NomiLOG

NomiLOG

カクテルやウイスキー、リキュールなどの洋酒の楽しみ方を紹介します

ビーフィーターは初心者向けのジンではない。私がそう思う理由について

スポンサードリンク

ビーフィータージンとは?

f:id:makersmark3565:20180904220107j:plain

 

ジュニパーベリーが香るスッキリ爽やかな味わいの蒸留酒、ジン。

最近では色々な場所で気軽に飲むことができるようになり、私たちに親しみのあるお酒となりました。

近年のクラフトジンブームも相まって、「ジンを飲んでみようかな?」と考える人も増えてきたことでしょう。

 

そんなジン初心者とも言える人々によくオススメされている銘柄が、「ビーフィーター」

酒屋でも、ネット上でも「まずはじめに手にするべきジン」として推されている銘柄です。

ですが、本当にこの銘柄は初心者向けなのか?と改めて考えてみようというのが今回のテーマです。

 

先に結論を言ってしまいますが、ビーフィーターは初心者向けではなく、「ジンが好きな人のためのジン」であると私は思いました。

その理由について説明していきたいと思います。

 

 

ビーフィーターは定番のジン。だが、初心者にはドライすぎる。

ビーフィーターは数あるジンの中でも、もっともスタンダードな銘柄だと言えます。

ウォッカで例えるならスミノフ。

ラムで言えばバカルディのような位置づけですね。

 

 

知名度の高い銘柄なので、手にする人が多いですし、初心者にもよくオススメされています。

しかしこのビーフィーター、数あるジンの中でも特に辛口な味わいなんです。

甘みが少なめでキレがあり、ジンの特徴であるジュニパーの香りも強めに感じます。

 

もちろんそれが「ジンらしい味わい」ってことになるわけなんですが、初心者がいきなり飲んで美味しいものか?と考えると、私にはどうも疑問が残ります。

ジンに慣れていない状態で口にしても、その辛口な味とアルコール感だけが鼻についてしまうのではないか?と思うわけです。

 

実は、私がはじめて口にしたジンもビーフィーターでした。

その時はジントニックにして飲んでみたのですが、

「美味しいことは美味しい。でも少し癖がある味だな。」

という感想となってしまいました。

ジンの風味に慣れた今では、飲みごたえがあっていいお酒だと思うのですが、初心者のころは正直、少しキツく感じてしまいましたね。

 

それならば、他に飲みやすくて華やかな風味のジンがある。

私としては、そのような飲みやすいジンを初めに飲んでみることをオススメしたいのです。

 

 

では、どのようなジンがお酒初心者向きなのか?

f:id:makersmark3565:20180904221548j:plain

 

私が初心者にオススメしたいジンは、「柔らかな風味で飲みやすく、アルコール感が控えめなもの」

その条件に合ったジンの中で、比較的気軽に手に入るものが2つあります。

まず1つ目は「ゴードン ドライジン」という銘柄です。

 

 

このジンはビーフィーターと同じく、スタンダードな銘柄としてバーでよく使われています。

お値段は700ml 1000円ほどと、かなりリーズナブル。

ビーフィーターと同じ価格帯のジンになりますね。

 

味の方はビーフィーターと比べると、まろやかさがあります。

それでいてジュニパーがしっかりと香る重厚な風味。

飲みやすいのに、ジンらしい風味もしっかりと堪能することができます。

 

アルコール度数が少し控えめの37.5%のモデルがあるのも、初心者には嬉しいところですね。

ジンは47%ほどの度数のものが多いので、それと比べるとかなり飲みやすい仕上がりになっています。

ジントニックにするとスイスイ飲んでしまって、逆に飲みすぎちゃうなんてこともあるくらいですね(笑)

 

 

もう1つのオススメは「ヘンドリックスジン」という銘柄です。

こちらは製造に少し珍しい材料を使っています。

なんと、キュウリとバラで香り付けがされたジンなんです。

 

 

このジンの特徴は、とにかく爽やかな風味だということ。

口当たりはスムース、味わいはクリアー。

余韻には青草のような清々しい風味があります。

 

先ほどのゴードンがまろやか系なら、こちらはスッキリ系。

私が今まで飲んだ中では、一番口当たりがいいジンですね。

あまりお酒に強くない私でも、ストレートで飲めてしまうほどです。

 

ジントニックにした時の味も、これまた素晴らしいです。

まるで、草原で寝転んだような開放感。

喉に引っかかるような雑味や苦味は全くないので、こちらもスルスルと飲めてしまいますね。

 

ヘンドリックスジンについては、別記事で詳しい解説がしてあります。

こちらでは、ジントニックの他にも色々な楽しみ方を紹介しています。

このジンに興味が湧いた方は、ぜひ目を通してみてください!

