法で作られる、品質重視のジンです。

 

そのこだわりを、詳しくみていきましょう。

 

サイレントプールジンのボタニカル

f:id:makersmark3565:20210129012358j:plain

サイレントプール公式YouTubeチャンネルより

 

使用されるボタニカルは、24種類。

こちらです。

 

  • アンジェリカ
  • ベルガモット
  • ビターオレンジ
  • カルダモン 
  • カシア
  • コリアンダー
  • クベバ
  • ギニアショウガ
  • 蜂蜜
  • ジュニパーベリー(ボスニア産)
  • ジュニパーベリー(マケドニア産)
  • リコリス
  • オリス
  • カモミール
  • エルダーフラワー
  • カフィアライムリーフ
  • リンデンフラワー
  • ローズペタル
  • ラベンダー
  • ライム
  • オレンジ
  • 洋梨(フレッシュと乾燥させたもの)

…など(すいません、1種特定できずでした…)

 

華やかな香りの素材が、多いですね。

ジュニパーベリーも産地別に使うなど、こだわりが見られます。

 

ちなみに、ベースとなるスピリッツは小麦です。
小麦スピリッツは、ナチュラルな甘さと芳醇な風味をもつことが多いですね。

 

3種類の方法で蒸留

f:id:makersmark3565:20210129012413j:plain

サイレントプール公式YouTubeチャンネルより

 

これらのボタニカルを、3つのグループに分け、それぞれ違う方法で風味を抽出します。

 

■風味の強いボタニカル

→24時間、ベーススピリッツに漬ける

 

繊細なボタニカル

→ティーバッグ状の袋に入れて、ベーススピリッツに漬ける

 

風味追加のためのボタニカル

→蒸留器内のバスケットに入れ、アルコール蒸気を通して香り付けする

 

なぜ、このような手間をかけた製法なのか?

 

それは、素材の特性を最大限に引き出すためなのだそうです。

 

このこだわりが、サイレントプールの繊細かつ豊かな香りを支えているのでしょうね。

 

湖の伝説

「サイレントプール」という名前は、蒸留所のあるサリー州のサイレントプール湖から名付けられています。

 

f:id:makersmark3565:20210129012434j:plain

サイレントプール公式YouTubeチャンネルより

 

この地は、イギリスでもっとも美しい田園地帯としても知られています。

 

サイレントプール湖は、澄んだ水質の美しい湖。

実はサイレントプールの仕込み水として使われるのも、この湖の水となります。

 

湖の水は、石灰岩で濾過された湧き水。
サイレントプールのエメラルドグリーンのボトルは、太陽に照らされる湖をイメージしたものなのだそうです。

 

実はこの湖には、悲しい伝説があります。

 

サイレントプールには、実は悲しい伝説が…

邪悪な王が娘を誘拐し、深い水の中に沈められてしまったという言い伝えがあります。

サイレントプール公式YouTubeチャンネルより引用

 

f:id:makersmark3565:20210129002858j:image

 

ボトルには、この話に登場する王と娘がデザインされています。

 

なんとも叙情的。

人によっては、グッとくるものがあるのではないでしょうか?

 

"イメージ" というものは、意外と味の印象にも結びつくものだったりします。
ストーリーを知ることで、より深くこのジンを味わうことができそうですね。

 

 

サイレントプールジンの受賞歴

  • International Wine and Spirit Competition(IWSC)

2020 - 金賞「Gold」

2017 - 最高銀賞「Silver Outstanding」

 

  • International Spirits Challenge(ISC)

2020 - 銀賞「Silver」

※Master Blender / Distiller部門では、サイレントプール蒸留所が最高賞「Trophy」を獲得

 

  • San francisco World Spirits Competition

2019 - 銅賞「Bronze」

2017 - 金賞「Double Gold」

 

新しいジンながら、世界的なコンペの受賞歴あり。

 

世界的にも、評価されているジンだと言えそうです。

 

 

サイレントプールジンのテイスティングレビュー

常温ストレートで、飲んでみましょう。

 

f:id:makersmark3565:20210119203541j:image

 

うおっ、めっちゃ美味いですねこれ…

 

各要素ごとに、感じたことを書いていきます。

 

■香り

ハーバル、そしてフラワー系の香り強し。

ジュニパーは強く主張せずに、優しく調和している。

 

口にふくむと、シナモン、カルダモンの上品な香りが拡がる。

 

■口当たり

非常に柔らか。

口の中で転がしていると、心地よいスパイシーさが拡がる。

 

■味わい

ハチミツの柔らかな甘さと、カルダモンのスパイシーさの調和。

適度に厚みもあり、バランス良し。

 

■余韻

ラベンダーやバラのフローラルさが残る。

最後まで、一貫して上品。

 

木漏れ日がふりそそぐ、湖畔の風景なんかが思い浮かびます。

 

