NomiLOG

NomiLOG

カクテルやウイスキー、リキュールなどの洋酒の楽しみ方を紹介します

オレンジジュースを使ったカクテルのレシピ - 生のオレンジを絞って作るとさらに美味しい!

オレンジジュースを使ったカクテルにはどんなものがあるのか?

f:id:makersmark3565:20180912220151j:plain

 

カクテル材料としては定番となっている、オレンジジュース。

ジン、ウォッカ、リキュールなどとの組み合わせで、色々な味わいを楽しむことができます。

 

今回は、「自宅でオレンジジュースを使ったカクテルを楽しみたい!」という方に向けて、オススメのレシピを紹介します。

古くから親しまれている定番レシピから、カクテルブックにも載っていないレシピ。

筆者オリジナルカクテルのレシピなんかも紹介してみようかと思います。

どれもシンプルなレシピで簡単に作ることができるので、ぜひご自宅で楽しんでみてください!

 

 

フレッシュオレンジを絞って作るとさらに美味しい!

f:id:makersmark3565:20180912220220j:plain

 

オレンジジュースを使ったカクテルと言えば、カンパリオレンジやスクリュードライバーが有名ですね。

これらのカクテルを作る際は、市販のオレンジジュースを使う方がほとんどだと思います。

でも、生のオレンジを絞って使うともっと美味しい。

このあたりは、やはり材料の力です。フレッシュの材料に敵うものはありません。

ありふれた定番のカクテルもリッチで特別感のある味わいとなります。

 

わざわざ生のオレンジを絞るのはちょっと…という方は市販品の中から美味しいジュースを探してみてください。

私のオススメは、「アルプス完熟オレンジジュース」です。

 

 

このジュースは濃縮還元ではなく、ストレートの果汁100%のジュースです。

適度な酸味と甘みがあって、みずみずしい味わい。

私が今まで飲んだ中で1番フレッシュのオレンジの味に近いな、と思ったジュースです。

 

一般的なオレンジジュースよりは少しだけ高価ですが、フレッシュのオレンジと比べるとリーズナブルな価格帯となります。

もっと美味しいカクテルを作りたいけど、オレンジを絞るのは手間がかかるなと思う方にはオススメのジュースですね。

 

ちなみにオレンジジュースの使用量が多いロングカクテルなどの場合は、市販のジュースに絞った果汁を足すのもオススメですよ。

30mlほどフレッシュのジュースを加えるだけで、風味が格段に上がります。

 

 

オレンジジュースを使ったカクテルのレシピ

それではカクテルのレシピを紹介していきたいと思います。

オレンジジュースは定番の素材なだけあって、カクテルのレシピも豊富。

甘口からドライな味わいまで、色々な風味を楽しむことができます。

 

あまりアルコールに慣れていない方は、まずは飲みやすいロングカクテルから。

どれも美味しいので、ぜひ味わってみてください!

 

スクリュードライバー

f:id:makersmark3565:20180912215348j:image

 

【材料】

ウォッカ 45ml

オレンジジュース Full up

 

【作り方】

氷を入れたグラスに材料を注ぎ、ステアする。

 

オレンジジュースを使った大定番のカクテル。

ウォッカと合わせたシンプルなレシピです。

 

ウォッカが入ることでオレンジの味にふくよかさが出て、ボリューム感が増したような味わい。

この感覚は出汁を効かせた料理に近いものがありますね。

ウォッカは無味無臭のお酒と言われていますが、このようにカクテルにすることで合わせた材料の良さを引き出してくれます。

 

合わせるウォッカはエッジの効いたものでも、柔らかい風味のものでもOK。

オススメのウォッカについては別記事にまとめてありますので、よろしければこの中から選んでみてください。

 

www.green-alaska.com

 

ファジーネーブル

f:id:makersmark3565:20180912212905j:image

 

【材料】

ピーチリキュール 45ml

オレンジジュース Full up


【作り方】

氷を入れたグラスに材料を注ぎ、ステアする。

 

こちらも定番のカクテル。

ピーチリキュールと合わせたレシピです。

甘口で女子ウケするカクテルで、居酒屋やダイニングバーなどでもよく見かけますね。

 

フルーティでアルコール感を感じさせない味わいは、お酒初心者の入門用にもぴったり。

私も若い頃は好んで飲んでいました。

シンプルなレシピなので、家飲みでも気軽に楽しむことができるのがいいですね。

 

合わせるピーチリキュールは「ピーチツリー」が断然オススメ。

生の桃のようなフレッシュな風味で、サラリとした上品な甘さが特徴の銘柄です。

 

 

カンパリオレンジ

f:id:makersmark3565:20180911014339j:image

 

【材料】

カンパリ 45ml

オレンジジュース Full up


【作り方】

氷を入れたグラスに材料を注ぎ、ステアする。

 

イタリアのハーブリキュール、「カンパリ」と合わせたカクテルです。

 

その苦味の効いた味わいは、まさに違いの分かる大人の味わい。

カンパリは独特な風味があるので、敬遠する人も多いのですが、1度ハマると病みつきになりますよ。

ハーブの味わいには食欲増進の効果もありますので、食前酒として楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

カンパリについては別記事で詳しく解説しています。

オレンジとの相性がいいお酒なので、色々な飲み方を試してみてください!

 

www.green-alaska.com

 

メロンボール

f:id:makersmark3565:20180911032926j:image

 

【材料】

メロンリキュール 60ml

ウォッカ 30ml

オレンジジュース 60ml


【作り方】

氷を入れたグラスに材料を注ぎ、ステアする。

 

メロンリキュールとオレンジを合わせたレシピです。

 

甘口でボリューム感のある味わいは飲みごたえ十分。

メロンリキュールの定番レシピとして長年愛されているカクテルなんですが、定番なだけあってものすごく美味しいですね。

アルコール度数はそこそこあるのですが、それを感じさせないフルーティな風味を持っています。

 

このカクテルに使うメロンリキュールは、「MIDORI」がオススメです。

クリアで上品な味わいなので、幅広く使えるリキュールですよ!

 

www.green-alaska.com

 

テキーラサンライズ

f:id:makersmark3565:20180912103135j:image

 

【材料】

テキーラ 45ml

オレンジジュース 90ml

グレナデンシロップ 2tsp


【作り方】

氷を入れたグラスにテキーラとオレンジジュースを注ぎ、ステアする。

グレナデンシロップを静かに沈める。

 

赤とオレンジのグラデーションが綺麗なテキーラベースのカクテル。

元々はマイナーなレシピだったのですが、ロックバンドのローリングストーンズが公演中に絶賛したことで人気が高まったカクテルです。

 

テキーラは強くてキツいお酒の代名詞として知られていますが、このレシピだととても飲みやすくなりますね。

テキーラの青々しい風味とグレナデンの甘さ。

その風味には思わずウットリしてしまいます。

 

実は、私がテキーラを飲めるようになったキッカケもこのカクテル。

今では色々なテキーラを好んで飲むようになりました。

このカクテルを飲んで、同じようにテキーラを好きになってくれる方がいてくれたら嬉しいですね。

 

ドラゴンレディ

f:id:makersmark3565:20180912103146j:image

 

【材料】

ホワイトラム 45ml

オレンジジュース 60ml

グレナデンシロップ 2tsp

ホワイトキュラソー 1dash


【作り方】

氷を入れたグラスに材料を注ぎ、ステアする。

 

ラムとオレンジジュースを合わせたレシピです。

ややマイナーですが、好きなカクテルなので紹介してみました。

 

ラムの甘い香りとグレナデンの風味がなんとも心地よいカクテル。

先ほどのテキーラサンライズもそうなんですが、オレンジジュースとグレナデンシロップは相性がいいですね。

色味もキレイに仕上がるので、ぜひ覚えていただきたい組み合わせです。

 

どのようなラムを使っていいか分からない!という方は、ラムについての解説記事を見てみてください。

ちなみに私は今回、アプルトンのホワイトラムを使ってみました。

 

www.green-alaska.com

 

バレンシア

f:id:makersmark3565:20180911014400j:image

 

【材料】

アプリコットブランデー 40ml

オレンジジュース 20ml

オレンジビターズ 4dash


【作り方】

シェーカーに材料を入れてシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

 

杏が材料のアプリコットブランデーと合わせたショートカクテルです。

 

甘口でフルーティな風味で、アルコール度数も適度。

ちょっぴりノスタルジックで親しみのある味わい。

飲みやすく、とても美味しいカクテルです。

これは、特にショートカクテル飲み始めの方にオススメしたいレシピですね。

 

フレッシュオレンジを使って作ると、さらに素晴らしい味わいになります。

ぜひ一手間かけて作っていただきたいですね。

 

オレンジブロッサム

f:id:makersmark3565:20180911014408j:image

 

【材料】

ジン 30ml

オレンジジュース 45ml

パウダーシュガー 2tsp


【作り方】

材料をシェーカーに入れてシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

 

ジンとオレンジジュースを組み合わせた、人気のショートカクテル。

作り手によって分量が大きく変わるカクテルなのですが、今回は私がオススメの比率を紹介してみました。

 

このレシピは、スタンダードのレシピよりオレンジジュースが多めとなっています。

なので、味わいはフルーティで華やかな印象となります。

ジンを効かせたレシピも美味しいのですが、私はこちらの方が好みですね。

飲みやすい味わいとなっているので、女性の方にもオススメですよ!

 

合わせるジンは、フルーツと相性のいいタンカレーをオススメします。

タンカレージンについては別記事で特徴などを解説してますので、使ってみようかな?と考えている方はご覧になってみてください。

 

www.green-alaska.com

 

オリンピック

f:id:makersmark3565:20180912212928j:image

 

【材料】

ブランデー 20ml

オレンジキュラソー 20ml

オレンジジュース 20ml


【作り方】

材料をシェーカーに入れてシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

 

ブランデーとキュラソーを使ったショートカクテル。

甘口で華やかな味わいと強いオレンジの香り。

とても上品な風味のカクテルです。

 

味わいの傾向としては、先ほど紹介したバレンシアに近いものがありますね。

ただ、それよりも少しアルコール度数が高く、複雑な風味があるため、飲みごたえのある仕上がりとなっています。

 

ちなみにこのカクテル、こんな名前が付いているが故に、オリンピックの時期にバーでよく飲まれているそうなんです(笑)

たしかにこのネーミングはお客さんに勧めやすそうですね。

 

ブォン・ナターレ

f:id:makersmark3565:20180911014419j:image

 

【材料】

アプリコットブランデー 30ml

ブラッドオレンジジュース 20ml

カンパリ 10ml

シャンパン Full up

ミントの葉

砂糖(スノースタイル)


【作り方】

グラスのリムをレモンでなぞり、砂糖を付けてスノースタイルにする。

アプリコットブランデー、ブラッドオレンジジュース、カンパリをシェーカーでシェイクしてグラスに注ぐ。

シャンパンで満たして、ミントの葉を浮かべる。

 

ブォンナターレ=イタリア語でメリークリスマス。

その名の通り、赤、白、緑のクリスマスカラーが鮮やかなカクテルです。

 

このカクテルに使うのは、赤い果肉が特徴のブラッドオレンジ。

コクのある甘みと爽やかな酸味が特徴のオレンジです。

カンパリやアプリコットブランデーと合わせることで、甘苦い芳醇な味わいとなります。

 

ムードの出るカクテルなので、パーティシーンにもぴったりですね。

クリスマスパーティのお供として作ってみてはいかがでしょうか?

