NomiLOG

NomiLOG

カクテルやウイスキー、リキュールなどの洋酒の楽しみ方を紹介します

ジントニックってどんな味?味わいの特徴を解説します

スポンサードリンク

ジントニックとは?

f:id:makersmark3565:20171005001636j:plain

 

ジントニックは蒸留酒のジンを使って作られるカクテルです。

カクテルの定番中の定番なので、普段お酒を飲まない人でも名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

お酒好きにとっては比較的馴染みの深いカクテルと言えるジントニックなんですが、ネット上では「このカクテルがどんな味がするのか?」と質問をする人が多いみたいです。

ジントニックの材料として使われているのはジンとトニックウォーター。

どちらもお酒を飲まない人にとっては、あまり馴染みのないものなので、具体的にどんな味なのか想像できないためかと思われます。

 

そこで今回はジントニックの味について掘り下げて解説をしてみようかと思います。

「美味しいジントニックを飲んでみたいけどバーに行くのは少し怖い…」という方のために自宅で簡単に安価で作る方法も紹介します。

このカクテルに少しでも興味があるという方はぜひ最後まで見てみてください!

 

 

ジントニックの味の解説

f:id:makersmark3565:20171005002002j:plain

 

ジントニックは、爽やかでドライな味が特徴の香り豊かなカクテルです。

口にすると、ほのかな苦味と甘味、酸味が炭酸の爽快さとともに駆け巡ります。

 

香りは鮮烈、かつ奥深さがあります。

このカクテルに使われるジンは、ハーブやスパイス、柑橘類の皮などを使って作られるお酒。

その風味が炭酸ではじけて香り、胸がすくような爽やかさとなります。

 

身近なもので具体的に例えるとすると、炭酸飲料のスプライトから甘味を取り除いた味という感じでしょうか?

香りの方は松の葉の香りと例える人もいますね。

青々しく、凛としたイメージの香りです。

 

ジントニックはそのような特徴があるため、甘いお酒よりスッキリした味のお酒が好きだ!と言う方に人気のカクテルです。

その軽やかな味わいは、その日の飲みをスタートさせるにはもってこい。

実際にバーでも一杯目はジントニック、という方が多いみたいですね。

 

 

ジントニックの魅力

f:id:makersmark3565:20180513172045j:plain

 

そんなジントニックの最大の魅力、それは調和感だと私は思います。

 

ジンの複雑かつ鮮烈な香り、トニックウォーターの苦味と甘味、ライムの酸味、フレッシュさ…。

この3つの材料が織りなすハーモニー、バランス感が素晴らしい。

シンプルなカクテルなんですが、非常に完成された味わいであると感じます。

 

ちょっと大げさじゃない?と思ったそこのあなた。バーで作られた"ちゃんとした"ジントニックは飲んだことありますか?

今では色々な場所でお手軽に飲むことができますが、居酒屋のジントニックとバーのジントニックはまったくの別物です。

 

バーにとってジントニックは、いわば「店の顔」とも言える存在。

多くの人が注文するカクテルなので、楽しんでもらえるようにバーテンダーは思考を巡らせます。

ジンは何を使うのがベストか…?ライムの雑味を出さないためにはどうしたらいいのか…?

そんな想いやこだわりを乗せたカクテルはまさに至高の一杯となります。

オーダーの多い、有名なカクテルであるが故にこだわりどころでもあるのです。

  

私は若い頃、お酒が苦手だったのですが、初めて入ったバーで飲んだジントニックの味に感動して、カクテルの魅力に気づくことができました。

今ではこんなブログを書くまでのお酒好きになってしまったので、少し大げさかもしれないですが、ジントニックは私の人生を変えてくれたカクテルだと言えます。

大好きなカクテルなので語り出すと止まりません。こんな風に(笑)

 

 

ジントニックを味わってみよう!

f:id:makersmark3565:20171005002356j:plain

 

ジントニックの味と魅力を解説してみましたが、やはり文章で読んでいてもなかなか伝わってきませんよね。

なのでやはりここは実際に味わってみるのが1番です!

百聞は一見にしかず、というやつですね。

 

ジントニックを実際に飲むためには次のような選択肢があります

 

 1.居酒屋やダイニングバーで注文する。

 2.本格的なバーに行く。

 3.自分で材料を買って作る。

 

f:id:makersmark3565:20180513172824j:plain

 

まず身近なところですと居酒屋やダイニングバーで飲むという選択肢があります

近頃ではカクテルもずいぶん一般的となって、チェーン店などでもジントニックが提供されるようになり、気軽に飲むことができるようになりました。

 

ただ、そういった場所で出されるのはコストの関係から本物のジントニックとかけ離れた味のものが多い印象です。

初めて飲むジントニックはちゃんとしたものを、という思いがあるので個人的にこちらはオススメできません。

 

 f:id:makersmark3565:20180513172859j:plain

 

では次に本格的なバーに行く、という選択肢はどうでしょうか?

