NomiLOG

NomiLOG

カクテルやウイスキー、リキュールなどの洋酒の楽しみ方を紹介します

ジントニックってどんな味?味わいの特徴、合わせて簡単な作り方も解説します!

スポンサードリンク

ジントニックとは?どんな味がするの?

f:id:makersmark3565:20171005001636j:plain

 

ジントニックは蒸留酒のジンを使って作られるカクテルです。

 

カクテルの定番中の定番なので、普段お酒を飲まない人でも名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

お酒好きにとっては馴染みの深いカクテルなんですが、ネット上では

「このカクテルがどんな味がするのか?」

と質問をする人が多いみたいですね。

 

そこで今回は、ジントニックの味について掘り下げて解説をしてみようかと思います。

 

「美味しいジントニックを飲んでみたいけどバーに行くのは少し怖い…」

という方のために自宅で簡単に作る方法も合わせて紹介しますよ!

 

 

ジントニックの味の解説

f:id:makersmark3565:20171005002002j:plain

 

ジントニックは、爽やかでドライな味が特徴のカクテルです。

 

ほのかな苦味と甘味、さわやかな酸味と炭酸の爽快さ。

香りは鮮烈、そしてなんとも言えない奥深さがあります。

 

身近なもので例えるとすると、スプライトから甘味を取り除いた味っていう感じでしょうか?

香りの方は松の葉の香りと例える人もいますね。

 

ジントニックはそのような特徴があるため、

甘いお酒よりスッキリした味のお酒が好きだ!と言う方に人気のカクテルです。

 

その軽やかな味わいは、その日の飲みをスタートさせるにはもってこい。

バーでも、「一杯目はやっぱりジントニック!」という方も多いみたいですね。

 

 

ジントニックの魅力

f:id:makersmark3565:20180513172045j:plain

 

そんなジントニックの最大の魅力。

それは、調和感だと私は思います。

 

ジンの鮮烈な香り、トニックウォーターの苦味と甘味、ライムの酸味、フレッシュさ…。

この3つの材料が織りなすハーモニー、バランス感が素晴らしい。

シンプルなカクテルなんですが、非常に完成された味わいだと感じます。

 

そして、居酒屋で飲むジントニックも美味しいんですけど、

バーで作られたジントニックはさらに美味しい。

 

バーにとってジントニックは、いわば「店の顔」とも言える存在。

多くの人が注文するカクテルなので、こだわりどころでもあるのです。

 

 

自宅でジントニックを作ってみよう!

f:id:makersmark3565:20180513173001j:plain

 

実はジントニックは、自宅などでも簡単に作ることができるんです。

 

自分でカクテルを作るなんて、なんだか難しそう…と思うかもしれません。

けど、作り方は意外と簡単。

それに、自分で材料を買えば安く作ることができます。

 

ポイントさえ押さえれば、バーで提供される味に近い本格的なものを作ることだってできます。

 

「美味しいジントニックを飲んでみたい、でもバーに行くのは少し怖い…。」

という方には実はうってつけの方法なのです。

 

今回は、コンビニやスーパーで揃う材料を使ったお手軽ジントニック。

そして、バーの味そのままの本格派のジントニックの2つのレシピを紹介しようかと思います。

 

お手軽ジントニック

f:id:makersmark3565:20180513171729j:plain

 

【材料】

ビーフィータージン 1/4

ウィルキンソントニックウォーター 3/4

ポッカレモン 5mlほど

 

【レシピ】

グラスに氷を詰め、ジンをグラスの1/4程度注ぎ、レモンジュースを少しだけ加えて混ぜる。

トニックウォーターを満タンまで注ぎ、軽く混ぜる。

 

手軽に作ることができる簡易版ジントニックです。

 

最近ではペットボトル入りのトニックウォーターが、スーパーやコンビニなどで手に入るようになりました。

ウィルキンソンのトニックウォーターは、その中でも特に美味しいトニックウォーター。

瓶入りのものは、バーでも実際によく使われていますね。

 

ジンはミニボトルのビーフィーターを使用。

こちらもバーなどでよく使われているスタンダードな銘柄です。

 

ライムの代用としては甘みの付いていないレモンジュースを使用しました。

代用品はライムシロップが定番ですが、こちらを使う方がドライで美味しい味わいになります。

シトラス系の味わいを持つビーフィーターとの相性もGOODです。

 

このレシピですと、家に材料がなくとも思い立ったらすぐに作ることができるというのがメリットですね!

 

 

本格派ジントニック

f:id:makersmark3565:20180505035724j:image

 

【材料】

ゴードン ドライジン 1/4

シュウェップス トニックウォーター 3/4

ライム くし切り1/4個

ロックアイス

 

【レシピ】

グラスに氷を詰め、ジンをグラスの1/4程度注ぐ。

1/4にくし切りにしたライムを絞り、グラスに落とす。

よく混ぜた後にトニックウォーターを満タンまで注ぎ、再度軽く混ぜる。 

 

こちらは、バーで実際に使われる材料と同じものを使った本格派のジントニックです。

 

ジンは重厚な味が特徴のゴードンを使用。

多少混ぜすぎてしまっても、味の骨格が崩れづらい銘柄です。

 

絞ったライムを使うことにより、フレッシュな味わいに。

氷も溶けづらいロックアイスを使うことで、味が薄まるのを避けることができます。

 

トニックウォーターは、ゴードンと相性抜群のシュウェップスを。

この銘柄を使ってジントニックと作ると、とてもさわやかな味に仕上げることができます。

 

 

作り方については先ほどのレシピと同じでもいいのですが、せっかくですから少しこだわってみてはいかがでしょうか?

 

こちらの記事に作る際のポイントをまとめてあります。

ぜひ読んでみてください。

 

www.green-alaska.com

 

合わせるトニックウォーターにも種類があるので、色々試してみてください!

シュウェップス以外でオススメのトニックについては、こちらの記事で紹介しています!

 

www.green-alaska.com

 

 

ジントニックの次は、他のジンベースのカクテルを飲んでみよう!

f:id:makersmark3565:20180727105313j:image

 

ジントニックを実際に飲んでみた方、いかがでしたか?

ハーブの風味とキレのある味わい。

やっぱりこのカクテルは美味しいですね!

 

ジントニックの味が気に入った!という方には他のジンベースのカクテルにもトライしてみてほしいですね。

 

居酒屋やダイニングバーで飲めるものだと、ジンジャーエールで割ったジンバック。

バーでオーダーするなら、ライムとジンをシェイクして作るギムレットが私のオススメです。

 

ジントニックを美味しいと感じたなら、これらのカクテルも楽しめると思います!

 

こちらの記事でジンベースのカクテルを紹介していますので、 気になったものをオーダーしてみてください!

もちろん自分で作るのもアリです。

 

www.green-alaska.com

 

 

さいごに

f:id:makersmark3565:20180727105255j:image

 

ジントニックの特徴と作り方について解説してみました。

 

ジントニックの味が気に入ったのならば、ぜひとも勇気を出してバーの扉を開いてみてください。

プロの手で作られたジントニックの味はすばらしく、感動すること間違い無しです!

 

 

ジントニックの後はウォッカベースのカクテル、「モスコミュール」も味わってみませんか?

モスコミュールってどんなカクテル?という方は、味の解説記事をチェックしてみてください!

 

www.green-alaska.com

 

ジンにはどんな種類があるのかな?と興味が湧いた方は、おすすめのジンの紹介記事をどうぞ。

味わいのタイプ別、予算別に色々紹介しています。

 

www.green-alaska.com