 

フレグラントブリーズ

f:id:makersmark3565:20180907044328j:image

 

【材料】

フレンチウォッカ 20ml

フレッシュオレンジジュース 30ml

蜂蜜 10ml

金木犀のハーブティー 60ml


【作り方】

ウォッカ、オレンジジュース、蜂蜜をシェーカーに入れて、よくステアした後に氷を入れてシェイクする。

氷を入れたグラスに注ぎ、金木犀のアイスハーブティーを静かに注ぐ。

飲む前に軽くステアする。

 

オレンジジュースと金木犀のハーブティーを合わせたオリジナルカクテルです。

金木犀は英語でfragrant olive。

その名に、金木犀の香りを運ぶそよ風のイメージを乗せて、fragrant breeze=心地よいそよ風という名前を付けてみました。

 

金木犀はオレンジに似た甘い香りがあるので、オレンジジュースとの相性が抜群。

そこに、上品な風味のフレンチウォッカと蜂蜜を合わせて、柔らかで優しい甘さに仕上げました。

 

余韻には、金木犀の華やかな香りがふわりと漂うカクテル。

アルコール感も控えめなので、誰にでも親しみのある味になっていると思います。

よろしければ材料を揃えて作ってみてください!

 

 

フレッシュな味わいのオレンジカクテル、あなたも自宅で楽しんでみては?

f:id:makersmark3565:20180911040523j:image

 

オススメのオレンジカクテルを色々と紹介してみました。

 

レシピや紹介文を見て気づいた方もいるかもしれないですが、オレンジはカクテルを飲みやすく、親しみのある味わいにしてくれるんですよね。

なので、カクテル飲み始めの方はオレンジジュースを使ったレシピから飲んでみるのがいいかもしれません。

色々なお酒との組み合わせを試すうちに、きっとカクテルが大好きになっているはずですよ!

 

 

オレンジの次は、他の果物との組み合わせを楽しんでみませんか?

フレッシュフルーツを使ったカクテルのレシピのまとめと、作るのに必要な道具についてはこちらから。

旬の果物を使ったカクテルを味わってみてください!

 

www.green-alaska.com

 

ビーフィーターは初心者向けのジンではない。私がそう思う理由について

ビーフィータージンとは?

f:id:makersmark3565:20180904220107j:plain

 

ジュニパーベリーが香るスッキリ爽やかな味わいの蒸留酒、ジン。

最近では色々な場所で気軽に飲むことができるようになり、私たちに親しみのあるお酒となりました。

近年のクラフトジンブームも相まって、「ジンを飲んでみようかな?」と考える人も増えてきたことでしょう。

 

そんなジン初心者とも言える人々によくオススメされている銘柄が、「ビーフィーター」

酒屋でも、ネット上でも「まずはじめに手にするべきジン」として推されている銘柄です。

ですが、本当にこの銘柄は初心者向けなのか?と改めて考えてみようというのが今回のテーマです。

 

先に結論を言ってしまいますが、ビーフィーターは初心者向けではなく、「ジンが好きな人のためのジン」であると私は思いました。

その理由について説明していきたいと思います。

 

 

ビーフィーターは定番のジン。だが、初心者にはドライすぎる。

ビーフィーターは数あるジンの中でも、もっともスタンダードな銘柄だと言えます。

ウォッカで例えるならスミノフ。

ラムで言えばバカルディのような位置づけですね。

 

 

知名度の高い銘柄なので、手にする人が多いですし、初心者にもよくオススメされています。

しかしこのビーフィーター、数あるジンの中でも特に辛口な味わいなんです。

甘みが少なめでキレがあり、ジンの特徴であるジュニパーの香りも強めに感じます。

 

もちろんそれが「ジンらしい味わい」ってことになるわけなんですが、初心者がいきなり飲んで美味しいものか?と考えると、私にはどうも疑問が残ります。

ジンに慣れていない状態で口にしても、その辛口な味とアルコール感だけが鼻についてしまうのではないか?と思うわけです。

 

実は、私がはじめて口にしたジンもビーフィーターでした。

その時はジントニックにして飲んでみたのですが、

「美味しいことは美味しい。でも少し癖がある味だな。」

という感想となってしまいました。

ジンの風味に慣れた今では、飲みごたえがあっていいお酒だと思うのですが、初心者のころは正直、少しキツく感じてしまいましたね。

 

それならば、他に飲みやすくて華やかな風味のジンがある。

私としては、そのような飲みやすいジンを初めに飲んでみることをオススメしたいのです。

 

 

では、どのようなジンがお酒初心者向きなのか?

f:id:makersmark3565:20180904221548j:plain

 

私が初心者にオススメしたいジンは、「柔らかな風味で飲みやすく、アルコール感が控えめなもの」

その条件に合ったジンの中で、比較的気軽に手に入るものが2つあります。

まず1つ目は「ゴードン ドライジン」という銘柄です。

 

 

このジンはビーフィーターと同じく、スタンダードな銘柄としてバーでよく使われています。

お値段は700ml 1000円ほどと、かなりリーズナブル。

ビーフィーターと同じ価格帯のジンになりますね。

 

味の方はビーフィーターと比べると、まろやかさがあります。

それでいてジュニパーがしっかりと香る重厚な風味。

飲みやすいのに、ジンらしい風味もしっかりと堪能することができます。

 

アルコール度数が少し控えめの37.5%のモデルがあるのも、初心者には嬉しいところですね。

ジンは47%ほどの度数のものが多いので、それと比べるとかなり飲みやすい仕上がりになっています。

ジントニックにするとスイスイ飲んでしまって、逆に飲みすぎちゃうなんてこともあるくらいですね(笑)

 

 

もう1つのオススメは「ヘンドリックスジン」という銘柄です。

こちらは製造に少し珍しい材料を使っています。

なんと、キュウリとバラで香り付けがされたジンなんです。

 

 

このジンの特徴は、とにかく爽やかな風味だということ。

口当たりはスムース、味わいはクリアー。

余韻には青草のような清々しい風味があります。

 

先ほどのゴードンがまろやか系なら、こちらはスッキリ系。

私が今まで飲んだ中では、一番口当たりがいいジンですね。

あまりお酒に強くない私でも、ストレートで飲めてしまうほどです。

 

ジントニックにした時の味も、これまた素晴らしいです。

まるで、草原で寝転んだような開放感。

喉に引っかかるような雑味や苦味は全くないので、こちらもスルスルと飲めてしまいますね。

 

ヘンドリックスジンについては、別記事で詳しい解説がしてあります。

こちらでは、ジントニックの他にも色々な楽しみ方を紹介しています。

このジンに興味が湧いた方は、ぜひ目を通してみてください!

 

www.green-alaska.com

 

 

ちなみに私の場合は…ジンにハマったきっかけは「タンカレーテン」

f:id:makersmark3565:20180904221527j:plain

 

お酒初心者向けのジンは、飲みやすいゴードンやヘンドリックスジンという結論を出しました。

しかし、味覚は人によって千差万別。

ジンにハマるキッカケになる銘柄がどれになるのか?というところまで突き詰めると、人それぞれで好みが変わってくると思います。

ちなみに私がジンにハマったキッカケは「タンカレー No.10」という銘柄でした。

 

 

この銘柄は、ジンらしい風味がとても濃厚。

アルコール度数も47度と高めなので、ある意味先ほど勧めたジンとは真逆の特徴を持つジンだと言えます。

 

しかし、私はその味わいに強く惹かれてしまいました。

クリアーで爽快感のある味わい、トニックと合わさった時のキレの良さ…。

プレミアムジンと呼ばれる銘柄なので、他のジンよりも少しだけ値段が高いのですが、とても美味しいジンです。

詳しい特徴とこの銘柄の良さについては、タンカレーの紹介記事でも語ってあります。

 

www.green-alaska.com

 

このように人によって美味しいと感じる銘柄はまちまち。

今回は初心者に特にオススメの2本を紹介しましたが、それを機に色々なジンに手を出してみることをオススメします。

 

タンカレーテンのような、"少しだけいいジン"に手を出してみるのもいいかもしれませんね。

最初にいいジンを飲めば、「ジンってこんなに美味しいお酒なのか!」とポジティブな印象を受けることでしょう。

「そのお酒を好きになりたいのなら、最初に飲むべきは安価な銘柄ではなく、少しだけ高価な銘柄がいい」

これは、ウイスキーや日本酒の世界でもよく言われている話ですよね。

 

プレミアムなジンとは言っても、ウイスキーのように高価なわけではなく、1本3000円前後で買うことができます。

ウイスキーだとクラスの高い銘柄は熟成期間が長いため、どうしても高価になってしまいます。

一方、ジンは熟成させないお酒なので、プレミアムな銘柄も安く買えるというわけなんです。

これは味わいのクオリティを考えると、かなりお得だと言えますね。

 

参考までに、私がオススメのプレミアムジンについて紹介しておきます。

興味が湧いた方は、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

 

www.green-alaska.com

 

 

まとめ

f:id:makersmark3565:20180904220148j:plain

 

・ビーフィーターは甘みが少なくドライな風味。初心者が口にするには辛口すぎるのでは?と私は思う。

・辛口なジンが苦手な方には、飲みやすいゴードンやヘンドリックスがオススメ。

・とはいえ人によって味覚はさまざまなので、できることなら色々なジンを飲んでみるのがいい。

・プレミアムジンのような、少し高価だが美味しいジンを最初に飲むのもアリ。

 

ジンは味に少し癖がありますが、一度好きになると色々な味わいを楽しむことができるようになります。

ジントニックが美味しかったら次はジンフィズ、その次はギムレット、マティーニとどんどん好きなカクテルが増えていくことでしょう。

 

最近はジンのような蒸留酒がジワジワと流行してきていますが、やはり世間の大半はビールやチューハイ派。

ジンを飲むという人はまだまだ少数派です。

なので、ジンが好きだ!という方が増えると、私としては仲間が増えるような感覚を覚えます。

この記事をキッカケにジンを美味しいと感じてくれる人が少しでも増えてくれたら嬉しいですね。

あなたにとって、お酒の世界が拡がるキッカケになるようなジンが見つかることを祈っています。

 

お好みのジンが見つかったら、色々な飲み方を試してみましょう。

私がオススメのジンベースのカクテルを紹介しますので、こちらもよろしければ見てみてください。

 

www.green-alaska.com

 

フレッシュな梨を使った本格カクテルのレシピ5種を紹介します

梨を使ってカクテルを作ってみよう!

f:id:makersmark3565:20180903002745j:plain

 

秋の代表的な果物と言えば、梨ですね。

みずみずしくほんのり甘い味わいと芳醇な風味。 

梨は好きですか?という質問に60%以上の人が好きだと答えたというデータもあるそうですね。

日本人に非常に人気の高い果物だと言えます。

 

そんな梨をそのまま食べるだけではなく、オシャレにカクテルにして楽しんでみませんか?

というわけで今回は、フレッシュな梨を使ったカクテルのレシピを紹介したいと思います。

 

梨のカクテルはほんのり甘く、みずみずしい味わい。

手前味噌ですが、今回紹介するレシピはどれも過去最高レベルに美味しかったです!

みなさんにもぜひ作ってもらいたいですね。

 

 

梨の旬はいつ?店頭に並ぶのは何月から?

f:id:makersmark3565:20180903002955j:plain

 

梨の旬は8月から9月です。

スーパーなど店頭に並ぶのは7月から10月頃までですね。

品種によって旬の時期が少し違うのですが、9月前後の果物だと覚えておけばいいでしょう。

 

短い時期だけの、まさに「旬の味覚」ともいうべきな果物なので、この時期を逃さずに味わいたいものです。

値段は一般的な品種ですと、1個150円〜200円とお手頃価格。

秋は美味しいものが安く買えちゃうのが嬉しいところですよね。

 

 

梨を使ったカクテルのレシピ

それでは、梨を使ったカクテルのレシピを紹介したいと思います。

梨味のお酒、というのはバーの世界ではなかなか見ないので、少々特殊な素材であると言えますね。

 

しかし、実際にカクテルにしてみると洋酒との相性は抜群でした。

特にジン、ラムとの組み合わせが素晴らしかったですね。

ぜひトライしてみてください!

