NomiLOG

NomiLOG

美味しいお酒や料理に目が無いアラサー。「お酒は自由に楽しむもの」という考えのもとで、色々なお酒の楽しみ方を発信していきたいと思います。

「桜尾ジン ハマゴウ」のレビューと評価【驚くほど軽やか】

スポンサードリンク

f:id:makersmark3565:20201012010427j:plain

 

こんにちは、scarlet@alaska_nomilog)です。

今回は、「桜尾ジン ハマゴウ」のレビューと楽しみ方を紹介します。

 

 

国産のジンに興味がある方。

特にライトな味わいが好きな方には、かなりおすすめの一本です。

 

どのあたりが魅力的なのか?

私なりの評価とともに、お伝えします。

 

  

桜尾ジンハマゴウはどのようなジンなのか?

 

まずは、桜尾ジンハマゴウについて、ざっくりとみてみましょう。

 

【種別】ドライジン

【製造国】日本(広島県)

【アルコール度数】47%

【容量】700ml

【価格】約2600円(参考小売価格)

 

広島県で作られるジンです。

 

「ハマゴウ」をボタニカルとして使用しているのが特徴。

蒸留所近くの「宮島」に、多く自生している海浜植物ですね。

 

f:id:makersmark3565:20201008142732j:image

ハマゴウ - Wikipedia

 

桜尾ジンの公式サイトが見やすく、かつオシャレなのでチェックおすすめです。

 

⇒「桜尾ジン ハマゴウ」ブランドサイト

 

 

桜尾ジンハマゴウの受賞歴

f:id:makersmark3565:20201002172022j:image

桜尾ジンブランドサイトより

 

  • International Wine and Spirit Competition(IWSC) 2019 - 金賞「Gold」

 

  • New York World Wine and Spirits Competition 2019 - 最高金賞「Double Gold」最優秀賞「Best in class」

 

  • The Spirits Business「The Gin Masters」2020 - 金賞「Gold」

 

  • 東京ウイスキー&スピリッツコンペティション - 金賞

 

世界的な品評会では、かなりの高評価ですね。

 

国産ジンの中では、トップクラスに近い評価だと思います。

 

 

桜尾ジンハマゴウのボタニカル

f:id:makersmark3565:20201009032552j:image

 

広島県産ボタニカル6種+海外産ボタニカル6種の、計12種を使っています。

 

【広島県産ボタニカル】

  • ハマゴウ
  • ローズマリー
  • 不知火
  • ラベンダー
  • 緑茶
  • スペアミント

 

【海外産ボタニカル】

  • ジュニパーベリー
  • アンジェリカルート
  • リコリス
  • コリアンダーシード
  • バニラビーンズ
  • キャラウェイシード

桜尾ジンブランドサイトより

 

一般的なジンと比べると、ハーバル、そしてフローラルな構成ですね。

 

ジュニパーやコリアンダーなどの、伝統的なボタニカルでしっかり下地も固めてあります。

 

POINT

【ハマゴウってどんな香り?】

実際に、砂浜に探しにいってみました。

 

f:id:makersmark3565:20201006175409j:image

 

わりとあっさり群生地を発見。

北海道以外なら、広く分布しているらしいです。

 

f:id:makersmark3565:20201006173323j:image

 

傷つけないように、嗅いでみます。

なるほど、花にも葉にも独特のすがすがしい香りがありますね。

 

f:id:makersmark3565:20201006175848j:image

 

特徴的なのは果実。

まるで、生胡椒やジュニパーベリーのような香りがあります。

 

なんだか、古い時代のお香のような…荘厳な感じです。

 

 

桜尾ジンハマゴウのテイスティングレビュー

桜尾ジンハマゴウは、1年ごとにバッチ生産をしています。

 

今回レビューするのは、3rdバッチ。

「桜尾ジンハマゴウ 2020エディション」です。

 

では、常温ストレートで味わってみます。

 

f:id:makersmark3565:20201001160718j:image

 

これは…ちょっとびっくりするくらい、軽やかな味わいですね。

 

