NomiLOG

NomiLOG

カクテルやウイスキー、リキュールなどの洋酒の楽しみ方を紹介します

オレンジジュースを使ったカクテルのレシピ - 生のオレンジを絞って作るとさらに美味しい!

スポンサードリンク

オレンジジュースを使ったカクテルにはどんなものがあるのか?

f:id:makersmark3565:20180912220151j:plain

 

カクテル材料としては定番となっている、オレンジジュース。

ジン、ウォッカ、リキュールなどとの組み合わせで、色々な味わいを楽しむことができます。

 

今回は、「自宅でオレンジジュースを使ったカクテルを楽しみたい!」という方に向けて、オススメのレシピを紹介します。

古くから親しまれている定番レシピから、カクテルブックにも載っていないレシピ。

筆者オリジナルカクテルのレシピなんかも紹介してみようかと思います。

どれもシンプルなレシピで簡単に作ることができるので、ぜひご自宅で楽しんでみてください!

 

 

フレッシュオレンジを絞って作るとさらに美味しい!

f:id:makersmark3565:20180912220220j:plain

 

オレンジジュースを使ったカクテルと言えば、カンパリオレンジやスクリュードライバーが有名ですね。

これらのカクテルを作る際は、市販のオレンジジュースを使う方がほとんどだと思います。

でも、生のオレンジを絞って使うともっと美味しい。

このあたりは、やはり材料の力です。フレッシュの材料に敵うものはありません。

ありふれた定番のカクテルもリッチで特別感のある味わいとなります。

 

わざわざ生のオレンジを絞るのはちょっと…という方は市販品の中から美味しいジュースを探してみてください。

私のオススメは、「アルプス完熟オレンジジュース」です。

 

 

このジュースは濃縮還元ではなく、ストレートの果汁100%のジュースです。

適度な酸味と甘みがあって、みずみずしい味わい。

私が今まで飲んだ中で1番フレッシュのオレンジの味に近いな、と思ったジュースです。

 

一般的なオレンジジュースよりは少しだけ高価ですが、フレッシュのオレンジと比べるとリーズナブルな価格帯となります。

もっと美味しいカクテルを作りたいけど、オレンジを絞るのは手間がかかるなと思う方にはオススメのジュースですね。

 

ちなみにオレンジジュースの使用量が多いロングカクテルなどの場合は、市販のジュースに絞った果汁を足すのもオススメですよ。

30mlほどフレッシュのジュースを加えるだけで、風味が格段に上がります。

 

 

オレンジジュースを使ったカクテルのレシピ

それではカクテルのレシピを紹介していきたいと思います。

オレンジジュースは定番の素材なだけあって、カクテルのレシピも豊富。

甘口からドライな味わいまで、色々な風味を楽しむことができます。

 

あまりアルコールに慣れていない方は、まずは飲みやすいロングカクテルから。

どれも美味しいので、ぜひ味わってみてください!

 

スクリュードライバー

f:id:makersmark3565:20180912215348j:image

 

【材料】

ウォッカ 45ml

オレンジジュース Full up

 

【作り方】

氷を入れたグラスに材料を注ぎ、ステアする。

 

オレンジジュースを使った大定番のカクテル。

ウォッカと合わせたシンプルなレシピです。

 

ウォッカが入ることでオレンジの味にふくよかさが出て、ボリューム感が増したような味わい。

この感覚は出汁を効かせた料理に近いものがありますね。

ウォッカは無味無臭のお酒と言われていますが、このようにカクテルにすることで合わせた材料の良さを引き出してくれます。

 

合わせるウォッカはエッジの効いたものでも、柔らかい風味のものでもOK。

オススメのウォッカについては別記事にまとめてありますので、よろしければこの中から選んでみてください。

 

www.green-alaska.com

 

ファジーネーブル

f:id:makersmark3565:20180912212905j:image

 

【材料】

ピーチリキュール 45ml

オレンジジュース Full up


【作り方】

氷を入れたグラスに材料を注ぎ、ステアする。

 

こちらも定番のカクテル。

ピーチリキュールと合わせたレシピです。

甘口で女子ウケするカクテルで、居酒屋やダイニングバーなどでもよく見かけますね。

 

フルーティでアルコール感を感じさせない味わいは、お酒初心者の入門用にもぴったり。

私も若い頃は好んで飲んでいました。

シンプルなレシピなので、家飲みでも気軽に楽しむことができるのがいいですね。

 

合わせるピーチリキュールは「ピーチツリー」が断然オススメ。

生の桃のようなフレッシュな風味で、サラリとした上品な甘さが特徴の銘柄です。

 

 