 

梨のジントニック

f:id:makersmark3565:20180902221946j:image

 

【材料】

ジン 30ml

梨(すりおろし) 1/4個

レモンジュース 1tsp

シュガーシロップ 1tsp

トニックウォーター Full up

 

【作り方】

シェイカーにトニックウォーター以外の材料を入れてシェイクする。

グラスにシェイクしたカクテルを氷ごと入れて、トニックウォーターで満たす。

軽くステアして、お好みで梨のスライスを飾る。

 

すりおろした梨を果肉ごと加えた、リッチなカクテルです。

芳醇な梨の風味に炭酸の爽快感。

ほのかな甘さで心地よい味わいですね。

みずみずしい風味で秋の装いを感じさせます。

これは梨が好きな人にはたまらないんじゃないでしょうか?

 

ちなみに今回使用したジンはボンベイサファイア。

梨の味との相性がいいと聞いていたのですが、噂通りでしたね。

口当たりも優しいので、上品な味に仕上げることができました。

 

ボンベイサファイアについては、ジンベースカクテルの記事で特徴を詳しく解説しています。

このジンを使ってみようかな?と考えている方は、目を通してみてください。

 

www.green-alaska.com

 

ちなみにこのカクテル、シェイカーを使わなくても美味しく作ることができました。

 

【シェイカーを使わない作り方】

トニックウォーター以外の材料を氷を入れたグラスに入れて、よくステア。

その後、トニックウォーターでグラスを満たして軽くステア。

 

シェイカーを持っていない!という方にはこちらのレシピをオススメします。

シェイクのレシピよりジンの味わいが強めになるので、気になる方はジンの分量を20ml程度まで減らしてみてください。

 

梨のギムレット

f:id:makersmark3565:20180829224017j:image

 

【材料】

ジン 30ml

梨 1/6個(すりおろし)

コアントロー 1tsp

シュガーシロップ 1tsp

 

【作り方】

梨をすりおろして絞り、ジュースにする。

他材料とともにシェイカーでシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

 

梨を使ったギムレットスタイルのカクテルです。

今度は、口当たりのいい上品なカクテルにするために梨を絞った果汁のみを使います。

 

こちらも素晴らしい味わいですね…。

ジンと梨の風味が一切の違和感もなく調和しています。

これは、もしかしたら今まで作ったフルーツカクテルの中で一番美味しいレシピかもしれないですね。

飲んで思わず声が出たカクテルは久々でした(笑)

 

こちらも先程のレシピと同じく、ボンベイサファイアで作るのがオススメです!

梨+ボンベイサファイアの組み合わせは自分の中では定番となりそうです。

 

梨のシャンパンカクテル

f:id:makersmark3565:20180902221930j:image

 

【材料】

梨(すりおろし) 1/4個

シュガーシロップ 1tsp

シャンパン Full up

 

【作り方】

グラスにすりおろした梨、シュガーシロップを入れてシャンパンで満たし、軽くステアする。

 

お手軽なレシピを紹介します。

梨とシャンパンを合わせたシンプルなカクテルです。

 

みずみずしい梨の風味とシャンパンが合わさると、フレッシュ感が生まれてリッチなカクテルとなります。

混ぜるだけのレシピなんですが、特別感のある味わいですね。

もちろん高価なシャンパンではなく、スパークリングワインを使っても美味しいですよ。

開けてから少し時間が経ってしまったものを、美味しく飲む手段としてもオススメです!

 

梨のフローズンカクテル

f:id:makersmark3565:20180902221921j:image

 

【材料】

ホワイトラム 30ml

梨(冷凍) 1/4個

青リンゴリキュール(林檎酒) 1tsp

 

【作り方】

梨の皮剥いて冷凍する。

ブレンダーに材料を入れてミックスし、グラスに注ぐ。

お好みでミントの葉を飾る。

 

凍らせた梨とラムを合わせて作るフローズンカクテルです。

シンプルですが一応、筆者オリジナルのレシピとなります。

ちょっとオリジナルのレシピでやってみたくて、色々試しながら考えてみました。

 

今回は、風味の補強とほのかな酸味を足すために林檎酒(リンチンチュウ)というリキュールを使ってみました。

 

 

できあがったカクテルは、甘口でみずみずしい味わいに。

梨の風味が濃厚なのがいいですね。

梨は冷やしても甘みが落ちない果物なので、フローズンカクテルを作る際はクラッシュドアイスを加えるより、梨を凍らせるのがベターだと私は思います。

 

梨の味わいを生かした美味しいカクテルです。

みなさんもぜひ作ってみてください!

 

梨のカルヴァドスカクテル

f:id:makersmark3565:20180904015330j:plain

 

【材料】

カルヴァドス 30ml

梨(すりおろし) 1/4個

シュガーシロップ 2tsp

レモンジュース 1tsp

 

【作り方】

梨をすりおろして絞り、ジュースにする。

材料をシェイカーに入れてシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

 

リンゴで作るブランデー「カルヴァドス」と梨を合わせたレシピです。

カルヴァドスはリンゴだけではなく洋梨を30%ほど加えて作られることが多いので、梨との相性がいいお酒です。

 

リンゴと梨の風味がかけ合わさって、とてもフルーティでみずみずしい味わい。

このカクテルも、思わずため息が漏れてしまうような素晴らしい味ですね…。

深みを感じる甘口な仕上がりなので、アフターディナーカクテルにぴったりです。

 

ちなみに参考にしたレシピでは、「オードヴィードシードル」という熟成していないカルヴァドスを使うことが推奨されていました。

 

 

こちらを使うと梨の味わいがより引き立つのだそうです。

私は今回、一般的なカルヴァドスを使いましたが、味を高めたい方は使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

みずみずしい味わいの梨カクテル。あなたも自宅で作ってみませんか?

f:id:makersmark3565:20180903002925j:plain

 

いやー、梨のカクテルはどれも素晴らしい味わいでした。

これほど美味しいカクテルを飲んだのは久々かもしれません。

やはり、生の果物を使ったカクテルはいいものですね。

 

お酒と一緒にグラスで混ぜるだけのカクテルでも本格的な味わいになります。

みなさんもぜひ、旬の時期に作ってみてください!

 

 

この他のフルーツを使ったカクテルのレシピのまとめと、作るのに必要な道具についてはこちらから。

旬の果物を使ったカクテルを楽しんでみてください!

 

www.green-alaska.com

 

爽やかでフレッシュな味わい!「タンカレージン」の魅力と楽しみ方を紹介!

タンカレージンとは?

f:id:makersmark3565:20180827211039j:image

 

あなたのお好みのジンはどんな味わいですか?

ジュニパーの効いたドライなジン?それとも華やかで優しい風味のジンでしょうか?

 

ジンには銘柄によって色々な味わいのものがありますが、中でも爽やか系が好きな方はご傾注。

今回は爽やか系ジンの代表格である、「タンカレージン」にスポットを当ててお話ししたいと思います。

 

「タンカレーはよく知っているし、嫌というほど飲んだよ」という方も、ぜひ最後まで読んでみてください。

タンカレーについて深く知ることができれば、あなたが飲んでいる、"いつものジントニック"がさらに美味しくなるはずですよ。

  

 

タンカレージンの特徴、味について

f:id:makersmark3565:20180827211154j:plain

 

タンカレージンは、フレッシュで爽やかな味わいが特徴となっています。

口当たりは軽やかでスムース。

香りは少し控えめで、洗練された上品な印象があります。

 

つまりタンカレーはどちらかというとスッキリ系のジン、ということになりますね。

苦味の効いたジンより、繊細な味わいのジンが好きだ!という方にはピッタリの銘柄です。

 

そのタンカレーの味わいを生み出しているのが、独自の蒸留方式。

アルコールの純度を上げるために3回、そしてボタニカルの香りを付けるために1回、計4回の蒸留を行なっています。

複数回の蒸留を行うことで、純度の高い澄みきった味わいを作り出している、というわけですね。

 

使用されているボタニカルは、ジュニパーベリー、コリアンダー、アンジェリカを中心に20種類以上。

世界各国から厳選したものだけを使って、その豊かな香味を生み出しています。

ちなみに、具体的な配合は企業秘密なんだそうです。

 

 

タンカレージンの使い方

f:id:makersmark3565:20180827212404j:plain

 

数あるジンの中からタンカレーを選ぶとき、それはどんなときなのか?

私のオススメの使い方は次の2つです。

 

・カクテルをクリアーな味わいに仕上げたいときに使う。

・フレッシュフルーツを使ったカクテルに使う。

 

まずはスタンダードのカクテルに使う場合。

タンカレーはスッキリと爽やかなジンなので、カクテルの仕上がりがクリアーな印象となります。

なので、サッパリ系のカクテルに使うとうまくいくことが多いですね。

 

重厚感のある仕上がりにしたいときはゴードン、ドライに仕上げたいときはビーフィーターなどを使う方がベターでしょう。

その辺りのジンの使い分けの話については、ジンベースカクテルの記事で詳しく解説がしてあります。

 

www.green-alaska.com

 

次にオススメなのが、オレンジなどのフルーツジュースと組み合わせること。

タンカレーの爽やかな味わいはフルーツの味とよく調和してくれます。

中でもフレッシュフルーツとのペアリングは素晴らしいですね。

果物のフレッシュ感を損なうことなく、ピシッと芯の通った味わいを作り出すことができます。

 

具体的な組み合わせについてはこのあとに紹介しますが、より詳しく知りたい方はフレッシュフルーツのまとめ記事をご覧になってください。

 

www.green-alaska.com

 

 

タンカレージンの味わいを生かしたオススメのカクテル

それでは、タンカレーの具体的な使い方について紹介したいと思います。

タンカレーは癖のない味わいなので、ジンのベンチマークとして使うのもオススメです。

どのようなカクテルにも違和感なく合わせることができますが、その中でも私が特に美味しいと思うものを紹介します!

 

ジンソニック

 f:id:makersmark3565:20180825143303j:image

 

【材料】

タンカレージン 45ml

炭酸水 45ml程度

ライム くし切り1/4個

トニックウォーター Full up

 

【作り方】

グラスに氷を詰めてジンを注ぎよくステアする。

ライムを絞り、そのまま果肉をグラスに落とす。

トニックウォーターをグラスの8分目ほどまで入れて、続けて炭酸水を注ぐ。

最後に軽くステアする。

 

ジントニックじゃなくてジン「ソニック」?

誤字ではないですよ。ちゃんとこう呼ばれるカクテルがあります。

ジンソニックとはジントニックに炭酸水を少量加えたカクテルのことです。

ジントニックのソニックスタイル、なんて言ったりもしますね。

 

トニックが少し減ってソーダが加わる分、スッキリ爽やかな味となります。

タンカレーで作るとこれがまた美味しい。

薄まった、という印象はどこにもなく、突き抜けるような爽やかさのカクテルとなります。

 

ただ、やはり炭酸水の入れすぎには注意ですね。

全体の1/5量ほど。ほんの少しだけ加えるようにしてみてください。

 

オレンジブロッサム

 f:id:makersmark3565:20180825143333j:image

 

【材料】

タンカレージン 40ml

オレンジジュース 20ml

 

【作り方】

材料をシェーカーでシェイクして、カクテルグラスに注ぐ。

 

ジンとオレンジジュースをミックスしたシンプルなカクテル。

このカクテルの起源はアメリカの禁酒法時代。

粗悪なジンの匂いをごまかすために、オレンジジュースを混ぜたのが始まりだと言われています。

 

そのような出で立ちのカクテルですが、現代の洗練されたジンで作ると、とても美味しくなります。

数あるジンの中でもタンカレーは特に相性がいいですね。

オレンジの味わいと上手く調和してくれます。

 

市販のオレンジジュースを使って作ってもいいのですが、生のオレンジを絞って作るとさらに美味しくなりますよ!

