NomiLOG

NomiLOG

美味しいお酒や料理に目が無いアラサー。「お酒は自由に楽しむもの」という考えのもとで、色々なお酒の楽しみ方を発信していきたいと思います。

クランベリージュースを使ったカクテルレシピ11種【創作レシピ多め】

スポンサードリンク

f:id:makersmark3565:20200331194037j:plain


こんにちは、scarlet@alaska_nomilog)です。

今回は、クランベリージュースを使ったカクテルレシピを紹介します。

 

 

クランベリージュースを使うスタンダードレシピの数は正直、そこまで多くありません。

ですが、少しマイナーなレシピに意外とおいしいものがたくさんあります。

 

ということで、今回はそちらを中心に紹介していきたいと思います。

 

 

 

クランベリージュースを使ったカクテル

定番レシピ→マイナーだけどおいしいレシピ

といった順番で書いていきます。

 

シーブリーズ

f:id:makersmark3565:20181127223155j:image

 

【材料】

ウォッカ 30ml

クランベリージュース 60ml

グレープフルーツジュース 60ml

 

【作り方】

材料をシェーカーでシェイクし、氷を入れたグラスに注ぐ。

または、氷を入れたグラスに材料を注ぎステアして作る。

 

まずは、ロングカクテルの定番から。

 

その名の通り、海に吹くそよ風のような爽やかな風味。

ウォッカがあれば簡単に作れるので、家飲みにもいいですね。

 

バーだと「まず一杯目に軽く飲もうか」とオーダーする方が多いです。

  

コスモポリタン

f:id:makersmark3565:20181127223203j:image

 

【材料】

ウォッカ 30ml

コアントロー 10ml

クランベリージュース 10ml

ライムジュース 10ml

 

【作り方】

材料をシェーカーでシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

 

「国際人」の名を持つカクテル。

 

海外のドラマ、「セックス・アンド・ザ・シティ」で主人公のキャリーが愛飲していたカクテルとしても有名ですね。

 

フルーティで飲みやすく、まさに女性の方が好みそうな味わい。

定番なだけあって、激ウマですね。

 

コスモポリタンに使いたいウォッカについてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

スカーレットオハラ

f:id:makersmark3565:20181130082957j:image

 

【材料】

サザンカンフォート 30ml

クランベリージュース 20ml

ライムジュース 10ml

 

【作り方】

材料をシェーカーでシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

 

「コスモポリタンは美味しいけど、ちょっとアルコールが強いかな…」

という方にオススメなのが、このスカーレットオハラ。

 

こちらはサザンカンフォートというお酒を使います。

リキュールベースなので度数は下がり、多層的で華やかな味わいとなりますね。

 

セックスオンザビーチ

f:id:makersmark3565:20181225233546j:image

 

【材料】

ウォッカ 30ml

クランベリージュース 30ml

パイナップルジュース 20ml

ピーチリキュール 10ml

クラッシュドアイス

 

【作り方】

材料をシェーカーでシェイクし、クラッシュドアイスを入れたグラスに注ぐ。

お好みでオレンジスライス、マラスキーノチェリーを飾る。

 

刺激的な名前のトロピカルカクテルです。

 

さまざまなレシピが存在するカクテルなのですが、これはその中の1つ。

フルーティで飲みやすい仕上がりとなっています。

 

甘口のロングカクテルが好きだという方に、おすすめです。

 

ピンクバイソン

f:id:makersmark3565:20181206203315j:image

 

【材料】

ズブロッカ 45ml

クランベリージュース 30ml

炭酸水 30ml

 

【作り方】

氷を入れたグラスにズブロッカとクランベリージュースを注ぎ、ステアする。

炭酸水を注いで、軽く再ステアする。

お好みでカットライムを添える。

 

桜餅の香りがするウォッカ、「ズブロッカ」との組み合わせです。

 

この材料とは相性がいいですね〜。

ズブロッカの柔らかな風味に、クランベリーが見事に調和しています。

 

ズブロッカの特徴についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

アイランドブリーズ 

f:id:makersmark3565:20181206203335j:image

 

【材料】

ライトラム 45ml

パイナップルジュース 120ml

クランベリージュース 30ml

アロマチックビターズ 2dash

 

【作り方】

氷を入れたグラスに材料を注ぎ、ステアする。

お好みでカットライムを添える。

 

フルーティで陽気、アクティブな味わいのカクテル。

 

ビターズがなかったら、ちょっとくどい感じになりそうですが、これは上手くバランスが取ってありますね。

 

今回使ったラム、「アプルトン」についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

ジャマイカンサンライズ

f:id:makersmark3565:20181211210220j:image

 

