NomiLOG

NomiLOG

カクテルやウイスキー、リキュールなどの洋酒の楽しみ方を紹介します

イタリアの食後酒の定番「リモンチェッロ」飲み方とカクテルレシピの解説

スポンサードリンク

度数は高いけど飲みやすい?!リモンチェッロの特徴について

f:id:makersmark3565:20171127225448j:plain

 

リモンチェッロはイタリア産のレモンリキュールです

原料はレモンの果肉ではなく皮。表面の黄色い部分のみを薄く削ぎ落として使用しています

削ぎ落とした皮を純度の高いスピリッツに漬け込み、苦味と香りを抽出。その後に糖分と水分を加えて度数と甘さを調整して作られます

そうして出来上がったリキュールの度数は30〜40度となります

リキュールとしてはかなり高度数ですが、甘さがあるので意外とスイスイと飲めてしまいます

口当たりもトロリと滑らかでレモンの酸味、苦味を存分に味わうことのできる美味しいお酒です

本国イタリアでは食後酒の定番となっています。ストレートで飲むのが一般的ですね

 

日本ではカクテルベースとして使われる事も多いお酒です

今回はそんなリモンチェッロの飲み方と数ある銘柄の中からオススメのものを紹介したいと思います!

 

リモンチェッロの飲み方

f:id:makersmark3565:20171127223708j:plain

 

基本の飲み方はストレート。キンキンに冷やしたリモンチェッロを食後に少量飲む事で、酸味で口がさっぱりとしてアルコールの作用で消化も促進されます

ですがお酒に強い欧米人はともかく、私たちはあまり強いお酒を飲む機会のない日本人。30〜40度のリキュールをそのまま飲むのは少し大変かもしれません

なので今回はリモンチェッロを使ったカクテルのレシピを中心に紹介してみようかと思います!

色々な飲み方ができるのは、開けてそのまま飲むだけのチューハイのようなお酒には無い利点です

ぜひ色々な飲み方を試してみてください

 

ソーダ割り

f:id:makersmark3565:20171127223634j:plain

 

【材料】

リモンチェッロ 1/4

炭酸水 3/4

 

【レシピ】

グラスに氷を詰めリモンチェッロを注ぎステアしてよく冷やす。その後に炭酸水を注ぎ軽くステアする

 

まず試していただきたいのはこのソーダ割り

レモンの爽やかな香りを堪能したいけど、ストレートで飲むのは少し辛いという方は最適な飲み方です

ソーダで割ることにより甘さもすっきり、かつレモンの微かな苦味と風味はしっかりと残ります

レモンサワーや市販のレモンチューハイが好きな方はハマってしまう味わいなのではないでしょうか?

自分で割る手間はありますが、既製品を買うより遥かにコスパがよく味も高品質で上品です

これまでチューハイばかり飲んでいたという方はこの味にきっと驚くはず。一度試してみてはいかがでしょうか?

 

コーラ割り

f:id:makersmark3565:20171127223616j:plain

 

【材料】
リモンチェッロ 1/3

コーラ 2/3

 

【レシピ】
グラスに氷を詰めリモンチェッロを注ぎステアしてよく冷やす。その後にコーラを注ぎ軽くステアする

 

お手軽に楽しむことができる飲み方その2。リモンチェッロをコーラで割ったカクテルです

リモンチェッロの分量はコーラの強い風味に負けないように少し多めにしてあります

レモン風味のコーラがあることから分かるようにレモンとコーラは相性抜群。リモンチェッロの酸味とほのかな苦味のおかげで、飲み口もシャープになります

このカクテルは特にジャンキーなフードとのペアリングが最高ですね。スイスイ飲めてしまうのでフードもどんどん進んでしまいます

 

リモンチェッロ スプモーニ

f:id:makersmark3565:20171128221031j:plain

 

 【材料】
リモンチェッロ 1/4

グレープフルーツジュース 1/4

トニックウォーター 2/4


【レシピ】
グラスに氷を詰めリモンチェッロとグレープフルーツジュース注ぎステアしてよく冷やす。その後にトニックウォーターを注ぎ軽くステアする

 

カンパリで作るカクテル「スプモーニ」をリモンチェッロでアレンジしてみました

カクテル界ではリキュール+グレープフルーツジュース+トニックウォーターの組み合わせは王道。誰が作っても美味しくなるレシピの1つだと言われています

出来上がったカクテルは苦味が効いていながらもフルーティでスッキリとした味となります。これは特に女性の方は好きな味なんじゃないでしょうか?