ぜひ一度お試しください。

 

ストロベリーマティーニ

f:id:makersmark3565:20180825143344j:image

 

 【材料】

タンカレージン 45ml

クランベリージュース 15ml

イチゴ 2〜3粒

 

【作り方】

ボストンシェイカーに材料を入れイチゴをペストルで潰す。

氷を入れてシェイクし、バーズネストで漉しながらカクテルグラスに注ぐ。

 

生のイチゴを使ったマティーニスタイルのカクテル。

ジン+フルーツの組み合わせは近年、バーの世界で流行中のレシピですね。

そのようなカクテルにうってつけなのがタンカレージン。

フレッシュ感のある香りと味わいを持っていますので、材料同士がうまく調和してくれます。

 

今回はイチゴで作るレシピを紹介しましたが、その他のフルーツで作るのもオススメです。

ブドウ、キウイ、梨、桃など、お好みの季節の果物で作ってみてください!

 

タンカレーフォレスト

 f:id:makersmark3565:20180825143404j:image

 

【材料】

タンカレージン 20ml

メロンリキュール 10ml

グレープフルーツジュース 25ml

レモンジュース 5ml

アンゴスチュラビターズ 1dash

ミントの葉


【作り方】

材料をシェイカーに入れてシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

ミントの葉を飾る。

 

1993年に開催されたタンカレーカクテルコンペの優勝作品。

タンカレーの良さを生かして作られただけあって、とても素晴らしい味わいとなっています。

 

清々しい香り、ほろ苦く奥深い風味。

その名の通り、森を彷彿とさせるフレーバーとなっているのが面白いですね。

スタンダードのカクテルではないのですが、個人的にお気に入りのレシピです。

 

 

タンカレーのバリエーション、それぞれの銘柄の味の違い

タンカレーには色々なバリエーションがあります。

基本の銘柄、プレミアム版、独自の素材を使って作られるものなどなど。

 

そこで、ここからはそれぞれの銘柄の味の違いと特にオススメの銘柄について解説したいと思います。

ジントニックにして飲まれる方が多いと思いますので、そちらについての味の違い、オススメの作り方なども紹介してみようかと思います。

お好みの銘柄を探す際の参考にしてみてください!

 

タンカレー ロンドン ドライジン

 

タンカレーの基本となる銘柄。

前述の通り、爽やかさを感じる香り、スッキリした味わいが特徴のジンです。

プレミアムな味わいながら、比較的安価でかえてしまうのも嬉しいところ。

 

まだタンカレーを口にした事がないという方は、まずこの銘柄から。

「基本のジン」としてさまざまなカクテルのベースに使ってみてください。

 

ジントニックにすると…

・爽やかでフレッシュ感のある味に

・ウィルキンソンのトニックが好相性

 

タンカレーのジントニックは世界中で親しまれている、バーでの定番とも言える一杯です。

その味わいは爽やかでフレッシュ。

苦味、酸味、甘みのバランスがよく、スイスイ飲める心地よいカクテルとなっています。

 

スタンダードのタンカレーには、柔らかな味わいのウィルキンソントニックがよく合いますね。

スッキリとした優しい味わいに仕上げるのがオススメです。

 

 

タンカレー No.10

 

タンカレーのプレミアム版といった位置付けの銘柄。

「タイニーテン」と呼ばれる古くからある蒸留器を使って、時間をかけて蒸留することで質の高いクリアーな味わいを作り出しています。

 

ボタニカルにはオレンジ、グレープフルーツ、カモミール、そして生のジュニパーベリーなどが使われています。

その風味はフレッシュで奥深く、通常版のタンカレーとはうってかわって重厚な印象となっています。

ジンの旨味とも言える香味成分が、ギュッと凝縮されたような感じです。

 

タンカレーがドリップコーヒーなら、タンカレーテンはさながらエスプレッソのよう。

プレミアムジンの中でも非常に人気の高い銘柄なのですが、実際に口にするとその理由が分かりますね。

 

ジントニックにすると…

・刺激的でクリアーな味わいに

・シュウェップスのトニックが好相性

 

通常版のタンカレーよりも深みのある味わいなので、苦味の効いたシュウェップスのトニックと合わせるのがベターです。

爽やかで刺激的、余韻には突き抜けるようなフレッシュさ。

このジントニックは夏に飲みたくなる味わいですね。

 

 

タンカレー ラングプール

 

あまり市場に出回っていないので少し手に入れづらいのですが、個人的にイチオシの一本。

ジン好きの間でもちょくちょく話題になっていて、知る人ぞ知る銘柄といった感じです。

 

こちらは柔らかな口当たりと、柑橘の効いた華やかな味わいが特徴となっています。

その味わいの秘密はやはりボタニカル。

定番のジュニパーやコリアンダーの他に、ラングプール、ジンジャー、ベイリーフなど独特のボタニカルが使われています。

このジンの名前の元となっているラングプールは、小ぶりなサイズのオレンジ色の柑橘類。

見た目はミカンやオレンジに似ていますが、味はライムに近く、とても酸っぱい果物なんだそうです。

 

その味わいはカクテルに上品で華やかなフレーバーをもたらしてくれます。

飲み口がとてもスムースなので、マティーニに使うのもオススメですね。

なんなら、ストレートで飲んでもとても美味しいですよ。

 

ジントニックにすると…

・柑橘感がやや強めの華やかな味わいに

・フィーバーツリーのトニックが好相性

 

華やかで柑橘感溢れる味わい、柔らかな口当たり。

ラングプールはライムとの調和感が素晴らしいんですよね。

正直、これを超えるジントニックってなかなか作れないんじゃないか?と私は思っています。

ジントニック好きの方にはぜひ飲んでいただきたい至高の一杯。筆者オススメです!

 

プレミアムなジンには、やはりプレミアムなトニックがよく合いますね。

ぜひフィーバーツリーのトニックと合わせて、特別な一杯を楽しんでみてください。

 

 

 

さいごに

f:id:makersmark3565:20180827211108j:image

 

スタンダードなジンとして使い勝手のいいタンカレージン。

こうして深掘りしてみると、普段は気付かない魅力がどんどん出てきますね。

今まで「なんとなく」でジンを選んでいた方は、これを機に銘柄にこだわってみてはいかがでしょうか?

 

タンカレーを飲んでジンにハマった!という方にはプレミアムジンやクラフトジンもオススメですよ。

職人のこだわりを反映させた高品質のジンは、志向の一杯を求める方にはぴったり。

 

タンカレーが好きな方であれば、同じくスッキリ系のヘンドリックスジンなんかがオススメですね。

こちらはキュウリとバラで香り付けがされた、個性的なジン。

なかなか面白い味わいになっていますので、興味が湧いた方はぜひ手にとってみてください。

 

www.green-alaska.com

 

その他のクラフトジン、プレミアムジンの紹介記事はこちらになります。

個性的な味わいのものが多いので、どれを飲んでも楽しめること間違いなしです!

 

www.green-alaska.com

 

パルフェタムール(バイオレットリキュール)で作るカクテルとオススメの銘柄を紹介

甘く魅惑的な香りのパルフェタムール。オススメの銘柄と飲み方を紹介します

 f:id:makersmark3565:20180818025718j:image

 

「飲む香水」とも称される、甘く魅惑的なフレーバーを持つリキュール、パルフェタムール。

日本ではその鮮やかな紫色から、「バイオレットリキュール」とも呼ばれていますね。

バーの世界ではカクテル作りに欠かせない、定番のリキュールとなっています。

 

今回はこのパルフェタムールの楽しみ方と、オススメの銘柄を紹介していきたいと思います。

カクテルブックなどにはあまり載っていない創作レシピも紹介しますので、自宅で作る時やバーでのオーダーの際に参考にしてみてください!

 

 

パルフェタムールとは?その原料について

f:id:makersmark3565:20180818024130j:plain

 

では、パルフェタムールとはどんなリキュールなのか?

一口飲んだだけでは何の味なのか分かりづらいお酒なので、まずはその原料について解説したいと思います。

 

パルフェタムールの主な原料はオレンジなどの柑橘類。

それにニオイスミレ、バラ、アーモンド、バニラなどの材料を使って作られています。

中でもニオイスミレはパルフェタムールの象徴とも言うべき素材ですね。

パルフェタムールの独特の風味と鮮やかな紫色は、このニオイスミレによって生み出されています。

 

つまりパルフェタムールはフラワー系のリキュールという事になりますね。

古くからあるお酒なので、さまざまなカクテルに幅広く使われています。

 

 

パルフェタムールはどんな味がするのか?

f:id:makersmark3565:20180818024643j:plain

 

パルフェタムールは華やかで甘い香りと味わいを持っています。

銘柄によって多少違いはあるのですが、バニラやニオイスミレ、そしてオレンジのフレーバーが特によく感じられますね。

酸味はまったくなく、甘さが際立っています。

 

飲んだときに印象に残るのは、味よりもその独特の香りですね。

まさに「パルフェタムール=完全なる愛」というイメージにピッタリの香り。

香水というよりはオーデコロンの香り、と言ったほうがイメージしやすいでしょうか?

フリルの付いたドレスを着たご婦人から漂ってきそうな感じです(笑)

 

 

パルフェタムールを使ったカクテルとそのレシピ

それでは、パルフェタムールの飲み方を紹介していきたいと思います。

パルフェタムールは甘口のリキュールです。

なので、ドライなカクテルよりもしっかりと甘みが付いたものが好きだ!という方は気にいるものが多いかと思います。

 

今回、カクテル作りには少し珍しいパルフェタムールを使ってみました。

そちらについてはカクテル紹介のあとで!

 

 

バイオレットフィズ

f:id:makersmark3565:20180808212733j:image

 

【材料】

パルフェタムール 45ml

レモンジュース 10ml

シュガーシロップ 1tsp

炭酸水 Full up

 

【作り方】

シェーカーに炭酸水以外の材料を入れてシェイクする。

氷を詰めたグラスに注ぎ、炭酸水で満たして軽くステアする。

 

バイオレットリキュールを使った定番のロングカクテルです。

30年ほど前に日本で流行したカクテルなので、懐かしいと感じる方もいるかもしれませんね。

 

パルフェタムールは味にも香りにも濃厚な甘さがありますが、このレシピだとスッキリとした味わいで楽しむことができます。

ジンを加えたりするレシピや、ビルドで作るレシピも存在しますが、私はこの作り方が1番好みですね。

パルフェタムールを手に入れたら、まずはこのカクテルを作ってみましょう!