口当たりは、かなりスムース。

風味は、ローズマリーのピリッとした感じが分かりやすいですね。

 

ジンらしい、ジュニパーの風味もしっかり。

全体的にさわやか、かつ華やかな印象です。

 

例えるなら、海辺の夏。

 

ボトルデザイン通りの、涼しげなムードを感じることができます。

 

POINT

【他のジンとの味わい比較】

f:id:makersmark3565:20201009032459j:image

 

味わいが近いと思われるジンと、飲み比べてみました。

 

  • 桜尾ジンオリジナルと比べて…

味わいは、まったくの別ものですね。

桜尾ジンの方が、シトラスが効いて、どっしりした飲みごたえです。

 

  • ヘンドリックスジンと比べて…

ヘンドリックスの方が、柔らかい感じですね。

桜尾ハマゴウの方が、ハーバルな印象が強いです。

 

 

桜尾ジンハマゴウで作るジントニック

色々なトニックと組み合わせて、ジントニックを作ってみました。

 

f:id:makersmark3565:20201012005914j:plain

 

おお、どんなトニックで割ってもおいしいですね。

これなら、お好みのものを使って、充分に楽しめると思います。

(エルダーフラワートニックとの組み合わせは、私はちょい微妙だと思いました。)

 

参考までに、個人的にベストだと思ったのは、こんなレシピです。

 

【材料】

桜尾ジン ハマゴウ 40ml

フィーバーツリーメディタレーニアントニック 100ml

ライム 1/6個

 

【作り方】

氷を詰めたグラスに、桜尾ハマゴウを注ぎ、ライムをしぼってステアする。

トニックウォーターを注ぎ、軽くステアする。

しぼったライムの果肉をそえる。

 

f:id:makersmark3565:20201006114837j:image

 

このレシピだと、ローズマリーの風味が鮮やかに浮かび上がります。

 

ハマゴウの良さが、よく分かる飲み方だと思います。

よろしければ、試してみてください。

 

「フィーバーツリートニックウォーター」について、詳しくはこちら↓ 

www.green-alaska.com

 

  

桜尾ジンハマゴウで作るカクテルのレシピ

今回も、色々なレシピを作ってみました。

 

楽しみ方の参考にどうぞ。

 

 

どれも、華やかでライトな仕上がり。

カクテルに、面白い変化が加わりますね。

 

特によかったのは、ブルーベリーとの組み合わせ。

ボタニカルのハマゴウ、ラベンダー、ローズマリーとのマッチ具合が良きです。

 

この他のカクテルレシピは、ジンカクテルの記事も参考にどうぞ↓ 

www.green-alaska.com

  

桜尾ジンの公式サイトのカクテルも、ぜひ参考にどうぞ↓

⇒桜尾ジンブランドサイト カクテルレシピ

 

 

桜尾ジンハマゴウのまとめ

f:id:makersmark3565:20201001160727j:image

 

最後に、ざっくりまとめます。

 

【桜尾ジンハマゴウのまとめ】

  • 広島で作られる国産ジン
  • ハマゴウという海浜植物を使用
  • さっぱり淡麗な味わい
  • 風味はどこか涼しげで、華やか

 

【当サイト(NomiLOG)おすすめの飲み方】

  • ストレート
  • ソーダ割り
  • ジントニック
  • ギムレット
  • ブルームーン
  • ブルーベリーマティーニ
  • サンクチュアリ(桜尾オリジナルレシピ)

 

国産の中でも、かなり優秀なジンだと思いました。

 

華やかでライトなジンを求める方には、まさにうってつけ。

まだアルコールに不慣れで、飲みやすいジンがほしい方にもいいですね。

 

価格も、無理なく手を出せる範囲内だと思います。

 

 

1年ごとの限定生産なので、お求めの方は在庫があるうちにお早めにどうぞ。

 

 

【関連記事】

・「桜尾ジン オリジナル」のレビュー  

www.green-alaska.com

  

・「奏 kanade」ジャパニーズリキュールのレビュー 

www.green-alaska.com

 

・「モンキー47」ドライジンのレビュー 

www.green-alaska.com