NomiLOG

NomiLOG

美味しいお酒や料理に目が無いアラサー。「お酒は自由に楽しむもの」という考えのもとで、色々なお酒の楽しみ方を発信していきたいと思います。

コーヒー+お酒でつくるカクテルのレシピ14種【自宅で簡単】

スポンサードリンク

f:id:makersmark3565:20200702174501j:plain

 

こんにちは、scarlet@alaska_nomilog)です。

今回は、コーヒーを使ったカクテルをご紹介します。

 

 

使うコーヒーは、市販のコーヒーなどでもOK。

もちろん自分で淹れれば、さらに本格的な味になります。

 

コーヒー好きの方は、楽しみが広がること間違いなし。

さっそく、見ていきましょう。

 

  

コーヒーを使ったお手軽カクテルのレシピ

まずは、お手軽に。

お手持ちのお酒をシンプルにコーヒーで割ってみましょう。

 

【材料】

お好みのお酒 10〜30ml

ホット or アイスコーヒー 120ml前後

 

【作り方】

カップにお好みのお酒を入れ、コーヒーを注ぐ。

(アイスの場合は、氷を入れたグラスに注いで混ぜる)

 

f:id:makersmark3565:20200630210237j:image

f:id:makersmark3565:20200630210247j:image

 

たったこれだけでも、意外なほどにおいしいです。

 

ベースのお酒で、おすすめなのはこの辺り。

 

  • ブランデー
  • ウイスキー
  • ダークラム 
  • アマレット
  • コーヒーリキュール
  • オレンジ系リキュール
  • アニス系リキュール

 

この他にも、意外と合うお酒がたくさんあります。

遊び心をもって、ためしてみましょう。

 

 

コーヒーを使った本格カクテルのレシピ

少し手間をかけて、本格的なレシピにも挑戦してみましょう。

 

作れそうだと思ったものから、ぜひどうぞ。

 

カフェロワイヤル

f:id:makersmark3565:20200625172749j:image

 

【材料】

ブランデー 1tsp

角砂糖 1個

ホットコーヒー 適量

 

【作り方】

スプーンに角砂糖を乗せて、ブランデーを振りかける。

ブランデーに火をつけ、砂糖がほどよく溶けたら、コーヒーの中に入れて混ぜる。

 

ナポレオンが愛飲したともいわれる、酒入りコーヒーの定番レシピ。

 

コーヒーにとともに香る、ほんのりとした華やかさ。

青くゆれる炎も幻想的で、ムードの出るカクテルですね。

 

カップに引っかけることのできる「カフェロワイヤルスプーン」を使って作ると、スマートです↓

 

アイリッシュコーヒー

f:id:makersmark3565:20200519214002j:image

 

【材料】

アイリッシュウイスキー 30ml

ホットコーヒー 120ml

砂糖 5〜10g

生クリーム 15ml

 

【作り方】

耐熱グラスに、アイリッシュウイスキーと砂糖を入れて、ホットコーヒーを注ぐ。

よく混ぜて、軽くホイップした生クリームを浮かべる。

 

バーで、とても人気の高いレシピ。

特に、寒い冬の日にはオーダーが増えるカクテルですね。

 

飲み口は、ふんわりまろやか。
豊かな風味と、クリームのコクが見事に絡み合います。

 

POINT

f:id:makersmark3565:20200629134046j:image

 

ベースを変えると、違うカクテルにもなります。

 

  • アイリッシュウイスキー…アイリッシュコーヒー
  • スコッチウイスキー…ゲーリックコーヒー
  • カルヴァドス…ノルマンディーコーヒー
  • ダークラム…カリビアンコーヒー

など。

 

味わいがけっこう変わるので、こちらも試してみてください。

 

今回、ベースに使った「ブッシュミルズ」についてはこちら↓ 

www.green-alaska.com

 

アイスアイリッシュコーヒー

f:id:makersmark3565:20200629010139j:image

 

【材料】

アイリッシュウイスキー 30ml

アイスコーヒー 120ml

シュガーシロップ 2tsp

生クリーム 15ml

 