カンパリオレンジ

f:id:makersmark3565:20180911014339j:image

 

【材料】

カンパリ 45ml

オレンジジュース Full up


【作り方】

氷を入れたグラスに材料を注ぎ、ステアする。

 

イタリアのハーブリキュール、「カンパリ」と合わせたカクテルです。

 

その苦味の効いた味わいは、まさに違いの分かる大人の味わい。

カンパリは独特な風味があるので、敬遠する人も多いのですが、1度ハマると病みつきになりますよ。

ハーブの味わいには食欲増進の効果もありますので、食前酒として楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

カンパリについては別記事で詳しく解説しています。

オレンジとの相性がいいお酒なので、色々な飲み方を試してみてください!

 

www.green-alaska.com

 

メロンボール

f:id:makersmark3565:20180911032926j:image

 

【材料】

メロンリキュール 60ml

ウォッカ 30ml

オレンジジュース 60ml


【作り方】

氷を入れたグラスに材料を注ぎ、ステアする。

 

メロンリキュールとオレンジを合わせたレシピです。

 

甘口でボリューム感のある味わいは飲みごたえ十分。

メロンリキュールの定番レシピとして長年愛されているカクテルなんですが、定番なだけあってものすごく美味しいですね。

アルコール度数はそこそこあるのですが、それを感じさせないフルーティな風味を持っています。

 

このカクテルに使うメロンリキュールは、「MIDORI」がオススメです。

クリアで上品な味わいなので、幅広く使えるリキュールですよ!

 

www.green-alaska.com

 

テキーラサンライズ

f:id:makersmark3565:20180912103135j:image

 

【材料】

テキーラ 45ml

オレンジジュース 90ml

グレナデンシロップ 2tsp


【作り方】

氷を入れたグラスにテキーラとオレンジジュースを注ぎ、ステアする。

グレナデンシロップを静かに沈める。

 

赤とオレンジのグラデーションが綺麗なテキーラベースのカクテル。

元々はマイナーなレシピだったのですが、ロックバンドのローリングストーンズが公演中に絶賛したことで人気が高まったカクテルです。

 

テキーラは強くてキツいお酒の代名詞として知られていますが、このレシピだととても飲みやすくなりますね。

テキーラの青々しい風味とグレナデンの甘さ。

その風味には思わずウットリしてしまいます。

 

実は、私がテキーラを飲めるようになったキッカケもこのカクテル。

今では色々なテキーラを好んで飲むようになりました。

このカクテルを飲んで、同じようにテキーラを好きになってくれる方がいてくれたら嬉しいですね。

 

ドラゴンレディ

f:id:makersmark3565:20180912103146j:image

 

【材料】

ホワイトラム 45ml

オレンジジュース 60ml

グレナデンシロップ 2tsp

ホワイトキュラソー 1dash


【作り方】

氷を入れたグラスに材料を注ぎ、ステアする。

 

ラムとオレンジジュースを合わせたレシピです。

ややマイナーですが、好きなカクテルなので紹介してみました。

 

ラムの甘い香りとグレナデンの風味がなんとも心地よいカクテル。

先ほどのテキーラサンライズもそうなんですが、オレンジジュースとグレナデンシロップは相性がいいですね。

色味もキレイに仕上がるので、ぜひ覚えていただきたい組み合わせです。

 

どのようなラムを使っていいか分からない!という方は、ラムについての解説記事を見てみてください。

ちなみに私は今回、アプルトンのホワイトラムを使ってみました。

 

www.green-alaska.com

 

バレンシア

f:id:makersmark3565:20180911014400j:image

 

【材料】

アプリコットブランデー 40ml

オレンジジュース 20ml

オレンジビターズ 4dash


【作り方】

シェーカーに材料を入れてシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

 

杏が材料のアプリコットブランデーと合わせたショートカクテルです。

 

甘口でフルーティな風味で、アルコール度数も適度。

ちょっぴりノスタルジックで親しみのある味わい。

飲みやすく、とても美味しいカクテルです。

これは、特にショートカクテル飲み始めの方にオススメしたいレシピですね。

 

フレッシュオレンジを使って作ると、さらに素晴らしい味わいになります。

ぜひ一手間かけて作っていただきたいですね。

 

オレンジブロッサム

f:id:makersmark3565:20180911014408j:image

 

【材料】

ジン 30ml

オレンジジュース 45ml

パウダーシュガー 2tsp


【作り方】

材料をシェーカーに入れてシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

 

ジンとオレンジジュースを組み合わせた、人気のショートカクテル。

作り手によって分量が大きく変わるカクテルなのですが、今回は私がオススメの比率を紹介してみました。

 

このレシピは、スタンダードのレシピよりオレンジジュースが多めとなっています。

なので、味わいはフルーティで華やかな印象となります。

ジンを効かせたレシピも美味しいのですが、私はこちらの方が好みですね。

飲みやすい味わいとなっているので、女性の方にもオススメですよ!