 

www.green-alaska.com

 

 

ちなみに私の場合は…ジンにハマったきっかけは「タンカレーテン」

f:id:makersmark3565:20180904221527j:plain

 

お酒初心者向けのジンは、飲みやすいゴードンやヘンドリックスジンという結論を出しました。

しかし、味覚は人によって千差万別。

ジンにハマるキッカケになる銘柄がどれになるのか?というところまで突き詰めると、人それぞれで好みが変わってくると思います。

ちなみに私がジンにハマったキッカケは「タンカレー No.10」という銘柄でした。

 

 

この銘柄は、ジンらしい風味がとても濃厚。

アルコール度数も47度と高めなので、ある意味先ほど勧めたジンとは真逆の特徴を持つジンだと言えます。

 

しかし、私はその味わいに強く惹かれてしまいました。

クリアーで爽快感のある味わい、トニックと合わさった時のキレの良さ…。

プレミアムジンと呼ばれる銘柄なので、他のジンよりも少しだけ値段が高いのですが、とても美味しいジンです。

詳しい特徴とこの銘柄の良さについては、タンカレーの紹介記事でも語ってあります。

 

www.green-alaska.com

 

このように人によって美味しいと感じる銘柄はまちまち。

今回は初心者に特にオススメの2本を紹介しましたが、それを機に色々なジンに手を出してみることをオススメします。

 

タンカレーテンのような、"少しだけいいジン"に手を出してみるのもいいかもしれませんね。

最初にいいジンを飲めば、「ジンってこんなに美味しいお酒なのか!」とポジティブな印象を受けることでしょう。

「そのお酒を好きになりたいのなら、最初に飲むべきは安価な銘柄ではなく、少しだけ高価な銘柄がいい」

これは、ウイスキーや日本酒の世界でもよく言われている話ですよね。

 

プレミアムなジンとは言っても、ウイスキーのように高価なわけではなく、1本3000円前後で買うことができます。

ウイスキーだとクラスの高い銘柄は熟成期間が長いため、どうしても高価になってしまいます。

一方、ジンは熟成させないお酒なので、プレミアムな銘柄も安く買えるというわけなんです。

これは味わいのクオリティを考えると、かなりお得だと言えますね。

 

参考までに、私がオススメのプレミアムジンについて紹介しておきます。

興味が湧いた方は、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

 

www.green-alaska.com

 

 

まとめ

f:id:makersmark3565:20180904220148j:plain

 

・ビーフィーターは甘みが少なくドライな風味。初心者が口にするには辛口すぎるのでは?と私は思う。

・辛口なジンが苦手な方には、飲みやすいゴードンやヘンドリックスがオススメ。

・とはいえ人によって味覚はさまざまなので、できることなら色々なジンを飲んでみるのがいい。

・プレミアムジンのような、少し高価だが美味しいジンを最初に飲むのもアリ。

 

ジンは味に少し癖がありますが、一度好きになると色々な味わいを楽しむことができるようになります。

ジントニックが美味しかったら次はジンフィズ、その次はギムレット、マティーニとどんどん好きなカクテルが増えていくことでしょう。

 

最近はジンのような蒸留酒がジワジワと流行してきていますが、やはり世間の大半はビールやチューハイ派。

ジンを飲むという人はまだまだ少数派です。

なので、ジンが好きだ!という方が増えると、私としては仲間が増えるような感覚を覚えます。

この記事をキッカケにジンを美味しいと感じてくれる人が少しでも増えてくれたら嬉しいですね。

あなたにとって、お酒の世界が拡がるキッカケになるようなジンが見つかることを祈っています。

 

お好みのジンが見つかったら、色々な飲み方を試してみましょう。

私がオススメのジンベースのカクテルを紹介しますので、こちらもよろしければ見てみてください。

 

www.green-alaska.com