NomiLOG

NomiLOG

カクテルやウイスキー、リキュールなどの洋酒の楽しみ方を紹介します

スパークリング日本酒の名酒、宮城県一ノ倉「すず音」

スポンサードリンク

f:id:makersmark3565:20171013193945j:plain

 

日本酒と言えば男性が飲むお酒、というイメージを持つ方は多いです

日本酒はビールなどに比べるとアルコール感が強く、独特の熟成香もあります。そのような特徴から若い女性の方からは敬遠されがちなお酒でした

ですが近年、発泡日本酒というライトに飲むことができる炭酸入りの日本酒が販売され、若い女性を中心にブームを巻き起こしています

 

そのブームの火付け役となったのが松竹梅白壁蔵「澪」というお酒です

最近ではコンビニやスーパーなどで広く販売がされているため、見たことがある、または実際に飲んだことがあるという方も多いのではないでしょうか?

 

 

そのフルーティで爽やかな飲み口は日本酒とは思えないほど飲みやすく、度数も5度ほどと控えめ

2011年に販売を開始し2013年頃に流通の波に乗ると、瞬く間に日本中にスパークリング日本酒ブームを巻き起こしました

 

今では、ライトに飲むことができる発泡日本酒の定番となった澪。ですが澪がブームを巻き起こすずっと前から、スパークリング日本酒の名酒が存在していたことをあなたはご存知でしたでしょうか?

 

 

知る人ぞ知る発泡日本酒の名酒「すず音」

 

その名酒を作るのは宮城県一ノ倉。名は「すず音」と言います

すず音という名前はグラスに注いだ際、弾ける泡が鈴の音を奏でているようであったから名付けられたとのことです

販売開始年は1998年。発泡日本酒のブームの発端となった澪よりも約13年も前から販売がなされていました

ですが県外ではあまり流通されておらず、こだわりの居酒屋やリカーショップで知る人ぞ知るお酒として扱われていたのだそうです

 

このすず音が近年のスパークリング日本酒のブームの最中、非常にクオリティの高いお酒として再評価され脚光を浴びるようになってきています

少し大きめのリカーショップに行けば発泡日本酒のコーナーが設けてあり、そこで見かけることも増えてきました

 

 

すず音の味の特徴、テイスティングレビュー

f:id:makersmark3565:20171013224347j:image

 

すず音は今、流通している一般的な発泡日本酒と比べると全体的にかなり上品な味、といった印象です

 

まず、すず音をグラスに注ぐと日本酒とは思えないフルーティな果実香が立ち昇ります

その香りは柚子を彷彿とさせるような、穏やかな気分にさせてくれる爽やかな香りです

泡立ちの良さも特徴的です。シャンパンと同じく瓶内発酵で生まれた自然の炭酸ガスはきめ細やかで美しく、口に含むとクリーミィさを感じるほど

そしてこんなにもフルーティで飲みやすいのに、日本酒の良さである米の優しい風味もしっかりと感じることができます

辛口の日本酒にありがちな癖のある香りではけっしてなく、自然で優しい風味です

 

しばしば果実チューハイのような味だと例えられるスパークリング日本酒ですが、この全体を優しく包み込むような米の風味と熟成香が決定的な違いだと言えますね

すず音は数ある発泡日本酒の中でも、特にその要素を強く感じることができます

この繊細で豊かな香りを楽しむためには、香りが溜まりやすい形状を持つワイングラスなど使って飲むのがいいでしょう

 

すず音は液体に濁りが出ているのが特徴的で、これは素材の味を生かして作られたことを意味しています
ただ米本来の味を存分に堪能できる分、扱いは少々デリケート。保管するときは冷蔵庫に入れ、開栓したらなるべく早く飲みきることが大切です
瓶の底に濁り成分が溜まっていることがあるので飲む前には炭酸を飛ばさないよう、優しくふってあげましょう

 

最後にすず音を飲むタイミングについてですが食前、もしくは食後などに単体で味わうのがベストだと感じました
私としては繊細で優しい甘さは食事とはマッチしづらいと感じます
発泡日本酒を食事と合わせたいのならば、辛口で日本酒特有の風味が豊かな澪のドライタイプの方が適していると思います

 

 

 

総評

f:id:makersmark3565:20171013200609j:plain

 

一般的な発泡日本酒よりも口当たりが滑らかで飲みやすく、味も上品なので特に若い女性の方に勧めたくなる味ですね

今まで一般的に流通しているスパークリング日本酒しか飲んだことがなかった、という方はその上品な味に感動を覚えることでしょう

度数も低めなのでお酒を初めて飲む、という方のファーストインプレッションとしてもぜひオススメしたい一本です

 

もちろん女性だけでなく男性にもぜひ試してもらいたいお酒です

すず音の繊細な味わいは、本来の日本酒のようにじっくりと味わいに浸るという飲み方にも最適だと言えます

甘さが際立つお酒ではありますが、甘ったるいと言うよりは自然なほのかな甘みが優しく口の中に浸透していくようなイメージの味です

筆者も男性なのですが、食後の軽いデザートのような感覚ですず音を飲むのがお気に入りです。甘いお酒が苦手、という方も先入観を持たずにトライしてみてほしいと思います

 

www.ichinokura.co.jp

 

最後になりますが、一ノ倉の公式サイトではすず音を使用したカクテルのレシピも公開されています

この完成された味わいに手を加えるのはためらってしまいそうですが、これまでに無い個性的なカクテルを生み出すことができそうです

興味をそそられた方は参考にしてみてはいかがでしょうか?