NomiLOG

NomiLOG

カクテルやウイスキー、リキュールなどの洋酒の楽しみ方を紹介します

スコッチの定番「ザ・マッカラン12年」ストレート派はシェリーオーク、ハイボール派はファインオークを飲め!

スポンサードリンク

マッカランとは

f:id:makersmark3565:20171216212759j:plain

 

マッカランはスコットランド、スペイサイド地方で製造されるシングルモルトスコッチです

シングルモルトのロールスロイスとも称されるこのモルトは癖がなく、甘くてフルーティなフレーバーが特徴

非常にバランスの取れたハイクオリティな味なので世界中にファンの多い銘柄です

その人気から近年では原酒不足による価格の高騰が起こったりもしています

ウイスキーのファンとしてはじっくり大切に味わっていきたい銘柄ですね

 

さて、このマッカラン。主なラインナップは次の2種類です

自社製シェリー樽熟成のスタンダードなモデル、ザ・マッカラン 12年

ヨーロピアンオークとアメリカンオークのシェリー樽、そしてバーボン樽で熟成させた原酒をヴァッティングした、ザ・マッカラン ファインオーク 12年

どちらも酒屋やスーパーでよく見かける銘柄です

 

マッカランはその飲みやすい味わいからウイスキー初心者にもよくオススメされる銘柄です

ですがオススメされて買いにきたはいいけど、なんか同じようなボトルが2つある?これはどっちにすればいいんだろうか?と悩んだ方もいるかと思います。というか私が実際そうでした(笑)

そこで今回はこの2つのモデルの味の違い、それぞれのオススメの飲み方について解説したいと思います!

 

 

通常版とファインオーク、2つの銘柄の味の比較

 

まず通常盤のマッカラン。こちらは前述の通り一種類のシェリー樽によって熟成がされたモデルです

シェリー樽熟成のウイスキーはドライフルーツのような甘みと熟成感のあるフルーティさが現れるのが特徴です

このマッカランも例に漏れず、華やかなで上品な香り、思わずうっとりしてしまうような甘さが特徴となっています

余韻にはバニラやカラメルを思わせる香りが漂い、非常に伸びのある印象です

この記事を書くにあたって久々に飲んでみたんですが、やっぱり美味しいですね

さすがシングルモルトのロールスロイスの名は伊達じゃない。非常に完成度の高い味です

 

 

さてお次はファインオークの方のマッカラン。こちらは二種類のシェリー樽とバーボン樽のヴァッティングです

バーボン樽が入ることにより重い味わいになりそうな印象もあるのですが、その味わいは通常盤と比べると比較的ライトでスムーズ

ただマッカラン特有の華やかな香りと上品なフレーバーは損なわれておりません。余韻は比較的スッキリしていて嫌味の無い感じです

 

このように同じ原酒といえど味わいに差があることが分かったと思います

では実際にこの2つの中から1本だけ買うとなると何を基準に選べばいいのでしょうか?

もちろん味わいの好みからなんとなく選んでみるのもいいかもしれませんが、私としてはもっとスマートな方法をオススメします

それはお好みの飲み方によって銘柄を選ぶという方法です

 

 

それぞれの銘柄の特徴を生かした飲み方

f:id:makersmark3565:20171216212314j:plain

 

この2つの銘柄はそれぞれ個性の異なるフレーバーを持つため、最適な飲み方も変わってきます

そのため普段どのような飲み方でウイスキーを嗜んでいるか?という視点から銘柄を選んでみると、より美味しくマッカランを味わうことができるでしょう

マッカランはストレートから水割りまでどんな飲み方をしても美味しいウイスキーなのですが、やはりその飲み方が最適かどうか?というところまで突き詰めると、それぞれの銘柄で味わいの完成度に差が出てきます

 

そこで今回はマッカランの2つの銘柄に合った飲み方を紹介していきたいと思います

主観的な意見となってしまうので恐縮なのですが、自分の好きな飲み方にマッチする方がどちらなのか参考にして選んでみてください!