 

レモン&オレンジ

f:id:makersmark3565:20171127223551j:plain

 

【材料】
リモンチェッロ 30ml

ジン 30ml

オレンジビターズ 2dash

 

【レシピ】
材料をミキシンググラスに入れステアし、カクテルグラスに注ぐ

 

最後にリモンチェッロをストレートで飲んでみたけど甘すぎた!という方にピッタリのショートカクテルを紹介します

リモンチェッロに私が大好きなスピリッツのジンを合わせ、アクセントに自家製のオレンジビターズを加えてみました。シンプルなレシピですが一応、オリジナルです

リモンチェッロにキリッとしたドライジンの味、香草の風味、そしてオレンジビターズの華やかな香りを加わえることによって香り高いシャープなカクテルを目指してみました

今回は鋭い口当たりと柑橘の繊細な香りを保持したかったのでシェイクではなくステアで仕上げます

スッキリとした味にレモンとオレンジの香りが合わさったドライなカクテルです

夏の食後などに飲んでみてはいかがでしょうか?

 

このカクテルに使った自家製ビターズのレシピは別記事にて解説してあります!

 

www.green-alaska.com

 

 

オススメの銘柄

リモンチェッロの飲み方が分かったところでオススメの銘柄について解説していきたいと思います

様々な銘柄が存在するリモンチェッロですが、今回はその中からコストパフォーマンスや入手しやすさなどを考えて2つの銘柄を選んでみました

この2銘柄はリカーショップや輸入雑貨店などで取り扱っていることが多いので、ぜひお近くのお店で探してみてください!

 

リモンチェッロ ディ・カプリ

 

イタリア、カンパーニア州カプリ島産のリモンチェッロです

カプリ島といえば観光名所の「青の洞窟」でも有名ですね

島の気候が生育に適しているため、盛んにレモンの栽培がされている島です

 

このリモンチェッロはフェッミネッロ種という品種のレモンを使って作られています

この品種は皮が厚くエッセンスオイル分が豊富なためリモンチェッロには最適の品種だと言えます

出来上がったリモンチェッロは野性味に溢れた力強い香りと味が特徴的です

苦味が効いていて甘さは控えめ。まさにリモンチェッロらしい味を楽しめる銘柄です

 

日本国内での流通量も多く、リカーショップなどに行けば大抵は棚に並べられている銘柄です

まだリモンチェッロを飲んだことがないという方はまずこちらから試してみてはいかがでしょうか?

 

ボッテガ リモンチーノ

 

こちらもレモン栽培の地として名高いシチリア産のレモンを使用したリモンチェッロです

シチリア島といえばマフィア発祥の地。独特の食文化を持つ島としても知られています

 

こちらの銘柄はベースとなるスピリッツにぶどう原料の蒸留酒、グラッパを使っているのが特徴です

そのためかレモンの香りの奥に芳醇な風味があり、全体的に柔らかな印象の味となっています

苦味や酸味は他の銘柄に比べると控えめ。穏やかで上品なテイストのカクテルが作りたいという方にぴったりの銘柄だと思います

私はこのまろやかな味が好みなので、リモンチェッロが飲みたくなったときは大体この銘柄を買っています(近所の酒屋に置いてあるからという理由もあるのですが) 

 

 

さいごに

f:id:makersmark3565:20171127230232j:plain

 

爽やかな香りを楽しむリキュール、リモンチェッロ

最初は少し独特な味だと感じるかもしれませんが、この苦味と香りはハマると病みつきになります!

最初はソーダ割りなどのカクテルから。慣れてきたらぜひストレートにもトライしてみてください!