NomiLOG

NomiLOG

自宅でカクテルを作るときに役立つ情報ブログです。カクテルの作り方、おすすめのお酒を紹介していきます。

【お米のウォッカ】「白 Haku」のレビューと個人的評価

スポンサードリンク

f:id:makersmark3565:20201210213056j:plain

 

こんにちは、scarlet@alaska_nomilog)です。

 

自宅で、カクテルを作っています。

月に30種類くらいは作ります。

 

今回は、「白 Haku」ウォッカの特徴と使い方をレビューしていきます。

 

 

この記事を読むと、

  • 白 Haku ウォッカの魅力
  • どんな人におすすめなのか?
  • 美味しい飲み方

を、学ぶことができます。

 

日本製なんですが、すこし珍しい感じですよね。

 

一般的なウォッカとの違いを、解説していきます。

 

  

白 Hakuは「柔らかで芳醇なお米のウォッカ」

f:id:makersmark3565:20201210224425j:image

 

白 Hakuの特徴と魅力は、こちら。

 

  • 日本米が原料
  • 柔らかな口当たり
  • ほんのり優しいお米の風味

 

ライススピリッツのウォッカです。

 

なかなか珍しいですよね、コレ。

日本らしい素材を使ったウォッカ、ということで話題性も抜群です。

 

f:id:makersmark3565:20201208122636j:image

※白 Hakuベースで作ったカクテル「雪国」。優しいニュアンスに仕上がる。

 

味わいはお米らしい、やわらかな仕上がり。

 

「口当たりがキツいウォッカは、ちょっと苦手…」

という方に、いいかもしれませんね。

 

 

白 Haku ウォッカの基本情報

 

白 Hakuについて、ざっくり見てみましょう。

 

【分類】ウォッカ

【製造国】日本

【製造元】サントリー

【原材料】日本米(100%)

【アルコール度数】40%

【容量】700ml

【価格】約3300円(Amazon参考)

 

和をコンセプトとしたウォッカです。

 

ネーミングの由来は、「白米」「純白」から。

米原料のウォッカらしい名付けですね。

 

f:id:makersmark3565:20201210205525j:image

※ラベルの「白」の筆書は、ウイスキーの「響」も手がけた書家の荻野丹雪氏作。

 

以下、公式のテイスティングノートです。

 

■香り
国産米の甘く繊細で華やかさのある、柔らかな香り

 

■味わい
米の自然な甘さと複雑なフレーバーが徐々に口に広がる、豊かな味わい

 

■フィニッシュ
竹炭濾過による、洗練され心地よく残る甘さを伴う、滑らかなフィニッシュ

サントリー公式サイトより

 

白 Haku ウォッカの製法

白米を米麹で発酵させて、醪(もろみ)をつくる

その醪(もろみ)を蒸溜し、スピリッツをつくる

このスピリッツをクリアーなタイプと、米の風味が豊かなタイプに作り分ける

2つをブレンドし、竹炭で濾過する

 

作り方にも、こだわりが見られますね。

米の風味が、適度に残るように考えられているようです。

 

竹炭での濾過も、特徴的ですね。

(通常は白樺の炭を使う)

 

ミネラルの効果で、スムースで柔らかい仕上がりになるのだそうです。

 

 

白 Haku ウォッカのテイスティングレビュー

常温ストレートで、飲んでみましょう。

 

f:id:makersmark3565:20201107034003j:image

 

おお、これはふくよか。

そして、ほんのり甘い。

 

刺激感は、一般的なウォッカに比べて少なめ。

そして、かすかに米っぽい風味を感じます。

 

日本人ですから、なんとなくほっこりしちゃう風味ですねコレ。

 

POINT

【他のウォッカとの比較】

同じく、ふくよかなウォッカ「アブソルート」と比べてみましょう。

 

f:id:makersmark3565:20201210205554j:image

 

■ボリューム感

白≧アブソルート

■口当たりの鋭さ

白>アブソルート

■甘さ

白>アブソルート

 

アブソルートの原料は麦。

ベースが変わると、味わいのニュアンスもやや違ってきますね。

 

