NomiLOG

NomiLOG

カクテルやウイスキー、リキュールなどの洋酒の楽しみ方を紹介します

【自作アロマ】ジントニックの香りのリードディフューザーを作ってみました!

スポンサードリンク

ジントニックが好きなあなたにオススメの自作アロマ

 f:id:makersmark3565:20181204212607j:plain

 

突然ですが、あなたはジントニックが好きですか?

 

ジントニックは蒸留酒のジンをトニックウォーターで割って、ライムを加えたカクテル。

爽やかなジュニパーベリーとライムの香りがたまらないんですよね〜。

私はその香りが大好きなんで、できるならばずっと嗅いでいたいな〜なんて思っています(笑)

 

そこで思いました。

それならば、ジントニックの香りで部屋の中を満たしてしまえと。

 

ということで今回は、

「ジントニックの香りのルームフレグランスを作ってみた」

のレポート記事です。

 

自作のアロマなんて敷居が高そうなイメージがありますが、制作時間は2分ほど。

そして、既製品を買うより安く作ることができました。

なので、記事を読んで気になった方は気軽にトライしちゃってください!

 

 

まずは、なんでわざわざ自分で作るの?というお話

今回は、リードディフューザーというフレグランスを作ろうかと思います。

ビンに長い棒が刺さっていて、そこからいい香りがするアレです。

 

f:id:makersmark3565:20181204212720j:plain

 

見た目もオシャレでいいですよね。

お部屋のインテリアとしても映えてくれるので、最近結構流行っているみたいです。

 

ですが、その前に。

「そもそも芳香剤なんて買ってくればいいじゃん!」

と思う方もいるかもしれないですね。

 

実は私も、最初は既製品で色々と探していました。

でも、自分のイメージする香りって意外となかなか見つからないんですよね。

 

あと高い。これに尽きます。

雑貨屋とかで見てびっくりしたんですが、少し凝ったものだと3000円とかするんですね。

 

3000円のお酒ならわりと即決で買っちゃうんですが、こっちは結構抵抗感がありました。

この辺は酒飲みの悲しいサガですね…(笑)

 

ということで、今回は自作することにしました。

幸いにもディフューザーに使う容器=酒ビンはいっぱいありますからね。

酒飲みなら、飲み切ったお酒のビンをなんとなく残しているという方も多いことでしょう。

そいつを使っちゃいましょう。

 

 

ジントニックのリードディフューザー:材料

f:id:makersmark3565:20181201173952j:image

 

それでは実際に作っていきましょう。

リードディフューザーに必要な材料は次の4つ。

 

・口の狭いガラスの容器

・エッセンシャルオイル (精油)

・無水エタノール

・リードスティック

 

今回、私が使った材料と分量は次の通りです。

 

ボンベイサファイアミニチュアのビン(容量50ml)

 

私はボンベイサファイアが好きなので、このボトルで!

デザインもいいので映えますね。

ミニチュアのボトルは他にも色々とリリースされているので、お好みのものをどうぞ!

 

ジュニパーベリーのエッセンシャルオイル(1.5ml)

 

ジンと言えばジュニパーの香り。

これは外せません。

 

ライムのエッセンシャルオイル(1.5ml)

 

こちらも欠かせない香り。

爽やかな香りが心地よいです。

 

100均とかにも売っていますけど、ちょっと自分には香りが物足りなかったので、専門店のものを使いました。

 

無水エタノール(30ml)

 

香り成分を揮発させるためのエタノール。

ネットショップや薬局などで買えます。

 

リードスティック(5本)

 

香りを吸い上げて拡散させるためのスティック。

中に細かい穴が開いていて、そこに液体が染み込んでいくのだそうです。

 

f:id:makersmark3565:20181203011445j:image

 

 

ジントニックのリードディフューザー:作り方

それでは、順に作り方を解説していきます。

冒頭でも説明しましたが、制作時間は約2分。

特別な道具は特に必要ありません。

 

1. 容器に無水エタノールを入れる

f:id:makersmark3565:20181201174038j:image

 

あんまりいっぱい入れちゃうと、カッコ悪い気がしたからこのくらいで。

 

2. エッセンシャルオイルを注ぐ

f:id:makersmark3565:20181201174139j:image

 

エタノールとの割合は10:1程度がオススメです。

今回はエタノールが30mlなので、ジュニパー1.5ml、ライム1.5mlの分量にしました。

 

オイルを計量するのは難しいので、1滴ずつ落としながら分量を調整してください。

1滴=約0.05mlなので、1.5ml=約30滴です。

 

3. リードスティックをさす

f:id:makersmark3565:20181204231044j:image

 

あとはリードスティックを入れるだけ。

完成!

お手軽ですね!

 

スティックが長すぎると感じた場合は、ハサミなどでカットしてみてください。

特に決まった長さとかはないので、アバウトでOKです。

 

 

感想

f:id:makersmark3565:20181201174530j:image

f:id:makersmark3565:20181201174615j:image

 

部屋に拡がるライムとジュニパーの香り。

これは爽やかでいい感じですね!

ジントニックに口をつけた、あの瞬間の香りがふわ〜っと漂います。

 

小さめのビンで作ったから香りは控えめな感じになるかな?と思ってたのですが、しっかりと香ってくれていますね。

見た目もオシャレでなかなかにテンションが上がります。

窓際に雑貨とともに置いたりすると、映えていい感じです。

 

今回は2種類のエッセンシャルオイルを使いましたが、グレープフルーツの香りなどを足してトニック感を強調してもよかったかもしれないですね。

その辺りはオイルを後から足せば調整できるので、また気が向いたらやってみようかと思います。

 

 

色々なエッセンシャルオイルでお好みのカクテルの香りを作ってみては?

f:id:makersmark3565:20181204212505j:plain

 

今までフレグランスに凝ったことはなかったのですが、実際に使ってみるといいものですね。

 

自分の好きな香りで満たされる、というのはなかなかに幸せ。

香りは自由に作れますから、好みにバッチリ合わせることができます。

これぞ自作の醍醐味ですね。

 

今回はジントニックの香りを再現してみたのですが、アイディア次第で色々なものを作れそうです。

 

例えば、

ライム+スペアミントでモヒート。

レモン+ジュニパーベリーでホワイトレディ。

スミレ+ジュニパーベリー+レモンでブルームーン。

などなど。

 

どんなエッセンシャルオイルがあるのか眺めてみて、そこからイメージを膨らませてみるのがいいかもしれませんね。

 

どんなエッセンシャルオイルがあるか検索してみる!

 

みなさんもお好みの香りで作ってみてください!

日々の生活がちょっぴり幸せになること請け合いです。