【材料】

ウォッカ 30ml

ピーチリキュール 30ml

オレンジジュース 60ml

クランベリージュース 30ml

 

【作り方】

氷を入れたグラスにウォッカ、ピーチリキュール、オレンジジュースを注ぎ、ステアする。

最後にクランベリージュースを注ぐ。

 

日の出をモチーフにしたレシピ。

オレンジと赤のグラデーションが美しいカクテルです。

 

味わいは材料の通り、甘口でフルーティ。

親しみの持てる味わいですね〜。

  

ラブポーション

f:id:makersmark3565:20181127223216j:image

 

【材料】

ウォッカ 30ml

ピーチリキュール 30ml

アマレット 30ml

オレンジジュース 30ml

クランベリージュース 30ml

 

【作り方】

材料をシェーカーでシェイクし、氷を入れたグラスに注ぐ。

 

ラブポーション=恋の秘薬。

その名の通り、甘々なカクテルです。

 

味わいは濃厚で甘口。

名前のイメージがあるので、どこか妖艶な印象も受けますね。

 

アマレットの楽しみ方についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

シトラスカ

f:id:makersmark3565:20181127223229j:image

 

【材料】

ボンベイサファイア 60ml

クランベリージュース 60ml

オレンジ 1/2個

ブラウンシュガー 2tsp

クラッシュドアイス

 

【作り方】

ボストンシェーカーにスライスしたオレンジとブラウンシュガーを入れて、ペストルでマドルする。

ボンベイサファイア、クランベリージュース、クラッシュドアイスを入れて軽くシェイクする。

そのまますべてグラスに注ぎ、ストローを添える。

 

東京「ピークバー」横川文美氏の創作レシピ。

少し作るのに手間はかかりますが、かなりオススメのカクテルです。

 

オレンジを皮ごとマドルして作る豪快なレシピ。

皮から香り成分がよく出ているため、アロマチックな風味となります。


サンドダンス

f:id:makersmark3565:20181127223239j:image

 

【材料】

ブレンデッドウイスキー 45ml

チェリーブランデー 15ml

クランベリージュース 60ml

 

【作り方】

グラスに氷を入れて材料を注ぎ、ステアする。

 

ウイスキーと組み合わせる少し珍しいレシピです。

 

味わいは甘口でコクがあります。

樽の香味もよく立っていますね。

 

ほんのりとした渋みも心地よく、大人の味わいといったイメージです。

 

ベースに使った「シーバスリーガルミズナラ」についてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

アブスマイスター

f:id:makersmark3565:20181225233524j:image

 

【材料】

アブサン 25ml

イエーガーマイスター 25ml

クランベリージュース 65ml

グレープジュース 65ml

 

【作り方】

グラスに氷を入れて材料を注ぎ、ステアする。

 

いかにも強烈そうなカクテル。

…ですが、実際に飲んでみると口当たりがよくスイスイいけちゃいます。

 

甘口でフルーティなので、かなり飲みやすいですね。

ハーブリキュールのカクテルは尖った味になりがちですが、これは見事に調和しています。

 

アブサンとイエーガーマイスターについてはこちら↓

www.green-alaska.com

 

 

おすすめのクランベリージュース2つ

カクテル作りに使うクランベリージュースで、私がおすすめしたいのは、次の2つです。

 

  • デルモンテ クランベリージュース
  • 順造選 クランベリージュース

 

デルモンテ クランベリージュース

 

バーでよく使われる、もっともスタンダードなクランベリージュースです。

 

澄んだ味わいと、適度な甘さ。

とにかく使い勝手がいいというのがデルモンテの良さですね。

 

果汁成分は20%。

クランベリーの渋みを感じさせない、スッキリとした飲み心地に仕上がります。

 

 

順造選 クランベリージュース

 

ややマイナーな銘柄ですが、個人的にはお気に入りの一本です。

 

こちらはトロッとした、果肉感のあるクランベリージュース。

果汁成分は50%と、デルモンテよりやや本格派な感じですね。

 

ほんのりとした渋みがあり、甘さは控えめ。

カクテルがリッチな印象に仕上がります。

 

 

自宅でもクランベリージュースのカクテルを楽しもう

f:id:makersmark3565:20200331144250j:image

 

クランベリージュースを使ったカクテルを、色々と紹介してみました。

 

グラスで混ぜるだけのレシピも多いので、家飲みにももってこい。

みなさんも、ぜひ作って味わってみてください。

 

 

【関連記事】

・フルーツ系リキュールの紹介まとめ

www.green-alaska.com

 

・フレッシュフルーツカクテルのレシピまとめ

www.green-alaska.com

 

・カクテル作りに役立つ本の紹介

www.green-alaska.com