 

合わせるジンは、フルーツと相性のいいタンカレーをオススメします。

タンカレージンについては別記事で特徴などを解説してますので、使ってみようかな?と考えている方はご覧になってみてください。

 

www.green-alaska.com

 

オリンピック

f:id:makersmark3565:20180912212928j:image

 

【材料】

ブランデー 20ml

オレンジキュラソー 20ml

オレンジジュース 20ml


【作り方】

材料をシェーカーに入れてシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

 

ブランデーとキュラソーを使ったショートカクテル。

甘口で華やかな味わいと強いオレンジの香り。

とても上品な風味のカクテルです。

 

味わいの傾向としては、先ほど紹介したバレンシアに近いものがありますね。

ただ、それよりも少しアルコール度数が高く、複雑な風味があるため、飲みごたえのある仕上がりとなっています。

 

ちなみにこのカクテル、こんな名前が付いているが故に、オリンピックの時期にバーでよく飲まれているそうなんです(笑)

たしかにこのネーミングはお客さんに勧めやすそうですね。

 

ブォン・ナターレ

f:id:makersmark3565:20180911014419j:image

 

【材料】

アプリコットブランデー 30ml

ブラッドオレンジジュース 20ml

カンパリ 10ml

シャンパン Full up

ミントの葉

砂糖(スノースタイル)


【作り方】

グラスのリムをレモンでなぞり、砂糖を付けてスノースタイルにする。

アプリコットブランデー、ブラッドオレンジジュース、カンパリをシェーカーでシェイクしてグラスに注ぐ。

シャンパンで満たして、ミントの葉を浮かべる。

 

ブォンナターレ=イタリア語でメリークリスマス。

その名の通り、赤、白、緑のクリスマスカラーが鮮やかなカクテルです。

 

このカクテルに使うのは、赤い果肉が特徴のブラッドオレンジ。

コクのある甘みと爽やかな酸味が特徴のオレンジです。

カンパリやアプリコットブランデーと合わせることで、甘苦い芳醇な味わいとなります。

 

ムードの出るカクテルなので、パーティシーンにもぴったりですね。

クリスマスパーティのお供として作ってみてはいかがでしょうか?

 

フレグラントブリーズ

f:id:makersmark3565:20180907044328j:image

 

【材料】

フレンチウォッカ 20ml

フレッシュオレンジジュース 30ml

蜂蜜 10ml

金木犀のハーブティー 60ml


【作り方】

ウォッカ、オレンジジュース、蜂蜜をシェーカーに入れて、よくステアした後に氷を入れてシェイクする。

氷を入れたグラスに注ぎ、金木犀のアイスハーブティーを静かに注ぐ。

飲む前に軽くステアする。

 

オレンジジュースと金木犀のハーブティーを合わせたオリジナルカクテルです。

金木犀は英語でfragrant olive。

その名に、金木犀の香りを運ぶそよ風のイメージを乗せて、fragrant breeze=心地よいそよ風という名前を付けてみました。

 

金木犀はオレンジに似た甘い香りがあるので、オレンジジュースとの相性が抜群。

そこに、上品な風味のフレンチウォッカと蜂蜜を合わせて、柔らかで優しい甘さに仕上げました。

 

余韻には、金木犀の華やかな香りがふわりと漂うカクテル。

アルコール感も控えめなので、誰にでも親しみのある味になっていると思います。

よろしければ材料を揃えて作ってみてください!

 

 

フレッシュな味わいのオレンジカクテル、あなたも自宅で楽しんでみては?

f:id:makersmark3565:20180911040523j:image

 

オススメのオレンジカクテルを色々と紹介してみました。

 

レシピや紹介文を見て気づいた方もいるかもしれないですが、オレンジはカクテルを飲みやすく、親しみのある味わいにしてくれるんですよね。

なので、カクテル飲み始めの方はオレンジジュースを使ったレシピから飲んでみるのがいいかもしれません。

色々なお酒との組み合わせを試すうちに、きっとカクテルが大好きになっているはずですよ!

 

 

オレンジの次は、他の果物との組み合わせを楽しんでみませんか?

フレッシュフルーツを使ったカクテルのレシピのまとめと、作るのに必要な道具についてはこちらから。

旬の果物を使ったカクテルを味わってみてください!

 

www.green-alaska.com