シェイクせずにビルドで作っても十分に美味しいので、シェーカーを持っていない方もぜひ作ってみてください。

 

ブルームーン

f:id:makersmark3565:20180803011247j:image

 

【材料】

ジン 30ml

パルフェタムール 20ml

レモンジュース 10ml

 

【作り方】

材料をシェーカーに入れて優しくシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

 

パルフェタムールを使った代表的なカクテルが、このブルームーン。

パルフェタムールの甘さが、ジンとレモンによってキリッと引き締められたような味わいです。

香りも華やかで複雑。

ショートカクテルらしい飲みごたえもしっかりとあって、これは定番になるのも頷ける味ですね。

 

合わせるジンの銘柄については、ジンベースのカクテル紹介記事を参考にしてみてください。

ちなみに、私のオススメはボンベイサファイア。

柔らかでハーバルな風味がパルフェタムールとよく合います。

 

www.green-alaska.com

 

ラベンダーシロップのブルームーン

 f:id:makersmark3565:20180807234322j:image

 

【材料】

ジン 30ml

パルフェタムール 15ml

レモンジュース 10ml

ラベンダーシロップ 10ml

 

(ラベンダーシロップの作り方)

鍋に水200mlを入れて火にかけて沸騰させる。

火を止めて、ドライラベンダー20gを入れて蓋をし、3分ほど蒸らす。

ラベンダーを取り除き、煮出した汁を再び火にかけて半量になるまで煮詰める。

火を止めて、グラニュー糖100gを入れてよく溶かす。

レモンジュース5mlを入れて(保存のため)完成。

 

【作り方】

材料をシェーカーに入れて優しくシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

 

ブルームーンのツイスト(アレンジ)レシピを紹介します。

自家製のラベンダーシロップを使ったレシピです。

 

通常のブルームーンと比べると、より華やかで柔らかな仕上がりとなっていますね。

スミレとラベンダーの香りも相性がよく、リラックス効果も倍増。

いや〜、これは癒されますね。

 

ラベンダーには沈静、安眠効果もあるのでナイトキャップとしてもオススメの一杯です。

作ったシロップはシンプルにソーダで割って飲んでも美味しいですよ!

 

ジュテーム

 f:id:makersmark3565:20180809085559j:image

 

【材料】

パルフェタムール 20ml

白ワイン 40ml

クラッシュドアイス

 

【作り方】

グラスにクラッシュドアイスを入れて、材料を注ぎステアする。

 

白ワインと合わせたシンプルな飲み方です。

少し珍しいのは、クラッシュドアイスを使っているところ。

このような飲み方は「ミストスタイル」と呼ばれています。

カクテルがキリッと冷えますので、暑い時期には特にオススメの飲み方です。

 

味の方は、控えめな甘さで上品な印象ですね。

ワインのふくよかさとパルフェタムールがよく合っています。

キンキンに冷えていますが、パルフェタムールの香りはしっかりと香り、余韻を華やかに彩ってくれています。

 

ワインに甘みを加えるレシピなので、辛口の白ワインなんかはよく合いますね。

私は今回、高コスパの定番ワインのコノスルで作りました。

このワインの特徴については、ワインの解説記事で紹介していますので、よろしければご覧になってみてください。

 

www.green-alaska.com

 

 アズール

f:id:makersmark3565:20180814062341j:image

 

【材料】

ウオッカ 40ml

パルフェタムール 20ml

ブルーキュラソー 1tsp

レモンジュース 1tsp

 

【作り方】

材料をシェーカーに入れてシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

 

azur(フランス語で青)という名のカクテルです。

ウォッカと合わせたシンプルなレシピなので、パルフェタムールの良さを存分に味わうことができますね。

パルフェタムールの香りと甘さが、ふくよかになったような味わい。

カクテルの色も青紫色でとても鮮やか。

見た目も味も優等生なカクテルですね!

 

このカクテルに使うウォッカの銘柄に悩む方は、ウォッカの解説記事を参考にしてみてください。

私は今回、カクテル名のイメージからフランス製のウォッカ、グレイグースを使ってみました。

 

www.green-alaska.com

 

パッセンジャーリスト

f:id:makersmark3565:20180815000014j:image

 

【材料】

ブランデー 15ml

ジン 15ml

パルフェタムール 15ml

シャルトリューズ ジョーヌ 15ml

ペルノー 1dash

 

【作り方】

材料をシェーカーに入れてシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

 

度数の高いお酒のみを使った、少し上級者向けのカクテルです。

材料と仕上がりの色を見て、なんとも飲みづらそうなカクテルだ…と思うかもしれません。

ですが実際に飲んでみると、意外と甘口で香りもよく、美味しくいただくことができます。

 

度数も強いですし人を選ぶカクテルだと言えますが、ハーバルな風味のものが好きだという方にはたまらないでしょうね。

シャルトリューズとパルフェタムールの香りの掛け合わせの妙を味わってみたい方は、ぜひトライしてみてください。

 

このカクテルに使っているシャルトリューズジョーヌの特徴と、その他の楽しみ方についてはこちら。

ジョーヌよりも刺激的なフレーバーを求める方には、緑のシャルトリューズ「ヴェール」もオススメですよ!

 

www.green-alaska.com

 

パザパ

 f:id:makersmark3565:20180814062354j:image

 

【材料】

フレンチウォッカ(グレイグース) 40ml

ゼラニウムウォーター 20ml

パルフェタムール 10ml

レモンジュース 1tsp

レモンピール

 

【作り方】

材料をシェーカーに入れてシェイクする。

カクテルグラスに注ぎ、レモンピールをする。

 

ゼラニウムという花から抽出したフレーバーウォーターを使った、ウォッカマティーニのアレンジカクテルです。

カクテル名はフランス語で「一歩一歩進んでいく」という意味となります。

創作者は数々のカクテルコンペティションの受賞歴を持つ、バー「石の華」石垣忍氏。

 

これは美味しいですね!

今回初めて作ってみたのですが、私はかなり気に入りました。

斬新かつ優雅な香り、上品さを感じる一体感のある仕上がり。

華のマティーニ、と言った表現がよく似合う味わいですね!

 

ゼラニウムウォーターは実店舗にはほとんど置いてありませんが、amazonなどで手軽に買うことができます。

食用のものと、化粧水などの美容目的に使うものがありますので購入の際には少し注意してください。

 

 

 

パルフェタムールのオススメ銘柄

パルフェタムールの楽しみ方が分かったところで、オススメの銘柄を紹介したいと思います。

 

「パルフェタムールなんて何を使っても大差ないでしょ?」

と思う方もいるかもしれないですが、実際に飲み比べてみるとかなり味の違いがありますね。 

そうなると、当然カクテルの仕上がりも変わってきます。

それぞれの銘柄の特徴についてまとめましたので、完成したカクテルの味をイメージしながら選んでみてください!

  

ボルス パルフェタムール

 

パルフェタムールの定番銘柄と言えるのが、このボルスです。

よく流通してますので、お手軽に手に入れることができるのがメリットですね。

お値段も手頃な感じです。

 

味わいは、適度な甘みでクリアな印象。

香りも自然でほどよく、まさにスタンダードなパルフェタムールといったところです。

カクテルをサッパリと自然に仕上げたいという方にオススメの銘柄ですね。

 

実際のバーでも、この銘柄を使っているところがほとんどです。

パルフェタムールを味わったことが無いという方は、まずはベンチマークとしてボルスを手にしてみるのはいかがでしょうか?

 

 

マリーブリザール パルフェタムール

 

ボルスに次いでメジャーな銘柄なのが、このマリーブリザールのパルフェタムール。

こちらはボルスとは打って変わって、濃厚な香りと甘みが特徴です。

特に香りは伸びもよく、バイオレットフィズなどのロングカクテルにしてもしっかりと香ってくれますね。

まるでマダムの香水のような甘々な香りです。

 

なので、パルフェタムールらしい甘い仕上がりのカクテルを作りたい時にはこちらの銘柄をオススメします。

少しオーバーシェイクしてしまっても、しっかりと風味が残るので、まだショートカクテルを作り慣れていないという方にもいいかもしれませんね。

 

ちなみに、このパルフェタムールの色は青色と解説してあるところが多いのですが、原色感の薄い紫というほうがしっくりきますね。

そのため、作るカクテルによっては灰色に近い色味になることもあります。

なので、鮮やかな紫色を期待する方は少し注意が必要かもしれません。

 

メラーナー パルフェタムール

 

あまり一般的ではないのですが、個人的にイチオシの銘柄です。

カクテル好きの方々の間で非常に評判が良かったので自分も買ってみたのですが、すっかりハマってしまいました。

正直言って、この記事はメラーナーのパルフェタムールを紹介したくて書いた、みたいなところがあります(笑)

 

まず、このパルフェタムールは発色が素晴らしいです。

今回、紹介したカクテルなんですが、なんだか見た目がキレイな気がしませんでしたか?

それは、このメラーナーのパルフェタムールを使って作られたものだからなんです。

 

f:id:makersmark3565:20180809152006j:imagef:id:makersmark3565:20180809152012j:image

 

一枚目の画像がボルスのパルフェタムールを使ったブルームーン、二枚目がメラーナーを使ったものです。

実際に比較するとよく分かりますね。

その深い紫色は伸びもよく、ロングカクテルにしても鮮やかさが残ります。

 

次に味わいについて。

オレンジのフレーバーが他の銘柄よりもやや強めで、華やかで上品な仕上がりとなっています。

口当たりも柔らかで、ストレートでもスイスイ飲めちゃいますね。

ナチュラルな仕上がりですが、こちらも伸びがいいのでカクテルにしてもニオイスミレの風味をしっかりと味わうことができます。

 

メラーナーは他の銘柄に比べてほんの少しだけ高価なんですが、このクオリティを考えればかなりお得な部類ですね。

カクテルのクオリティを引き上げたいという方には、ぜひ手に取ってもらいたいです!

少し長くなってしまって恐縮ですが、それくらいオススメだということで(笑)

 

 

パルフェタムールでフォトジェニックなカクテルを楽しもう!

f:id:makersmark3565:20180818025135j:plain

 

華やかな香りと甘い味わいのリキュール、パルフェタムール。

その香りに癒されるのもよし、甘い味わいを愉しむのもよし。

鮮やかな紫色は写真映えもしますから、目で見て、SNSなどでシェアして楽しむのもいいですね。

まずは簡単に作れるカクテルから、このリキュールを楽しんでみてください!

 

写真映えするリキュールとしては赤のカンパリ、黄色のスーズ、緑のMIDORIなんかもオススメです(笑)

もちろんどのリキュールも、見た目だけではなく味も素晴らしいので気になった方は手にしてみてください!

 

www.green-alaska.com

www.green-alaska.com

www.green-alaska.com

 

定番から創作レシピまで!ジンベースのカクテルのまとめ

ジンを使ったカクテルにはどんなものがあるのか?オススメを紹介します

f:id:makersmark3565:20180802205516j:plain

 

みなさんは、お酒の中でどれが一番好き?と聞かれたらなんと答えますか?

私は「ジン」であると即答します。

初めてバーで飲んだジントニックの味は衝撃的で、今でも忘れがたい思い出となっています。

ジンは私をカクテルの世界に引き込んだスピリッツで、今でもとても好きなお酒です。

 

この記事では数あるジンベースのカクテルの中で、今まで私が実際に飲んでみて素直に「美味しい!」と思ったものを紹介したいと思います。

定番のスタンダードカクテルから、海外で人気のレシピ、カクテルブックに載っていない珍しいレシピまで。

幅広く紹介しますので、バーでのオーダーや自宅でカクテルを作る際の参考にしてみてください!

