NomiLOG

NomiLOG

カクテルやウイスキー、リキュールなどの洋酒の楽しみ方を紹介します

香草と柑橘の風味豊かなリキュール「アペロール」美味しい飲み方とカクテルレシピの解説

スポンサードリンク

アペロールとは?

f:id:makersmark3565:20160824195612j:plain

出典:Aperol Orange(アペロール・オレンジ) | COCKTAIL BIYORI 【カクテル日和】

 

みなさんはアペロールというお酒をご存知でしょうか?

赤みを帯びたオレンジ色のハーブ系リキュールで、日本ではあまりメジャーではありませんが、原産国のイタリアでは食前酒として広く親しまれているお酒です。

 

このリキュールはどのような味がするのでしょうか?

今回は、アペロールの特徴とおすすめの飲み方について解説していきたいと思います。

 

 

アペロールはどのような味がするのか?カンパリとの違いは?

f:id:makersmark3565:20180523200853j:plain

 

イタリア産の赤いお酒といえば、カンパリを想像する方も多いですよね。

実はこのアペロール、見た目がそっくりなだけあって味もカンパリによく似ているんです。

 

ほろ苦く甘い味わいを持ち、ハーブの豊かな風味が特徴的。

ただ、アペロールの方がカンパリよりも甘みが強く、オレンジの風味が際立っている印象です。

 

ざっくり言うとアペロールは「飲みやすいカンパリ」といったところでしょうか。

苦味も抑えられているので、カンパリのあの独特の苦味が苦手!という方にもオススメしたいお酒ですね。

 

 

アペロールを飲むシチュエーション

f:id:makersmark3565:20170802231422j:plain

 

前述の通り、アペロールは食前酒として最適なお酒です。

スッキリと甘く軽やかな飲み口は、これから食事を取る前の前座にぴったり。

アペロールを使った定番のカクテル、アペロールスプリッツにして飲めば炭酸で食欲も刺激されます。

 

本国イタリアではディナーの前にバール(イタリア式のバー、カフェ)で、軽くお酒を飲みながら軽食をつまむアペリティーヴォという習慣があります。

その際に良くオーダーされているのがアペロールを使ったカクテル。

まさにイタリアの人々の生活に溶け込んでいるお酒と言えます。

 

陽気でアクティブなイメージを感じるお酒なので、パーティーシーンにもぴったり。

アペロールを使ったカクテルは鮮やかな赤色が映えた、見た目も綺麗なものが多いので、女性の方は特に喜びそうですね。

 

 

アペロールのオススメの飲み方

イタリアのアペリティーヴォに倣って、ロングカクテルで気軽に楽しむのがオススメです。

味のバランスが取りやすく、手軽に作れるものが多いので宅飲みなどの場でも大活躍しますよ!

 

アペロールソーダ

f:id:makersmark3565:20160824194731j:plain

出典:カクテルレシピ APEROL サントリー

 

【材料】

アペロール 1/2

炭酸水 1/2

 

【作り方】

グラスに氷を詰めて材料を注ぎ、軽くステアする。

 

手軽に楽しみたいときは、ソーダ割りがオススメです。

カンパリソーダよりも甘めの味わいで柑橘の風味が際立っているため、万人受けする味です。

ソーダの代わりにトニックウォーターを使ってもいいですし、レモンを絞っても美味しいですよ。

 

アペロールスプリッツ 

f:id:makersmark3565:20160824194128j:plain

出典:カクテルレシピ APEROL サントリー

 

【材料】

アペロール 2/4

白ワイン 1/4

炭酸水 1/4

オレンジスライス(お好みで) 1枚

 

【作り方】

グラスに氷を詰めて材料を注ぎ、軽くステアする。お好みでオレンジスライスを飾る。

 

イタリアのバールなどで親しまれている、とてもメジャーな飲み方。

アペロールは白ワインとの相性が抜群です。

爽やかなアペロールの味とワインの熟成香がよくマッチし、飲みごたえがありながらスッキリと飲める味となります。

 

お好みでオレンジスライスを入れると、フレッシュ感が出ていいですね。

 

アペロールモーニ

f:id:makersmark3565:20160824194824j:plain

出典:カクテルレシピ APEROL サントリー

 

【材料】

アペロール 2/4

グレープフルーツジュース 1/4

炭酸水 1/4

 

【作り方】

グラスに氷を詰めて材料を注ぎ、軽くステアする。

 

カンパリで作るカクテル「スプモーニ」をアペロールで作ると、とても美味しいカクテルになります。

オレンジの風味がグレープフルーツと合わさることで、よりフルーティに。

フレッシュジュース感覚でゴクゴク飲める味わいです。

 

グレープフルーツジュースはサントリーのGOKURIを使うのがオススメです。

手軽にフレッシュなグレープフルーツに近い味が出せる上に果肉が入っているのでリッチな味となります。

 

 

 

ロック

f:id:makersmark3565:20170802232300p:plain

https://www.tastingtable.com/cook/recipes/cocktail-recipe-mescal-negroni-aperitif

 

【作り方】

ロックグラスに氷2~3個を入れ、アペロールをグラスに2/3程度注ぎ軽くステアする

 

アペロールはリキュール単体としてもバランスが取れた味なので、ロックで飲んでも美味しく頂くことができます。

アペロールのアルコール度数は11度。

それほど口当たりもキツくなく、溶け込んだ香草の風味をじっくり味わうことができます。

 

ライムやレモンを搾ると酸味で味が引き締まるので、そちらもオススメですね。

飲み口は少し重めとなるので、こちらは食後酒としてゆっくりと飲むのがベターかと思います。

 

 

さいごに

アペロールは日本ではまだまだマイナーですが、香草リキュールとして完成度が高く、カジュアルに楽しめる素晴らしいお酒だと思います。

イタリアのバールに集うように、気の合う仲間たちとこのリキュールを飲んで陽気に話を弾ませてみてはいかがでしょうか!

 

 

その他のハーブリキュールについては別記事でまとめてあります。

色々な味のものがありますので、あなたのお気に入りの一本を探してみてください!

 

www.green-alaska.com