【作り方】

グラスに氷を入れて、ウイスキー、コーヒー、シロップを注ぎ、ステアする。

軽くホイップした生クリームを浮かべる。

 

冷やして作るアイリッシュコーヒー。

 

ホットとはひと味違う、キリッとした風味。

こちらは、暑い時期でもおいしく飲めますね。

 

POINT

今回は浅煎りの豆で作ってみましたが、個人的には全然アリでした。


フルーティなニュアンスが出るのが、いいですね。

 

カフェポンパドール

f:id:makersmark3565:20200601175317j:image

 

【材料】

コアントロー 15ml

ホットコーヒー 120ml

砂糖 10g

生クリーム 15ml

オレンジピール

 

【作り方】

耐熱グラスに、コアントローと砂糖を入れて、ホットコーヒーを注ぐ。

よく混ぜて、軽くホイップした生クリームを浮かべる。

削ったオレンジピールを飾る。

 

コアントローと合わさることで、コーヒーのフルーティな風味が花開きます。

 

立ちのぼるオレンジの香りが、非常に心地よい一杯ですね。

 

コーヒーグロッグ

f:id:makersmark3565:20200702192835j:plain

 

【材料】

ダークラム 20ml

ホットコーヒー 150ml

グラニュー糖 10g

バター 10g

 

【作り方】

耐熱グラスに、ラムとグラニュー糖を入れて、ホットコーヒーを注ぐ。

軽く混ぜて、バターを浮かべる。

 

「ホットバタードラム」というカクテルの、コーヒーバージョン。

 

ラムの豊かな風味が香る、リラックス効果の高い一杯。

寒い日に飲めば、いっそう美味しく楽しめそうですね。

 

エスプレッソマティーニ

f:id:makersmark3565:20200519214549j:image

 

【材料】

ウォッカ 50ml

エスプレッソ 45ml

シュガーシロップ 15ml

カルーア 5ml

 

【作り方】

シェーカーに材料を注ぎ、氷を詰めてシェークする。

カクテルグラスに注ぎ、お好みでコーヒービーンズを飾る。

 

近年、人気が高まりつつあるカクテル。

 

日本だと知名度はイマイチですが、海外では非常にオーダーの多いレシピです。

※Drinks International調べの「The World’s Best-Selling Classic Cocktails 2020」では6位

 

ウォッカによって、コーヒーの風味がふくよかに感じられ、とても味わい深い一杯。

 

POINT

エスプレッソは、濃いめに淹れたコーヒーで代用可です。

 

今回ベースに使った「ケテルワン ウォッカ」はコーヒーとよく合います↓ 

www.green-alaska.com

  

ナポレオンフラッペ

f:id:makersmark3565:20200625172840j:image

 

【材料】

アイスコーヒー 100ml

カカオリキュール 10ml

ホワイトペパーミントリキュール 10ml

クラッシュドアイス

 

【作り方】

シェーカーに材料を注ぎ、氷を詰めてシェークする。

クラッシュドアイスを詰めたグラスに注ぎ、お好みでミントを飾り、ストローを添える。

 

ほんのりチョコミント味のコーヒーカクテル。

 

清涼感があって、蒸し暑い日にはピッタリの味わいですね。

 

パイパー

f:id:makersmark3565:20200629010108j:image

 

【材料】

テキーラ 60ml

カカオリキュール 15ml

レモンジュース 15ml

アイスコーヒー 120ml

クラッシュドアイス


【作り方】

グラスにクラッシュドアイスを詰めて、材料を注ぎステアする。

お好みでレモンスライスを飾り、ストローを添える。

 

フルーティさと、ほろ苦さのかけあわせが楽しい一杯。

 

コーヒーは、テキーラともよくマッチしてくれますね。

 

今回ベースに使った、「オルメカアルトス」についてはこちら↓ 

www.green-alaska.com  

カフェジントニック

f:id:makersmark3565:20200630210457j:image

 

【材料】

ジン 35ml

トニックウォーター 75ml

アイスコーヒー 25ml

 

【作り方】

氷を入れたグラスにジンを注ぎ、ステアする。

トニックウォーターで満たし、軽くステアする。

アイスコーヒーを静かにフロートする。

 