こちらで提供されるジントニックは、カクテルのプロが作ったものですから当然、品質の高いものになります。

(中には粗暴な作り方をするバーというのも残念ながら存在するのですが…)

 

ですが、この記事を読んでいる方はおそらく若い方が多いのではないかと思います。

あまりお酒に慣れていない方が、バーの重たい扉に手を掛けるのは少しハードルが高いかもしれません。

実際私も初めてバーに行くのには、少し勇気がいりました…。

 

個人的にはオススメしたい選択肢なのですが読者の皆さんの事を考えると、こちらもファーストインプレッションに相応しいとは言い難いです。

お酒に少し慣れた頃にまたバーの門戸を叩いていただけたらと思います。

 

f:id:makersmark3565:20180513173001j:plain

 

そうなると残ったのは自分で材料を買って作る、という選択肢となります。

お酒初心者なのに自分でカクテルを作るなんてとんでもない!と思うかもしれませんが、作り方は意外と簡単。

自分で材料を買えば安価で作ることができます。

 

その上、作り方のポイントさえ押さえればバーで提供される味に近い本格的なものを作ることだってできます。

カクテルに興味があるけど、バーに行くのは少し怖い…という方には実はうってつけの方法なのです。

 

ただ、最初から700mlのジンのボトルを買ったりすると持て余してしまうこともありますし、近くに酒屋が無くて材料をなかなか揃えられない、という方もいるでしょう。

なので今回はコンビニやスーパーで揃う材料を使った、お手軽ジントニックと本格派のジントニックの2つのレシピを紹介しようかと思います。

どちらも簡単に作ることができて、とても美味しいので気になった方から試してみて下さい!

 

お手軽ジントニック

f:id:makersmark3565:20180513171729j:plain

 

【材料】

ビーフィータージン 1/4

ウィルキンソントニックウォーター 3/4

ポッカレモン 5mlほど

 

【レシピ】

グラスに氷を詰めジンをグラスの1/4程度注ぎ、レモンジュースを少しだけ加えて混ぜる。

トニックウォーターを満タンまで注ぎ、軽く混ぜる。

 

手軽に作ることができる簡易版ジントニックです。

最近ではペットボトル入りのトニックウォーターが、スーパーやコンビニなどで手に入るようになりました。

ウィルキンソンのトニックウォーターは、その中でも特に美味しいトニックウォーターです。

瓶入りのものはバーでも実際によく使われていますね。

 

ジンはミニボトルのビーフィーターを使用。

こちらもバーなどでよく使われているスタンダードな銘柄です。

この量なら、もしジンの味が好みでは無かったとしても後悔は少ないかと思います。

 

ライムの代用としては甘みの付いていないレモンジュースを使用しました。

代用品はライムシロップが定番ですが、こちらを使う方がドライで美味しい味わいになります。

シトラス系の味わいを持つビーフィーターとの相性もGOODです。

 

このレシピですと、酒屋に行かずともコンビニに寄るだけで全ての材料が揃ってしまうので、家に材料を持っていなくとも思い立ったらすぐに作ることができる、というのがメリットですね!

 

 

本格派ジントニック

f:id:makersmark3565:20180505035724j:image

 

【材料】

ゴードン ドライジン 1/4

シュウェップス トニックウォーター 3/4

ライム くし切り1/4個

ロックアイス

 

【レシピ】

グラスに氷を詰めジンをグラスの1/4程度注ぎ、1/4にくし切りにしたライムを絞りグラスに落とす。よく混ぜた後にトニックウォーターを満タンまで注ぎ、再度軽く混ぜる。 

 

こちらはバーで実際に使われる材料と同じものを使った本格派のジントニックです。

ジンは重厚な味が特徴のゴードンを使用。

多少ステアしすぎてジントニックが薄まってしまっても、味の骨格が崩れづらいのでカクテル初心者にはぴったりの銘柄だと思います。

 

絞った生のライムを使うことによりフレッシュさが加わり、氷も溶けづらいロックアイスを使うことで味が薄まるのを避けることができます。

 

トニックウォーターはシュウェップスを選んでみました。

爽やかで苦味の効いた味なのでこの銘柄を使ってジントニックと作ると爽快感の溢れる味に仕上げることができます。

 

 

作り方については先ほどのレシピと同じようにただ混ぜるだけ、というのでもいいのですが、せっかくですから細かいところにも少しこだわって作ってみてはいかがでしょうか?

こちらの記事に作る際のポイントをまとめてあります。ぜひ読んでみてください。

 

www.green-alaska.com

 

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?ジントニックの味の特徴や魅力、そして簡単で美味しい作り方が分かったことかと思います。

自宅で作ってみてその味が気に入ったのならば、ぜひとも勇気を出してバーの扉を開いてみてください。

プロの手で作られたジントニックの味はすばらしく、自分で作ったものを飲んだとき以上の感動を受けること間違い無しです!

 

自宅でこだわりの一杯を作りたい!という方にはこちらの記事をオススメしています。

ジンやトニックウォーターの銘柄、細かい作り方まで解説がしてあるので、ぜひ参考にしてみてください! 

 

www.green-alaska.com