NomiLOG

NomiLOG

美味しいお酒や料理に目が無いアラサー。「お酒は自由に楽しむもの」という考えのもとで、色々なお酒の楽しみ方を発信していきたいと思います。

おすすめのコーヒーリキュール2つ+α【カルーアだけじゃない】

スポンサードリンク

f:id:makersmark3565:20200810003304j:plain

 

こんにちは、scarlet@alaska_nomilog)です。

今回は、初心者におすすめのコーヒーリキュールを紹介します。

 

 

私はコーヒー好きでもあるので、カクテル覚えたての頃から、色々なコーヒーリキュールを飲んできました。

 

そんな中から、今からカクテル作りに挑戦する人におすすめのリキュールをいくつか選んで紹介していきます。

 

それぞれに特徴があるので、ぜひ参考にして選んでみてください。

 

  

まずはじめに試していただきたい、2つのコーヒーリキュール

次の2つです。

 

  • カルーア
  • ティアマリア

 

この2つが、スタンダードな味わいでコスパもよいです。

 

バーでも定番となっている2本。

まずはベンチマークとして、どちらかを試してみるのがおすすめですね。

 

カルーア

f:id:makersmark3565:20200807162610j:image

 

【原材料】スピリッツ、コーヒー豆(アラビカ種)、バニラ、カラメル

【製造国】メキシコ

【アルコール度数】20%

【価格】約1100円(700ml、Amazon参考)

 

「カルーアミルク」でおなじみのコーヒーリキュール。

 

カルーアの特徴は、なんといってもコク深く、甘い味わい。

甘ーいカフェラテが好きな方なんかには、ぴったりの一本でしょう。

 

コーヒーリキュールの中では、かなり安くてコスパも◯。

カジュアルに楽しめるのが、なによりの魅力だと私は思います。

 

カルーアのおすすめカクテル

f:id:makersmark3565:20200810004611j:plain

 

  • カルーアミルク
  • カルーアウーロン
  • ホットカルーアラテ
  • カルーアエスプレッソトニック

※レシピは記事の後半に紹介

 

甘さやコクを活かすことができるレシピが、特におすすめですね。

 

カルーアがおうちで飲めるのって、なかなかに幸せです…。

 

 

さらに詳しい特徴を知りたい方は、個別レビュー記事もどうぞ↓ 

www.green-alaska.com

 

ティアマリア

f:id:makersmark3565:20200807162620j:image

 

【原材料】中性スピリッツ、コーヒー豆(ブルーマウンテン)

【製造国】ジャマイカ

【アルコール度数】20%

【価格】約2500円(700ml、Amazon参考)

 

ややマイナーですが、こちらも人気の高いリキュール。

 

ジャマイカ特産の、高品質なブルーマウンテンコーヒーを使って作られるのが特徴。

甘さはややひかえめで、上品な味わいにまとまっています。

 

「コーヒーは香りを楽しむのが好き」

「カルーアはちょっと自分には甘すぎた」

そんな方は、試す価値ありだと思います。

 

ティアマリアのおすすめカクテル

f:id:makersmark3565:20200810004641j:plain

 

  • ティアマリアミルク
  • ブレーブブル
  • ダーティマザー
  • ホワイトサテン

※レシピは記事の後半に紹介

 

合わせる材料の味わいもしっかり活かしたい、というときに大活躍します。

 

くどくなりすぎず、上品に仕上がるのが良きです。

 

 

さらに詳しい特徴を知りたい方は、個別レビュー記事もどうぞ↓ 

www.green-alaska.com

  

 

コーヒー豆を漬け込んでリキュールを自作するのもおすすめ

f:id:makersmark3565:20200808025322j:image

 

こだわり派の方は、自家製のコーヒーリキュールを作ってみるという手も。

 

自家製だと、次のようなメリットがあります。

 

  • 好きなコーヒー豆で作れる
  • 好きなお酒で作れる
  • 少量だけ作って使える
  • 苦味、香りをしっかり出せる
  • 甘さの加減が自由

 

「市販のリキュールは、イマイチ自分には合わなかったなぁ…」

という方には、かなりおすすめ。

 

あと、作り方も超簡単ですね。

コーヒー豆をお酒に浸けて、数日おくだけです。

 

自家製コーヒーリキュールのレシピ

f:id:makersmark3565:20200808025358j:image

 

【材料】

ホワイトラム 100ml

コーヒー豆 10g

シュガーシロップ 30ml

 

【作り方】

ビンにコーヒー豆とホワイトラムを入れ、5日間前後おく。(常温可)

好みの味わいになったら、コーヒー豆を取り除き、シュガーシロップを加える。

 

POINT
  • ベースのお酒はウォッカ、テキーラ、ダークラム、ホワイトリカーなどでもOKです
  • コーヒー豆の量は目安です(ぶっちゃけ、やや適当でも問題なし)
  • シュガーシロップの量はお好みで(今回の分量だと、カルーアよりやや甘さひかえめ)
  • バニラビーンズやシナモンなど、お好みのスパイスを一緒に浸けるのもおすすめ

 

お好みの豆がある方は、それで作ると良きです。

とても楽しいです。

 

今回、私がベースに使った「ハバナクラブ3年」の特徴はこちら↓ 

www.green-alaska.com

 

  

コーヒーリキュールの多彩なカクテルレシピ

f:id:makersmark3565:20200810005515j:plain


 

お好みのコーヒーリキュールが見つかったら、さっそく飲んでいきましょう。

 

コーヒーリキュールは、カクテルで飲むのが一般的ですね。

レシピも意外と多彩で、いろいろな味を楽しむことができます。

 

【参考】コーヒーリキュールのカクテル22種のレシピ↓ 

www.green-alaska.com

  

ミルク割りもおいしいですが、それだけで終わらせるのは、ちょっともったいない。

 

ぜひ他のレシピも学んで、深く楽しんでみてください。

 

 

おすすめのコーヒーリキュールのまとめ

f:id:makersmark3565:20200807161503j:image

 

最後に、この記事のまとめです。

 

【コーヒーリキュールの選び方】

 

「カルーアしか知らなかった」

という方は、選択肢が広がったのではないでしょうか?

 

特徴を見て、気に入りそうなものをぜひ選んでみてください。

 

もちろん、この他にも数多くのコーヒーリキュールがあります。

いろいろと探して、試してみてください。

(最近は、テキーラベースのコーヒーリキュールなんかも流行りですね)

 

 

 

【関連記事】

・カクテル作りに必要な道具まとめ 

www.green-alaska.com

  

・コーヒー+お酒で作るカクテルのレシピ 

www.green-alaska.com

  

・ラム酒を使ったカクテルのレシピ 

www.green-alaska.com