NomiLOG

NomiLOG

自宅でカクテルを作るときに役立つ情報ブログです。カクテルの作り方、おすすめのお酒を紹介していきます。

カシスリキュールの飲み方、カクテルレシピ21種【自宅で簡単】

スポンサードリンク

f:id:makersmark3565:20210115002905j:plain

 

こんにちは、scarlet@alaska_nomilog)です。

 

自宅で、カクテルを作っています。

フルーツ系リキュールも、よく飲んでいます。

 

今回は自宅でできる、カシスリキュールの飲み方とカクテルレシピを紹介します。

 

 

この記事を読むと、

  • カシスリキュールのお手軽な飲み方
  • カシスリキュールのカクテルレシピ
  • 自宅用のおすすめ銘柄

を、学ぶことができます。

 

一本あると、家飲みが充実。

特に「最近、カクテルを飲み始めた」という方は必見です。

 

人気の飲み方から、ちょっと珍しい絶品カクテルまで。

作り方を、シェアしていきます。

 

  

カシスリキュールのお手軽な飲み方

まずは、すぐできるお手軽な飲み方から。

こちらです。

 

  • グレープフルーツ割り
  • オレンジジュース割り
  • クランベリージュース割り
  • ウーロン茶割り
  • 紅茶割り
  • ミルク割り
  • ソーダ割り
  • ジンジャーエール割り
  • トニックウォーター割り
  • コーラ割り
  • 水割り

 

f:id:makersmark3565:20210108231248j:image

f:id:makersmark3565:20210108231205j:image

f:id:makersmark3565:20210120224334j:image

 

そのままだと甘すぎるので、割るのが定番ですね。

 

オレンジジュースで割れば、おなじみの「カシスオレンジ」
ウーロン茶で割れば、「カシスウーロン」
この辺りは、知ってる方も多いかもですね。

 

■割るときのレシピ例

【材料】

カシスリキュール 30ml

割り材 90〜120ml

 

【作り方】

氷を詰めたグラスにカシスリキュールを注ぎ、ステアする。

割り材で満たして、軽くステアする。

 

もちろん、材料の比率はお好みで調整してもOKです。

 

※注意 混ぜるときには少し工夫が必要

f:id:makersmark3565:20210117034648j:image

 

カシスリキュールは比重が重く、なかなか混ざってくれません。

 

フルーツジュースとかで割るなら、よく混ぜればOKなんですが…
ソーダで割るレシピなんかだと、混ぜすぎると炭酸が抜けてしまいます。

 

ということで、少しだけ工夫が必要です。

それが、こちら。

 

 

作るときに、試してみてください。

 

 

カシスリキュールのカクテルレシピ

本格レシピにも、チャレンジしてみましょう。

 

自宅で簡単に作れる、有名Barオリジナルレシピなんかも載せてみました。

では、どうぞ。

 

キール

f:id:makersmark3565:20210117034659j:image

 

【材料】

白ワイン 80ml

カシスリキュール 5ml

 

【作り方】

フルート型シャンパングラスに材料を注ぎ、ステアする。

 

ワインにカシスリキュールを加えると、風味に広がりが生まれます。

 

飲み残した白ワインを、おいしくいただく方法としても、いいですね。

 

POINT

白ワインを、

  • シャンパンに変えるとキールロワイヤル
  • 赤ワインに変えるとカーディナル

というカクテルになります。

 

カシススプモーニ

f:id:makersmark3565:20210112205419j:image

 

【材料】

カシスリキュール 20ml

グレープフルーツジュース 45ml

トニックウォーター 適量

 

【作り方】

氷を詰めたグラスにカシスリキュール、グレープフルーツジュースを注ぎ、ステアする。

トニックウォーターで満たして、軽くステアする。

 

トニック+グレープフルーツの、定番の組み合わせ。

 

甘さをおさえて、サッパリとフルーティに楽しめます。

 

【参考】スプモーニのアレンジレシピ 

www.green-alaska.com

 

ポンピエ

f:id:makersmark3565:20210111005101j:image

 

【材料】

ドライベルモット 60ml

カシスリキュール 15ml

炭酸水 適量

 

【作り方】

氷を詰めたグラスにベルモットとカシスリキュールを注ぎ、ステアする。

炭酸水で満たし、軽くステアする。

 

ポンピエ=フランス語で「消防士」。

 

手軽に作れて、上品な風味に仕上がるのがいいですね。

 

ブランデーカシス

f:id:makersmark3565:20210107030158j:image

 

【材料】

ブランデー 30ml

カシスリキュール 10ml

レモンジュース 20ml

 

【作り方】

シェーカーに材料を注ぎ、氷を詰めてシェークする。

カクテルグラスに注ぐ。

 

ブランデーの果実味を、ふくらませたような味わいの一杯。

 

想像よりも甘くなく、サッパリした飲み心地です。

 

【参考】カクテルベース向きのブランデー 

www.green-alaska.com

 

パリジャン

f:id:makersmark3565:20210111005452j:image

 

【材料】

ジン 30ml

ドライベルモット 20ml

カシスリキュール 10ml

 