 

マッカラン シェリーオークのオススメの飲み方

f:id:makersmark3565:20171216212247j:plain

 

  ストレート ◎

  ロック ◯

  水割り ◎

  ハイボール ◯

※筆者の主観です

 

通常版のマッカランはストレートが美味しい

やはりマッカランの甘く濃密なフレーバーを最大限に楽しむためにはそのまま口にするのがベストだといえます

甘く滑らかな口当たり、深みのある味と香り、余韻には魅惑的なバニラ香…

どの要素も素晴らしく、ストレートで嗜むことによってその魅力を存分に感じることができます

 

次点としては水割りをオススメしたいところ

スコッチの水割りと聞くと現地には馴染みのない飲み方だと拒否感をしめす方もいるかもしれないですが、百聞は一見にしかず。実際に飲んでみてこの良さを感じてもらいたいと思います

濃厚な甘さは加水がされることによって繊細さを獲得、かつ香りは華やかさや濃密さを保っています

水割りで薄められたとしても魅惑的な香りはなくならず、むしろより一層隆盛を誇っているかのような印象まで感じます

この香りの伸びの良さはマッカランの強い個性だと言えるでしょう

 

その他の飲み方ですと、ウイスキーと同量の水を加えてロックスタイルで嗜むハーフロック、ドランブイと合わせたカクテルのラスティーネイルでの飲み方がオススメです!

このクラスのウイスキーをカクテルに使うのは少々腰が引けてしまうかもしれませんが、味は一級品

ドランブイが持つ蜂蜜の風味とマッカランの熟成香がよく合います。ぜひ一度、固定観念を捨てて試していただければと思います

  

マッカラン ファインオークのオススメの飲み方

f:id:makersmark3565:20171216212344j:plain

 

  ストレート ◯
  ロック ◎
  水割り ◯
  ハイボール ◎

 ※筆者の主観です

 

マッカラン ファインオークはハイボールが美味しい

もちろんストレートでも美味しくいただけるのですが、ハイボールにしたときにこのモルトに起こる化学変化は特筆に値します

マッカランの華やかな香りはそのままに、シトラスの爽やかさ、繊細でスムーズな甘さ、軽快さと複雑さが絡み合ったフレーバー…

まさにこれはハイボールのためのマッカランだ!と自信を持って言える素晴らしい味わいです

思えば私がウイスキーに目覚めたのもこのファインオークのハイボールがキッカケでした

それまで私はウイスキーは癖の強い、重たいお酒という印象を持っていたのですが、このハイボールは軽快で爽やか。かつ樽香のふくよかさ、余韻の華やかさがよく感じられたのを覚えています

スタンダードにソーダで割るだけで仕上げても美味しいのですが、ここにレモンを少し絞るとさらに美味しい。爽快感のあるこの味は夏に飲みたくなる味です。ぜひお試しください!

 

次点ではロックでの飲み方をオススメします

ファインオークは軽い味わいなので水割りまで薄めてしまうとちょっとコシが物足りなくなってしまうのですが、ロックだとちょうどいいバランス感を保てるんですよね

軽めのウイスキーをロックで飲みたいけどブレンデッドじゃ物足りないな…なんて気分の時にはぴったりです

こちらも夏の涼しい夜にバーで飲んだりすると堪らないですね。オススメです

 

 

まとめ

f:id:makersmark3565:20171216212027j:plain

 

・マッカランはどちらの銘柄も甘く上品で華やかな香りが特徴的

・通常版のシェリーオークは濃密な甘さとドライフルーツのような熟成香が特徴。そのためストレートで飲むのがベスト

・ファインオークの方は通常版より軽い爽やかな味わい。ハイボールがベストマッチ!

 

ストレート党はシェリーオーク、ハイボール党はファインオークがベターな選択肢だと言えますね!

今まで片方しか飲んだことがなかったという方や、オススメされている飲み方で飲んだことがなかったという方はぜひこの機会にお試しください

 

ちなみに、まだウイスキーに慣れてないから自分に合った飲み方すら分からない!という方には軽めで飲みやすい味わいのファインオークをオススメします

ウイスキーは経験のお酒なのでファインオークのハイボールから徐々に独特の味わいに慣れていけば、いずれストレートで嗜むこともできるようになるでしょう

ハイボールも最初は薄めに作ったりしてもいいと思います

ハイボールの黄金比は~~だ!だとか、ウイスキーはストレートが至高!だとか声高々に叫ぶ人もいますがお酒とは本来自由な飲み物

当人が美味しいと思った飲み方で嗜むのがベストですからね。気軽に楽しみましょう

 

 

ウイスキー初心者の方にはマッカランの他にもオススメの銘柄を別記事で紹介しています

他の銘柄にも興味が湧いたらぜひ読んでみてください!

 

www.green-alaska.com

 

ハイボール党の方にはこちらの記事を。作り方のポイント、ハイボールに合う銘柄を多数紹介しています

 

www.green-alaska.com