 

 

ジンベースのスタンダードカクテル

まずはスタンダードの方から。

こちらのカクテルは世界的に有名で、バーテンダーなら誰でも知っているものばかり。

バーでジンベースのカクテルを飲んでみたい!という方は、この中から選んでみてください。

 

もちろん、自分でカクテルを作る場合の入門編としてもいいですね。

まずは基本のカクテルを飲んで、ジンの特徴を掴んでみましょう。

 

 

ジントニック

f:id:makersmark3565:20180717024207j:image

 

【材料】

ジン 45ml

ライム くし切り 1/4

トニックウォーター Full up

 

【作り方】

グラスに氷を入れ、ジンを注ぎライムを絞る。

よくステアした後にトニックウォーターで満たし、軽くステアする。

 

ジンベースのカクテルと言えばこれ!というほど定番なのが、このジントニック。

全世界のジンの90%以上がジントニックとして消費されている、なんて話もあるくらいです。

 

甘さは控えめ、スッキリ爽やかでハーブや柑橘の風味にあふれたカクテルです。

最近は居酒屋なんかでも飲むことができますが、バーのジントニックは別格とも言える味わい。

私も大好きなカクテルなので、作る際にはこだわりを持って作りますね。

きっちり作ったジントニックは、思わずうっとりしてしまうほど美味しいです。

 

バーで飲むような美味しいジントニックを作るコツについては、別記事にて詳しく解説してあります。

自分で作ってみようかな?と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

www.green-alaska.com

 

ジンフィズ

f:id:makersmark3565:20180723212935j:image

 

【材料】

ジン 45ml

レモンジュース 15ml

シュガーシロップ 10ml

炭酸水 Full up


【作り方】

シェーカーに炭酸水以外の材料を入れ、シェイクする。

氷を入れたグラスに注ぎ、炭酸水で満たして軽くステアする。

お好みでレモンスライスなどを飾る。

 

ジントニックと並んでバーの定番となっているカクテルです。

ジントニックと比べると、さらにドライで酸味の効いたスッキリ風味となっています。

 

シェイク、そして炭酸でのステアの技術が必要なので、バーテンダーの基本が詰まったカクテルだなんて言われたりもしていますね。

初めて来たお客さんがジンフィズをオーダーすると腕試しをされているようで緊張する、というバーテンダーさんもいるそうです。

 

ジンバック

f:id:makersmark3565:20180717024225j:image

 

【材料】

ジン 45ml

レモン、またはライム くし切り 1/4

ジンジャーエール Full up

 

【作り方】

グラスに氷を入れ、ジンを注ぎライムまたはレモンを絞る。

よくステアした後にジンジャーエールで満たし、軽くステアする。

 

ジンをジンジャーエールで割ったカクテル。

ジンジャーエールにキリッとした酸味とシャープな飲み口が加わり、とても爽快感のある味となっています。

ジンのクセも感じづらく甘口なので、まだあまりお酒に慣れていないという方にもオススメのカクテルです。

 

自宅などで作る際には、ジンジャーエールの銘柄にこだわるとより美味しく仕上げることができます。

私のオススメはウィルキンソン辛口とフィーバーツリーのジンジャービア。

それらの銘柄の味の特徴と、他のオススメ銘柄については別記事にまとめてあります。

 

www.green-alaska.com

 

アイアンマン

 f:id:makersmark3565:20180717024254j:image

 

【材料】

ウンダーベルグ 20ml

ジン 30ml

アンゴスチュラビターズ 2ml

炭酸水 Full up

 

【作り方】

グラスに氷を詰めて、炭酸水以外の材料を注ぎステアする。

炭酸水で満たして、軽くステアする。

 

あまり有名ではないですが、好きなカクテルなので紹介します。

ベースとなるお酒はジンと、ウンダーベルグというハーブリキュール。

ウンダーベルグは苦くて独特の風味があるお酒なのですが、それがジンやソーダと合わさることで爽やかな風味へと昇華します。

 

イメージとしては春の野山で寝転んだような感じとでも言いましょうか。

ほろ苦く、青々とした味わいです。

 

ウンダーベルグについては、ハーブリキュールの記事で詳しく解説しています。

興味が湧いた方はチェックしてみてください!

 

www.green-alaska.com

 

ネグローニ

 f:id:makersmark3565:20180717024308j:image

 

【材料】

カンパリ 30ml

ジン 30ml

スイートベルモット 30ml

 

【作り方】

オールドファッションドグラスに氷を入れ、材料を注ぎステアする。

お好みでスライスオレンジやオレンジピールを飾る。

 

カンパリとベルモットというイタリアのお酒とジンを組み合わせたカクテルです。

 

甘めの味わいですが、ジンの風味でシャープな印象もあります。

主に海外で人気のあるカクテルなんですが、日本でも流行ってほしいですね。

私もバーでよくオーダーするお気に入りのカクテルなので!

 

カンパリの特徴と飲み方については、別記事にて解説しています。

定番のカクテルの味を高める手法や、珍しいレシピも紹介してありますよ!

 

www.green-alaska.com

 

フレンチ75

f:id:makersmark3565:20180720141826j:image

 

【材料】

ジン 45ml

レモンジュース 20ml

砂糖 1tsp

シャンパン Full up

 

【作り方】

シェーカーにシャンパン以外の材料を入れ、シェイクする。

氷を入れたグラスに注ぎ、シャンパンで満たして軽くステアする。

お好みでレモンスライスなどを飾る。

 

第一次世界大戦フランス軍の75mm口径の大砲が名前の由来となったカクテルです。

レシピだけ見ると、ジンフィズを炭酸ではなくシャンパンで割ったような感じですね。
贅沢で爽やかな味で、飲みごたえがあります。


とても美味しいカクテルなんですが、やはり酒を酒で割ったレシピですから、その名の通り大砲を食らうがごとく強烈に効きますね(笑)

アルコールの度数は18度。

飲みすぎには注意しましょう!

 

マティーニ

f:id:makersmark3565:20180801093258j:image

 

【材料】

ジン 45ml

ドライベルモット 15ml

オリーブ

レモンピール

 

【作り方】

ミキシンググラスに氷を入れ、ジンとベルモットを注ぎステアする。

カクテルグラスに注ぎ、レモンピールをして、カクテルピンにさしたオリーブを沈める。

 

ジンとベルモットを合わせたカクテルの王様とも言えるレシピです。

 

このカクテルの良さは、素材同士が織りなす調和感。

ジンのシャープさ、ベルモットの甘さ、レモンの爽やかさ、オリーブのコク深さ。

張り詰めた糸のように絶妙なバランス感覚によって、マティーニはその馥郁たる風味を生み出しています。

 

マティーニは砂糖やフルーツジュースなどの分かりやすい味がないため、本当の美味しさが分かるまで時間がかかるカクテルだと言われています。

私もようやく最近になって、心から「美味しい」と思えるようになりました。

若い頃にもバーでよく飲んでいましたが、あれは今思うと少し気取っていただけなのかもしれませんね(笑)

 

アラスカ

 f:id:makersmark3565:20180723213022j:image

 

【材料】

ジン 45ml

シャルトリューズジョーヌ 15ml

 

【作り方】

材料をシェーカーに入れてシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

 

シャルトリューズというハーブリキュールとジンを合わせたカクテルです。

 

このレシピに使うシャルトリューズジョーヌは、鮮烈なハーブの香りと蜂蜜風味の甘い味わいが特徴です。

そこにジンのシャープな口当たりが加わり、クリアかつ奥深い風味のカクテルとなっています。

シンプルですが、とても美味しいレシピですね。

 

シャルトリューズについての詳しい話とその他の楽しみ方については、別記事にまとめてあります。

より刺激的な味わいを求める方には、緑のシャルトリューズ、「ヴェール」もオススメですよ!

 

www.green-alaska.com

 

ブルームーン

f:id:makersmark3565:20180723213033j:image

 

【材料】

ジン 30ml

パルフェタムール 20ml

レモンジュース 10ml

 

【作り方】

材料をシェーカーに入れて優しくシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

 

パルフェタムールと呼ばれるスミレのリキュールを使ったショートカクテルです。

 

このリキュールは、「飲む香水」と評される甘く魅惑的な香りを持っています。

その香りを存分に堪能できるのが、このブルームーン。

パルフェタムールの甘めの味わいも、ジンやレモンと合わさることにより、スッキリとした印象となりますね。

 

ちなみに今回紹介した材料の分量はスタンダードとは違う、私オススメの分量です。

通常のレシピですと少し酸味が強めなので、私はいつもレモンジュースの分量を減らしています。

 

ホワイトレディ

 f:id:makersmark3565:20180717024905j:image

 

【材料】

ジン 30ml

コアントロー 15ml

レモンジュース 15ml

 

【作り方】

材料をシェーカーに入れてシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

 

「白い貴婦人」の名を持つカクテル。

ジンにレモンとオレンジのフレーバーが加わることで、シャープで爽やかな味わいとなっています。

 

こちらもジンのショートカクテルとしては定番ですね。

それだけに作り方にこだわっているバーも多く見かけます。

私も自宅で作る際は、スタンダードのレシピに少し捻りを効かせていますね。

私なりの作り方のコツやアレンジ方法については、別記事にまとめてあります。

 

www.green-alaska.com

 

このカクテルに使う「コアントロー」は非常に使い勝手がいいので、自宅でカクテルを作る方は一本持っておくのがいいでしょう。

コアントローの特徴と楽しみ方については、以下の記事で解説しています。

 

www.green-alaska.com

 

 

ギムレット

f:id:makersmark3565:20180717024916j:image

 

【材料】

ジン 45ml

フレッシュライムジュース 15ml

シュガーシロップ 1tsp

 

【作り方】

材料をシェーカーに入れて強めにシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

 

ジンとライムを合わせた非常にシンプルなレシピ。

ですが、他のカクテルの例に漏れずシンプルだからこそ美味しい。

そしてシンプルであるがゆえに作るのに技術が必要なカクテルとも言われています。

 

味わいはまさにギムレット=錐のように鋭く、シャープな印象。

キリッとした冷たさにするために強めにシェイクするのが一般的ですね。

 

ドライな味わいで、やや上級者向けのカクテルといったイメージがありますが、私としては気兼ねなく色々な方に飲んでいただきたいですね。

美味しいギムレットを出すバーを見つけた時の感動はひとしおです。

 

 

 

ジンベースのオリジナル、創作カクテル

次にジンベースのオリジナル、創作カクテルを紹介します。

 

こちらは個人の創作であったり、事前に材料の準備が必要となったりするので、バーで注文するのにはあまり適しません。

なので、材料を揃えて自分で作ってみるというのがいいでしょうね。

少し複雑なレシピのものもありますが、ポイントをおさえれば美味しく作ることができます。

 

ピュアラブ

f:id:makersmark3565:20180717025238j:image

 

【材料】

ジン 30ml

フランボワーズリキュール 15ml

ライムジュース 15ml

ジンジャーエール Full up

スライスライム 1枚

 

【作り方】

ジンジャーエール以外の材料をシェーカーに入れてシェイクする。

氷を入れたグラスに注ぎ、ジンジャーエールで満たして軽くステアする。

お好みでスライスライムをかざる。

 

フランボワーズリキュールとジンジャーエールのペアリングカクテルです。

創作者は、ハードシェイクで有名な上田和男氏。

1980年に開催された、バーテンダー協会主催のコンペティションでの優勝作品となります。

 

「純愛」の名にふさわしい、甘酸っぱくフレッシュな味わい。

お酒を飲み始めた若い男女にはピッタリのカクテルですね。

 

カクテルのイメージに沿って、甘口のジンジャーエールを使って作ると美味しく仕上がります。

創作者の上田氏は、カナダドライのジンジャーエールを使っていたそうです。

 

タンカレーフォレスト

f:id:makersmark3565:20180717025245j:image

 

【材料】
ジン(タンカレー) 20ml

メロンリキュール  10ml

グレープフルーツジュース 25ml

レモンジュース 5ml

アンゴスチュラビターズ 1ダッシュ

ミントの葉


【作り方】

材料をシェイカーに入れてシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

ミントの葉を飾る。

 

1993年に行われたタンカレージンのカクテルコンペ優勝作品です。

考案者は犬飼正氏。

タンカレーの爽やかさにフルーツのフレッシュさが合わさり、ビターズのほろ苦さで深みのある味となっています。

甘み、苦味、酸味のバランスがうまく取られており、香りも豊かでとても美味しいカクテルですね。

なによりこのカクテル、本当に森を連想させる味となっているのが面白いです。

飲んで情景が浮かぶカクテルというのはやはり素晴らしいですね。

ビターズはジンとの相性がとてもいいので、ジンが好きだという方は1つ持っておくと何かと重宝します。

ジントニックに少し加えるのも定番の使い方ですね。

ビターズの記事にて、活用法を紹介していますのでよろしければ見てみてください。

 

www.green-alaska.com

 