ちなみに、ライススピリッツと聞くと

「焼酎みたいになっちゃってるのでは…?」

と、心配する方もいると思います。

 

でも、大丈夫。

白 Hakuは個性がありながらも、しっかり「ウォッカ」になっています。

 

主張は適度。

絶妙なバランス感だと思います。

 

 

白 Haku ウォッカで作るモスコミュール

家飲みだと、モスコミュールで飲む方も多いと思います。

 

ということで、白 Hakuで作ってみましょう。

 

f:id:makersmark3565:20201210210407j:image

 

【材料】

白 Haku ウォッカ 40ml

ライム 1/6個

ジンジャーエール 100mlくらい

 

【作り方】

氷を詰めたグラスに白 Hakuを注ぎ、ライムをしぼってステアする。

ジンジャーエールで満たし、軽くステアする。

しぼったライムの果肉をそえる。

 

丸みがあり、そしてふくよか。

これは、美味しいですね…!

 

白 Hakuの風味もしっかり感じられ、個人的にはかなりの好感触でした。

 

POINT

辛口のジンジャーエールよりは、やや甘口のものを使うのがいいかもですね。

 

白 Hakuの柔らかな風味が、活かせると思います。

 

少しひねりを効かせるならば、こんなレシピもどうぞ。

 

f:id:makersmark3565:20201210210420j:image

 

【材料】

白 Haku ウォッカ 40ml

柚子 1/4個

ジンジャーエール 100mlくらい

 

【作り方】

氷を詰めたグラスに白 Hakuを注ぎ、柚子をしぼってステアする。

ジンジャーエールで満たし、軽くステアする。

しぼった柚子の果肉をそえる。

 

柚子を使ったモスコミュールです。

柔らかな香りで、これが実にウマい。

 

私は、このレシピが好きで色々なウォッカで作るのですが…

白 Hakuは、かなり親和性が高いと感じました。

 

 

白 Haku ウォッカで作るその他のカクテル

もちろん、その他のカクテルにも汎用的に使うことができます。

 

参考までに、私が白 Hakuベースで作ったレシピをどうぞ。

 

 

どれも、柔らかな味わいに仕上がります。

 

シンプルなレシピだと、お米の風味もしっかり感じられて、これまた面白い。

 

和素材との組み合わせも、雰囲気出ますね。

良きです。

 

この他のウォッカカクテルのレシピは、こちら↓ 

www.green-alaska.com

 

 

白 Haku ウォッカのまとめ

f:id:makersmark3565:20201107034026j:image

 

最後に、ざっくりまとめます。

 

【白 Haku ウォッカのまとめ】

  • お米で作ったウォッカ
  • 柔らかで、ほのかに甘みがある
  • ふくよかなボディ感がある
  • お米の風味の主張は、適度
  • カクテルが柔らかな仕上がりに
  • 和素材との組み合わせも◯

 

コンセプトにも味わいにも、個性があり、ウォッカとしてもしっかり美味しい。

 

とても、優等生なウォッカですね。

 

  • 和モチーフのカクテルに使う
  • 柔らかに仕上げたいときに使う

 

など、わりと使いたくなる場面も多いかと思います。

自宅用にも良いと思うので、ぜひどうぞ。

 

 

サントリーでは、この他にも「和」をコンセプトとしたお酒を作っています。

 

  • 六 Roku ジン
  • 翠 Sui ジン
  • 奏 Kanade リキュール

 

当サイト(NomiLOG)で、そちらのレビュー記事も書いています。

合わせてどうぞ。

 

・六 Roku ジン 

www.green-alaska.com

 
・翠 Sui ジン 

www.green-alaska.com

 
・奏 Kanade リキュール 

www.green-alaska.com

  

 

【関連記事】

・ウォッカの味わい比較 

www.green-alaska.com

  

・フレーバードウォッカ「ズブロッカ 」のレビュー 

www.green-alaska.com

  

・プレミアムウォッカ「ケテルワン」のレビュー 

www.green-alaska.com