謎な組み合わせに思えますが、意外や意外、おいしいです。

 

コーヒーが持つ、フルーティさが前面に出てきますね。

コーヒー+トニックの組み合わせは、海外で流行中なので、日本でも増えてきそうな予感です。

 

定番のトニックウォーターについてはこちら↓ 

www.green-alaska.com

  

ダービーブレイク

f:id:makersmark3565:20200519213934j:image

 

【材料】

バーボン 30ml

アイスコーヒー 40ml

トニックウォーター 適量

 

【作り方】

氷を入れたグラスにバーボン、アイスコーヒーを注ぎ、ステアする。

トニックウォーターで満たし、軽くステアする。

お好みで、オレンジピールを飾る。

 

Twitterでお見かけしたレシピ。

 

こちらも少し意外な組み合わせですが、個人的にはけっこう好きな味でした。

苦味と爽やかさの同居が、面白いですね。

 

カフェアレキサンダーフラッペ

f:id:makersmark3565:20200702192810j:plain

 

 【材料】

ブランデー 15ml

カカオリキュール 15ml

アイスコーヒー 100ml

生クリーム 15ml

ナツメグパウダー

 

【作り方】

シェーカーに材料を注ぎ、氷を詰めてシェークする。

カクテルグラスに注ぎ、ナツメグをふりかける。

 

ブランデーカクテル、「アレキサンダー」のアレンジ。

 

ブランデーの奥深い風味と、コーヒーのコクを楽しめます。

食後に飲みたくなる、上品なデザートカクテルですね。

 

このレシピにおすすめの、「レミーマルタンVSOP」についてはこちら↓ 

www.green-alaska.com

 

ウエストキラー

f:id:makersmark3565:20200704040757j:image

 

【材料】

ブランデー 30ml

グランマニエ 15ml

アイスコーヒー 30ml

 

【作り方】

材料をシェーカーに入れ、氷を詰めてシェークする。

カクテルグラスに注ぎ、マラスキーノチェリーを飾る。

 

パレスホテル大宮オリジナルカクテル。

 

華やかさ、フルーティさ、ほろ苦さが三位一体となったバランスのいい味わい。

アルコールもしっかり効いて、飲みごたえ充分ですね。

 

カフェキルシュ

f:id:makersmark3565:20200704040806j:image

 

【材料】

ブランデー 20ml

キルシュ 20ml

アイスコーヒー 20ml

 

【作り方】

材料を氷を入れたミキシングに注ぎ、ステアする。

カクテルグラスに注ぐ。

 

チェリーのリキュール、「キルシュ」と合わせたレシピ。

 

澄みわたる味わいと、余韻のほろ苦さ。

香りが上品にまとまっていて、いいですね。

 

 

カクテルに使うコーヒーの選び方は?

基本的に、酸味が少なめの深煎りのコーヒーが合わせやすいと思いました。

  

 

なぜかというと、深煎りのコーヒーには、お酒に負けない力強い味わいがあるから

 

私も今回は、苦味の効いたコーヒーを使いましたね。

 

f:id:makersmark3565:20200702180456j:plain

※深煎りの豆と浅煎りの豆

 

インスタントコーヒーで作るなら、定番の「ネスカフェゴールドブレンド」なんかがおすすめです↓

(私も、昔はよくこれを使ってました)

 

もちろん、浅煎りの豆のカクテルを考えてみるのも面白いと思います。

私が試した中だと、ハーブリキュールとの組み合わせはなかなか良きでした。

 

 

コーヒーとお酒のペアリングを楽しもう 

f:id:makersmark3565:20200702180428j:plain

 

こうしてみると、いろいろな組み合わせを楽しむことができますね。

 

ここまで読んだあなたは、きっとコーヒー好きなはず。

そんな方なら、普段の一杯がより楽しくなること間違いなしです。

 

まずはシンプルなレシピから、ぜひお試しください。

 

 

【関連記事】

・水出しコーヒーの淹れ方 

www.green-alaska.com

 

・コーヒーとよく合うバーボン「ウッドフォードリザーブ」のレビュー 

www.green-alaska.com

 

・最高においしいカルーアミルクの作り方 

www.green-alaska.com