ローズマリーのジントニック

f:id:makersmark3565:20180717025255j:image

 

【材料】

ローズマリーインフュージョンジン 45ml

トニックウォーター Full up

 

(ローズマリーインフュージョンジンの作り方)

お好みのジン200mlに対してローズマリー1本を密閉ビンで1日漬け込む。

 

【作り方】

グラスに氷を詰めて、ローズマリージンを注ぎステアする。

トニックウォーターで満たして、軽くステアする。

 

ローズマリーを漬け込んだジンを使ったジントニックのレシピです。

現在、バーの世界ではジンなどのスピリッツにハーブやフルーツなどを漬けて、味に変化をつけるレシピが流行中。

その中でお手軽に試すことができて、オススメなのがこのローズマリーインフュージョンジンです。

 

このジンを使ってジントニックを作ると、スパイシーでハーバルな仕上がりとなります。

その一方で、口当たりは柔らかな印象になるのも面白いところですね。

ジントニックの他にはギムレットなどに使っても美味しいので、ぜひ作ってみてください。

 

大葉のジントニック

f:id:makersmark3565:20180717024421j:image

 

【材料】 

ジン 45ml

レモンジュース 10ml

グレープフルーツジュース 15ml

シュガーシロップ 5ml

大葉 3枚

トニックウォーター 適量

 

【作り方】

ボストンシェーカーにトニックウォーター以外の材料を入れて、マドルする。

シェイクして、氷を入れたグラスに茶漉しなどで漉しながら注ぐ。

トニックウォーターで満たして、軽くステアする。

お好みで大葉を飾る。

 

ジントニックを大葉でアレンジしたカクテルです。

大葉をカクテルに使うというのは少し珍しいのですが、意外とジンと違和感なくマッチします。

 

そのフレッシュな香りは、ライムとは一味違った爽快感をもたらしてくれます。

大葉は日本のハーブですから、どこかほっとするような風味だと感じますね。

優しい味わいのウィルキンソンのトニックを使って作ってみてください。

 

ジンバジルスマッシュ

f:id:makersmark3565:20180717024432j:image

 

【材料】 

ジン 50ml

レモンジュース 20ml

シュガーシロップ 10ml

フレッシュバジルの葉 10枚程度

 

【作り方】

ボストンシェーカーにトニックウォーター以外の材料を入れて、マドルする。

シェイクして、氷を入れたグラスに茶漉しなどで漉しながら注ぐ。

お好みでバジルの葉を飾る。

 

ドイツ、ハンブルグで生み出されたカクテル。

日本ではあまり馴染みのないレシピですが、現在世界中で流行中の一杯です。

 

このカクテルはとにかく香りがいいですね。
バジルの甘く爽やかな香りに満たされるような体験は、バジル好きにはたまりません。

味わいも適度に酸味とアルコールが効いていて、バランスが取れていますね。

 

カジュアルな気分で楽しむことができるので、色々なシチュエーションに合わせて作ってみてください。

私としては食中に飲むのもオススメしたいですね。

バジル味ですから、特にイタリアンにはよく合います。

 

バジルギムレット

f:id:makersmark3565:20180717024442j:image

 

【材料】

ジン 40ml

フレッシュライムジュース 15ml

シュガーシロップ 10ml

バジルの葉 5枚程度
 

【作り方】

バジル、ライムジュース、シロップをボストンシェーカーに入れ、潰しながら混ぜる。

シェイカーにジンと氷を入れシェイクする。

バーズネストなどで漉しながら、カクテルグラスに注ぐ。

お好みでバジルの葉を飾る。

 

スタンダードカクテルの「ギムレット」をバジルでアレンジしたレシピです。

 

通常のギムレットはシャープでドライな味が特徴的。

一方こちらはスイートバジルの甘い香りで、柔らかなニュアンスとなっています。

味わいにもフレッシュさが溢れて、とても美味しいですね。

 

今回は「ザ・ボタニスト」というジンを使って、このカクテルを作ってみました。

ウイスキーの一大生産地アイラ島で作られるジンなのですが、ハーブとの相性がいいのでこのようなレシピには良く合いますね。

 

www.green-alaska.com

 

パーフェクトグリーン

f:id:makersmark3565:20180717024456j:image 

 

【材料】

ジン 15ml

ホワイトカカオリキュール 25ml

メロンリキュール 5ml

生クリーム 20ml

ハネデューメロンジュース 20ml

 

【作り方】

ハネデューメロンをすりおろしてジュースにする。

他材料とともにシェーカーに入れてシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

 

生のメロンとホワイトカカオとジン、という異色の組み合わせのカクテル。

 

メロンの上品な甘みと、生クリームとカカオの風味でデザート感のある味です。

ですが、そこにジンが入っているのでキリッとしたシャープさもありますね。

かなり斬新で面白い味わいです。

 

実はこれ、「バリスタ」という漫画作品中で紹介されていたカクテルなんです。

創作者は記載されてなかったのですが、なかなか本格的なレシピですよね。

作るのに手間も技術もいるカクテルですが、みなさんにもぜひ挑戦してもらいたいです。

 

ムーンライト

f:id:makersmark3565:20180726212654j:image

 

【材料】

ジン 20ml

白ワイン 20ml

グレープフルーツジュース 20ml

キルシュ 5ml

レモンの皮

 

【作り方】

材料をシェーカーに入れて優しくシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

レモンピールをして、そのまま皮をグラスに落とす。

 

ジンと白ワイン、そしてチェリーリキュールのペアリングです。

 

このカクテル、飲んだ時に思わず声が漏れてしまいました。

華やか、かつ爽やかで上品な香り。ドライな飲み口。

まさに「月光」という幻想的なイメージにぴったりの仕上がりです。

これは完成度の高いカクテルですね…。

特別な材料は何一つ使っていないのに、独特で、なんというか心に残る味わいです。

 

かなりオススメなんで、材料が揃ってる人にはぜひ作ってほしいですね!

キルシュはミニボトルで出している銘柄もあるので、少しだけ使いたいという方にはそちらがオススメです。

 

 

ジンベースのカクテルに使いたいジンの銘柄

ジンにはさまざまな楽しみ方があるということが分かりましたね。

お気に入りのレシピが見つかった後は、ジンの銘柄にこだわってみるのはいかがでしょうか?

 

同じジンとは言え、その味は千差万別。

甘く華やかなジン、苦味の効いた無骨なジン、色々な味わいのものがあります。

 

ジンの銘柄や他材料との相性にも気を配ってみると、さらに美味しいカクテルを作ることができます。

また、好きなジンの銘柄を指定してバーテンダーさんにカクテルを作ってもらうというのもいいですね。

色々なジンを飲んでみて、お気に入りの一本を見つけてみましょう!

 

 

ビーフィーター

 

このジンを使って作りたいカクテルは…

・ジンフィズ

・ジンバジルスマッシュ

 

数あるジンの中で、最もスタンダードな銘柄と言えるのがこのビーフィーター。

シトラス系の爽やかな味わいと、しっかりと効いたジュニパーベリーの香り、苦味。

まさに「ジンらしいジン」といった味わいですね。

材料との相性で言うと、レモンの味わいと特によくマッチします。

 

このジンは「初心者向け」としてよくオススメされている銘柄なのですが、私としてはある程度ジンを飲み慣れた人向けだと思います。

ジンらしい味わいということは、その分特有のクセも強めですので。

ただ、価格は安めなので気軽に買えるミニボトルを最初に手にしてみるのはアリですね。

 

ゴードン

 

このジンを使って作りたいカクテルは…

・ギムレット

・ジントニック

 

私がジン初心者の方にベンチマークとしてオススメしたいのが、このゴードンです。

こちらの銘柄はジンらしい味わいを持ちながらも、重厚な味わいとなっています。

ただ、重厚とは言ってもコシがあって伸びのいい感じ、といったところですね。

飲み口はどちらかというと、まろやかな印象です。

 

そのような特徴があるので、例えばジントニックをジン少なめで作ったとしても、キッチリとその風味が残ってくれます。

まだお酒そのものに慣れていないという方は、ゴードンを使ってこのような飲み方をするのもアリですね。

 

ゴードンにはアルコール度数が低めの37.5%のモデルもありますので、そちらを最初に飲むのもオススメです。

 

タンカレー

 

このジンを使って作りたいカクテルは…

・ホワイトレディ

・タンカレーフォレスト

 

もう一つ私が強くオススメしたいのが、このタンカレージン。

こちらはフルーティで爽やか、スッキリとした味わいが特徴のジンです。

上品で軽やかな味わいなので、こちらも初心者の方が手にするにはうってつけですね。

 

シンプルにジントニックにしても美味しいのですが、私としてはフルーツとの組み合わせが特にオススメです。

オレンジジュースや、グレープフルーツジュース、そして生のフルーツと合わせる時に使うと一体感のある仕上がりとなります。

 

生のフルーツを使ったレシピは別記事にて紹介がしてありますので、興味がある方はこちらにもトライしてみてください!

 

www.green-alaska.com

 

 

タンカレージンについての、より詳しい話は別記事にまとめてあります。

色々な使い方や、タンカレーテン、タンカレーラングプールについてなど、深堀りした内容になっていますので、気になる方はチェックしてみてください!

 

www.green-alaska.com

 

プリマス

 

このジンを使って作りたいカクテルは…

・マティーニ

・ブルームーン

 

あまり日本のバーでは見かけませんが、海外で人気が高いのがこのプリマスジンです。

他のジンと比べると味わいは少し甘めですね。

口当たりもよく、他材料と違和感なく調和してくれるので、どんなカクテルにも幅広く使えるのが魅力です。

 

このプリマスジンは200年以上の歴史を持つイングランドでもっとも古い蒸留所で作られており、イギリス海軍御用達のジンとしても知られていますね。

「ジンが英国海軍を支えた」とまで言われており、イギリスの歴史の中で深く愛されたジンだと言えます。

そのような歴史に敬意を払い、このプリマスジンをスタンダードのジンとして使っているバーも存在しますね。

そのような観点からジンを選んでみる、というのもなかなか面白いと私は思います。

 

ボンベイサファイア

 

このジンを使って作りたいカクテルは…

・大葉のジントニック

・ローズマリーのジントニック

 

少し変化球的な味わいを持つのがこのボンベイサファイア。

他のジンと何が違うのかというと、香りの複雑さが違います。

 

通常、ジンの香り付けに使うボタニカルは4〜5種類。

それに対して、このボンベイサファイアは10種類以上ものハーブ、スパイスを使って風味付けがされています。

多くの材料をふんだんに使っている分、奥深い香りになる、というわけですね。

 

製法にも独自の技術を取り入れており、口当たりは優しく自然な仕上がりとなっています。

他のジンとは違う上品さを感じる味わいとなっているので、少し個性的なカクテルを作ってみたい方にオススメです。

プレミアムジンという位置付けですが、安価で買えるのもポイント。

 

 

一歩進んだ味わいを目指したい方には、クラフトジンをオススメします

f:id:makersmark3565:20180802205454j:plain

 

先程紹介したジンはバーでもよく使われている、定番の銘柄たちです。

もちろんこれらの銘柄もとても美味しいのですが、より美味しく作りたい方、個性派のカクテルを作りたい方にはクラフトジンをオススメします。

 

クラフトジンとは職人のこだわりを持って小規模に製造されるジンのことです。

その製法、材料もさまざま。

中にはジンの概念を覆すようなものもあります。

スタンダードなジンを試したあとのステップアップとして、そして家でプレミアムなカクテルを飲みたいという方にはオススメですよ!

