NomiLOG

NomiLOG

カクテルやウイスキー、リキュールなどの洋酒の楽しみ方を紹介します

ほろ苦くコクのある風味のハーブリキュール「スーズ」の魅力とカクテルレシピの解説

スポンサードリンク

フランス製のハーブリキュール「スーズ」その魅力とは?

f:id:makersmark3565:20170724015755j:plain

https://lovegreen.net/homegarden/p60405/

 

スーズはフランス製のハーブリキュールです。

原料はゲンチアナという植物の根。

あまり聞き覚えのないものかもしれないですが、生薬や漢方薬、胃腸薬の材料として使われている植物です。

そのゲンチアナを材料として使っているスーズは食欲増進の効果があり、製造国のフランスでは食前酒としてよく飲まれています。

 

味としては薬草由来の独特な香りとほろ苦さが特徴的、といったところ。

個人的には栄養ドリンクや漢方薬のような風味だと感じます。

 

製造過程でバニラやオレンジなどで味が整えられているため苦味と甘味のバランスがよく、薬のようなケミカルな感じはしません。

飲み口も非常にマイルド。

同じ薬草酒で例えるならカンパリやアペロールのような、甘く飲みやすい味となっています。

 

ちなみにこのスーズ、鮮やかな黄色の液色が特徴。

そのため巷では黄色いカンパリとも呼ばれることもあります。

日本での知名度はカンパリと比べると今ひとつといったところですが、個人的に好きなリキュールなので、カンパリのように広く流通してくれることを願うばかりです!

 

 

オススメの飲み方とカクテルのレシピ

スーズは甘くほろ苦い味わいが特徴。白ワインや柑橘系の果物と好相性です。

鮮やかな黄色でカクテルにしたときの見た目も非常にキレイ。

薬草による健康効果も期待できるので女性の方にも勧めたくなりますね。

 

それでは今回もロングカクテルからショートカクテルまでオススメの飲み方をいくつか紹介しようかと思います!

 

スーズトニック

f:id:makersmark3565:20170724015525j:plain

http://iwamoto-hiroyoshi.com/cocktail/141217/

 

レシピ

    ・スーズ  1/4

    ・トニックウォーター  3/4

 

グラスに氷を詰め、スーズを注ぎステアする。その後トニックウォーターを注ぎ軽くステアする。

 

まずはスタンダードなトニック割りを紹介。

家飲みでもバーでも気軽に飲むことのできる一杯です。

 

トニックで割ることにより苦味と甘み、酸味のバランスが取れた味に。

炭酸の刺激でスーズの持つ食欲増進の効果もいっそう高まります。

ジントニックのようにライムやレモンを絞るのもオススメです

 

水割り  ソーダ割り

f:id:makersmark3565:20170724023304j:plain

https://www.garow.me/media/1494904618135366077_4670966725

 

レシピ
    ・スーズ  1/3
    ・水or炭酸水  2/3

 

グラスに氷を詰め、スーズを注ぎステアする。その後水または炭酸水を注ぎ軽くステアする。

 

スーズの持つ甘露な味とふくよかなゲンチアナの香りを堪能したい方は、シンプルに水割りやソーダ割りにするのがベターです。

 

個人的なポイントとしては少し濃い目の割合で作ること。

このくらいの割合ですと香りや甘さのバランスも良く、適度な飲みごたえもあります。

水割りの方はゆったりと落ち着いて楽しむイメージ。

一方、ソーダ割の方は暑い日に乾いた喉を潤すようなイメージですね。

飲むときのシチュエーションによって割り材を選んでみるのも面白いと思います。

 

エチュード

f:id:makersmark3565:20170724022314j:plain

http://www.quon.info/cocktail/etude/

 

レシピ

    ・スーズ  1/4

   ・ シャンパン  3/4

 

フルート型のシャンパングラスにスーズを注いだ後シャンパンを静かに注ぐ。

 

スーズと相性のいいシャンパンを合わせたカクテル。

シンプルなレシピですが奥深いゴージャスな味わいです。

 

スーズとシャンパン、どちらも食欲増進の効果を持つお酒なのでアペリティフとして最適なカクテルといえます。(ただ度数がそこそこあるので結構飲みごたえはあります)

もちろん自宅などで作る場合はスパークリングワインを使ってもOK。

細やかな泡立ちと鮮やかなビタミンカラーで見た目の良さもピカイチ。

ホームパーティなどで食前酒として振舞えば場も盛り上がることでしょう!

 

スーズギムレット

f:id:makersmark3565:20170724020325j:plain

http://www.quon.info/cocktail/suze-gimlet/

 

レシピ

    ・スーズ  45ml

    ・ライムジュース  15ml

 

材料をシェイクしてカクテルグラスに注ぐ。

 

ジンで作るショートカクテルのギムレットのベースをスーズに変えたカクテル。

元となったギムレットはドライでシャープな味が特徴的ですが、こちらは度数の低いスーズを使用しているのでかなり飲みやすい印象です。

 

味の方はライムの酸味がスーズの甘さを引き締めてくれるので、スーズをそのまま飲む場合と比べると輪郭がシャープになります。

シェイクによって加水がされるので飲み口は非常にスムース。

するっと気持ちよく喉を通っていくような感覚を味わうことができます。

個人的にはバーに入ってとりあえずロングカクテルを一杯飲んだ、じゃあ次はどうしようか?という時に頼みたくなるカクテルですね。

 

柚子庵

f:id:makersmark3565:20170724022715j:plain

http://www.quon.info/cocktail/yuzuan/

 

レシピ

    ・スーズ  50ml

    ・フレッシュ柚子ジュース  10ml

    ・シャンパン  full up

    ・抹茶砂糖 (スノースタイル)

 

シャンパングラスの縁を湿らせ、皿に平らにならした抹茶砂糖に押し付けてスノースタイルにする。スーズと柚子ジュースをシェイクし、シャンパングラスに注ぐ。その後にシャンパンを注ぎグラスを満たす。

 

渋谷のオーセンティックバー「石の華」の石垣忍氏考案のオリジナルカクテルです。

フランス製のスーズに日本固有の食材を調和させた独創的なレシピ。

自宅で作るには少々ハードルが高いですが、スーズの良さが味わえるカクテルなのでここで紹介することにしました。

 

まずスーズと柚子の相性が素晴らしいです。

カクテル界では「同じ色の材料同士は相性がいい」という言い伝えがあるのですが、スーズと柚子の場合も例に漏れずといったところ。

フレッシュな柚子の香りにシャンパンの芳醇な香りが調和し、リムに付けた抹茶の渋みが適度なアクセントを演出してくれる…非常に完成度の高いカクテルだと思います。

 

興味が湧いた方はぜひとも石の華でオーダーをするか、自宅で再現をしてみてください。

あなたにとって忘れられない一杯となること請け合いです。

 

私は自宅でレシピを見て再現したみただけなので、まだ考案者直作のものは味わっていないのですが、機会があれば実際にお店に足を運んで飲みに行きたい、と思わせる味でしたね。

私は都内在住ではないのでなかなか実際のお店で飲むのは難しいのですが、いつかは口にしたい憧れのカクテルです!

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

前述の通り日本ではまだメジャーとは言えないボトルなのですが、私自身もとても好きなリキュールなので興味を持つ方が増えたら嬉しいですね。

親しみの持てる味で飲みやすく、見た目も鮮やかなスーズ。

酒屋などで目にした際にはぜひ手に取ってみてもらいたいと思います!

 

 

その他のハーブリキュールについては別記事でまとめてあります。

色々な味のものがありますので、あなたのお気に入りの一本を探してみてください!

 

www.green-alaska.com