NomiLOG

NomiLOG

カクテルやウイスキー、リキュールなどの洋酒の楽しみ方を紹介します

手順一つで味が大きく変わる - 美味しいジントニックの作り方

スポンサードリンク

基本のカクテル「ジントニック」美味しい作り方は?

f:id:makersmark3565:20160820090752j:plain

 

今回は「自宅で美味しいジントニックが飲みたい!」という方のために、作り方の解説をしていきたいと思います。

 

ジントニックといえばカクテルの王道。

最近ではバーに限らず色々なところで気軽に飲めるようになりましたね。

居酒屋などでも提供している所が多く、実際に飲んだことがあるという人も多いはずです。

 

しかしそういう場所で提供されているジントニックは、業務用の「ジントニックの素」を使ったものがほとんどです。

本来のジントニックの味とはかけ離れたものになってしまっているんですよね。

 

美味しいジントニックを飲みたい!という時には、やはりバーに行くのが手っ取り早いです。

ですが、バーに入ったことが無い人にとっては「敷居が高い」といった印象がどうしてもありますよね。

 

そこで私がオススメするのは、自宅でジントニックを作るという選択肢です。

ジントニックは非常にシンプルなカクテル。

自宅で作るにはうってつけです。

 

自分で材料を揃えると、安価で作ることができるというのも嬉しいところですよね。

 

 

基本の作り方

f:id:makersmark3565:20160824200639j:plain

出典:Gin Tonic-ステアはいつすればより美味しくなるか | COCKTAIL BIYORI 【カクテル日和】

 

ジントニックはシンプルであるが故に、作り方1つで味が大きく変わってしまうカクテルです。

なので、バーで提供されているような美味しいジントニックを作るには、少しコツがいります。

 

こう聞くとなんだか難しく考えてしまいそうですが、心配はいりません。

ポイントさえ抑えれば誰でも美味しく作ることができます。

 

それでは実際の作り方についてみてみましょう!

 

1. 長手のグラスを用意し、氷を入れる

まず、タンブラーのような縦に長いグラスに氷を満タンに詰めます。

ここで重要なのが製氷機の氷ではなく、クラックドアイス(かち割り氷)を使うということ。

 

ジントニックのようなロングカクテルは使う氷の質に味が大きく左右されます。

コンビニなどに売っているロックアイスで十分ですので、ぜひ一度そちらを使ってみてください。

 

2. ジンをグラスの1/3程度注ぎ、ステア(攪拌)する 

ジンは常温のものでもいいのですが、オススメなのは冷凍したジンを使うこと。

冷凍のジンを使うと、氷が溶けにくくなるため仕上がりがシャープになります。

 

冷凍なんかしたら凍っちゃうんじゃないの?!

と思うかもしれませんが、ジンはアルコール度数が高いので凍りません。

 

ステアにはバースプーンという道具を使います。(無ければマドラーでもOK)

グラスに挿し入れて内周をそわすように回し、曇る程度まで混ぜましょう。

 

3. 1/4にカットしたライムをグラスに搾り、絞ったライムを氷の間に入れる

ライムをカットして加えます。

この時に果実の芯にあたる、白い部分は取り除いてください。

取らないと絞る際に果汁が飛び散ってしまいますし、エグみが出てきてしまいます。

 

絞るときは、なるべくやさしく。

力を入れすぎると皮の部分から雑味が出てしまいます。

 

4. トニックウォーターを静かに注ぐ

トニックウォーターはよく冷やしたものを使います。

常温のものを使うと氷が溶け出して、カクテルが薄まり美味しくなりません。

 

注ぎ方にもポイントがあります。

なるべく氷に当たらないよう静かに注ぎ、決して勢いよく注がないこと。

勢いよく注いでしまうと炭酸が抜けて、キレがなくなってしまいます。

 

5. バースプーンをグラスの底まで差し入れ抜き取る

トニックウォーターを入れた後は炭酸が抜けないように、静かにステアをします。

といってもジンを混ぜた時のようにグルグル回す必要はありません。

 

バースプーンを差し入れ底まで付いたら抜き取る。

炭酸の対流で、すでにある程度ジンと混ざっているためこれで十分です。

 

 

美味しいジントニックの完成です!

 f:id:makersmark3565:20180515111915j:image

 

泡立ちがしっかりとした、美味しそうなジントニックが出来上がりました。

 

飲んでみると居酒屋などで提供されるものとは、明らかに違います。

ジンの爽やかな風味が際立ち、ライムの香りと酸味、トニックウォーターの苦味がよく調和しています。

この調和感こそがジントニックの醍醐味ですね。

 

ちなみに私は20代半ばまでお酒は苦手な方だったのですが、バーで飲んだジントニックの味わいに感動して今ではカクテルの世界にドップリと浸かっています…

みなさまもこのジントニックという基本のカクテルから、その世界の素晴らしさに触れていって欲しいと思います!

 

 

作り方が分かったら、次は味を高める工夫をしてみよう!

次回の記事ではジンやトニックウォーターのおすすめ銘柄、味わいの違いについて書いていきたいと思います。

ジントニックは使う材料で味がガラリと変わるので、お好みのものを探してみてください!

 

ジントニックにオススメのジン、トニックウォーターの銘柄 - NomiLOG

 

よりハイレベルな味のジントニックを目指す方はこちらの記事を。

より細やかな作り方やアレンジ方法を解説しています。

 

ジントニックをより美味しく作るためには - 味を高めるための工夫やアレンジの方法の解説 - NomiLOG