どのような銘柄があるのかは、以下の記事で紹介しています。

 

www.green-alaska.com

 

実際の使い方としては、

No.3のドライマティーニ

モンキー47のネグローニ

ボタニックのジントニック

あたりが特にオススメですね。

 

スタンダードなジンしか飲んだことがないという方は、その個性的な味わいに驚くことでしょう。

 

 

さいごに

f:id:makersmark3565:20180802205536j:plain

 

色々なカクテル、そしてジンの銘柄を紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

お気に入りのジンやカクテルは見つかりましたか?

 

これ以外にも色々なカクテルがありますから、バーに行く機会があれば、バーテンダーさんにレシピを尋ねてみるのもいいですね。

あなただけの一杯、そしてお気に入りの一本を見つけてみてください!

 

ウォッカやラムなどのそのほかの蒸留酒の飲み方については、別記事にて解説しています。

こちらも合わせてどうぞ!

 

www.green-alaska.com

 

www.green-alaska.com

 

フレッシュな桃を使った本格カクテルのレシピ7種を紹介します

フレッシュな桃を使ったリッチなカクテルを楽しんでみよう

f:id:makersmark3565:20180717214433j:plain

 

優しい甘さとみずみずしい味わいが美味しい果物、桃。

今回はこの桃を使ったカクテルのレシピを紹介したいと思います。

  

カクテルの世界ではピーチフレーバーは定番です。

オレンジジュースとピーチリキュールを合わせたファジーネーブルや、ウーロン茶と合わせたピーチウーロン。

このあたりは、ダイニングバーや居酒屋などで飲んだことがある方も多いかもしれませんね。

 

それでは、生の桃を使った場合はどのようなカクテルを作ることができるのでしょうか?

色々なお酒とのペアリングを紹介していきたいと思います。

 

 

桃の旬はいつ?店頭に並ぶのは?

f:id:makersmark3565:20180717214453j:plain

 

桃の旬は6月〜9月です。

店頭に並ぶのも同じくらいの時期ですね。

つまり、桃は夏〜初秋に美味しいフルーツということになります。

 

出始めは少し値段が高めですが、7月に入ると一個200円ほどに落ち着いてきます。

日によって値段が上下するので、安い日を狙って買いに行きましょう。

 

痛みやすい果物なので、食べる際はお早めに!

その日に食べる場合は、身の柔らかい熟したものを選ぶのがオススメです。

 

 

桃を使ったカクテルのレシピ

それではカクテルレシピを紹介していきます。

 

まず、カクテルを作る際には桃をピュレ状に加工する必要があります。

桃は果肉が柔らかいので、おろし器を使うかペストルで潰せばうまく加工できますね。

滑らかな口当たりが欲しい方は、ミキサーやハンドブレンダーを使ってみてください。

 

具体的にどんな道具を使えばいいのか?という話については、フルーツカクテルのまとめ記事にて解説していますので、参考にしてみてください。

 

www.green-alaska.com

 

桃のカクテルは優しい甘さと、みずみずしい味わいが特徴的です。

色々な種類のカクテルを紹介しますので、作ることができそうなものからトライしてみてください!

 

 

白桃のベリーニ

f:id:makersmark3565:20180709193123j:image

 

【材料】

桃 1/2個(すりおろし)

シャンパン 適量

レモンジュース 1tsp

シュガーシロップ 1tsp

グレナデンシロップ 1tsp

 

【作り方】

桃を1/4のくし切りにして、おろし器ですりおろす。

シャンパン以外の材料とともにシェイカーに入れ、軽くシェイクする。

フルート型のシャンパングラスに注ぎ、シャンパンで満たす。

 

桃のカクテルと言ったらやっぱりこれですね。

桃とシャンパンのペアリングのカクテル、「ベリーニ」です。

 

ピーチジュースやピーチネクターなどを使って作ることがほとんどですが、生の桃を使うと大幅に味を高めることができます。

やはりこのあたりは素材のパワーですよね。

フレッシュフルーツを使ったカクテルの醍醐味であるとも言えます。

 

味の方は、みずみずしい桃のフレーバーに溢れたものとなっています。

定番にして至高、といった感じですね。

氷を使わないカクテルですから、グラスもシャンパンもよく冷やして作ってみてください。

 

シャンパンだと高価すぎる!という方はスパークリングワインでも美味しく作れますよ。

私も、今回はフレシネ コルドンネグロというスパークリングで作りました。

 

 

桃のマティーニ

f:id:makersmark3565:20180715020817j:image

 

【材料】

ジン 45ml

桃 1/4個(皮ごと)

シュガーシロップ 1tsp

 

【作り方】

ボストンシェイカーに材料を入れ、よくマドルする。

氷を詰めて軽めにシェイクし、目の荒い濾し器で漉しながらカクテルグラスに注ぐ。

 

フルーツカクテルの定番、マティーニスタイルのカクテルです。

 

こちらもシンプルながら美味しいですね。

優しい甘さとフレッシュな香り。

ジンのスッキリした風味と桃の香りが良く合っています。

 

シェイクする際はなるべくソフトに行うのがいいでしょう。

桃の味がダイレクトに出るカクテルなので、その繊細さを保つように意識してみてください。

シュガーシロップの量は味見をして調整するのがオススメです。

 

ローズマリーと桃のマティーニ

f:id:makersmark3565:20180715020826j:image

 

【材料】

ローズマリーインフュージョンジン 45ml

桃 1/4個(皮ごと)

シュガーシロップ 1tsp

 

【作り方】

ボストンシェイカーに材料を入れ、よくマドルする。

氷を詰めて軽めにシェイクし、目の荒い濾し器で漉しながらカクテルグラスに注ぐ。

お好みで軽く火で炙ったローズマリーを飾る。

 

桃のマティーニにローズマリーのフレーバーを加えました。

ローズマリーを漬け込んだジンは桃と相性がいいみたいですね。

一体感を感じる自然な味わいとなりました。

 

香りはスパイシーでハーバルといった感じなのですが、口当たりは柔らか。

ジンにローズマリーを漬けると不思議と丸みがある感じになるんですよね。

最初に作った時には、少し意外で驚いた覚えがあります。

 

使用したジンはボンベイサファイアです。

このジンはさまざまなハーブやスパイスの風味が溶け込んでいるので、ローズマリーとはよく合いますね。

ローズマリージンはシンプルにトニックで割って飲むだけでも美味しいので、興味がある方は作ってみてください!

ボンベイサファイアについての詳しい情報は、ジントニックの記事にて解説しています。

 

www.green-alaska.com

 

 桃とクリームのフローズンカクテル

f:id:makersmark3565:20180709234950j:image

 

【材料】

ラム 20ml

桃 1/4個(皮ごと)

ピーチシロップ 1tsp

シュガーシロップ 2tsp

生クリーム 20ml

クラッシュドアイス

 

【作り方】

材料をミキサーに入れてブレンドする。

クラッシュドアイスはカクテルの硬さをみながら少しずつ加えていく。

 

桃を贅沢に使ったフローズンカクテルです。

生クリームと合わせることで口当たりはクリーミー、甘さは優しく自然な仕上がりとなりました。

 

作り方にもありますが、桃は皮ごとミキサーでブレンドするのがポイントです。

皮が入ることによって香りが立って、桃のフレッシュ感が強調されます。

桃の表面をよく洗い、水気を取ってから加えてみてください。

 

ラムはフルーティな味わいのアプルトンを使いました。

このラムの特徴については、ラムのまとめ記事にて紹介しています。

 

www.green-alaska.com

 

ピーチハニーミントジュレップ

f:id:makersmark3565:20180717212814j:plain

 

【材料】

ジャパニーズウイスキー(山崎) 50ml

桃 1/2個

ハチミツ 15ml

スペアミントの葉 15枚程度

炭酸水 40ml

 

【作り方】

グラスに桃とミントを入れて、ペストルでマドルする。

残りの材料を入れて再びマドルし、クラッシュドアイスを詰める。

お好みでミントの葉を飾る。

 

ジャパニーズウイスキー「山崎」を、桃とともにジュレップスタイルにしたレシピです。

山崎が持つ甘い香りは、桃やハチミツとよく合います。

仕上がりはフルーティで柔らかく、かつ奥深い味に。

通常のミントジュレップはガツン!とアルコールが来る感じですが、こちらはかなり飲みやすい味わいですね。 

 

ただ山崎は、現在原酒不足により値段が高騰していますので、このカクテルはその他のウイスキーを使って作るのが無難かもしれません。

ジャパニーズの他ですと、やはりバーボンがオススメですね。

バーボンの味わいはミントだけではなく、桃ともよくマッチします。

定番の銘柄については別記事で解説していますので、参考にして選んでみてください!

 

www.green-alaska.com

 

ロイヤルブライド

 f:id:makersmark3565:20180709235000j:image

 

【材料】

ウォッカ 20ml

ピーチリキュール 20ml

ピーチジュース 10ml

生クリーム 10ml

ストロベリーチョコ

セルフィーユ

 

【作り方】

桃をハンドプレッサーなどで潰し、ジュースにする。

材料をシェイカーに入れてシェイク。

カクテルグラスに注ぎ、薄く削ったストロベリーチョコとセルフィーユを飾る。

 

日本バーテンダー協会会長である、岸久氏の創作レシピ。

純白のドレスと花嫁のブーケをイメージして作られたカクテルです。

 

元レシピでは果汁100%の白桃ジュースを使っているとのことですが、今回はピュレ状にしたフレッシュピーチを使ってみました。

優しい口当たりと、ほのかな甘み、そして桃の香りが心地よいですね。

上品さを感じる味で、「高貴なる花嫁」の名にふさわしいカクテルです。

 

ウォッカはタンカレーのものを使用するのが推奨されていますが、手に入りづらいので他の銘柄を使って作るのもいいかと思います。

今回、私はグレイグースを使って作ってみました。

上品でフルーティな味わいを持つウォッカなので、このカクテルには良く合うと思います。

グレイグースの詳しい特徴については別記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

www.green-alaska.com

 

白桃のサングリア

f:id:makersmark3565:20180717030615j:image

 

【材料】

桃 適量

白ワイン 桃が浸かるくらいの量

 

【作り方】

ビンに皮をむいた桃を入れ、白ワインを注ぎ冷蔵庫で保管する。

1〜2日置いて味が馴染んだら完成。

お好みで、シナモンやレモンなどのフルーツやスパイスを加えても美味しい。

 

白ワインに果物を漬けて作る「サングリア」を白桃で作るレシピです。

桃のカクテル記事を書くならばこれも紹介せねば…!と、2年前に作った時の画像を引っ張り出してきました(笑)

 

味の方は白ワインにフルーティな風味が加わり、とても美味しいですね。

ワイン特有のクセも和らいで、スイスイと飲める味に仕上がっています。

なので、お酒初心者の方にもかなりオススメの楽しみ方ですね。

 

飲み終わって残った桃を、ジャムなどに加工して食べるのも楽しみの1つ。

白ワインがふわっと香って高級感のある味となります。

 

使用するワインは安価なもので十分ですね。

定番のコノスルなんかがコスパがいいのでオススメですね。

コノスルの特徴については、ワインのまとめ記事で解説しています。

 

www.green-alaska.com

 

 

夏から秋にかけて美味しい桃。色々な楽しみ方をしてみよう!

f:id:makersmark3565:20180717214535j:plain

 

いかがでしたでしょうか?

気軽に楽しめるピーチリキュールのカクテルもいいのですが、たまにはこんなリッチなカクテルを作るのもいいものですね。

 

フレッシュの桃を使ったカクテルは、桃が好きな方にはたまらない味わいです。

みなさんも、ぜひ桃が美味しい旬の時期に作ってみてください!

 

 

この他のフルーツを使ったカクテルのレシピのまとめと、作るのに必要な道具についてはこちらから。

旬の果物を使ったカクテルを楽しんでみてください!

 

www.green-alaska.com