【作り方】

氷を入れたミキシンググラスに材料を注ぎ、ステアする。

カクテルグラスに注ぐ。

 

パリジャン=「パリの男性」「パリっ子」。

 

ほどよいシャープさと甘さ。

エレガントな香りが、印象的です。

 

【参考】定番のジン4銘柄 

www.green-alaska.com

 

エルディアブロ

f:id:makersmark3565:20210114204800j:image

 

【材料】

テキーラ 30ml

カシスリキュール 15ml

ライムジュース 10ml

ジンジャーエール 適量

 

【作り方】

氷を詰めたグラスにジンジャーエール以外の材料を注ぎ、ステアする。

ジンジャーエールで満たし、軽くステアする。

 

テキーラの風味とも、相性◯。

 

ライムの酸味で甘さもうまく切れていて、軽やかに飲むことができます。

 

フレンチマティーニ

f:id:makersmark3565:20210117042735j:image

 

【材料】

ウォッカ 40ml

カシスリキュール 5ml

パイナップルジュース 35ml

 

【作り方】

シェーカーに材料を注ぎ、氷を詰めてシェークする。

カクテルグラスに注ぐ。

 

カシスとパイナップルで、フルーティに仕上げたウォッカマティーニ。

 

アルコール感も適度。

余韻に香るカシスが、良きです。

 

【参考】ウォッカの味わい比較

www.green-alaska.com

  

クリムゾンメアリー

f:id:makersmark3565:20210103040738j:image

 

【材料】

カシスリキュール 30ml

トマトジュース 45ml

オレンジジュース 45ml

 

【作り方】

シェーカーに材料を注ぎ、氷を詰めてシェークする。

氷を詰めたグラスに注ぐ。

 

漫画「まどろみバーメイド」6巻で登場したカクテルです。

監修は、「Bar石の華」石垣忍氏。

 

ありふれた材料の組み合わせからは想像できない、斬新な味わいです。

 

グラントリノ

f:id:makersmark3565:20210103222251j:image

 

【材料】

バーボン(メーカーズマーク) 40ml

カシスリキュール 20ml

生クリーム(5分立て)15ml

エスプレッソパウダー 小さじ1/2

 

【作り方】

氷を入れたミキシンググラスにメーカーズマークとカシスリキュール注ぎ、ステアする。

氷を入れたグラスに注ぎ、生クリームをフロートする。

エスプレッソパウダーをふりかける。

 

「石の華」さん監修のレシピを、もうひとつ。

 

果実味とバーボンのコクを、生クリームで包み込んだカクテル。

フレーバードチョコのような味わいに、仕上がっています。

 

【参考】「メーカーズマーク」のレビュー 

www.green-alaska.com

  

ティアエスプレッソマティーニ

f:id:makersmark3565:20210112164629j:image

 

【材料】

ティアマリア 40ml

カシスリキュール 10ml

アマレット 5ml

エスプレッソ 60ml

 

【作り方】

シェーカーに材料を注ぎ、氷を詰めてシェークする。

カクテルグラスに注ぎ、コーヒー豆1粒を飾る。

 

コーヒーリキュール、「ティアマリア」を使った、エスプレッソマティーニ。

 

スタンダードなレシピとは違い、果実味を強調したレシピですね。

上品で、奥深い風味を楽しむことができます。

 

【参考】コーヒーリキュール「ティアマリア」のレビュー 

www.green-alaska.com

  

 

自宅用のカシスリキュールは「ルジェ」のミニボトルがおすすめ

f:id:makersmark3565:20210111023317j:image

 

これまで、色々なカシスリキュールを使ってみての私なりの結論です。

 

  • 自宅で、無理なく消費できる量
  • どこでも買える
  • 値段が安価で、質も充分

 

200mlのボトルがあるという理由が、大きいですね。

 

正直、700mlとかのボトルを個人で消費しきるのって難しいと思います。

賞味期限の問題もあるので、早めに飲み切らないとですからね。

 

なるべく、少量で買うのが賢い選択肢かな?と私は思っています。

 

POINT

【カシスリキュールの保存方法】

開栓後は、必ず冷蔵で保存する。

 

ベリー系リキュールは風味の劣化が早く、常温保存は厳禁です。

 

【カシスリキュールの賞味期限】

私は、開栓後冷蔵保存で3ヶ月をひとつの目安にしています。

 

半年とか経つと、明らかに風味も色も劣化しますね…。

(というか、シンプルに腐敗する可能性もあり)

 

匂いや色に違和感を感じたら、飲まないことをおすすめします。

 

 

200mlなら、一人でも無理なく飲み切れますね。

ルジェのリキュールは、スーパーなどでも見かけるので、探してみてくださいね。

 

 

【関連記事】

 ・ハーブリキュール「カンパリ」の魅力と楽しみ方 

www.green-alaska.com

  

・フルーツリキュール「パッソア」のレビュー 

www.green-alaska.com

 

・「パルフェタムール」のカクテルとおすすめ銘柄 

www.green-alaska.com