ナチュラルで、心地の良いジンですね。

 

あえて近いジンをあげるならば、ボンベイサファイアのプレミアム版「スターオブボンベイ」ですかね。
ただサイレントプールは、フラワー系のニュアンスが強めです。

 

【参考】基本のジン4銘柄 

www.green-alaska.com

  

 

サイレントプールジンで作るジントニック

いろいろな組み合わせ、レシピをためしてみました。

 

f:id:makersmark3565:20210129013829j:plain

 

サイレントプール自体がおいしいので、どんなレシピでも一定のおいしさがありますね。

 

個人的には、柑橘の酸をあまり加えずに、サイレントプールの甘さを活かすのがいいかな?と思いました。
ライムなどをしぼるときは、ややひかえめがいいかもです。

 

ということで、おいしいと思った組み合わせをいくつか紹介します。

 

  • フィーバーツリートニック+オレンジピール

f:id:makersmark3565:20210129001114j:image

 

【材料】

サイレントプール 50ml

フィーバーツリートニック 125ml

オレンジピール

 

【作り方】

氷を詰めたグラスにサイレントプールを注ぎ、ステアする。

トニックで満たして、軽くステアする。

オレンジピールをしぼり、グラスに落とす

 

サイレントプール公式サイトのジントニックレシピ。

 

味わいは、はっきり強め。

オレンジの香りが、甘さを引き立ててくれます。

 

  • エルダーフラワートニック+ライム

f:id:makersmark3565:20210127145955j:image

 

【材料】

サイレントプール 40ml

フィーバーツリーエルダーフラワートニック 120ml

ライム 1/6個

 

【作り方】

氷を詰めたグラスにサイレントプールを注ぎ、ライムをしぼり、ステアする。

トニックで満たして、軽くステアする。

しぼったライムの果肉を、グラスに落とす

 

「フィーバーツリーペアリングガイド」で推奨されていた組み合わせ。

 

華やかさとフレッシュさが強調され、優雅な仕上がりに。

 

  • メディタレーニアントニック+ピンクグレープフルーツ

f:id:makersmark3565:20210127145940j:image

 

【材料】

サイレントプール 40ml

フィーバーツリーメディタレーニアントニック 120ml

ピンクグレープフルーツ 1/8個

 

【作り方】

氷を詰めたグラスにサイレントプールを注ぎ、グレープフルーツをしぼり、ステアする。

トニックで満たして、軽くステアする。

しぼったグレープフルーツの果肉を、グラスに落とす

 

フレッシュで、ハーバルに仕上げた一杯。

 

グレープフルーツを使ったジントニックは、ジンの本場イギリスでも流行中だそうです。

 

やはりプレミアムなジンは、プレミアムなトニックで割るとしっくりきますね。

 

【参考】フィーバーツリートニックウォーターの魅力 

www.green-alaska.com

  

近年では、コパグラスを使ってジントニックを作るのも、流行中ですね。

 

サイレントプールからも、専用のグラスがリリースされています。

 

 

香りの立ち方にも変化があり、見た目にも優雅。

興味がわいた方は、こちらもお試しください。

 

 

サイレントプールジンで作るカクテル

この他、いろいろなカクテルのベースに使ってみました。

 

レシピと感想を、どうぞ。

 

 

副材料と溶け合うように調和してくれますね。

柔らかで、優雅に仕上がります。

 

プレミアムジンで作る、贅沢な一杯を楽しんでみてください。

 

【参考】ジンベースのスタンダードカクテルレシピ 

www.green-alaska.com

 

  

サイレントプールジンのまとめ

f:id:makersmark3565:20210119203548j:image

 

最後に、まとめ&おさらいです。

 

【サイレントプールのまとめ】

  • 花系の香りを活かしたジン
  • 柔らかで優雅なフレーバー
  • ボタニカルは24種
  • ボトルデザイン、モチーフも話題
  • ジントニックは華やか、フレッシュ
  • カクテルにすると、優雅な一杯に

 

値段はそこそこしますが、その分、高い満足感があるジンですね。

 

「たまになら、この値段帯のジンもいいかな…」

という方なら、試してみて損はないと思います。

 

プレミアムな家飲みのお供として、ぜひどうぞ。

 

 

2020年からは、バラの香りにフォーカスした

「サイレントプール ローズエクスプレッション」

というバリエーションも販売されています。

 

 

こちらも、販売直後から高い人気。

当サイト(NomiLOG)でも、購入したらレビューしたいと思います。

 

 

【関連記事】

・プレミアムジン「モンキー47」のレビュー 

www.green-alaska.com

  

・スタンダードジン「ボンベイサファイア」のレビュー 

www.green-alaska.com

  

・プレミアムジン「No.3」のレビュー 

www.green-alaska.com